ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 私がシンデレラストマックなのは、皆さんご存知と思います。毎日3度3度ご飯を食べ続けると、お腹が下るほどです。冷たい物と油っ気を同時にとるのはご法度で、天ざるは食べられません。焼き肉&ビールもほんの少しにしなければ。
 この体調悪しの間、気を付けていることが2つあります。1つは歯磨き。フォーク歯科が無くなってしまって、次の歯医者を決めないまま、定期検診も受けられず、こんな時に歯が悪くなってはたまりませんから。もう1つが、お腹こわしたらいけないので、去年の秋から始めた腹巻習慣を、守り続けていることです。さすがにこの季節は、毛糸じゃなくて綿ですけどね。
 d0017084_925029.jpg昨日の夜、ヨガがあったのですが、今シーズン初めてはずして行きました。ようやく暑いかもと感じたのです。クロリンTシャツと、ネコのリラコで行きました。
 ヨガは本当に良いです。相変わらず寝ていたいのですが、ヨガの運動量はちょうど良く、呼吸法で気持ちが落ち着き、体が楽になります。毎日マッサージを1時間受けて、ヨガを1時間し続けたら、治るかもしれませんってくらい、気持ち良いです。じゃ、ヨガは自分で家でもやれよってことですが、それができる人って、一握りですよねぇ。夜のヨガは、照明を落とし、キャンドルをつけて、瞑想タイムをします。ヨガが無かったら、全く運動していないです。
 抗うつ剤の副作用の中に、お腹が緩むがありまして、そのせいか、ちょっと心もとないです。お腹が下ったら、止めてはいけない、悪い物を出してしまえば自然に治ると、よく言われますが、それはお腹の丈夫な人の場合です。私の天の助けの薬はロペミンで、これは強い薬なので、頓服として使います。病院からもらったのが無くなって、ツルハに行ったら、その成分の薬がありました。持っていさえすれば安心なのです。
 早く、筋トレと水泳をしたいです。その前に、昼間元気に起きていられる体に戻りたいです。せめて、だるくても心は元気だった、ごちゃコン前までの体調に。
 ようやく扇風機を出しました。たぶん必要無いと思うのですが、お客様の時などに。数日前まで、良く似た形のハロゲンヒーターがあったのよ。
[PR]
by nyankai | 2016-07-31 09:01 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)
 ようやく晴れた朝8時、それはそれでon the トゥルースリーパーでグズグズしていたら、チャイムが鳴りました。私はまだ、ワコールミネットで買った、長袖のブルーのネグリジェのままです。知らんわ・・・と思ったら、2度目のピンポンが。仕方なくだるい脚で階段を降りて、モニターを見ながら「ハイ」といd0017084_9433441.jpgうと、
 明るい男性「トヨタです」・・・「はい?」
 「トヨタです。犬やってるのはこちらですよね」
 「いいえ、違います」
 トリマーは、お隣ですと教えようと思ったけれど、その元気もありませんでした。ニャンコ座の方が目立つし、何しろ壁に猫が描いてあるものね。
 昨夜、はかせじろうさんから、そろそろ私の夢のコンサートの打ち合わせをしませんかと、電話が来ました。もちろん忘れていた訳ではなく、気になっていたのですが、こんな状態では考えられず、やれる気もせず、ならば早く断らなければと頭の片隅に置いたままでした。
 体調が悪い由、きちんと連絡しなければと思っていたと言い訳、近日中に返事をしますと言って、電話を切りました。
 長年温めてきた夢です。やりたいです。でも全然準備ができていません。ではなくて、9月の体調がどうであるかはわからないですが、準備できる状態ではないのです。もしも元気だったら、猛練習をし、フライヤーみたいなものを作って宣伝し、何を着ようかなんて、ばっかみたいに浮かれていたことでしょう。
 どうしよう、もう決めないと。ファーチレは、コンサートはあるのだから、私個人が出れるかどうか、いえ、確かに出ないことは周囲に迷惑をかけますが、でもそれだけのことです。でも、私の夢のコンサートを、不本意な中で進めるのは、嫌なのです。
 昨夜も、かなりだるくて辛かったです。寝ていたいのがうつ病と言うのは、とても理解できますが、このしかめっ面になるほどの強烈なだるさはうつ病のせいだなんて、なかなか承服しがたいのです。
[PR]
by nyankai | 2016-07-30 09:42 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)
 目が覚めた時、静かだったので、雨上がったのかと思ったとたん、ザ~ッが幾度かあり、いつものように1時間以上グズグズしてようやくリビングに降りて、テレビを付けました。梅雨前線が、オホーツク高気圧にブロックされて動かないため、北海道に雨が降り続けているという、厄介な状況になっています。テレビも入らない局があるし。
