<   2016年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

56水害 (8/31)

 私が台風10号のことを書いたのは、21日のことでした。愛称などと言ってはいけないですが「ライオン・ロック」です。正にライオンが牙をむいた様な被害です。
 ニャンコ座に住み始めてからは、ここが比較的暑くない所であることや、建物がしっかりしているおかげで、少し窓を開ければ、めったに家の中で暑いと感じることは無いのですが、昨日はひたすら暑かったです。
 夕方までは青空が見えていて、その後も文字通り「どこ吹く風」状態で、テレビの台風情報を見ていました。私がやったことと言えば、デッキのプランターを低い所に置いたことと、懐中電灯を確認したのみ。d0017084_941382.jpg7時頃から風が強くなりましたが、雨は降らないまま休みました。5時頃目が覚めて、暑苦しくて、寝室の窓を2㎝位開けました。空模様は回復しましたが、相変わらず風が吹き荒れています。
 昭和56年8月上旬のこと、北海道を豪雨が襲いました。沖縄旅行からの帰り、大雨の千歳空港上空を、飛行機が何度か旋回しました。夜中も大雨が降っているのは知っていましたが、その頃は、教員は夏休み中は、無理に出勤しなくて良い時代でしたから(これ書いちゃまずい?)、朝寝坊していていました。母は仕事に出かけましたが、途中の道路が水没していて行けないと、戻ってきました。道路を挟んだ家何軒かに、崩れた土砂が流れ込んで、恐ろしくて震えました。雨は降り続けます。
 その日、大学生(東北地方)だった弟が、帯広の友達と一緒に帰省したのですが、鉄道も道路も寸断されていました。高台にある、町の体育館に避難勧告が出て、弟とその友達も連れて、母と4人で避難しました。一夜を明かし、おにぎりとたくあんをもらって、帰りました。母はその後、非常持ち出し袋を買いました。
 その帯広の友達は、帰る術がなくて、私は意を決して、初めての日勝峠越えをして、送り届けました。まだ、運転が苦手であるとは自覚していなかった頃、峠のトンネルは狭くて暗くて排気ガス臭かった頃の話しです。
 崩れて道路に乗っかっていた泥は、乾いてほこりが舞い始めたので、弟と汗を流して片付けていると、たぶん町の職員が見回りに来て「ご苦労様です!」と言ったのを、覚えています。
 これが、前線と台風12号によってもたらされた、56水害の思い出です。
 昨日は非常に、腕も脚もだるくて、だるさの強さに法則性は無いと思っていましたが、疲れと気圧は関係あるのかな。
[PR]
by nyankai | 2016-08-31 09:38 | 自然 | Trackback | Comments(0)

母が旅立ったあの日も残暑だった (8/30)

 昨日は、朝帰ってきて、午後にはマコを病院に連れて行って、夜はヨガに行きました。私、がんばりました。で、今日はなかなか布団から出られず、今もこうしてダラ~ッとしています。
 マコは、1週間前よりも、血液検査の数値が若干良くなっていました。治るものではないのですが、でも良かった。正に、懸命に生きているんだね。このまま、ステロイド剤とサプリメントで様子見になりましたd0017084_1063495.jpg。昨日もお金がいっぱいかかりました。
 昨日は何だか暑いなぁと思ったら、マコの病院の時28℃、ヨガの帰りでさえ24℃、日本でも有数の涼しいこの辺りなのに、冗談でしょ。台風が気になりますが、今はなぜか良いお天気で、暑いです。
 母が逝った2010年も残暑でした。寝たきりになり、すでにコミュニケーションもとれず(いつもただ寝ているように見えました)、肺炎を繰り返し、手の湿疹もひどく、足はむくんで、鼻から栄養を入れて、痰を吸引してもらってと、見ていて、生きていることの意味を考えずにはいられない状況でした。母はもうそう長くは生きられない、それはわかっているつもりでした。でも前日の夕方には、それが翌日の朝であるとは、さすがに思いませんでした。
 d0017084_1072117.jpg母が病院から出る時に、上手く意思の疎通ができなくて苦手だった医者が、深々と頭を下げて見送ってくれたのを覚えています。弟の家に安置して、届を出しに役場の支所に行った時、駐車場で車を出たとたん、アスファルトの上があまりに暑くて、一瞬クラッとしそうになりました。お寺のお通夜では、あまりに暑くて用意されていた掛布団などかけられたものではなく、家にあったタオルケットや綿毛布などを、かき集めて持って行きました。思い出って、こうして肝腎ではない些細なことが、たくさん集まってできあがってくるものなのかもしれません。
 良い顔をしている写真を見つけました。グループホームで生活していた、晩年の母です。弟の家には、奥さんのお母様が、遊びに来ていました。母と同い年です。お教の間中、手を合わせてくれていました。
 エンジェルちゃんは、胎動を始めたようです。ポコポコするって。そうなのよね。
[PR]
by nyankai | 2016-08-30 10:14 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

