「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

告白ストレス頭痛肩凝り (9/30)

 実は、重要な告白があります。抗うつ剤をずいぶんと長いこと飲んでいるのに、一向に症状が改善しない事に、少々あせりや疑問が湧きあがっていました。先週末から、神経内科の先生に内緒で、試しにやめてみてしまいました。ちょっと遅れてフワフワする感じがして、血圧を測ってみても正常、変だなぁと思っていました。
 抗うつ剤をやめると、何か影響が出るのだろうかと思い、ググる。いや、ヤフった。
そうしたらあなた、抗うつ剤離脱症状の中に「めまい」がしっかり明記されていました。離脱症状は1~2週間で収まるそうですが、d0017084_1023780.jpgそもそも勝手にやめるのは危険でした。とりあえず、又飲みました。今朝のめまいは、まだわかりません。次回の診察では、減らすことは可能か申し出てみようかな。
 日曜版だけ購読している「赤旗」(木曜日に来る)に、「緊張型頭痛」が特集されています。私はかなり若い頃から、肩こり頭痛持ちでした。姿勢には気を付けているつもりですが、とにかく肩凝るようなことが好きなのです。記事を読み始めて、あっけにとられました。
 「緊張型頭痛」とは、15歳以上の日本人に4人に1人が経験している。症状は「頭全体がギュ~ッと締め付けられるような痛み」の他にも「肩や首のこり」「疲労感」「フワフワしためまい」「目の疲れ」「全身のだるさ」・・・これはどこかの誰かさんのことではありませんか。発症の仕組みは、身体的ストレスと精神的ストレスがいくつも重なる事によっておこる。ってさ、すべてをストレスと言われてしまうと、それも又困るんですよね。 
 違うのは、両側性であること。私は左に症状が強く出ています。でも構造的ストレス(骨盤・背骨・頭蓋骨などのゆがみや筋肉の緊張や姿勢の悪さなど)が絡みあっていれば、ありえますね。慢性化した場合の治療は、抗うつ剤や安定剤。結局抗うつ剤ですか。これだけ苦しんで、もしかしたら原因は肩凝りなの?マッサージ・鍼灸・ヨガ・水泳が良いとか。やっぱり水泳再開した方が良いですかね。うつ病で頭痛が起こることもあるし、頭痛がある事でうつ状態にもなると。私の疑問そのものです。
 息子が言っていた印象的な事を1つ紹介。「今の若いやつ、腕時計って何て便利なんだ、だってさ、わざわざスマホ出して見なくて良いんだよ」と感動するんですって。そうだよ、腕時計って便利なんだよ。断然腕時計派での私としては、それみたことか、の気分です。
[PR]

by nyankai | 2016-09-30 10:00 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

「イイネ」の意味 (9/29)

 はい、我らが「日ハム」、リーグ優勝いただきました。大谷君は宝です。大谷君は意外にも、小学校から「優勝」したことが無かったそうです。おめでとう。
d0017084_21395849.gif

