<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

大須商店街パワー (11/30)

 何かをしようとするから、しんどいこともある。たかが合唱祭ですが、大変なのは歌の練習だけではなくて、私の場合、連絡調整細々種々雑多見えにくい仕事があります。自分が企画運営するのではなく、担当者間の仲介とか、やればやるほど、新しい要件が湧いて出てきます。1人で全てやろうとしてもいけないし、丸投げもだめですし。
 そうこうして、昨日は特に何もスケジュールは無かったのに、電話したりメールしたりけっこうくたびれました。性分なんだな。それでも終わった瞬間に、達成感の方が勝って、又やりたいって思うのも、目に見えているのです。
 d0017084_1085383.jpg何かに力をもらおう。ツリーは、毎年のようにほぼ、やかましい感じで飾り付けました。でもニャンコ座の場合、クリスマスのディスプレイは、ツリーのみならず、これからがもっと大変です。まっ、ボチボチとやります。いっちゃんのアミロイドーシスがわかった冬、助けてくれたのは、ツリーの飾り付けだったのだもの。その間だけは、辛い現実から逃げられました。
 力をくれると言えば、大須商店街で、歌会女子メンバーに、こんなおみやげを買いました。3足1,000円を2セット。ちょうど人数分だったから。ソックスです。「かつをだし」「牛乳」「マヨネーズ」「抹茶」「麦焼酎」「からし」です。裏も面白いです。焼酎の裏には「飲酒は20才を過ぎてから」と、ちゃんと書いてあります。早いもの順にとってもらったので、誰にどれが行ったか正確には覚えていませんけど、おみやげってのは、あげる方が幸せをいただくことが実感できました。みんなの笑い顔に、私は満足F7C3.gif ありがとう。
 d0017084_1093624.jpg加齢と共に、どこもかしこも垂れる。せめてこれからは、極力口角(キョクカロカドと読んだ人F6C0.gif)を上げて過ごしたい。先日、筋トレに行く車中のラジオから流れた恥ずかしい話特集が、あまりに面白かったので、紹介します。
 ハンバーガーショップで並んでいた時、自分の前は小さな子を抱っこした、西洋人男性。スラリとしてカッコイイ。その男性、商品を受け取って「センキュF65A.gif」カッコイイ。自分の番になり「店内でお召し上がりですかF65B.gif」と聞かれ、思わず「イエスF65A.gif」と答えてしまった。お店のスタッフ、必死に笑いをこらえるも、こらえきれずに申し訳なさそうに笑う。私もこらえきれずに、大口開けて高笑いF485.gif。運悪く、信号待ち中。対向車線の運転手さんには、私がとんでもない人に見えたことでしょう。
 今日は、ノルディックウォーキングです。ある子ちゃんも行きます。マコF6CE.gif
[PR]
by nyankai | 2015-11-30 10:07 | 心もよう | Trackback | Comments(2)

音楽の先生なんだからさ (11/29)

 昨日は、歌の練習三昧の幸せな日でした。午前中が、「せんせいがたコーラス」で、夜は「R.R.Siongers」でした。移動距離があったのと、夜は全員揃うのがたったの1回の練習だったので、さすがにくたびれました。マコF6CE.gif 
d0017084_1892282.jpg
 「せんせいがたコーラス」の練習は、日高管内に住んでいながら、西の端っこだものだから、何年ぶりかの東の方。家を7時半に出ました。先日の雪が全く降らなかったとかで、カラカラに乾いていました。東に行くにつれて、日高山脈がどんどん近くなる。横長で、これぞ「山脈」であるという景色です。雪でコーティングされて、青空をバックに大変美しかったです。
d0017084_9484562.jpg 集まったのは、たったの9人で(たぶん本番は20人くらいはいそうだけれど)、何だか不安でもありますが、そこはそれ、音楽の先生なんだからさF7C3.gif
 曲目は「宇宙戦艦ヤマト」
     混声合唱組曲「蔵王」より
          「苔の花」
          「吹雪」
          「早春」
 「八目寄せ豆腐」で、北海道朝ご飯コンテストで準優勝に輝いた、エクリプスホテルで、 A子さんとランチして、帰り道、水産会社により、いっちゃんの実家とYちゃんの実家に送る、お歳暮(?)を頼みました。今年はししゃもが高いので、詰め合わせにしてもらいました。ししゃも20匹に、ほっけ・カレイ・鮭の山漬けです。予算内に収まり、助かりました。どころか、山漬け3切れと、自宅用に干した宗八カレイ5匹をもらっちゃいました。ご馳走様、ありがとうございます。石崎水産、大好き。
 朝読む時間が無かった新聞を読んだだけで、あわただしく夜の部になりました。羽生王子様はしっかり見ました。その時、ダリがテーブルの上でゴロゴロ喉を鳴らしていたので、2人で抱き合って、300点越えを喜びました。(迷惑ニャン)昨夜は、お構いしている場合ではないので、孫たちにはツリーのF6A2.gif飾り付けを依頼しておきましたが、7割位で飽きちゃったみたい。でも、2人とも大人になったもんだ。出演者だからね、頼りにしてるから。
 曲目は「Time to say goodbye」
     「あのすばらしい愛をもう1度」
     「少年時代」(ぜいたくにヴァイオリン入り)
     「負けないで」
 そして、今回は地元開催なので、全体合唱の「大地讃頌」と、会場合唱の「ふるさと」の指揮とピアノを担当します。次郎さんの指揮の要求が高過ぎて、他の団のみんながついて来られるか心配ですF46B.gif
[PR]
by nyankai | 2015-11-29 09:40 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

お米ギフト券がないない見つからない (11/28)

 今日は、1週間後の合唱祭の「せんせいがたコーラス」の練習に、遠い所まで行きます。合唱なのに、9:30からって・・・絶句。それで昨夜書いてしまったコピペです。
 d0017084_730458.jpg「ない」「ない」「見つからない」、何がって、お葬式の手伝いでいただいた「お米ギフト券」が見つからないのです。息子とYちゃんは、痩せっぽ夫婦です。でも、見ていて気持ち良い位、良く食べます。お茶碗に、良い盛りっぷりで、ご飯をおかわりします。それで、あのお米券は、息子達にやろうと思ったのです。
 私は、押しも押されもしない親ばかですから、息子が貧乏で・・・と言うより、本当は服装に無頓着すぎて、襟や袖口が傷んだTシャツやトレーナーを着ているのを見て、いっちゃんのお下がりを、わざわざ送料かけて送ります。お米券も入れようと思ったのに、あると信じて疑っていなかった場所に、それば無い。いくつかの可能性も考え、探しましたが、見つかりません。あ~、やばいF7F5.gif、私。
 今年の、リキーズのクリスマス・パーティーは、姉上も姉様も行かないとかで、HKBを組めない可能性大なので、1人でコミカル路線を維持するためには、「Ale Ale Ale」やろうかと思います。幸い、伴奏者が見つかったので、合唱祭を気にしながら、平行して歌詞入れ作業中です。この曲を、譜面見ながらじゃダメでしょ。むしろ、踊らなくちゃ。フラメンコはできないけどさ。
 d0017084_7311943.jpgフラメンコの歌詞って、時として即興で、とんでもなく他愛ないことを歌っていることがあるらしいのです。日本人のほとんどはスペイン語がわからないから、情熱的な恋の歌だって聴いているかもしれないけれど、この間テレビで見たのによると「今日は喉の調子が悪い 帰ったら喉に良いオレンジジュースを飲もう」って、歌っていました。ダンサーは眉間にしわを寄せた哲学的な表情で、激しく踊っていたわ。
 「今日も忘れた あれを忘れた あれ確かここに いえ、違うこっちだわ さがす間に忘れた物を忘れたわ ア~レイッ」と歌うことも、ありですねぇ。
 箱に入ったお米ギフト券440円×6枚、いくらなんでもうっかり捨てるわけは無いだろうし、諦めて送った後で、意外な場所から出てきたら、そこに置いた事実を記憶喪失していることになるし、ショックだわ。初めから京都に持って行くのでした。それでは、甘やかしでしょう、などと思ったのが、間違いのもとでした。
 ギフトと言えば、かま猫さんのびっくりポンの誕生日プレゼント、摘芯されたストックは、こんな風に使わせていただきました。
 昨夜の、羽生王子様のドヤ顔、すごかったです。マコF6CE.gif
[PR]
by nyankai | 2015-11-28 07:27 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

体は大事に使いましょう (11/27)

 北海道は北国だから、11月に雪が降るのは当たり前ですが、今回の積雪は、極めて雪の少ないニャンコ座町には、珍しい事でした。絶対に根雪にはならないだろうと思い、玄関周りの除雪と、車の雪下ろしをしただけで、融けるのを待っています。今日は雨が降っていますが、どうでしょう。中途半端に融けて寒くなるのだけは、勘弁してください。写真は、24日の窓。
 d0017084_9584158.jpg昨日の、胃がん・肺がん・大腸がん・特定検診は、今は受付を30分ごとに区切ってくれるので、待ち時間があったら読もうと持って行った文庫本を開く間もなく、さっさと終わって帰ってきました。
 毎年思うのですが、あのバリウムによる胃がん検査には、相当の体力・身体能力が求められます。棒につかまって、あっち向いてこっち向いて、リトルワールドで見たウクライナサーカスにも負けていない、と感じます。老健施設から、何人かの高齢者が、介護師さんと来ていましたが、絶対無理です。もっとも、胃がん検診ではなくて、歯科検診かもしれませんが。
 バリウムは、すぐにお腹が緩む私としては甚だ不本意なのですが、数年前に排出失敗事件でひどい目にあったので、早々にもらった下剤2錠を飲み、水分をガンガンとった結果、F3A8.gifかな。マコF6CE.gif
 東京に行った時に、いつも付き合ってくれる、お姉様年齢の友達(彼女はかなりかつて、R.R.Singersのメンバーでした)と、とある用件でやり取りをしていたのですが、その報告のメールが来ました。最後に、こう書いてくれました。
 「遅ればせながらお誕生日おめでとうございます。今の私からみると還暦はまだまだ若いです。でも体は大事に使ってね。無理は禁物です。」
 そうですねぇ。去年暮れだったか、ちょっと怪我がらみで体を壊し、でもちゃ~んと治療をして元気になった彼女の言葉は、実感がこもります。私が目標にしている先輩の一人である彼女に「還暦はまだまだ」と言われると、木にも登るってものです。頭にはある程度負荷をかけて良いけれど、というより、ビシビシ鍛える方が良いと思われますが、体はそろそろ大事に使うことを、気にしなくてはいけないですね。たぶん血液検査では、怪しい兆候が表れつつあるだろうし、無防備や過信はいけないですね。
[PR]
by nyankai | 2015-11-27 09:31 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(3)

ドリームキャッチャー (11/26)

 d0017084_9135554.jpgチェコに歌いに行った歌友が、元気に帰ってきました。
 とてもありがたいことに、誕生日が過ぎてからも、いくつかのプレゼントが届きました。「送るからね」とお知らせが来ていた、祐友のハルさんからは、私のツボを押さえた、入浴剤やフレグランスが、そしてアメリカのち〇子ちゃんからは、手作りのドリームキャッチャー(インディアンのお守り)が、はるばる海を越えて届きました。そうです、中学生の時、毛糸の手袋の、ち〇子ちゃんの網目の美しさに圧倒された、その手作りです。表には「2015.11.22 〇〇さんへ 乙未還暦 祝」と文字が刺繍され、薔薇の花のリボン刺繍もあります。裏には「机並べて 学んだ友は 魔女になり ち○子」と刺繍されてあります。
 d0017084_9152285.jpgd0017084_9145562.jpgしばらく、あっ気にとられていました。というのも。ち○子ちゃんの誕生日は、極めて私に近いのです。中学の恩師(音師)のおかげで、40年ぶりに再会(と言って良いでしょう)してから1年。春に、ち○子ちゃんは、「お互いの誕生日にプレゼント交換をしましょう」と、申し出てくれていました。それを忘れた訳ではありません。カレンダーに印が付いています。でも、誕生日だよ~、プレゼントよろしく、とブログではしゃぐ私が、きわめて特殊なのであって、普通はそうではないのだと思っていたし。もう一つ。異文化のアメリカで暮らし、プレゼントに対する感覚が、日本とは違うんだと言う気が、ちょっとだけしていたのも確かです。
 ち〇子ちゃん、私としたことがいい加減でした。申し訳無かったです。で、過ぎてしまったけれど、私もち○子ちゃんのために何か作りたいと伝えました。ところが、返ってきたメールには、「私のプレゼント交換の押し付け、あるいは、強制のようになってしまい、私としては大変不本意ですので、お言葉だけをいただきます。ありがとう!」と書いてありました。自分の愚かさに、気づきました。その通りです。
 私が、心から自然に、ち〇子ちゃんの気持ちに応えたいことがあったら、その時に行動することが1番良いんだと思いました。それが何なのか、今は私にもわかりません。でもきっと、そう思えることがあるはずです。机並べて学んだち〇子ちゃん、ありがとうね。ドリームキャッチャーは、パソコンの側に掛けました。
 今日はこれから、町のがん検診と特定検診に行ってきます。朝食抜いて、おいしいバリウム食べてきま~す。午後は排出に精を出します。マコF6CE.gifはたぶん
 追伸:半年くらい前からでしょうか。パソコンの調子が悪くなってきていました。6年目のパソコンです。薄くて見えなくなるのですが、頻度が高くなってきました。ちょっと詳しい人に見てもらったのですが、モニターのせいかもしれないとのことで、来月上旬確かめてもらうことにしました。それまでもてば良いのですが。 
[PR]
by nyankai | 2015-11-26 09:11 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

「雪」を冠する合唱曲 (11/25)

 d0017084_941198.jpg一面の銀世界はきれいですが、昨日は空の便も地上も混乱しました。夜になって、あちこち通行止め解除の交通情報が流れ、そっか~、通行止めだったんだと、納得していました。根雪には絶対ならないと、玄関前の除雪と、車の雪下ろしだけをし、ここはひとまず融けてほしいと願っています。058.gifがんばれ。マコF6CE.gif
 来月5日の合唱祭は、R.R.Singersの他に、せんせいがたコールにも、OGとして参加します。曲目は「宇宙戦艦ヤマト」と、「蔵王」より3曲です。去年が、苦手な中学生向き合唱曲だったので、今年の選曲は大いに賛成です。がしかし、「蔵王」から3曲と言えば、「苔の花」と「どっこ沼」と「早春」でしょうが、と思いこんでいたのに、「どっこ沼」ではなく「吹雪」でした。知らん、歌ったこと無い。
 d0017084_9421895.jpg楽譜を見る、テナーとバスが2声ずつに分かれてますけど、良いんですかF65B.gif男声何人出るんですかF65B.gifちょっと音とりしてみるも、あれっF65B.gifで、そんな時はyou tube・・・か、かっこいい・・・けどさ。
 合唱祭の全体合唱の1曲は、毎年「大地讃頌」に決まっています。「蔵王」も佐藤眞、良いわぁ、だけど、眞さんって、割とソプラノには意地悪で、高難度を要求してきます。「吹雪」も、辛いぞ。
 合唱曲で雪の歌と言えば、高田三郎「心の四季」の「雪の日に」でした。雪~が激~しく降り~続~ける~ 北海道でも有数の豪雪地帯の岩見沢で、大学生活を送りました。雪の上に雪が、音もなく重なっていく、正にその中で、私は青春を生きていました。
 他に、雪の合唱曲って、何があるでしょう。中学生が歌うなら「樹氷の街」がありますね。雪~が~降る~ 合唱曲とは言えませんが「雪の降る町を」は、合唱で歌われることは多いです。
 雪のニュースの中で、子どもたちは、とても楽しそうでした。私も子供の頃は間違いなく、喜んでいました。大人になるってどういうことだと問われたら、「雪が嬉しく無くなった時」が、案外正解かもしれません。今の私は、「冬はいらない」とさえ思っています。
 今日は、三島由紀夫の日です。私は彼がやったことを理解はしませんが、あの日、昭和45年11月25日の朝に書きあげた「豊穣の海」の寂莫(じゃくまく)の庭で茫然とする感覚はあります。あの日、中学3年だった私は、ふ~ん、程にしか感じなかったのにね。 
[PR]
by nyankai | 2015-11-25 09:37 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