不惑文ちゃんとあくび文ちゃんのギャップ (8/29)

 元気に帰宅しました。心配かけるといけないので、とりあえず報告。一休みしてから書きます。

 昨日は、昼前に母の七回忌。に、ついては、明日の命日に書きます。
 d0017084_1455122.jpg帰宅して、猫たちに念入りに餌や水の手配をして、温度調節をして、出かけた先の札幌は、まだ北海道マラソンの余波でにぎわっていました。
 ホテルにチェックインして、休む暇も無く「あなたに贈る愛の歌 文太郎 心の歌今アート in Sapporo vol.6」が開かれる、グランドホテルに向かいました。主催者には、万が一のために体調不良の件を知らせてあったので、行くと心配してくれました。
 1ドリンク・軽食付きで7,000円と言うのは、単純に私には贅沢な価格ですが、食事もとてもおしゃれでおいしかったし、何しろ文ちゃんですから。美しい男性の美しい歌の世界にひたれるなど、体調不良の治療の最たるものでしょう。
 永遠に30代半ばだと錯覚していた文ちゃんも、何と40才を越えたそうです。びっくり。1部は黒ラメのスーツ。2部は白のスーツでした。初めて見た時は、靴の先まできちんと神経が行き届いた端正さが前面に出ていましたが、今は自分のスタイルを確立しつつあるようで、不惑とはこのことを言うのでしょうか。もちろん、ホールでのコンサートと、このようなバー・ラウンジでのコンサートでは、おのずと違いはあるでしょうけど。
 d0017084_21404219.jpg気になった曲は「待って」たとえば→ここ これは、私もレパートリーに入れたいですねぇ。「The Music of the Night」は、もう少し。「僕こそ音楽」は、生き生きしていてとっても良かったです。演歌「雪椿」は、一瞬にしてカラオケスナックの空気になりました。アンコールの弾き語り「風に立つライオン」を聴けたのも、嬉しいことでした。
 ホテル泊だったし、安静にしていれば早く治ると言うものでも無し、せっかくですから打ち上げにも参加させてもらいました。相変わらず東京から来てしまう、10何万円かの時計を「おもちゃ」と言い、LCCのことを知らない、私とは住む世界の違うおばさまたちもいて、でも今年は参加者が少ない、私は何と文ちゃんのお隣に座れました。
 朝6時に家(京都の一乗寺下がり松)を出た文ちゃんは、楽しそうでしたが、疲れてあくびを連発していました。
 打ち上げが終わってホテルの戻る時、いく分だるさが軽かったので、もしかして文ちゃんの力で治っているのではと期待しましたが、今日は又変わりばえしないです。
[PR]
by nyankai | 2016-08-29 10:03 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

ペットボトルとスマホのペガサスの風景 (8/28) 

 ファーチレ「讃歌」はとても楽しくやりがいがありましたが、帰り路では腕も脚も非常にだるく、医者を疑ってはいませんが、やっぱりうつ意外に何か病気があるに違いないと思いました。生かされているとはわかっていますが、辛いです。ファーチレのメンバーの中にも、苦しく辛い時期をがんばっている人がいます。歌うことに、助けてもらっているのですね。
 帰宅して、リビングのドアを開けたら、3ニャンがお出迎えしてくれて、心底ホッとしました。「懸命に生きている」正にその通りで、1匹ずつ抱き上げて、スリスリしましたd0017084_9114495.jpg。仔猫は無条件にかわいいものですが、老猫はそれにも増して、いとおしいです。
 ずい分と、日が短くなりました。ペガサスの最終便が発車する時は、もう夕暮れ時です。中学生か高校生か、仲良しの女の子が2人、通路をはさんで隣に座りました。買い物袋がけっこうたくさん。発車して間もなく、買ってきたパンを食べ始めました。ちょうど夕食時なので、食べる人は時々います。ドリンクホルダーには、それぞれのペットボトルが。
 そう言えば、飲み物を持って歩く人が当たり前の様に定着しましたね。私は、ファーチレの時は持ちます。でもそれ以外の時は、割と持ちません。特にこのだるさが始まってからは、荷物の軽量化を計っていますから。
 その後2人は、おしゃべりをするのだと思ったら、黙々とスマホタイムになりました。バスは通話はできませんが、スマホを見ている(聴いている)人は、良くいます。おしゃべりするのはおばさんですかね。
 私が降りるバス停のアナウンスが終わると、斜め前の女性が、降車ボタンを押しました。だいたいいつも、数人が降りるので、めったにボタンを押すことはありません。何が何でも自分で押したい人もいるかもしれませんが、他にも降りる人がいることがわかった方が、何となく安心なので、誰も押さないのを確認してからじゃないと、押しません。
 今日はこれから、母の七回忌(命日は30日)です。弟たちと3人でやります。がんばって、元気出して、文ちゃんコンサートにも行きます。
 台風10号が心配なのと、イタリアの地震の惨状に目を覆いたくなります。
[PR]
by nyankai | 2016-08-28 09:10 | 社会 | Trackback | Comments(0)