 d0017084_10245053.jpg昨日は、マッサージに行ってきました。左肩の凝りや左脚のこわばりに、一生懸命施術してくれました。たぶん倍近くの時間。ありがたいです。そこに、不思議な物がありました。「空中ヨガ」のハンモックだそうで、体験させてもらいました。と言っても、座らせてもらっただけですが、ニャンコ座の吹き抜けのリビングには、梁が2本あります。強度のためではなく、見栄えと猫のため(キャットウォーク)に付けた物です。年老いてしまった今、誰も歩かなくなりましたが、ただ埃を載せておくにはもったいない。ブランコ付けても大丈夫と言われているので、ハンモック付けようかな。
 「ニャンコ座リポート」には、毎日いくつか「イイネ」をいただいています。「ミクシイイイネ!」と「エキサイトイイネ」があります。嬉しくて、励みになります。そのうち何人かは知人ですが、全く存じ上げない方もいます。その方が、どんなきっかけで最初にイイネをくださったのかは、わかりません。ブログを持っている方ならば、こちらから伺うことができます。ブログの中身で、共通の趣味だとか、関心事があれば、何かの拍子に検索に引っ掛かってくれたのだと、ありがたく思います。
 私自身は、きっかけはともかく、時にはコメントで交流できる方が好きなのですが、「イイネ」だけとお考えの方も、たくさんいるのだと思います。正直、ぶっちゃけますと、コメントをするほどじゃないけれど、とにかく読んだよ・・・のサインだと思っています。だから本当は、トホホ話に「イイネ」をつけられると、複雑な時があります。
 ところが、最近気づいたことがあります。健康ブログから、「イイネ」が来るのです。それ自体はありがたいことですが、もしかして、何がしかの宣伝ではなかろうかと思われる物があり、中には、ニャンコ座を読んだから付けたのではなく、健康にかかわるキーワードにヒットしたブログに自動的に付くんじゃないかと。d0017084_10274163.jpg闘病ブログを書いていた人が、それを体験して、傷ついた例があるのです。そうだったら、ちょっと寂しいですね。
   老猫と今日も一日ゴロゴロと
          寝る仕合わせも幸せのうち
   老猫の命の炎燃え尽きる
          日は遠くない軽さを抱く

[PR]

by nyankai | 2016-09-29 10:19 | 心もよう | Trackback | Comments(0)

号外

、日本ハムファイターズリーグ優勝emoticon-0178-rock.gif

[PR]

by nyankai | 2016-09-28 21:19 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

冷蔵庫のお数珠とネギの涙 (9/28)

 昨日は、かなり予想外の1日になりました。抗うつ剤とアルコールはブーなのですが、昨夜は缶ビールを用意して、祝優勝のつもりだったのに。まっ、良いさ。
 午前中にヨガ、は決まっていましたが、A子さんから電話があり、会場である公民館に葬儀が入っているから、ヨガは中止じゃないかと。あわてて新聞を見ると、かつて母がお世話になった方でした。私が18歳の時、我が家は母子家庭になりました。母子会に入り、もちろんわずらわしいこともあったとは思いますが、ずい分助けてもらったようです。その時の会長さんが、95歳で亡くなりました。何度かお会いしたこともありました。これは、お悔やみに行かねばなるまい。
 d0017084_920241.jpgヨガはありました。A子さんとお昼を食べに行き、例のごとく炸裂女子トークしていると、店内がざわつきました。見ると、お客の高齢の女性が、突然けいれん発作の様な状態になっていました。幸い保険師さんがいて、手際良く状況を確認し、呼吸は問題無いこと、頭の手術を受け退院して間も無いことなどもわかり、救急車が来て搬送されて行きました。彼女がご無事でありますように。私がもし家でそうなったら、助けも呼べずに死ぬんだろうなと思いました。
 A子さんに「私、自分と猫の病院代かさんで、美容院に行けないさ」と自虐ネタかましたら「美容院に行けば元気出るよ」と諭され、それは正しいと思い、来週の札幌の病院の前に、美容室を予約しました。
 d0017084_9211422.jpgネギが一気に悪くなり、これからの相談もあって、病院に連れて行きました。大ざっぱに言えば、腎不全で老衰でしょう。それでも体はまだかろうじて、点滴を受け付けてくれました。
 私も体調は悪かったのですが、お通夜に行きました。息子さんが町の職員で、要職に付いていたこともあり、100人を超す参列者でした。故人は今頃母と会って、懐かしい話をしているかもしれません。
 先月の母の七回忌の後、数珠がしばらく行方不明でした。それがとんでも無い所から、発見されたのです。何と、冷蔵庫!義妹が帰り際、お供えのゼリーを袋に入れて持たせてくれた、その袋に、考えも無く入れたのでした。良く冷えた、数珠になっていました。
 お通夜から帰ると、ネギは玄関まで迎えに来てくれていました。野球中継を見ている私の側で、横になっているネギは、涙が出ていて、神々しい感じがしました。今朝も、缶詰を少しですが食べてくれました。
[PR]

by nyankai | 2016-09-28 09:16 | 暮らし | Trackback | Comments(9)