 パソコンつけたら、中村紘子さんの訃報が目に飛び込んで来て、驚きました。ブログ書き始めたら、今日も左腕順調にだるくて、タイピングは辛い。
 何かとっても楽しいことをしたい、寝る以上に楽しいことを。私は元々は、寝てなんかいられない、早く明日の朝になれば良いと思うタイプです。d0017084_1035395.jpg今さら、ある日起きたら、すっかりだるさが無くなっていた、なんて奇跡は起こるはずはないと諦めてはいますが、昨日も夕方までは、ひたすら寝ていたくて参りました。
 難病を抱えながらがんばっている、シャンソン歌手のみずえさんが、この間から幾度か電話をくれていたのですが、タイミングが悪く出られないでいました。忙しい人なので、メールで返事をしただけで、こちらからはかけないでいた所、昨日ようやく話しができました。
 みずえさんも、病気がわからないでいた頃、とにかく横になっていたかったそうです。心配して電話をもらっても(たぶん固定電話)出られない時があり、その頃の印象があまりに強かったのか、未だに電話の第一声が「寝てたの?」になる人がいるほどだそうです。それは辛かったろうなぁ。
 楽しいことは何だろう。歌の練習ができていません。苦痛と言う訳ではないのですが、すっぽり抜け落ちた感じ。食器棚の上に、古い料理の本が並んでいます。それが目に入って、捨てたくなりました。もう料理などしない。特に低カロリーお弁当なんてさ。いっちゃんのために作ったね。椅子に乗って、本を降ろし、だるくたってこんなこともできると、確認したかったのです。
 Yちゃんの実家から届いた桃、ちびちびといただいていますが、皮や種を三角コーナーに置いておくと、アリさんが来てしまうのです。どんだけおいしいのか。
 Windows10は、本日で無償アップグレードが終了しますよ。ひどい目にあっちゃったわ、全く。
[PR]
by nyankai | 2016-07-29 10:34 | 心もよう | Trackback | Comments(0)
 皆さんに心配かけっぱなしであること、情けなく、申し訳無く思っています。あまりに辛い症状に、昨日はとことんドクターSに食らいつこうと思いながら行きました。
 まず、幾人かが心配してくれた、甲状腺疾患はありません。尿糖は又出ていて、昼食後なので血糖値は高めでしたが、ヘモグロビンa1cは5.5で、異常無し、腎性糖尿なのかもしれませんとのこと。
 最初に処方されたパーキンソンの薬の残りを飲んで、体が楽になったこと。脚がガクガクすること、症状は悪化していることを訴えましたが、ドクターSの答えはこうでした。
 パーキンソンの薬が効くのならば、継続するはず。パーキンソンの進行は極めて遅い。初めて受診するパーキンソン患者の自覚症状と、私が訴えている症状が一致しない。d0017084_10104580.jpg脚のこわばりから、可能性としてパーキンソンを疑ったけれど、その他には何も当てはまらない。
 体がしんどくて、ひたすら寝ていたい、好きなことができないという状態は、うつ病の方が心配である。症状には、病名を付けられないことの方がむしろ多く、うつ病にはありとあらゆる身体症状が起こりうる。別に何か自覚できる原因が思い当たらなくても、暗い表情で嘆き悲しんでいなくとも、うつ病だということはある。
 前回の抗うつ剤で、何か問題は無かったか、うつの治療を受けることに抵抗があるかと問われたので、それは無いと答え、量が倍になりました。2週間後の予約をとりましたが、状態によっては変更できるとのこと。100%納得はできていませんが、もちろんパーキンソンであっては困るし、むしろ抗うつ剤で今の辛さから抜け出せることができるなら、何よりです。
 注意されたことは、本やテレビやネットで病気の情報に触れてはいけない、ありがたいことだけれど、知人の助言なども受け過ぎてはいけない、ということでした。余程状況が変わらなければ、ドクターSを信頼しているので、とことん面倒みてもらいます。
 病院の出口から、薬局の玄関まで、雨だったのでダッシュしてみました。私、走れるよね。
 たくさんの嬉しい電話やメールやコメント、ありがとうございます。歌手の荒井洸子さん、暑中見舞いの返事に「私は70才になりましたよ。ガンバレ!」と書いてくれました。
 大雨警報が出ています。ニャンコ座は高台なので、大丈夫です。
 追伸:昨夜の「ガッテン」のオクラのねばねばがすごかった。それと、私も「ドクターG」してほしい。
[PR]
by nyankai | 2016-07-28 10:08 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)

とり急ぎの報告

 心配かけています。取り急ぎ報告。
 病院に行ってきました。ゼロではないけれど、パーキンソンの可能性はほぼ無い・・・なぜならば、当てはまらない事がほとんどですって。じゃ、どうしてこんなに辛いのと言うと、うつ病って、ありとあらゆる身体症状が出る、別に気持ちがふさぎこんでいるとは限らない、本を読んだり、ネットで調べたり、知人の助言を聴き過ぎるなと言われました。で、抗うつ剤が増えました。