猫たち花たち (8/27) 

 昨日の夕方、寒くなって、いくつか開いていた窓を閉めました。今朝も夏は終わったと言う程の気温です。
今日は、ファーチレ再始動。来年の「讃歌」の練習が始まります。しんどい気持ちはもちろんありますが、私から歌をとったら、立ち行かないでしょうから、がんばって行ってきます。
 明日は、午前中に母の七回忌(2010年、あの8月末は暑かったです)で、夜は年に1度の、文ちゃん札幌コンサートです。早くからわかっていた事で、その頃は治っていると思ったから、「もちろん行きます」と返事していました。そんな体力があるのか全く自信無いですが、夢の様な非日常が無いとね。
 調子悪くなって以来、嫌でも活動範囲が狭くなり、時にブログネタが乏しいなと感じることがあります。でも歌以上に、書くことをやめてしまったら私の危機の様な感じがしています。考えてみると、何をブログに書くかなんて、10年以上にもなると、上手いこと力は抜けてくるものです。今は色々なネットワークがあって、d0017084_9102350.jpgどちらかというと、短文でのやりとりが好まれていますが、私はある程度文章を書くのが好きなのです。
 写真ブログでもないし、ガーデニングブログでもないし、特に今年はこんな具合で手入れもできず、それでも毎年の約束の様に咲いてくれる花たちの写真を載せていますが、それはタイムリーな写真が用意できないからという理由もあるのですが、載せずにはいられないから、が素朴な動機です。
 昨日、ブログを読んだ友人がくれたメールの中の言葉です。「懸命に生きる猫ちゃんたちと天候不順にも負けない花たち。ニャンカイさんの放つ命の輝きを浴びて、みんな生かされてますよ。」
 何と嬉しい言葉でしょう。明日の朝は、何を書こうかなと思っていた所に、着信したメールでした。私も又、たくさんの命の輝きに、生かされているのです。書かされているのかもしれません。
 ネギ、ダリ&マコ、行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2016-08-27 09:09 | 心もよう | Trackback | Comments(0)

私もこれを飲んだら良いかもしれない (8/26)

 今現在は降っていませんが、雨の予報です。今、友人が船旅中ですが、海が穏やかでありますように。
 マコは、がんばっています。一時、7kgのデブ猫になっていましたが、今は5㎏を切ってしまって、何歩か歩くと休むという状態ですが、缶詰を1日何回か少しずつ食べてくれて、ステロイド剤を飲みd0017084_9354745.jpg、「アウレオ EF for ペット」というサプリメントを飲んでいます。小動物用健康食品で、QOL(生活の質)の向上をサポートそうです。生活の質のとは、よく食べ、よく遊び、よく眠り、心おだやかに日々を過ごし、幸せに満ちた毎日・・・だそうですよ。
 ジェル状なので、直接、又はえさに混ぜてと書いてありますが、お猪口に入れても自分からは飲んでくれず、えさに混ぜると言っても、どれだけ食べてくれるかわからないので、私の指に付けて口元に持って行って、それでもだめなら、口の周りにくっつけてみる。すると、ペロペロなめてくれます。健気です。かわいいです。
 いったいどんなものなのか、私もほんのちょっとなめてみました。臭いも無いし、味もほとんど感じませんでした。成分はEF乳酸菌と黒酵母だそうで、生活の質が上がるなら、私もこれを飲んだ方が良いかもしれません。と思って調べたら、人間様用もありました。飲みませんってば。今は、グルタチオンにかけています。でも、マコには効くような気がします。
 それにしても、「線維筋痛症」の、「痛い」以外は当てはまるのが、不思議。「こわばり感」「倦怠感」「疲労感」「うつ」「自律神経失調」「緊張性頭痛」「過敏性腸症候群」「ドライアイ」「睡眠障害」・・・まぁ元々のも多いですが。痛くないのだから、ありがたいと思わなくちゃ。
 今日はこれから、ピアノの調律です。プロ野球は盛り上がっています038.gifイケイケ。
[PR]
by nyankai | 2016-08-26 09:33 | | Trackback | Comments(0)

カール・パーマーのおなか (8/25)

 昨夜、少しですが、マコが自分の意思で、カリカリを食べました。10日ぶりくらいです。そうだ、ネギもマコももちろんダリもエンジャルちゃんに会わなくては。
 私がこんなだものだから、心配した友人が、wowowを録画したDVDを何枚か送ってくれました。その中に、ELPのライヴがあります。
 キースの死で、2度とありえないELPの、2010年のライヴです。私の大切なグレッグは、東京で見た時よりもさらに肥えてしまって、ちょっと悲しいですが、その頃よりも声は復活していて良い感じです。d0017084_915185.jpg驚いたのは「ラッキー・マン」で「Ooooh,what a lucky man he was!」(私は英語の感嘆文を作る時、これをお手本にする)の部分が、会場も一緒に歌うのね。「賢人」の違うアレンジも幻想的で悪くないです。もちろん私は、JUN&ROPEのCMに流れたアコギの、あのインパクトは一生ものですけど→ここ
 キースは、2010年だから65歳の時、元気にナイフ刺しもオルガン倒しもしています。自分に絶望してしまったのかもしれないですが、残念です。
 そしてカール、相変わらずのイケメンで・・・ん?何かが違う。鍛え上げられた腕や胸のその下、お腹周りが成長してしまって、あ~カール、お前もか。だからもう、お約束のTシャツ脱ぎ捨てはしないだろうと思ったのに、するのかい。でも、かっこいいかも。
 SMAP解散で大騒ぎになっていますが、ごめんなさい、関心がありません。ですが、そう言えば、ELPがひっそりと解散した時に、何かが終わってしまった位の寂しさを感じたものでした。だから、時々再結成してくれて、これからもと思っていたのに。
 昨日の病院の結果は、特に変わり無しでした。私としては、だるさが回復しないことへの不安と不満といら立ちはあるのですが、よ~く思いだすと、寝ていても眉間にしわを寄せるほどのだるさは無くなったかもしれない、許されるのなら寝ていたいけれど、1日中起きられなかったあの日の様なことは無い、遠路はるばる自力で病院に来れた、それだけでも大したものだ、あせらずに、きっと良くなると、医者は言う。抗うつ剤はようやく、本来処方したかった量にするという説明を受けました。今までは、副作用の出方を見ながら、ちょっとずつ量を増やしていたのです。贅沢ですが、間10日で、「パーキンソン病」「慢性疲労症候群」「線維筋痛症」の治療にも使われる、グルタチオンも受けてきました。
 トリプル台風のせいで、美瑛の「青い池」が、茶色になってしまったそうです。すぐに戻るかな、心配。
[PR]
by nyankai | 2016-08-25 16:26 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

運転はストレス (8/24)

