<   2015年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ジルぼっち&元ぼっちをぶっとばせ (12/31)

 もう少したら出かけます。2時から「Cats」で、10時から「ジルベスター・コンサート」です。その間にチェックインして、ちょっと買物をして、何か食べて、9時位までのんびり退屈できたら良いかなと思います。
 私の年越しを、気ままで良いですねと思う人もいるかもしれませんが、どうかそれを私に向かって直接は言わないでください。真央ちゃんが、お正月を「こたつでミカンF38E.gif」と答えたそうですが、それは当然です。ぜひそうしてください。いつも人と接することを強いられている人が、年越しくらい一人になりたいと言う気持ちも、わかります。が、永遠に誰も帰って来ない家の中で、ただはしゃいでいるテレビだけを友に、ミカンを食べる年越しなど、考えただけでおかしくなりそうです。
 d0017084_9393867.jpg私の周辺の60歳には、まだまだたくさんのものを背負っている人がいますが、私にはほとんど何もありません。それが私の寂しさの根源なのですが、これを強みであると思えなければ、やってられません。私の中には、清少納言ばかりではなく、和泉式部も多いにいるのです。華奢な体を凛とのばして、魔女の心を持って、ひとりぼっちのジルベスターと元日をぶっとばす気概を持たなくては、乗り越えられません。
 なんちゃって母子とある子ちゃんは、共に御主人がシフトで働く職業なので、年越しだから休みと言うのではないのです。だから、年末年始でも遊んでくれます。昨日は、忘年お茶会をしました。最初は、どこかカフェで外食をと思ったのですが、地方のカフェは30日は営業しておらず、持ちより@ニャンコ座になりました。ドラえもんのすごろくの様な、初心者桃鉄導入ゲームの様なのをやり、その後は、百人一首をしました。すべてナナさんとハッチーの方を向け、お手つきはとらないルールにはしましたが、最初は手心加える余裕もあったのに、少なくなってくると、反射速度がマジで2人にかなわない。ハッチ~は、自分はできないからと言っていた謙遜などどこへやら、途中で足のストレッチをするほどの気合の入れよう。将来が楽しみです。
 そんなことで、正しい日本のお正月を、一足お先にしました。お茶会のつもりが、ぐったり疲れました。
 いっちゃんの中の病気の影にすら気づいていなかった頃、ニャンコ座まさに建築中、50歳になったばかりの2005年、10年前の私の年末が、→ここ にあります。読むと不思議です。私にも、こんな年越しがかつてあったのだと。正直、悲しいです。
 では、出かけますので、この辺にて。又すぐお目にかかります。ごきげんよう。マコF6CE.gifはたぶん 今年中にしてね。
[PR]

by nyankai | 2015-12-31 09:37 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

2015年3大ニュース (12/30)

d0017084_991250.jpg お待たせしました。今年の3大ニュースです。ダラダラダラ・・・・・・・
第3位 ネギのあごが外れた
 ネギごめん。こんなこと書いてほしくないよね。舌の裏側にはたぶんガマ腫がそのままだろうし、歯もたくさん抜けているし、何年越しの歯茎の骨の過形成も本当は塩梅悪いのかもしれないし、年なりに腎臓が弱っているらしく、飲む水の量が増え、薄いおしっこをたくさんしているものと思われますが、17年目の猫なのだから、仕方ありません。
 マコが具合が悪くなったのは、去年の8月末。悪性リンパ腫の可能性ありと診断を受け、その時は1年後には生きていないだろうと思いました。耳の耳血腫は少しずつ大きくなってしまっていますが、一緒にカバノアナタケ茶飲んで、今の所穏やかに暮らしています。今日のマコF6CE.gifはたぶん 
 3ニャンとも老猫です。1日でも長く、この猫たちと過ごして行きたいと思っています。
d0017084_995172.jpg第2位 キタラソロデビューそして
 長年、合唱をやっていて、ファーチレにたどり着けたことは、色々な意味で幸いでした。そこで思いもかけず、ソロを歌うことができました。日本有数のホールで。ありがとうございます。やっただけのことはできたし、さらに上手くなりたいと思いました。
 そんなことをしていたら、ソロの話が舞い込んできました。女の60代は最高、これからが花であると信じて、歌っていこうと思います。
 考えてみたら、ニャンコ座が建ったときは、いっちゃんと、土を耕し、色々な物を作って暮らしていくつもりでした。もちろん、それらのことをやるのをあきらめたわけではないですが、心ならずも1人になってしまった私が、歌うことに重きを置いて行くことは、別に不自然ではないと思えるようになりました。
d0017084_9121458.jpg第1位 還暦を迎え記念写真も撮った
 いっちゃんが53年しか生きられなかったことを思えば、私が60歳になれたことを感謝せずにはいられません。自分の還暦の姿など、若い頃は全くイメージできませんでした。全く変わらずと言うより、やりたいことがますます増えていく気がするし、設定するハードルが高くなっています。逆に、もうやらなくて良いこと、やりたくないこと、がまんしないことに開き直ることができ、言いたいことは言って良い年齢になったと感じています。写真館で記念写真も撮りました。
 振り返ってみると、歌の練習に明け暮れた感じの1年でしたが、来年はもっとやるでしょう。
 PS:来年の息子の札幌公演(京都もあります)に出る「ダニエル」さんって、すごいイケメンでびっくりぽんです。この顔を見られるだけでも、値があります→ここ 
[PR]