オトメさんはオヨメさんの本音に迫る (11/24)

 昨日は勤労感謝の日で、今日はオトメさんがオヨメさんに感謝する日です。私が決めました。起きたら、外は銀世界になっていました。マコF6CE.gifのように思う。
 d0017084_934358.jpg京都に行って、名古屋プチ旅行の3分の1は、息子がいなくなって、Yちゃんと二人でした。息子がいないと尚のこと、歳の若い友達みたいな感覚ですが、それはやっぱり違います。息子の伴侶になってくれた、私にも責任がある、とても大切な人です。
 Yちゃんが、なぜ、息子などと結婚してくれたのか、本当言うと理解できません。1人の女性として、私ならばとても無理かと思います。仕事をしていないとは言いませんが、劇団などと言う、将来の安定とはほど遠い男と、とても結婚には踏み切れないと思います。もしも私に娘がいて、その子が息子みたいな男と結婚したいと言ったら、絶対に反対します。それは、息子を尊敬していることと、何ら矛盾しませんけど。だから、ひたすらありがたいのです。
 Yちゃんの本音はどこにあるのだろうかと、時々思っていました。その辺りを少し、おしゃべりの延長で、聞かせてもらえました。
 d0017084_936242.jpg息子は非正規雇用です。その会社から、正社員の話があったのに、演劇をやる上では不自由になるからと、断ったそうです。この時代にですよ。Yちゃんは笑いながらですが、「そんなありがたい話があったのに、やってみれば良かったのに~」と、口をとんがらかせました。ごもっとも、全く異論はありません。「そ~だよね、ど~かしてるよね、断るなんて」と言いつつ、母としては、思い切り劇団やるためには、正社員はきついだろうなぁとどこかで思っていたのです。
 Yちゃんごめんね、息子に説教できない母を、許してね。もしも私が資産家だったら、どんな援助でもできるのに、それもできないです。あなたたちを、心から応援するしか、できません。
 d0017084_937351.jpgYちゃんは時々、息子が目標としている、演劇の先輩に相談にのってもらっているそうです。息子がこれから、何をするべきか。そりゃ、「笑の内閣」が、チケット発売12分で完売するような劇団になり、息子の本が売れに売れまくるのが理想ですが、それは無理・・・とは言いたくないけれど、現実には限りなく厳しいです。
 せめて息子よ、穴の空いた靴下と、袖口がほつれた服は、廃棄してください。人間の価値は見た目ではないけれど、人はけっこう見た目で判断するものだし、それで損をすることは、確実にあるのだから。Yちゃんと私からのお願いです。
 下の写真は、息子達の家の壁を、Yちゃんがこんなにすてきにしていましたよ、の様子。
[PR]
by nyankai | 2015-11-24 09:31 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(5)

最高の還暦 (11/23 勤労感謝の日)