 私自身、又親しい人も含めて、台風の被災はありませんでしたが、身近なところでも、様々な被害が出ました。今朝は空気がひんやりと感じました。
 ある知人が、久しぶりに運転をして「運転ほどストレスの解消になるものはない」と言っていました。その人を見ていると、良くわかります。d0017084_964617.jpg実に羨ましいです。
 私は真反対、運転そのものがストレスになります。苦痛です。できれば、極力、運転したくないです。ひどい方向音痴だし、スピード出すと怖いし。だから、札幌へは絶対に車では行きません。お金かかっても、時間の制約受けても、ペガサス号です。
 若い時、免許取った頃は、そんな自覚はありませんでした。中古車でも、自分の車を手に入れて、少しずつ行けるところが増えて行くことに、手ごたえを感じていました。
 結婚して、いっちゃんがたぶん、ストレス解消型の方だったので、私は助手席専門になってしまいました。旅行が大好きで、下戸だったから、とにかくどこへでも連れて行ってくれました。助手席で、音楽かけて、おしゃべりして、おやつや時にはご飯を食べて、それはそれは幸せな時間でした。永遠に助手席に座って、いっちゃんとどこまでも行きたいと、幾度も思ったものでした。
 だから私は、余計に運転がダメになったのでしょう。今は、運転しないと生活が成り立たないので、仕方無く、必要最低限の運転をしているだけです。それは私の心がけが悪いせいだと思っていましたが、そうではなくて、本当に苦手なのだと思うようになりました。みなさん、こんな私を許してください。これからも「乗せてください」と甘える場面が、多々あるかと思われますが、そんな時はどうかひとつ、寛容な精神で、「しゃ~ないなぁ~」と言いながら、乗せてくださいますよう、ひらにひらにお願いする次第でございます。
 今日は、猫ではなくて、私の病院です。運転して行きます。
[PR]
by nyankai | 2016-08-24 09:05 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

がまんの時 (8/23 処暑)

 北海道に1週間に台風が3つ(7号、11号、9号)上陸するなんて、前代未聞です。たぶん4時頃、すごい雨音で目が覚めてしまいました。うつらうつらしながら次に青空を見たような気がしますが、夢かもしれません。d0017084_1018396.jpgでも台風の目だったのかもしれません。起きてテレビをつけたら、すぐ近所を通った様です。ニャンコ座はしっかりとした高台なので、水関係の災害は考えられませんが、弟の所は低くて、側溝がそばにあるので、周囲が池の様になって、不安な夜(明け方か)だったみたいです。
 昨日はマコを病院に連れて行きました。ステロイド剤に反応しているかどうかと、又採血。シマセンセとても上手です。医者に対して上手も下手も無いか。結果は残念ながら、悪化していました。赤血球も白血球も無いに等しい、みたいな感じです。でも、血管の状態や、採血の時に元気にウ~ッと怒ったりと、この数値じゃ考えられないとのこと。マコは基礎体力があるんだね。注射をして、1週間分の薬と、免疫を高めるサプリメントを持たされました。
 数歩歩いては休み、それでも時々階段を行き来します。毛づくろいもしています。自分から食べてくれる物は無いかと(今は無理やり食べさせている)、d0017084_10203010.jpgカツオの刺身を買いました。生でも湯がいても、食べてくれません。ダリもお好きではない様で、ネギと私がおいしくいただきました。ここはがまんの時です。
 今年は、私自信が具合悪いから、コンサートなども少なめですが、ここへきて、自分と猫たちの医療費が、無視できない状態になってきました。もちろん、10割負担の猫の方がずい分高いです。ここはがまんの時です。
 私の体調は、やろうと思えばやれないことは無いけれど、できれば寝ていたい、まさにこれにつきます。昨日はやや元気でしたが、一昨日はだらけていました。今日は、ちょっと良くない方に振れています。だるさは多少の強さの変化はありますが、続いています。医者を信頼していますが、うつの他に何かが隠れているような気がしてなりません。ここはがまんの時です。
 こんな生活をしているものだから、ちょっと痩せてしまいました。やだわ。ガリガリにはなりたくないのだけれど、戻すにはどうすれば良いのかな。ヘモグロビンa1cが問題無かったから、少量でカロリーの高い物を食べれば良いのですね。でも甘い物も油物も、そんなに食べたくないし、お腹弱いし。ここはがまんの時です。
 私のエンジェルちゃんは、今日はどんなご機嫌でしょう。次は何をさせてもらおうかな。ここはがまんしなくて良いんじゃないのかな。
[PR]
by nyankai | 2016-08-23 10:14 | | Trackback | Comments(2)

言いたくて書きたくて (8/22)