揺れる揺れる (9/27)

 昨日は、ニャンコ座町は2度も揺れました。おとなしくしていたのでわかってしまいました。2度目の速報を見ていたら、d0017084_921375.jpg沖永良部島が震度5の速報に変わってしまって、何だか気味悪かったです。
点滴混入事件ですが、ナースステーションに施錠もせずにずさんな・・・と報道されています。私もそう思いますが、いっちゃんが医大病院にいた時、廊下のあちこちに点滴(生理食塩水)がドバッと置いてあったのを見ましたけど。
 いく分かの波はありますが、体調は悪いままです。調子が悪かったら休めば良いし、良かったらやれば良いしと、みなさんが言ってくれるけれど、そこの線引きができません。「とにかく寝ていたいのよ」と言うと、「誰だってそうだよ」と慰めてくれますが、そんなレベルじゃないんです。今夜できれば行きたい所があるのですが、気持ちは揺れています。野球中継観た方が良いかもしれないし。
 展望が無いまま、何もしないでいるのが又しんどくて、神経内科のままで良いのか揺れてきたので、友人が提案してくれた、札幌のウィミンズ・クリニックに行ってみる事にしました。婦人科という意味ではなく、性差を考慮した質の高い医療を提供してくれるらしい病院で、「線維筋痛症」もd0017084_9225569.jpg「慢性疲労症候群」も書いてあります。流行っているらしく、直近の空きは来月6日。急性の病気ではないので、そこを予約しました。
 体調不良の経過、病院の検査結果、薬のことなど、わかるようにして来るよう言われました。最近になってより感じるようになったのは、左肩頸が凝ると言うより痛いかも。左足の裏がコチコチに冷たいのに、汗をかいていることかな。
 昨日の夜、ネギの様子を見て、一瞬、アレッ、生きてる?と混乱しました。寝転がって、ボ~ッと目を開けていました。お腹もほんの少ししか動いていませんでした。思わず「ネギ!」と大声で呼びかけると、鈍い反応がありました。まだ階段登れるし、少ないけれどご飯食べるし、大丈夫だよね。でもこの頃、粗相をします。トイレの側に、薄いおしっこがこぼれています。間にあわないのか、トイレの場所をちゃんと認識できないのか、排尿の感覚がおかしいのか。変なかすれ声で鳴きます。私はネギのことをきちんと受け入れているのか、揺れます。
 今年のジルベスターは、私も猫も体調不良なので、1回休みにしようかなぁと思っていたら、歌の出演者が佐藤しのぶじゃないですか。揺れるわぁ。
 エンジェルちゃんに、「どんな男がタイプですか?」「イケメン」反応なし。「優しい男」反応なし。「お金持ち」ポコポコポコ。それで良い。バババカは揺れない。
[PR]

by nyankai | 2016-09-27 09:20 | 心もよう | Trackback | Comments(2)

餅拾い開眼 (9/26)