 100%納得できてはいませんが、ドクターは信頼しています。
[PR]
by nyankai | 2016-07-27 16:46 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(9)

猫文学 (7/27)

 自分の体調以外のことを書きたいと毎日思いつつ、それができないでいます。
 隣の苗屋さんで、これから寒くなるまで楽しめる花を買いたいのですが、世話ができるように思えず、諦めました。富良野に負けない真っ盛り、をちょっと過ぎ始めたラベンダーも、刈り取らなければと焦ります。
 断捨離はしない、私は物欲人間を貫くと決めてはいても、大事な物をひとまとめにしておかないと、息子に迷惑がかかるからと、ゴロゴロしている所の、とりあえず手が届くコーナーをひっかきまわしたら、とっておいた古新聞が出てきました。猫文学の特集記事でした。d0017084_9132552.jpg長田弘さんによると、猫文学には2つあって、1つは「人の目を通して」語られる猫の物語。もう1つは「猫の目を通して」語られる猫の物語。
 猫って、常に一歩離れた距離を保ち、場を読み、空気を読むことにかけては天才的。人の言葉を容易に解する。ただし話せない。「人の言葉を話せない」のは致命的な欠点だけれど、決定的な美点と言うべきかもしれない・・・そうだ、そうだにゃ。
 私の体調不良を狙ったかのように、3ニャン共、今一な状態が出たり引っ込んだり。食欲が安定しません。バタッと食べない時があります。吐くこともあります。私が不安定なのを、心配してくれているのです。点滴に連れて行く時などは、がんばって、本当にがんばるってこういうことだという位、がんばってつれて行きます。
 私も猫の物語を書いてみたいものです。昨日を悔いるでなく、明日のことを不安に思うでなく、今の具合の悪さに文句を言うでなく、淡々と受け入れている猫の目をもって、何事かを書き残しておきたいのです。書くと描くは違うけれど、イル・ディーヴォかけて暑苦しい歌聴きながら、ネギとネギを描いてみたら、ちょっと楽しかったです。
 午後、神経内科受診です。
[PR]
by nyankai | 2016-07-27 09:11 | | Trackback | Comments(0)
 昨日は3時頃、最後の薬を飲みました。30分位したら、腰の辺りが楽になってきました。病院は明日です。先生にきちんと伝えなければ。今はもう薬は切れています。早く病院に行きたい。
 最高齢93歳 平均年齢80歳 「田んぼdeミュージカル」待望の第5弾!物語の始まりのはじまり「ここはわしらの天国だ」少年は歌手になりたかった お年寄り映画集団がいま「ふるさと」を考える 「紅い花白い花咲き乱れ」season1林業編 鵡川上映会に行ってきました。
予告編のyou tubeはこれです。https://www.youtube.com/watch?v=H5HlrBQYADs 私が歌ったラップと、エキストラ出演した場面は入っています。d0017084_9315223.jpgご覧ください。この先、苫小牧や札幌でも、上映されます。
 脚本家の進行で、キャストのトークなども交え、良い上映会でした。エキストラや音楽で、ちょっと関わらせてもらったとは言え、どういう話なのか、さっぱりわかりませんでした。又、親しい(高齢者じゃないのに)音友が主演なのですが、その不可解さも抱えたままで。
 なるほど、そういう話でしたか・・・いえ、テーマがテーマだけに、始まりのはじまりなだけに、見終わっても良くわかりませんでした。続きがあるという事で。ただ、自分がやったことが、映画の中でどういう部分であったのか、は納得できました。
 昭和30年代の林業の様子が、今の様子もわかっている訳ではないのですが、「かやるぞ~」の声と一緒に倒れる大木、雪の斜面を馬が引いて行く様、あまりにも印象的でした。60年前って、そんな昔だったんだ。気の遠くなる様な時間をかけて、今がある。
 スクリーンの中の、高齢の方たちの姿さえ、今の私には羨ましく見えました。元気になりたい。
[PR]
by nyankai | 2016-07-26 09:27 | 映画・テレビ番組 | Trackback | Comments(5)
 ニャンコ座町は、相変わらずほとんど曇って寒いです。私自身は、とてもそんな気持ちじゃないのですが、毎年夏のお約束をしないのは、かえってストレスになるので。
       暑中お見舞い 申し上げますF3AD.gif
 
d0017084_10319.jpg
 去年撮った還暦記念写真は、年賀状には間にあわなかったので、盛大に使ってみました。でも2種類どちらにしようか決められず、半分ずつにしました。自己愛強くてごめんなさい。暑中見舞いは少ししか出さないので、ほとんどの皆様には、ブログでごあいさついたします。「元気です」と書けないでごめんなさい。でも、元気なふりはできませんでした。先週中に道内の方には届いて、励ましのコメントやメールをありがとうございます。