 冷たい物は飲んじゃいけないと言われたのに、アイスコーヒーを飲んじゃったし、アイスも食べてしまいました。だって、蒸し暑いんだもの。一難去って又一難、台風が北上しています。
 甲子園は残念でしたが、良くやりました、北海。お疲れ様。
 昨日のブログを読んでいただけたでしょうか。息子のツイッターとフェイスブック。息子夫婦に、赤ちゃんが授かりました。来年早々、私は、なんちゃってではなく、おばあちゃんになる予定です。d0017084_9434978.jpg昨日はあまりに遠まわしに書いたので、わかってもらえなかったかと。今日の息子の日記→ここ
 早く言いたかったのですが、息子達の希望で、いわゆる安定期まで待ちました。確かに科学的に安定期と言うものはあるでしょうし、特別言いふらすことでもないでしょう。でも、安定期になるまで言わないのが、普通である風潮なのですかねぇ。
 私は10月に結婚して、その年度末に希望を聞かれ、「子供がほしいので、学級担任になっても途中降板するかもしれません」と公言し、妊娠がわかってすぐ職場に報告。クラスの子どもたちにも、学級通信で知らせました。もちろん保護者の方たちの中には、正直不満はあったでしょうが(それは私にもわかります)、子どもたちは喜んでくれて、いたわってくれました。だってさ、外見からはわからない、不安定期の方が、よほど周囲の理解が必要でしょう。
 先日、いっちゃんのお母さんが来てくれて、「早くひ孫の顔が見たいよ」と言われた時は、言いたくて言いたくて限界でした。ようやく言えました。
 ごちゃコンが終わって、私がド~ンと落ち込んだ時に、その知らせが来ました。小さい命は、私に果てしないパワーをくれたのです。我ながらアホだなぁと思いつつ、西松屋に行ってレースの服(帽子付き)を買い、靴を作ってしまいました。ニャンコ座町の神社に行って、お守りも手に入れて送りました。
 ネギは悪いなりに安定。マコは、どうなんだろう。
[PR]
by nyankai | 2016-08-22 09:40 | | Trackback | Comments(2)


ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(合唱)

ミュージカル(舞台)
パッチワーク(手作り)
テレビ パソコン&携帯
人 あれこれ
旅 グルメ
美 健康 体力
暮らし
社会
自然
スポーツ
ハルとナツ
おはなし
夫いっちゃん
コラムニスト気どり
心もよう
映画・テレビ番組

パーキンソン
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

フォロー中のブログ

生きる詩
あかねといおな日記
まんまみーあ!日和
merol choco
日常のあれこれ
レストラン白川亭 栄店の...
普通にしあわせ
 ボンと ピッピと Da...
東京の今
笑の内閣稽古場日記
維摩と語る
の ん び り
POPさんの仕事場
高間響の選挙予想専門ブログ
代々木上原便り
15周年記念CD制作の特...
シェーンの散歩道
シャンソン歌手 佐藤みずえ
『もりのおとわ 』
☆千載一遇☆
CO・CO・Aのケセラセ...
わたし達の愛しいわんちゃ...
歌い手菅野千恵のarou...
青い風の街へ
薔薇好き花好き〜元英国在...

リンク

最新のコメント

★こけしさんへ お金で..
by nyankai at 17:30
うん、うん、多少お金がか..
by こけし at 09:54
★姐さんへ そうなんで..
by nyankai at 22:08
岡本先生は一回のコンサー..
by 姐さん at 10:14
★空の鳥さんへ う~ん..
by nyankai at 21:04
★mottisfont-..
by nyankai at 20:57
こんにちは〜 お母..
by mottisfont-roses at 17:37
ニャンコ座の町より、私の..
by 空の鳥 at 16:20
★こけしさんへ できる..
by nyankai at 15:38
微妙なタイミング…ありま..
by こけし at 12:36
★姐さんへ こちらこそ..
by nyankai at 12:15
遅くなりましたが、あけま..
by 姐さん at 11:20
★こけしさんへ 6日へ..
by nyankai at 19:09
昨今のITなどの進歩のよ..
by こけし at 12:37
★ハルさんへ ボチボチ..
by nyankai at 10:11
あけましておめでとうござ..
by ハル at 00:31
★kannochieさん..
by nyankai at 15:27
明けましておめでとうござ..
by kannochie at 14:48
★kannochieさん..
by nyankai at 12:48
nyankaiさん こ..
by kannochie at 21:26

画像一覧

ブログジャンル

音楽
猫

ブログパーツ

ライフログ


つばめのツンちゃん


転勤天国ぐうたらグルメ


いのち輝かそう2 (いのちの万葉集2)


くらしの詩(うた)をつづって〈2008〉道新生活面「いずみ」筆者94人の作品集


いのち輝かそう~いのちの万葉集3


この地球(ほし)に生まれて―ミュージカルKAGUYA創遊記


コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方

帝国の慰安婦

最新のトラックバック

現代演出・ホモキの段ボー..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
初めて民族舞踊を取り入れ..
from dezire_photo &..
プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
時空を超えた二人の大作曲..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..

記事ランキング

ファン

検索