 最後の夏の名残りみたいな昨日、ブログ書いた後、さっさとやってしまわなければならないことすら放棄して、ちょっとだけとゴロゴロしていたら、姉上からメールが来ました。「ピザ屋さん(オルハ2号)来ているから、おいで」と。姉上は、この間歌いに行ったつくしの会のメンバーで、地元の社会福祉法人の障害者支援施設の行事d0017084_9511764.jpg、「ふれあいバザー」に、入所者の付き添いボランティアとして、参加していました。
 お誘いは嬉しいのだけれど、行く気起きないままでいたら、ピンポンが。仕方なく起き上がってインターホンに出てみると、知らない女性が「去年から、気になっていたのですが、庭の白い花を見せていただけませんか?」と。「小さいクレマチス(クレマチス・アウトゥムナーレ)のことですか?」と聞くと、そうだというので、「どうぞご覧になってください」と、私も外へ出ました。
 同じ町の方で、100坪の庭を持っていて、同じような花を持っていたのだけれど、去年枯れてしまったとのことでした。どうやって剪定しているかと聞かれたので、全く何もしていないと答えました。挿し木ができるかもしれないので、いくらでもお持ちくださいと言うと、何本か切って持って行ってくれました。うまくつくと良いですね。
 この女性のおかげで、体が軽くなって、猫トイレ掃除などもやって、ふれあいバザーに出かけました。ニャンコ座町に住んで11年目、毎年開催されているのは聞いていましたが、行ったのは初めてでした。思ったよりずっと賑やかで、驚きました。行った時はちょうど「清水ひろき」さんという、かわいくておしゃれな演歌歌手のステージをしていました。姉上とお世話をしている車椅子の高齢の女性を見つけたので、名前忘れちゃった(ではなく、初めから覚えていない)けど、チーズに蜂蜜がかかったピザを買ってd0017084_9522185.jpg、横の平取の飲み物屋さんでカフェラテを買って、側に座ってステージを見ました。
 バザーの最後は、餅まきでした。私は子供の頃、餅まきが苦手でした。脚が悪くて素早く動けなかったのが1番の理由かもしれませんが、必死になって餅を拾うのが、あさましくいやしくて下品に見えて、そんな事には参加したくないと思っていました。かわいくない子どもです。
 何十年ぶりかもしれない餅拾い。帽子を入れ物にして、後ろの方にいると、案外飛んで来て、10個拾えました。何だかすごく嬉しくって。姉上が、「ピザと平取のお兄さん、餅まきに参加できなくてかわいそう」と言うから、少しずつ分けてあげて、案外元気に帰ってきました。
[PR]

by nyankai | 2016-09-26 09:50 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(2)

ちゅ~ちゃんはちほう症 (9/25)

 やらなきゃならないことはできるけれど、許されるなら寝ていたい状態が、常態化しています。とにかく「こわい」。北海道弁のこわいはd0017084_9425076.jpg、「だるい」とか「疲れた」を意味します。元々は「こわばる」が意味する「固い」が語源で(道新まなぶんより)、筋肉がこわばっている私の症状に、うってつけです。
 病名をつけてくれない神経内科のドクターを信頼している・・・信頼したいですが、うつはあるのだと思いますが、ドクターはうつだからだるいとの診断。でも私はだるいからうつになっている、もしくは何かの病気の中にうつの症状があると、本当は思っています。実は、この所軽く悪化しています。右腕も右脚も、少しだるい時があり、右腕はこわばりも感じます。元々肩凝りですが、左肩や頸や頭が痛いこともあります。
 スケジュールを決めて、何が何でも出かけると、会った人は私を元気だと見てくれます。「健康」って、体が病気ではない正常な状態、「元気」は、健康状態そのものより心に活気がみなぎっていることに重点があるそうで。昨日は「ひで&たま 1970年代フォーク」超大物ゲスト登場!に行ってきました。大物ゲストは「吉川 忠英」さん、すごい方ですよ。本当は、忠英さんのライヴをこの辺りでと、ひでたまちゃんたちが色々骨折りをしていたのです。d0017084_9433316.jpgその最良の形が、ひで&たまライヴに忠英さんがゲストになった、らしいです。
 1970年代フォークは、一緒に歌って良い歌声喫茶風の演出で、歌詞カードも用意され(その頃の歌は、ほとんど見なくても歌える)、と~っても楽しかったです。どんなに寝ていたくても、口は動くし、歌は歌えます。
 忠英さんは、登場して「こんにちは、福山雅治です」で、会場の皆様のハートを、がっつりつかみました。北海道で何カ所かのライヴ中で、「地方公演が多くなることを、ちほう症と言う」で、さらに受けていました。チューニングをしながら「吉川ちゅ~にんぐです」と言ってみたり、相変わらず、笑いが絶えないライヴでした。後で聞いたら、体調が悪かったのだそうで、それを全く感じさせないのは、さすがプロです。
 忠英さんは、お孫さんに「ちゅ~ちゃん」と呼ばれているみたいです。参考にしよう。
 終演後、残った人たちで、打ち上げみたいに、リキーズのおいしいハンバーグオムカレーを食べました。
[PR]

by nyankai | 2016-09-25 09:41 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