by nyankai | 2015-12-30 09:05 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

今年も〇大ニュース (12/29)

 ハワイに行った去年に比べたら、今年は特にニュースなど無いなぁと思います。たぶんそれは悪いことではないです。全然余談ですが、リキーズのクリスマスパーティーで、お楽しみあみだくじがあって、私は当たりませんでしたが、「1等は、ハワイF6BB.gif旅行でしょ」と、気を使って、はしゃいでみました。近くにいたおじ様が「そうだよ、ハワイ行き着払い」と乗ってくださったのが、非常に私としては笑えたのですが。
 そういうことで、2015年も、大きめな出来事を書き出してみることにします。
d0017084_9131841.jpg第7位 息子がチェルノブイリに行った
 私自身のことではないですが、息子がゲンロンカフェの東さん主催の、チェルノブイリ見学ツァーに参加しました。今後に生かしてください。
第6位 DRUM TAOと2cellos
 今年もチケット代は考えないことにして、様々なコンサートや舞台などに行きました。そのどれもが何がしかの刺激をくれ、明日への意欲をもらえる、思い出深いものですが、特にこの2つは、過去に経験が無いものでした。もだえる。和太鼓は、和物であると言う狭い固定観念がありました。「DRUM TAO」は、見事にそれをひっくり返してくれました。チェロは、私はチェロフェチですから。それがさ、ステファン016.gifだも~ん。
d0017084_914059.jpg第5位 旭山動物園と虎杖浜温泉に行けた
 そんなに行きたかったんかいと、自分で突っ込み入れたいほどです。別に恋焦がれていたのではないのですが、考えてみたら、行きたかったんだなぁと思います。息子達のおかげで、かこつけて、旭山動物園に行けました。
 虎杖浜温泉F695.gifは、知る人ぞ知るの「民宿500マイル」へ行けました。あのお湯は美容液です。春になったら、絶対にリピーターします。
第4位 健康グッズを買った
 まっ、些細なことですが、還暦と言う年を迎えて、これからも健康でいたいので、できることはしておきたいのです。買ったものは、血圧計・体組成計(買い替え)・ノルディックウォーキングのポール・ゴーグル(買い替え)、そして腹巻導入。これは良い結果を生んでいるかもしれません。シンデレラストマックですが、その後決定的にお腹壊していないし、あったかいです。
 明日は、ベストスリーの予定です。昨日、2015の筋トレF6C2.gif納めしてきました。マコF6CE.gifはりっぱな
 「恋する百人一首」の「和泉式部」を見ましたが、なるほど私ではないですね。今だから言いましょう。一時、なりかけました。ドロドロの破滅願望をもったこともありました。でも、知性が踏みとどめた・・・ってことで。清少納言になろう。テキスト買いました。
[PR]

by nyankai | 2015-12-29 09:11 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