 昨夜遅かったので、報告が遅れました。ニャンカイは、無事にシルバーデビューいたしました。
 昨日は、お昼に札幌に着いて、お気に入りのありん子で、歌友といつものヤツ(チーズかつおおにぎりとトン汁)を食べ、ファーチレの練習に向かいました。再来年5月にコンサート予定の、メンデルスゾーン「賛歌」の、長い長い1曲目と、来年夏あたりに、ミニコンサートをする予定の、バッハの「モテット3番」の(私には)大初見大会でした。誕生日を、1番好きな合唱の練習で過ごせたことを、感謝します。
d0017084_12323962.jpg 夜は、「劇団I’M20周年 感謝の宴in札幌」に出席しました。場所は、「オステリア エストエストエスト」を貸し切ってでした。出席者は80人くらいとのことで、成功しつつある劇団の祝賀会ですから、4年前に会ったきりの俳優たちも成長し、華やかさに満ちあふれていました。レコーディングで仲良しになったはるみさんと、入り口で一緒になりました。彼女もずっと演劇をやっている人ですから、この場に来れたことを、心から楽しんでいるようでした。
 人は当然、自分が信じてやっていることを肯定するものだし、自分が最高であることをアピールするものでるとは思う。そうでなくてはやっていけないのだとも思う。でも、6年前、初めてI'Mに出会った時、自分たちの事を微塵も疑わず、最高であるとうっとりと言い切る・・・それは良い、でも他を知らない狭さ、みたいなものに、いささかの違和感を持ったのを、覚えています。それは、ある意味、昨日も変わっていなかったかもしれません。でも、そこすらひっくるめて、それがI'Mの強さなのかもしれないという気がしてきました。
 そのまま続けている人、人生の大切な1ページとして参加し、今は別な道を歩いている人も、たとえばお子ちゃま連れで、みんな良い顔で参加していたのが嬉しかったです。もちろん、だから参加できたのではありましょうが。
 d0017084_12333347.jpg舞監さんは、元々素敵な人でしたが、ますます素敵になっていました。聞くと同学年ですよ。やったー、還暦をあなどってはいけません。などと思っていたら、「今日特別な日を迎えた人がいます。」と、私の誕生日を祝って、スペシャルハッピーバースデイ―を歌ってくれました。ありがとう、みなさん、ありがとう。最高の誕生日になりました。
 代表曲を歌う場面では、はるみさんも私も仲間に入れてくれました。正直言って、辛かったなぁ~、「卑弥呼」。でも逃げ出したくはなかった。私は間違いなく、I'Mのおかげで、この夏、キタラでソロで歌えたのです。自分を信じて、堂々とパフォーマンスをするということを。
 来年3月の「まな子と瞳」札幌公演、必ず行きます。
 本当は写真をたくさん撮りたかったのですが、I'Mは著作権がきちんとしていて、公式カメラマンが付いていたので、自粛しました。後で公式サイトなどに上がりましたら、紹介させてもらいます。宴のチラシと今年ニャンコ座に導入したスノーマンソーラーライトの写真で。マコF6CE.gifは、少なめですが
 追伸:昨日札幌へ行くのに心がせいて、自分の赤ちゃんの時の写真を入れ忘れていました。入れましたので、大変恐れ入りますが、もし良かったら、見てもらえると、自己愛強い私は、喜ぶんですけど、・・・F485.gif 
[PR]
by nyankai | 2015-11-23 11:26 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(2)

Congratulate the KANREKI ようこそこちらの世界へ (11/22)