うろこ from an eye (9/24)

 ここ数日、暇さえあれば寝ていたくってたまりません。気持ちがふさいでいる訳ではないのですが、出口の見えない状況に、心も疲れ切っているなぁと思います。
 近くの町の実行委員会主催の「ゴスペルワークショップ」が開かれています・・・のは、お知らせをいただいたので知っています。でも、ファーチレすら出られないんじゃないかという程具合悪い時だったし、それ以上に、一昨年憧れてやってみて、楽譜を使わないことにストレスを感じてしまって楽しめないことがわかったので、ゴスペルは聴くだけにしようと決めたのでした。
 姉上となんちゃってママと大魔王様が参加しているので、発表会は聴きに行こうと思っていたのに、ファーチレと重なってしまい、d0017084_1032894.jpgやっぱり練習は休みたくないので、昨夜ワークショップ&ミニライブに行ってきました。
 毎日の生活の中にあふれる、神様の愛と祝福を歌うゴスペルシンガー、高橋めりーさんのミニライヴです。フライヤーに、「日本語の昭和歌謡風ゴスペル」と記されているのを読んでも、イメージが湧かず、半信半疑でした。めりーさんは、釧路出身、大阪は堺市にお住まいです。
 ほとんどがオリジナルのゴスペルでした。昭和歌謡風と言うのは、日本人が苦手とする裏打ちではなく、表打ちを使って、演歌みたいな、前奏を聞いた瞬間「天城越え」を歌い出すかと思ったほどでした。ゴスペルとは、特別のジャンルではなく、スタイルが決まっているのではないことは、知識としてはありましたが、まさかね。これが「目からうろこ」というやつでしょう。検索かけると「愛されちゃって」が出てきました→ここ
 めりーさん、股関節の手術体験者でした。帰り際に、ちょっとその件で話しかけてみました。「痛くて歩けなくなったので、人工股関節にしました。背が伸びて良いですよ」だって。札幌で手術したので、年に1度検査に来るのに合わせて、北海道ツァーするんですって。今の私は右股関節よりも、左脚のだるさの方がしんどくて、当面の問題です。
 一緒に行った姉上のお友達が、線維筋痛症です。痛みとだるさを置きかえるとやっぱりピッタシ。又、迷いが出てきたわぁ。
[PR]

by nyankai | 2016-09-24 10:02 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

小ネタを集めてみました (9/23)

 心落ち着く、穏やかな雨が降っています。雨とはこういう降り方が良いのです。
 慢性疲労がとれていません。前回のヨガで気付いたのですが、自分の脚の膝を、両手で裏側から持ち上げて、すっかり脱力して左右に揺らすと、右脚は膝から下がブラブラするのに、左脚は硬くて動かないのです。触って硬いのではないのですが、そもそも脱力ができない感じです。歩く時に左腕を振らないのも、このせいかもしれません。これはいったい何だろう?
 夕方買い物先で、1年半ぶりの知人に会いました。「相変わらず、元気そうね」と言われました。そうか、私は元気に見えるんだね。決して元気じゃないのだけれど。
 マコは、5回目の血液検査。2週間前より、赤血球と血小板が多少改善されました。シマセンセとしては、もっと良くなっていることを期待したようですが。d0017084_1522985.jpgでも見かけが元気(ケージから出る=採血されるのを、全力で拒否した)なのや、顔つきがしっかりしているので、薬がいらなくなるのを目指して、がんばりましょうと言われました。
 顔つきと言えば、ネギはやっぱり少しずつ弱っています。ぼけちゃって、動きが徘徊風、右後ろ脚がヨタヨタ、大声で鳴く、時々おしっこが間にあわないのか、場所を間違うのか、トイレの外に出ちゃってる、そして、表情も何となくボ~ッとしている等々。でもそれが、とってもいとおしいのです。
 「家猫」と言うけれど「家犬」とは言わないの、第2弾。「ニャンコ・ワンコ」、「猫ちゃん」に対しては「ワンちゃん」、「猫さん」は言うけれど、「犬さん」と言う人は少ないような気がします。でも「愛犬」と言うのにd0017084_10534612.jpg「愛猫」(あいびょう)はもちろんれっきとした言葉ですが、あまり言いませんね。むしろ「あいねこ」と言いますね。
 ついでに、ふと思ったこと。力士のことを「お相撲さん」と言いますが、他に競技そのものに「お」と「さん」をつけるポーツがあるでしょうか。「お野球さん」も「お水泳さん」もありえないです。スポーツじゃなくて、国技だって?
 息子の親バカエピソードが炸裂です。エンジェルちゃんに「赤ちゃんモデルになりたいですか?」と聞くと、変化なし。「そんなのは恥ずかしいですか?」と聞くと、ポコポコ動く。ちゃんと言葉を理解して返事をする、頭が良いに違いない。それをブログに書いて喜んでいる、バババカの方が問題だろうと言うのは、大目に見てやってください。
[PR]