恋する百人一首 

 d0017084_9443548.jpg私は子供の頃、北海道式の百人一首をやりました。それこそ負けん気だけでとりました。今は無期限貸与で、なんちゃって家にあります。Eテレで、「恋する百人一首」と言う番組をやっています。それを偶然見たのですが、けっこう興味深く、番組サイトを見つけたので、平安時代を代表する4人の女流歌人、清少納言、和泉式部、道綱母、紫式部。文献などから見た彼女たちの性格に基づいて、4つのタイプに分けられるという、チェックをやってみました。
 清少納言…美人ではないが、明るくてウィットに富む
 和泉式部…異性関係が派手だが情熱的で、
               ストレートに思いを伝えることができる
 道綱母…プライドが高く、嫉妬深いが、超美人
 紫式部…恋愛下手だけれど、頭が良く、謙虚に振る舞うことができる
 結果は何と、思ってもみない清少納言でした。ウィットに富んだキャリアウーマン(あなたはテストステロンが多く、ドーパミンも多いタイプ)ウソッ、いや、じゃ誰が良いかと言われると、魔性の女・和泉式部になりたいんだけど。あなたもどうぞ→ここ
d0017084_9525936.jpg清少納言タイプの特徴(今日11:30から、再放送があるよ)
 •バツ1子持ちのキャリアウーマン・・・ではなくMerry Widow
 •美人ではないが、見かけにコンプレックス無し・・・あるよ、あるってば
 •性格的に明るい、ニッチモテ女子・・・どうかな 明るい子ではなかった
 •頭の回転が早い知性派・・・そうありたい
 •負けず嫌い・・・当たり
 •ウィット、ユーモアに富む・・・そうありたい
 •女子は家庭に入るよりキャリア・・・正しい
 •好き嫌いが激しい・・・当たり
d0017084_9534458.jpg 清少納言の弱点は、自分を最低ラインとして、自分より学歴が高い、身長が高い、収入が多い…等、男性に対して過度の要求をしてしまうこと(ベースライン思考)。そうなると、相手を見つけることが難しくなってしまうかもしれません。アハハ、当たりだ。私はダメ男は嫌いだ。ただし、息子はその限りでは無い。
 清少納言の歌、さすが知性派
   夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ
 この番組、1月も続くので、テキストを買おうと思います。
ところで、ニッチ女子って何だF65B.gifニャンコ座にもニッチが何カ所かありまして、写真はリビングのニッチです。マコF6CE.gif
 華奢凛 魔女んそわーず ど 猫快の歌、肩甲骨をどうぞF485.gif
   受け取りし 気まぐれメール フォルダ分け 我は還暦 外は冬晴れ  
[PR]

by nyankai | 2015-12-28 12:04 | 映画・テレビ番組 | Trackback | Comments(4)

秋元市長の鼻くそ・・・ではない (12/27)

 d0017084_9495447.jpg高品質高価格のニャンコ座には、冬でもハエが出没することがあります。全くどこから来るのか。少し前の新聞の「今年の顔」とかいうコーナーに、秋元札幌市長が選ばれていて、見るとその写真にハエが止まっていたのです。それがユーモラスでさ、失礼は承知の上で、カメラに収めてしまいました。秋元さん、ごめんなさいF3AD.gif
 秋元さんと言えば、就任直後のインタビューで、前上田市長との違い、引き継ぎたくない点はと問われ「体型ですF3F1.gif」と、きっぱり言い切っていたのを、思い出すたびに、1人にやにやしています。このたびの保育料問題にも、とりあえず緩和策を出した点、私は札幌市民ではありませんが、一定の評価をします。
 この写真を載せたいばかりに、全然関係無い書き出しになりましたが、昨日きばってクリスマスを片付けました。誰もやってくれないし、西洋かぶれして年越しても良いのよと言い訳しても、だらしないんだからぁ~と言われるだけだし。疲れました。
 クリスマスパーティーの1人反省会などをやってみました。今年はグループじゃなかったので、クリスマスメドレーはやめました。コーラスの皆さんが3曲やってくれると言うし。それならば、いっそクラッシックも1曲くらいあっても良いのじゃないかと。これはいわゆる私の守備範囲内。
d0017084_9593534.jpg 文ちゃんコンサートで知った「Ale Ale Ale」は、わたくし初の会場盛りげソングです。だって説教臭いバラードが1番好きなんですもん。詰め掛けた参加者たちに、絶大なる共感を得て、快感でした。カンペは作ったのですが、1度も見ることも無くすみましたF7C3.gif
 KBGダンスの振り付けも、最後までできていない不安はあったのですが、本番は何とかなりましたし、ランニングマンF6CD.gifもはまりました。
 アレアレもダンスも、良く覚えましたねと言ってもらえました。そうです。60歳になってもなお、抑えがたい様々な意欲が湧きあがってきますが、記憶力の低下だけは如何ともしがたいのです。それを補うには、ひたすら練習しかありません。幸い(と言うのははなはだ不本意ですが)お一人様なので、練習時間はいくらでも確保できます。後は私自身の問題で、支えてくれているのは、負けん気なのです。ただし、若い頃は、誰にも負けたくないと言う負けん気でしたが、今は自分に負けたくないのです。かっこいい~、羽生君みたい。話飛ぶけど、宮原知子ちゃんは、スタートの決めポーズの瞬間、70点を超えると確信したわ。
 以上、秋元さんの鼻くその話などでは、断じてありません。もう1枚の写真は、庭のアカエゾ松です。ツリーみたいなきれいな形なので。マコF6CE.gifはたぶん 
[PR]

by nyankai | 2015-12-27 09:46 | 心もよう | Trackback | Comments(2)

まずい!三の線に目覚めてしまったかもしれない (12/26)

 d0017084_1012495.jpg昨夜私は、酔っ払い相手の場末の飲み屋に歌いに行った自称歌手で、自分もほろ酔いで愉快にクリスマスパーティーに参加して、そのままベッドに倒れ込むまで夢の中に漂っていた人、みたいな感じでした(妄想だけど)。金箔入りのシャンペンを、1人で飲みまくっていましたから。アッシー君はいましたから、道路交通法違反はしていません。
 去年よりもちょっとだけ、入場制限をしたのか(要するに宣伝を控えた)、程良い混み具合で始まった、大人の(中高年の)クリスマスパーティーは、地元の合唱団有志のクリスマスの歌の伴奏をして、そのまま2曲続けて歌いました。「Ave verum corpus」は、合唱団の方達がアルトを入れてくださって、きっと喜んでもらえたかと思います。
 「Ale Ale Ale」の前に、フラメンコスカートを履いて、HKBが今年はたった1人である言い訳や、還暦記念写真があまりにきれいに撮れたの自慢や、そして息子の札幌公演の宣伝やらもして、「Ale Ale Ale」を歌うと言うと、最前列の女性が「大好きF3F1.gif」と叫んでくれて、すっかりその気になりました。世界は私のためにある。
 歌詞は完璧に自信があった訳じゃないのですが、何と言うか、その~、どのようにでも自在にできる気分になりました。何だろう、この天下とった気分。みんな笑ってくれている、手拍子をしてくれる、間奏部分では、ピアノに向かって「がんばって~。」などと声かける余裕こいている私。気分良い、良すぎる。
d0017084_1053813.jpg 笑ってもらえるって、こんなに気持ち良いんだ。息子のやっていることに、少し近づけたような気がしました。これはまずい、私は王子様が好きな、正統派二枚目のつもりのはずだったのに、実は違うのかもしれない。60歳にして、ようやく本性が現れたのだとしたら。私のカメラには、ろくなのがとれていなかった(私が動き過ぎたのでとれなかったとか)ので、主催者から分けてもらったら、載せます。
 千歳の弾き語り師弟コンビの、師が、とてもすてきな中年男性でした。「青春の影」しびれました。「かっこいいですね」と言ったら、「きれいでした」と言ってもらえて、酔っていたので、完全に真に受けました。寝る間際に検索したら、れっきとしたプロのミュージシャンだったので、大変失礼いたしました。その人「鵡川の人は、変な人が多いですね」と言いましたが、私は鵡川の人ではありませんから。
 ふと思いました。もしもいっちゃんに死なれなかったら、今たぶんこんなことしていないだろうなと。もちろん、合唱はやっているけれど、絶対に1人でコミカルソングを歌って、お客を乗せようなどしていないって。
 クリぼっちはこうして過ぎた。ジルぼっちも元ぼっちも、どんと来い・・・ほんとは寂しい。今朝はもう酔ってませんよ。今日からは、終活イベントとごちゃコンの練習です。あっ、ファーチレもです。だから、大掃除はできません。マコF6CE.gif 
[PR]

by nyankai | 2015-12-26 09:59 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

リハーサルという名のクリぼっち回避 (12/25 クリスマス)

 ささやかなホワイトクリスマスF65D.gifになりました。本音、車には迷惑なのですが。
d0017084_9443766.jpg昨夜はここ数年恒例の、リキーズクリスマスパーティーのリハーサルに行ってきました。毎年、お客さんが来てしまったらできないからと言われているのですが、来ません。田舎は、クリスマスイヴF6A2.gifにお出かけはしないのです。私にとっては、クリぼっち回避のための、大切な場所です。
 42人のお客様の席決めやら、マイクのセッティングやらと、いつもの仲間との練習が同時進行でした。リキーズの地元の合唱団有志のピアノも引き受けてしまったので、「きよしこの夜」「もろびとこぞりて」「荒野の果てに」がんばります。
d0017084_945651.jpg 「Ave verum corpus」のデュエットは、悪くないような気がする。エレピなので、パイプオルガン音を使いたいのですが、慣れないことをしてこけるのも嫌なのでやめとこう。「Ale Ale Ale」は、JELLYさんの伴奏ひどいものなんだけれど、やってくれるだけでありがたい・・・なんて書いたらだめだよねぇ。ピアノが独学だと言うJELLYさんって、すばらしいと思うもの。いくらか、振りを付けなければねぇ。
 KBGの「Come on and dance 小浜島」も何とかなりそうです。カチャーシ―の部分に、ランニングマンを入れてみました。
 今年のHKBは、家庭の事情やら健康問題やらで、私1人しか参加できないので、そのリーダーであり、歌姫であるニャンカイの、盛大な使い回し応援プレートを作ってみました。
 d0017084_9453990.jpgmixiで、面白そうだと思って「方向音痴」のコミュニティーに入ってみたら、書きこみ欄がそればかりになってしまって、他の書き込みが追い出されてしまうので、幸い入会のごあいさつもしていないことだし、やっぱり今のうちに抜けようかな。夏場は「雷怖い」コミュの書き込みが多かったのですが、さすがに季節がら、この所はありません。
 そのmixiに、マイミクさんが猫サンタF3C4.gifを載せていたので、御迷惑だとは思いましたが、私もダリさんとマコさんにお願いしてみました。マコF6CE.gifだと思う。量に不満はあれど。
 幾人かに勧められて、小田和正の「クリスマスの約束」を見ました。録画しても見ない傾向があるので、しっかり寝る準備をして、リアルタイムでね。後半のコーラスの和音がすてき過ぎて参った。あ~いうのやりたい。それと、カバー曲の数々を、たくさん練習した話が良かった。後1週間やると言われても、明日が本番で良いですと答えるほどに練習したと。私もそうありたいです。
[PR]

by nyankai | 2015-12-25 09:42 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

ランニングマンって何だ? (12/24 クリスマス・イヴ)

 「って何だ?」シリーズ第4弾です。
 なんちゃって孫のハッチ~が、この間の忘年会で、お遊戯会で踊ったダンスを披露してくれました。ナナさんもママも一緒に踊りました。その中に「ランニングマン」という部分があり、走っている格好なので、まっ、そういうものなんだろう。いわゆる「かけ足~、準備F3F1.gif」ではなく、着地している方の足をすり足で後ろへ引くので、前へ進みはしません。3人の中では、ナナさんが非常に上手でした。
d0017084_9504848.jpg 「嵐」や「V6」にどの人がいるのだかわからない私ですから、当然、ランニングマンって何なのか、知りませんでした。忘年会の翌日になって、疑問が増幅して来て、がまんできなくなり、検索かけました。ありましたよ~(自分で探してね、たくさん出てくるから)、ダンスのステップです。「ランニングマ(シ)ン」の間違いじゃないですよ。ランニングマシンいらず、ってとこでしょうか。
 さっそくやってみる。人様からどう見えるかはともかく、小器用なので、とりあえずできるんです。これ、すごいです。左右で1回とカウントして、10回位で汗ばんできます。ポカポカしてきます。寒い日にはうってつけです。ハ~ハ~します。手を付けてみるともっと良いです。足踏みくらいのテンポの曲をかけて、時々方向を換えてやってみたら、きっと痩せると思います。いや、1曲丸々やるのは、絶対無理ですが。何度目かで、右ひざがガクッとしましたF46B.gif
 フローリングの床でやる時は、靴下を履いてやることをお勧めします。じゃないと、うまく滑りませんから。少しずつ位置をずらしながら、モップスリッパでやったら、一石二鳥ですね。
d0017084_9514094.jpg 昨日のブログに「これで短かったら、もう1曲のソロ曲ラストワルツを入れます。」と書いたばかりなのに、別のことを思いついてしまいました。終活セミナーだからと言って、テーマに沿った曲でなければならないというものではないでしょうが、かつて夢中になった歌の中の1曲に「生きるものの歌」があります。永六輔作詞・中村八大作曲の、映画「大往生」主題歌で、中島啓江が歌っています→ここ。これ、うまくやれたら、泣くんじゃないだろうか、私が・・・い~や、泣いちゃいけません。ピアノは易しいので、ピアニストに負担はかからないと思います。どうかなぁ。
 それはそうと、高声用に書きなおした「Ombra mai fù」の楽譜が出てきました。大掃除でも無いのだけれど、紙類の整理をしていて、ついでに古い楽譜収納スペースを探したら、奇跡です。B版が主流でしたから、B4の紙で、息子が何やら描いたピンクの八つ切り色画用紙を表紙にして、ホッチキスで留めてあります。マコF6CE.gifは微妙。っぽい。
[PR]

by nyankai | 2015-12-24 09:48 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

Ombra mai fù のプレゼント (12/23 天皇誕生日)

 写真館のカメラマンさんが言った「Ombra mai fù はどうですか?」の一言にのせられて歌ってしまったあの事件が、さらにすごいことに発展しています。撮影(19日のブログF679.gifを見てください)のお礼と、でき上がりの確認などでやりとりをしていたら、こんなお話が舞い込んできたのです。
d0017084_9325023.jpg 「苫小牧駅横のビルで、3月8日に胆振地区対象の終活のイベントが予定されています。(7/29の第一回目は来場者131名でした)。第二回目の今回、15分程度の生演奏をどなたかにお願いできたらいいね、と実行委員のなかで企画が挙がっているとのこと。そこでギャランティーはなくボランティアになってしまうのですが、歌って頂くことが可能なものか相談でした。」です。
 は~~っF65B.gifわ、私にソロの歌の依頼F65B.gif思わず、ほっぺたをつねり、目をこすりました。私は、音楽の教員免許は持っていますが、ずっと合唱をやって来た人間です。ソロは確かにいくらか担当したことはありますが、自分をソロの歌い手としてとらえてはいません。ただこの歳になって、今さらですが、そういうこともできたら良いなぁとは思い始めています。なんて事を、正直に返事しました。それには「今後のいつかのステージに繋がるひとつになりましたら、私が嬉しいです。」と。
 写真スタジオで歌うなど、とんでもないことをした私の、何かを感じ取ってもらえたのかもしれないご縁を、無にしてはいけないと思いました。
 これを誰かに相談したとして「それはやめた方が良いよ。」などと言われるはずはないですよね。何はともあれ、R.R.SingersのピアニストF444.gifには相談しなくてはいけません。彼女は音大のピアノ科を出た人です。「やりたいんでしょ、やろう。」と言ってくれました。
 d0017084_9343884.jpg15分枠ですから、2~3曲で良いでしょう。きっかけになってくれた「Ombra mai fù」ははずせません。終活なので、どうせごちゃコンまで練習し続ける「Ale Ale Ale」はきっとうけるでしょうから、やってみよう。ピアニストにも、1曲弾いてもらいたい、好きな曲をと言うと、ドビュッシーの「月の光」だとのこと。良いんでないかいF7C3.gifこれで短かったら、もう1曲のソロ曲「ラストワルツ」を入れます。
 人生は、どう転がるかわからない。思ってもみないことがやってくる。とてつもないクリスマスプレゼントF6A8.gifです。四季の館の露天風呂で出会った方に言われた「あなたはこれからが花よ」を、思いだす。
 「Ombra mai fù」は、前半のレチタティーヴォもやってみたいわねぇ。持っているのは、中声用(E♭)。あの時、キャスリーン・バトルが歌っている高声用(G)に、書きなおしたのだけれど、どっちが良いだろう。と思っても、30年も前の手書きの譜など、ない、ない、出てこない、見付けられない。
 昨夜は、みかんの皮湯に入りました。良い香りでした。マコF6CE.gif
[PR]

by nyankai | 2015-12-23 09:27 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(5)

A子家の一族 (12/22 冬至)

 先日、A子さんと御主人と、娘さんが来てくれました。いつもはA子さんだけが遊びに来てくれて「帰る帰る」と言いながら、おしゃべりが炸裂して、何時間もいてくれるパターン。でもこの日は3人で、何が目的だったかというと。
 d0017084_9264410.jpg9月から、3ヶ月間のスペイン語留学で、グァテマラに行っていた娘さんが帰国したから、ごあいさつにということでした。このお嬢様、語学脳をしているのか、英語・中国語に続いて、3カ国目の外国語習得、うらやましいです。小さい頃、その弟と3人で、兄弟みたいに、良く遊んでくれました。
 おみやげを持って来てくれました。当然すぎるコーヒー豆F7B4.gif。民族衣装的な刺しゅうを施したコイン入れ、そして、丸い板状のチョコレートでした。水を入れて火にかけて溶かして、ホットチョコレートにして飲むそうです。
以下、彼女の説明。カカオの実は、マンゴーくらいの大きさで、その中に30粒くらいのカカオ豆が入っています。ローストして粉砕して、皮を取り除いて、砂糖やミルクなどを加えて・・・あ~、手間がかかります。それを板状にした物が、おみやげです。
 A子夫妻もまだ飲んでいないと言うので、せっかくなら4人でおいしくいただこうと、やってみる。加熱すると簡単に溶けますが、なめらかな飲み物にするには、けっこうがんばってかき混ぜが必要です。好みの濃度にすれば良いだけですが、日本人の舌には、クク~ッ甘いF7F5.gif。甘いのに苦い。
 もう一つ、首都圏に住む息子さんの所に、秋に赤ちゃんが生まれて、ささやかなお祝いをしたのですが、そのお返しを持って来てくれました。写真をもらいました。あのひょうひょうとした子がパパだなんて、何だか不思議です。
 d0017084_9273198.jpg私は自分で作った年賀状を、ずっとコレクションしていますが、1992年の年賀状に、A子さんの娘と息子のが残っています。A子さんが仕事をしているので、毎日のように放課後は入り浸ってくれていました。息子と4人で、版画年賀状を作って、郵便局でやっていたコンクールに出しました。結果は、1番やる気が見えなかった、A子息子の、何だかわからない鳥のゴム版画だけが、佳作に入選しました。見比べてみると、娘さんの「がんターン」(水泳)、息子の「きんガ新年」(モスラ)、そして私の力作「リコーダーを吹く息子」の方が良いと思うんだけどね009.gif。見せてやったら、娘さん、懐かしそうに写真に撮って帰りました。
 還暦記念写真を見せびらかして自慢したら、A子さんも、がぜんその気になったらしい。夫婦で撮りに行こうと。ご主人、寂しくなった頭をなでながら「いや~」なんて言いつつも、まんざらでもない様子でした。
 冬至ですが、とても良いお天気、雪は無し。明日から、日が長くなります。うれしい。マコF6CE.gif
[PR]

by nyankai | 2015-12-22 09:25 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)