 d0017084_14212958.jpg皆様、本日は、わたくしニャンカイの、還暦の誕生日です。昭和30年(1955年)、みぞれが降って、停電している未明に、父と母の第1子として生まれました。写真は100日の記念として撮ったらしいです。ちょっと男の子っぽい顔に写っていますが、かわいいね、私F7C3.gif
 還暦とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支に戻ることで、私の場合乙未です。だから生まれた年に戻る、赤ちゃんに戻って第二の人生の 旅立ちとしてお祝いします。d0017084_14255253.jpg赤ちゃんの産着のちゃんちゃんこ、健康に育つよう魔よけとして、赤が用いられるようです。リトルワールドで、赤いサリーを着ましたが、できるなら、赤いドレスで、ちゃんと写真館で写真をとりたいです・・・そういうことじゃなくて。
 60年生きたって、すごくないですか。若い頃は、自分が60歳になるなんて、そんなこと考えもしませんでした。それが、今日から毎日、映画は1,000円で見られるんですよ・・・そういうことでもないか。
 d0017084_14271973.jpg数カ月早く60歳になった友達に、
「ようこそ、こちらの世界へ、もうあなたも立派なシルバー」と言われました。
 いっちゃんがいなくなってしまって、誕生日辺りから、12月、そして年が明けて落ち着くまで、狂おしいほどの寂しさを抱えました。一生そうだと絶望していました。でも、人は思ったより適当なのかもしれません。d0017084_94532.jpg今日は、午後が「ファーチレ」の練習で、夜は「劇団I’M20周年 感謝の宴in札幌」に出席します。悪いわね、私の還暦を祝う席が、2ヶ所もあるなんて。帰りの足は確保しました。
 今年は、あまり書いていないのに、猫の口紅とハーモニカの後も、プレゼントを続々いただきました。22日午前9時時点で、紹介させてください。息子のウクライナみやげのプーチントイレットペーパー(幅は狭く、巻きはゆるゆる、プーチンの顔は見える部分にだけプリントされている代物で、100円位だとか、日本では絶対にありえない)、d0017084_964225.jpgYちゃんがくれた眼鏡ケース(欲しかったんだぁ)&ハンカチ、めぐさんがくれた神戸風景カレンダー。祐様やまじょ子さんから、ある子ちゃんとナナさんハッチー&ママから。メールを何通か。そしてびっくりポンの、かま猫さんが送ってくれた、お知り合いの花農家が摘芯したいただきものだからと、箱いっぱいの(たぶん)ストックです。箱を開けたとたん、良い香りがしました。薔薇より甘い香りに包まれて、「良い花姫気分」のお風呂に入りました。
 マコF6CE.gif さて、行ってきます。
 そうだ、忘れてはいけない。(たった52歳しか年の違わない、まだ会ったこと無いけど、大切な友達の)トラコさん、誕生日おめでとう。写真をありがとう。 
[PR]
by nyankai | 2015-11-22 08:59 | 心もよう | Trackback | Comments(9)

想定外がいっぱい (11/21)

 今回の京都旅行は、けっこう想定外がありました。大きいことは、5つ。
d0017084_9372792.jpg ①息子が東京に行かなくてはならなくなった。
11/12以降ならば良いとのことだったのに、飛行機をとってから、8日の東京の仕事が、私が滞在中の15日に変更になってしまった。
 ②Yちゃんが風邪をひいた。
2人して13~15のお休みをとってくれたのに、Yちゃんが前半風邪で具合が悪かった。①と②の理由により、1泊プチ旅行の計画が立てられなかった。シロップの咳止めを飲みながら、付き合ってくれたYちゃん、ありがとう。治って良かったね。
 ③入鹿の里で、夕御飯を食いっぱぐれた。
前日にようやく予約を入れたので、素泊まりしかできなかった。息子が売店にカップ麺があると確認したが、実際は売店そのものが無かった。何か言葉の行き違いでしょう。周りにも全く何もなし。腹ペコの息子は、あきらめずに、フロントからカップ麺を手に入れてきた。ホテルそのものは、良い感じでした。無料の高性能マッサージチェアとジョーバがありました。もちろん使った。
 d0017084_9393931.jpg④大須商店街が楽しすぎて、帰りのバスに遅れそうになった。
還暦を目の前に、我ながら良く走れる体力があるものと、嬉しくなった。
 ⑤最終日、JRにトラブルがあり、新大阪に行くのに苦労した。
そうでなくとも方向音痴、危機管理ができていない私。ホームで出会った、見ず知らずの女性とサンダーバードに助けられました。
 良いことも、たくさんありました。
 めぐさんと神戸で会うにあたって、会って昼ご飯を食べて、おしゃべりができたら十分と思っていたのですが、ロープウェイに案内してもらいました。
 又息子の原付に乗りました(良いことか?これって)会えるつもりじゃなかったマリモさんに、オールデイズライヴハウスに誘ってもらって、そんなところに始めて行き、踊ってきました。
 リトルワールドと大須商店街が、思いの他良い所だった。勧めてくれたある子ちゃん、ありがとう。
 d0017084_941228.jpg息子が15日昼前に東京に行ってしまったけれど、Yちゃんと2人で見たりしゃべったり笑ったり走ったりビール飲んだり、とっても楽しかったです。Yちゃんの心の中も垣間見られて、ありがたかったです。
 帰る日は、そもそも関係無い2組の友人と、4人一緒にご飯を食べて、頭の上を降りて行く飛行機を見られるなんて、考えてもいませんでした。
 ほらね、旅は想定外がいっぱい。マコF6CE.gif 
[PR]
by nyankai | 2015-11-21 09:33 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)


ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(合唱)

ミュージカル(舞台)
パッチワーク(手作り)
テレビ パソコン&携帯
人 あれこれ
旅 グルメ
美 健康 体力
暮らし
社会
自然
スポーツ
ハルとナツ
おはなし
夫いっちゃん
コラムニスト気どり
心もよう
映画・テレビ番組

パーキンソン
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

フォロー中のブログ

生きる詩
あかねといおな日記
まんまみーあ!日和
merol choco
日常のあれこれ
レストラン白川亭 栄店の...
普通にしあわせ
 ボンと ピッピと Da...
東京の今
笑の内閣稽古場日記
維摩と語る
の ん び り
POPさんの仕事場
高間響の選挙予想専門ブログ
代々木上原便り
15周年記念CD制作の特...
シェーンの散歩道
シャンソン歌手 佐藤みずえ
『もりのおとわ 』
☆千載一遇☆
CO・CO・Aのケセラセ...
わたし達の愛しいわんちゃ...
歌い手菅野千恵のarou...
青い風の街へ
薔薇好き花好き〜元英国在...

リンク

最新のコメント

★こけしさんへ お金で..
by nyankai at 17:30
うん、うん、多少お金がか..
by こけし at 09:54
★姐さんへ そうなんで..
by nyankai at 22:08
岡本先生は一回のコンサー..
by 姐さん at 10:14
★空の鳥さんへ う~ん..
by nyankai at 21:04
★mottisfont-..
by nyankai at 20:57
こんにちは〜 お母..
by mottisfont-roses at 17:37
ニャンコ座の町より、私の..
by 空の鳥 at 16:20
★こけしさんへ できる..
by nyankai at 15:38
微妙なタイミング…ありま..
by こけし at 12:36
★姐さんへ こちらこそ..
by nyankai at 12:15
遅くなりましたが、あけま..
by 姐さん at 11:20
★こけしさんへ 6日へ..
by nyankai at 19:09
昨今のITなどの進歩のよ..
by こけし at 12:37
★ハルさんへ ボチボチ..
by nyankai at 10:11
あけましておめでとうござ..
by ハル at 00:31
★kannochieさん..
by nyankai at 15:27
明けましておめでとうござ..
by kannochie at 14:48
★kannochieさん..
by nyankai at 12:48
nyankaiさん こ..
by kannochie at 21:26

画像一覧

ブログジャンル

音楽
猫

ブログパーツ

ライフログ


つばめのツンちゃん


転勤天国ぐうたらグルメ


いのち輝かそう2 (いのちの万葉集2)


くらしの詩(うた)をつづって〈2008〉道新生活面「いずみ」筆者94人の作品集


いのち輝かそう~いのちの万葉集3


この地球(ほし)に生まれて―ミュージカルKAGUYA創遊記


コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方

帝国の慰安婦

最新のトラックバック

現代演出・ホモキの段ボー..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
初めて民族舞踊を取り入れ..
from dezire_photo &..
プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
時空を超えた二人の大作曲..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..

記事ランキング

ファン

検索