by nyankai | 2016-09-23 10:45 | 暮らし | Trackback | Comments(3)

帰ってきたのは誰 (9/22 秋分の日)

 昨夜は、ひどく疲れていました。グルタチオンしたから元気になると思ったのに、慢性疲労どころか、急性疲労状態でした。仕方ないか、運転はしてくれたけど、コロッケとすき焼き煮と韓国海苔を持たせた息子を空港に送って、千歳の友人の家でおしゃべりして、苫小牧に戻って映画を見て、ちょっとイオンによって、グルタチオン受けて、帰って、息子のいた形跡の片づけをし、軽く掃除機かけて・・・それ以前に、息子がいた間、おひとり様ではないペースで動いていたのですから、さもありなん。
 先週、息子が京都で見逃した「帰って来たヒトラー」が苫小牧でやっていると、喜んで観に行き、とても面白かったので、おかんも見ると良いよと、進めてくれていました。そう言って、時間まで調べてくれました。d0017084_952121.jpgそこまで言ってくれるなら、観ない訳にも行かないなぁと思って、友人とのおしゃべりはそこそこできり上げて、トーラスに向かいました。これがギリギリになって、駐車場からトーラスまでかなりの急ぎ足になった。だから夜になって、筋肉痛気味になってしまいました。
 「帰って来た」に続く言葉で、私が思いつくのは、まず「酔っ払い」です。天国は余程良い所なのでしょう。実際は、帰って来た人はいないと思います。その次は「ウルトラマン」。弟がいるので、男の子の見る番組は、その辺りまで一通り見ました。息子もはまりましたから、案外詳しいです。
 肝心の「帰って来たヒトラー」ですが、非常に面白かったです。現代にタイムスリップしたヒトラーがモノマネ芸人として大 ブレイク!する話しです。「帰って来た」(原題は"Er ist wieder da"「彼が帰ってきた」)という言葉が、不気味ではありませんか。あ~、息子が大好きそうな、強烈な社会風刺であり、誰もふざけているのではなく、一生懸命であるが故のコメディーに仕上がっていました。
 かの国では、ヒトラーはタブーですが、そこをあえて考えようとしているのでしょう。奇しくも、夜はテレビで、オーストリアのヒトラーの生家を残すかとり壊すかが論議されていました。
 私は、ドイツ語の発音を聞いていました。思ったよりずっと柔らかく流れるようでした。タイトルを強いてカタカナにすると「エァ イストゥッ ヴィーダァー ダッ」でしょうかね。
 今日もだるいですが、マコを病院に連れて行きます。午前中診療あるので。
[PR]

by nyankai | 2016-09-22 09:49 | 映画・テレビ番組 | Trackback | Comments(0)