 昨日マッサージに行ったら、副腎疲労(病気ではない)で、だるくて起きられない人がいたという情報をくれました。腕&脚がだるいのと、寝ていたいのは、もしかして別な理由なのかもしれないね。なりすぎズッキーニとラベンダースティックを持って行ったら、手作りの三升漬をくれました。ご飯がおいしくてはかどるわ。セボコンと同じにはできないでしょうがと言いながら、背骨をきれいにしてくれました。
 今夜は、夕方残り1錠のパーキンソンの薬を飲んで、隣町に、ちょっぴり関わらせてもらった映画の上映会に、がんばって行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2016-07-25 10:00 | 暮らし | Trackback | Comments(4)
 昨日の新聞に、1面の半分位を使って、製薬会社のパーキンソンセミナーの広告が載っていました。例によって、d0017084_9272210.jpg見ない方が良いのに、食い入るように見てしまった私。
 「こんな時は、神経内科に行こう」の項目の中に、当てはまるものは、ある。ただ私は、とにかく「だるい」が1番。ここの所は、「こわばる」が→「震える」につながっているし、昨日はキューンを締め付けられる感じもしてきました。見栄を張れば普通に歩けますが、だるさに正直に従えば、変な歩き方になります。
 今日午後は、先月、あわただしさと騒がしさに、かえって気落ちした背骨コンディショニングが苫小牧であり、そのご案内もいただき、ありがたく思うのですが、とてもそこまでたどり着ける自信がありません。
 もしもパーキンソンだったら、安静はいけないみたいです。やれることは何でもがんばってやらなくちゃいけない様です。寝ていたいなど、もっての他。d0017084_928135.jpgとはいえ、とにかくこわいんです。隙あらば横になりたいのです。昨日はがんばって、ちょっとだけ外に行きました。今頃、ファーチレ練習してるんだなぁと悲しくなりながら。まじょ子町は、樹魂祭です。昨夜は、まじょ子さんはこもれび太鼓とフラに出ました。花火大会もあり、毎年行っていたのに、ため息ものです。
 テレビを見て、普通に生きている人が、うらやましいです。去年と同じに戻してくれとはもはや思わないけれど、8割位は元気にしてほしいです。少なくとも黙っている状態での苦痛をとってください。
 いったいどこが夏なのか、20℃になるかならないかのニャンコ座町でも、困るほどなってくれるズッキーニって、すばらしい。花と、もぎたてを切った瞬間に出てきた水です。
[PR]
by nyankai | 2016-07-24 09:25 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 昨日は大暑でしたが、ニャンコ座町はようやく20℃に届いた位でしょう。私は寒い。
今日はとうとう、ファーチレ欠席です。すごく行きたいのですが、前回帰りのバスに乗るためにターミナル近くで、ちょっと立っているのが苦痛な数分間があったので、自信が無いのです。来週病院に行って、もしも合う薬に巡り合えて、体調が回復したら、車は頼めたので、わがままですが、本番だけでも歌いたいと思ってはいます。
 昨日は、人を頼んで、家の周りの草刈りをしてもらいました。年の初めには、11年目に入ったニャンコ座の庭を、d0017084_10333724.jpg気合入れてきれいにしたいと張り切っていたのに、ほとんど何もできません。
 昨夜も、パーキンソンの薬を飲んでみたら、一昨日よりは新鮮ではなかったけれど、やはり楽になり、教職員互助会の医療費給付金請求書書きをしました。ほんの少し、筋トレもしてみました。残り後1錠です。朝飲めばやや元気な1日が送れるのかもしれませんが、楽になってちゃんと寝られる方が良いのです。私は、完全に病気ですね。腰の骨がどうこう(もちろんそれは大なり小なりあるでしょうが)と言う問題ではないでしょう。
 ち〇子ちゃんが、帰省していました。四十何年ぶりに会えるのを楽しみにしていたのに、電話で数回話せただけで、結局会えませんでした。滞在先は少々遠いですが、元気に会いに行くつもりでした。ところがそれどころではなくなり、ち〇子ちゃんも、私の体調を気遣ってくれて、こちらへ来て、すぐにおみやげや私が頼んだ物を送ってくれました。その中に、クロネコのマグネットがありました。「Life’s better with a Cat」と言う言葉があります。正にそうだなぁ。
 ありがとうち〇子ちゃん。良い滞在だったことでしょう。愛する家族の待つ家に着いたでしょうか。何年先になるかわからないけれど、次はきっと元気に、会いましょう・・・だったら良いな。
 沖縄で起こっていること、遠い北海道で、無関心でいて良いのだろうか。
[PR]
by nyankai | 2016-07-23 10:30 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai