<   2015年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

小失敗はあったけれど ごちゃコン終了 (5/31)

めったに無い酔っ払い午前様(アッシーがいた)が開けた今朝、ニャン達に「おはよう」とごあいさつしようとしたら、ちょこっと声が出にくかったですが、元気ですし、腑抜けにもなっておりません。気持ちは、もう前を向いています。帰宅した時は霧雨で、車から荷物を運び入れる気力は無かったから、これからがんばります。
d0017084_12182065.jpg最後の最後まで、お客様の遅刻や病気ドタキャンがあったりで、もうやってられん、と思ったのは事実。直前まで、数曲の歌詞が不安だったのも現実。でも始まったら、スイッチをパシパシ切り替えて、人のことなどかまわず、自分のことをしっかりやろうと努めました。
結果、小失敗は数知れずですが、大失敗は無かったものと、思われます。ちょっと計算の外だったのは、なんちゃって孫たちが、断固としてマイマイクを欲しがり、予定外の曲(たとえばママのソロ「麦の唄」)でも、しっかりと歌ってしまったことでした。確かに、曲の完成度を求めたら、むやみに発展途上の幼児の声を乗せると、バランスがとれなくなるのですが、私達は元々そういう集まりなのです。きっとこういう状況をSNSにあげると、炎上になりかねないのかもしれませんが、これが私たちのありのままの姿なのであり、希望なのです。今の活動を続けていられることに感謝しています。
年に1回のことですが、みんな成長できていると思います。それだけに、打ち上げの場での、B.Bマスターの言葉は、私たちも実は自覚があっただけに、的確でした。要領良くなってきている、余裕すら見える、だからこそ、そろそろ次のステージに入って行くべきではないか。2年前辺りから、選曲がごちゃまぜであるのは良いとして、一貫したテーマ性を持たせることはできないものかと思っていました。ホラ、コンサートなどには良く、サブタイトルなどが付いているでしょう。全体を通して、物語風に進行して行けたらどんなに良いだろうと。でも思うだけで、力尽きていました。
d0017084_12192045.jpgおいしい物を食べたら次は何を食べたいかを考える、旅行から帰ると今度はどこに行こうかとワクワクする、ライヴが終わった瞬間、来年への希望が膨らんで行く。
大魔王様、「カントレラ」の解説長かったけれど、興味深く聴けました。「妖怪体操第一」に飛び入りしてくれたナナさんのお友達、ありがとう。「フラ」、年々上手になっています。はかせ次郎さん、たまに電気増幅のヴァイオリンしびれます。「風に立つライオン」、決定的に合わせる回数不足だったので心配でしたが、本番は魂がこもっていましたね、ウルッとしそうでした。
個々の感想などは、これから小出しにしていきます。私の駄カメラの写真です。公式写真も、でき上ってきたら順次紹介させてください。ごちゃコンvol.7まで、後363日 ウンチ
[PR]

by nyankai | 2015-05-31 11:22 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

母の想い (5/30)

ごちゃコンvol.6まで後0日 今日です 10時に美容室を予約したので、ブログは半分、昨日のうちに書いてありました。予定では、シャーロット・ケイト・フォックスが、シカゴに出る会見をした時の髪型になるはずなんだけど、顔が違うから、どうなるかはわかんない。
母の晩年と言いますか、グループホームで暮らし、そして最後10ヶ月は入院生活でした。どちらも近くはなかったので、もっと行けば良いと心の中では詫びつつ、それほどは行きませんでした。私にも生活があったし、やりたいこともあったし。特に入院していた頃と、ミュージカル「卑弥呼」をやっていた頃が一致していて、非難されたこともありました。
でも、大学で音楽教師を目指すことを何より望んでくれた母だったし、富川合唱団の演奏会を心待ちにしてくれていた母だったから、私がしていることを、誰よりも理解し喜んでくれている確信もあったのです。母ととても仲が良かった(私の)従姉も、「それで良い。」と応援してくれました。
母がもし元気で生きていてくれたなら、ごちゃコン活動を、どんな風に楽しんでくれているかなぁ。もしかしたら、期待され過ぎて、多少過干渉されたかもしれないけど。そこがちょっと重かったりして。
d0017084_9212032.jpg母の持ち物から、こんな物が発掘されました。古いお金たちです。お札も硬貨もあります。私が使った記憶がある物から、もっと古い物まで。東京オリンピック記念硬貨や、穴開き50円硬貨や、ギザ十もあるぞぉ。1番すごいと思うのは、聖徳太子の百圓札です。わからないことをそのままにしておけないのが私の悪い癖・・・なので、調べました。「A号券」といって、1946年3月1日発行~1956年6月15日(ということは私が生まれてから)停止、今も有効券なので、100円として使えます。ダイソーで買い物をして、これに8円添えて支払ったら、どんな反応があるでしょう。私の最古の記憶では、牛乳一瓶15円、ラーメンは70円だったから、母はとっておかずに、使ったら良かったのにね。
縮緬の保険証入れの様な物に、入っています。こんな物を孫に見せて、懐かしい話でもしたかったのでしょうか。私だと持ちぐされるので、アイロンかけて、息子にやろうっと。ん?今日のタイトルは、母の想いでした。これで合ってるよね。
さぁ、もう少したら出かけましょう。それにしても、私はキャンセル騒動が嫌いだ。でもそれ以上に、無視が嫌いだ。空からビラをまいたのではない、直接持って行ったり郵送したりしたのに、返事よこさないのは、やっぱりおかしいと思うのです。ちゃんと断ってくれないのは、優しさなどではありません。ウンチは
[PR]

by nyankai | 2015-05-30 09:20 | 心もよう | Trackback | Comments(0)

わがままな趣味 (5/29)

目が覚めたら、外は「牧場の朝」の世界でした。そう言えば、昨夜も霧雨でした。
今井雅之さんが、亡くなりました。痛々しい会見を見ていたので、気になっていました。今井さんは、思想信条をはっきり出す人だったので、絶対相いれない部分はあるのですが、「THE WINDS OF GOD」は、名作だと思います。息子の高校の全校観劇観賞会で、観ることができました。スーちゃんもでしたが、「悔しい、死にたくない」と、はっきり言う死に方でした。いっちゃんは、そういう風に言いませんでしたが、死にたくなかったでしょう。生きていることも辛かっただろうな。今井さんより若い53歳だったんだもの。
d0017084_9371097.jpg昨夜は、B.B☆Hallで練習をしました。連弾用の椅子・電気スタンド・ウィンドチャイム・譜面台等々、山の様な荷物を積んで行きました。リハーサルという認識でしたが、良く考えたら、全員揃ってもいないので、やれる部分を精いっぱいがんばる、しかありませんでした。でも会場で実際にやってみないと、わからないことはたくさんあったので、良い練習ができました。後は当日の、ゲネプロのみです。ちょっとだけ、会場を見せますね。すばらしいステージができ上がっていました。さっすが、本業大工さん038.gif
「ゲネプロ」も「リハーサル」も通し稽古という意味です。「リハーサル」は英語、「ゲネプロ」はゲネラールプローベというドイツ語が語源になっています。大きな意味の違いはありませんが、「リハーサル」はTV・音楽系など比較的新しいものに使われ、「ゲネプロ」は舞台・オペラ・クラシック音楽など伝統的なものに使われる傾向にあります。私たちは、どっちだ?って、ゲネプロを使っては、ゲネプロに失礼かも。
B.Bマスターが、良い音を作ってくれます。私は、習った音楽が、基本アコースティックだし、長年やっているのは合唱なので、マイク無しも大好きなのですが、マイクで作ってもらう音は、自分の新しい面を見る(聞く?)ようで、興奮します。
何をどこに置いておけば良いのか、どのタイミングで出て行けば良いのか、演奏そのものではなく、細かいことも重要です。チケットが2枚出たそうで喜んでいたら、今朝になって、葬儀で2枚キャンセル。キャンセル情報は、知らなかったことにしたいF6BF.gif
d0017084_9423016.jpg私たちの趣味は、お客様に入ってもらわなければ、完結しません。自分とは、他者がいなければわからないものだし、お客様と一緒に創り上げて行く、一瞬のきらめきなんだと思います。その点では、わがままな趣味だなぁと思います。
何年前だったか、キルトウィークの「江馬信子」さんのお店で買った、レースのアームカバーキットが、私らしくもなく、そのままになっていました。ようやく作りました。第3部で使う予定。
ごちゃコンvol.6まで、いよいよ後1日 ウンチは
 PS:ホールにキャンセルを報告した直後、2枚追加があったそうです。神のおぼしめしかもF3C6.gif
[PR]

by nyankai | 2015-05-29 09:35 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

表に見えにくいように (5/28)

残念でした、昨日の愚痴の続きではありません・・・いや、やっぱり愚痴です。
マコが具合悪くなって、猫エイズを持っていることがわかって、毎日、今日も1日マコが元気でいてくれてありがとうと思っています。ウンチは でも3ニャン共、立派な高齢猫なので、どの子も明日元気な保証はないのは確かです。それは私も同じか。
d0017084_9494845.jpg3ニャンの中で、ダリはあまり年齢を感じさせません。いつまでもおてんばな姉さんです。この写真わかりますF65B.gif脚をV字にあげて、お手入れ中ですF7CE.gif
猫は割と吐くものです。食べた直後に吐くのは、正確には嘔吐ではなくて、吐き戻しというらしく、自分で吐き戻したカリカリを不思議そうに見て、結局は食べてしまったりしますから、それほど心配はいらないと思います。吐かれるのが怖くて、猫の執事などはやってられません。
猫はカリカリを食べますから、吐いた物は、基本的に茶色をしています。もちろん、あ~ぁF3EF.gifではあります。猫は行き当たりばったりで吐くように見えますが、案外お気に入りの吐く場所があるように思えることが、けっこうあります。ニャンコ座で言うと、キッチンマットやニャンカイが渾身の力を振り絞って輸入した、自己満足(略して自慢)の洗面所のペデスタルの足元に敷いてある、花柄のマットが被害に遭うことが、多々あります。
リアルタイムで遭遇すると、かわいそうですが、フローリングに移動させて、後始末の軽減化を図ります。でも間にあわなかったり、いない時、寝ている時は、もうどうしようもありません。
d0017084_9524842.jpg少し前に、キッチンに敷いてあった、アイボリーのマットが被害に遭いました。ナカジマ家具に、処分品として置いてあったのを、アイボリーという色に躊躇はありましたが、ちょうど動線の端から端まであって、何しろ厚手であったかいのもあって、重宝していました。何度か吐かれましたが、がんばって手入れをして、まっ、それ以上に私がコーヒーこぼしたり、マヨネーズ付いたミニトマトころがしたりして汚しているのだから、うまく折り合って来ました。それが、ある朝、べっとりと茶色が。どうがんばっても、とれない。おまけに大きくて厚いので洗濯も出来ず、気になっていたのです。
それが、同じくナカジマさんでちょうど良いのを見つけたのですF7C3.gif。又処分品だから、嬉しいお値段で。何が良いって、茶色なんですもん。これならば、もしものことがあっても、見えにくいでしょ。アイボリーのは、暑くなったら、デッキで洗ってみます。
昨日の夜は、庭で勝手に育つウドを天ぷらにしました。食べたいのだけれど、面倒くさくて、毎年大概を大木にしておしまい。もったいないよね。
ごちゃコンvol.6まで、後2日 今夜は、ホールでリハーサルです。新聞に載ったせいで、残席以上の申し込みがあったらどうしようという心配は、全く無用でした。
[PR]

by nyankai | 2015-05-28 09:48 | | Trackback | Comments(0)

表には見えにくいこと (5/27)

昨日になって、さらに体調不良で、チケットが1枚キャンセルになってしまった(残席4)。親しい方だし、事情はわかるから、その人に対してでは全く無く、単にわずらわしくてうんざりした。残席は出したくないけれど、ゆったりと座りたいし、あの人にもこの人にも来てもらいたい、調整をしなければならない、自分で行く術のない人の足の確保のやり直しをしたり、ほとほと疲れたF3EF.gif
d0017084_11455856.jpg1年かけての練習日程や時間の調整、会場とのいく度ものやりとり、私がやっていること、もちろんみんなわかっていてくれるだろうだけれど、目に見えにくいことだから、つい愚痴になる。息子の姿を見ていて、心底息子は偉いと思うし、ゆるいファーチレで、私はおいしい所だけをとり、それをやってくれている人達には、つくづく頭が下がるF3AD.gif
一昨年までは、1人で何もかもやろうとして、落ち込んだ。去年から、自分から手をあげて、得意分野をひきうけてくれる形ができつつあることが嬉しいけれど、相変わらず迫ってくると、表に見えにくい部分の事柄が次々と発生してきて、少々いやになっているのに気付く。毎年必ず、私にもあったけれど(キス病)、メンバーに大なり小なりアクシデントも起こる。誰に頼まれた訳でもなく、勝手にしているのに、良い年して人間ができていないことにあきれる。
d0017084_11462892.jpg今朝の朝刊、日高版に、控えめな記事が載った。タイト君には、早々にお知らせをし、チケットも同封した。反応が無くて、報道にかかわる者としてどうよF65A.gifと思って、催促のメールをしたら、すぐにお返事をもらい(ありがと)、その時にチケットの出方が良すぎてF7CE.gif、残席わずかという話しをした。だから、影響を考えて、記事にするタイミングを計ってくれていたようだ。大々的には宣伝をせず、さり気ないお知らせにすることにした。タイト君自身も来てくれるし、取材をするので席は無くて構わないということで、残席は5だよ。
何かをやるからくたびれる。何もやらない方が楽に生きられることは、十分わかっている。でもやり遂げた瞬間、大変だったことはすっかり吹き飛んで、またやりたくなる。やめられないんだよね。
ごちゃコンvol.6まで、後3日 どうか、健康でいられますように。極力いつもと違うことはしないでおこう。
上の写真は、久々に行ったrakuらく館で買い求めた、手作りオリジナル「あずきHOTアイピロー(480円也)。国産あずきが入っていて、レンジで30秒温め、目に乗せる。あずきは水分含有量が多く、それが蒸気となって、体の深部まで届くそう。あずきの癒しは、気持ち良いよ。200回使えるそうで、ダメになったら出して食べて(おいしくないかも)、新しいのを入れよう。ウンチは
[PR]

by nyankai | 2015-05-27 09:27 | 心もよう | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座花便り (5/26)

今夏のアースノ―マットの祐様先生編CMを、ようやく見た。幸せ016.gifあんな美しい58歳の先生は、絶対いない。
ごちゃコンの前に、もう1mm位マッチョになりたいから筋トレに行きたいのだけれど、やることあり過ぎで、昨日は断念しました。絶好のガーデニング日和だったから、日焼け止めとつば広帽子とサングラスに、農家のおばさんナイロンズボンで、木イチゴの間のセイタカアワダチソウと枯れ枝取りをしました。
d0017084_9243269.jpgd0017084_9251399.jpg「Time To Say Goodbye」のイタリア語は入っているのに、「ふるさと」(嵐)と「あの鐘を鳴らすのはあなた」の歌詞がごっちゃになっています。だからガーデニングしながら、青空の下で歌う。そうすると、ゼーゼーしてきます。きっと、良い有酸素運動になっていると思います。集中していなくても歌詞が出るための、訓練にもなります。
ニャンコ座の広大な敷地に、見慣れない車が入ってきました。同じく、農業従事者風の勇ましいかっこうの女性が降りてきました。誰F65B.gif近くの家具屋さんのマダムではありませんか。ごちゃコンの支持者で、お店でも展示会やライヴを企画する方です。今日は外仕事日だったのですって。d0017084_9273970.jpg来月お店で開くフリマに、R.R.Singersにもオファーをいただいています。都合の悪いメンバーもいるのですが、何とか実現したいと思っています。そのお知らせを持って来てくれました。
ニャンコ座ガーデンに今咲いていてお勧めなのは、パンジー&ビオラはそのまま、サクラ草のいくつか、ノビネチドリ・ヒダカシノブの野草、一気に咲いたのは姫りんご(つぼみは濃いピンクなのに、咲くと白い、雪のプリンセス)です。イチゴF6AD.gifは花盛りで、とっても楽しみです。地味ですが、ハスカップも咲いています。ライラックとレンゲツツジは、もう一息。スズランは、白とピンク2色あって、増えすぎが悩みです。
d0017084_9301131.jpg三つ葉とウドは、一晩で倍くらいに伸びているように感じます。ルバーブジャムは、2回作りました。サヤエンドウと小松菜とラディッシュとジャガイモの芽は出ています。ち○子ちゃんの種達は、ほとんど発芽しましたが、ヒョロヒョロで、定植できる苗になるかどうかは、未だ不確定です。
でも、雑草というか、ニャンコ座の場合は牧草かもしれませんが、これには早々に敗北宣言をしました。植えた覚えもないのに、ニャンコ座を代表するのは、シャスタデイジーとダイアーズカモミールそして、セイタカアワダチソウ(ターシャは、キリン草として、けっこう好きだと書いてあるので、私も好きになろうと思う)です。いらない場所のは抜くとして。
マコがトイレの後、猛アピール。ウンチだよ、とばかりに。ごちゃコンvol.6まで、後4日 
[PR]

by nyankai | 2015-05-26 09:23 | ハルとナツ | Trackback | Comments(4)

ブラバー直ちゃん (5/25)

11年前、ファーチレに入れてもらった時から、確かにダントツに上手でした。でも、その後もどんどん進化をし続け、昨夜の直(ちょく)ちゃんは、言葉が見つからないほどすばらしかったです038.gif。時計台ホールは、補助椅子まで出る大盛況。キャパは150らしいからそれ以上だったのでしょう。「伊藤直美ソプラノリサイタル~愛すべきものたち~」でした。来年からはもう、キタラでなきゃだめでしょ。
d0017084_992591.jpg7時の鐘で、ショッキングピンクのキラキラドレスで豊満な肉体を包み、優雅に登場し、にこやかに、それでいて、一瞬で辺りを払う存在感を示しました。日本歌曲からには、「花」と「落葉松」、合唱曲がありました。そっかぁ、ソロで歌っても良かったんだ。
8時の鐘の音から始まった後半は、黒のキャミソールドレスにししゅうの入ったチュールレースのトップスを重ねていたんだけど、後ろがチョウチョ。バッハのカンタータ51番を、テェンバロ・ピッコロトランペット・第Ⅰヴァイオリン・第Ⅱヴァイオリン・ヴィオラ・チェロで歌いあげました。私が目下、闇の中で苦悶しているメリスマを、いとも軽やかに的確に歌う直ちゃん、「あなたはどこで声をころがしているの?」「それはね、この豊かなFカップ(知らないけどF7CE.gif)の胸よ」なんて言われても、私はそんな物持ってない。どうか私に、メリスマの伝授を。
プログラムに、良いこと書いてあったのよ。
「今日のこの時、私の愛すべき方たちが、私の歌を聴こうと足を運んでくださっています。一期一会。又聴いていただけるとは限らない。ここにいられる幸せをかみしめつつ、歌わせていただこうと思います」このアーティストスピリットをそっくりまねさせてください。The next is my turnF3F1.gif
お見送りの直ちゃんは、最高の笑顔でした。ありがとう直ちゃん。私、直ちゃんの富士額のファンです。
千歳を出たのが、ちょうど10時。車は少なく、ストレスのかかる道ではありませんでした。隣町の宮戸小学校前の水田に、カントリー調の校舎が映って、目を見はる美しさでした。
ごちゃコンvol.6まで、後5日 なんだけど、体調不良のお客様がいて、チケットが2枚キャンセルになってしまいました。今なら元々空いていた1席含め、3人空きがあります。ぜひおいでください。ウンチは
[PR]

by nyankai | 2015-05-25 09:05 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

私の好きな音楽談義 (5/22)

苗をマルチして定植しました。今朝は元気にしています。大きく育ってほしいです。
少し前の夕刊にあったのですが、「メサイヤ」で共演した鈴木准(声楽を学んだのが長内勲氏、私も一応そうだってことが、申し訳無くも嬉しい)が、シューベルトの「冬の旅」の、松本隆による日本語のCDブックを出すと書いてありました。1992年に五郎部俊朗(五分校ジョイントコンサートのアイドルだったのよ)が作ったのを持っています。「時を横切る旅人には、5月の花は優し過ぎた」だっけ苦F65B.gifしく切ないね。准様のも聴いてみたいわ。テーマは「絶望は、深く美しい」だそうです。なるほど。
オペラと言えば、ボディーソープ・マーローのCMを初めてみた時、新進気鋭のイケメンのオペラ歌手が出たのだと思いました。次に山田孝之みたいなんだけど、誰がふき替えているのととF65B.gif思って、検索かけたら、本人なんですって。あの暑っ苦しいオペラ歌唱法、恐れいりました。彼は、ちゅらさんのエリーのぼ~っとした弟恵達、べッキーにふられた弟のイメージのまま止まっているのです。
そう言えば、サラ・ブライトマンが、宇宙旅行を辞退したことの、道新のうそクラブに、「代わりにタイム・トゥー・セイ・グッバイを練習しておきます。交代要員の高松さん」と書いてありました。私が代わりに行っても良いのだけれど、訓練間にあわないし。
d0017084_9322221.jpg息子の「名誉男性鈴子」の感想の中に、テーマソングが良いと書いてくれた人が何人かいて、音楽を全く勉強していない息子が、鼻歌で作曲しても、なす術がない(本当はあるのかもしれない、パソコンなら出来るのかも)ことを、おそらくじれったく思ったことでしょう。
かくも楽譜は便利なものなのです。で、ゴスペルが楽譜を使わない件を、思いました。去年数回講習会に参加して、非常にイライラしました。私は楽譜を視覚的に頭に入れます。頭の中に楽譜が見えるのです。楽譜が無いと困るのです。ゴスペルは、楽譜など読めなくとも良い、楽譜通りに歌う訳ではない、どちらも大賛成です。でも私にだけは特別、楽譜をください、お願いです。ダメなのなら、ストレスがかかって苦しくなりますから、聴くだけに徹する方が良いのかもしれません。
今日は、ファーチレの歌姫のリサイタルに行きます。夜なので、千歳まで車です。
ごちゃコンvol.6まで、後6日 昨日は歌会でした。全員揃うのは、後は当日のみです。できるだけプログラム通りにやってみました。人が集まると部屋が暑い。究極のエコは、人を集めることね。 
写真は、ジャズ・カフェ「Nin-Jin」にあった、見事な盆栽です。ウンチは
[PR]

by nyankai | 2015-05-24 09:29 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

息子の十年史 (5/23)

昨日は、ブランコ近くに新しく小さな花壇を作ったので、疲れました。春が早かったのに、その後の足踏みで、八重桜が長持ちしています。
あまり息子のことを書くと、息子に対する母親の役目は、「離れてやること」という信条から逸脱しているでしょうと突っ込まれそうですが、めぐさんが送ってくれた「笑の内閣十年史」(鈴子パンフを兼ねる)などがおもしろくて、紹介せずにはいられないのです。
今公演「名誉男性鈴子」の巻頭を飾る言葉です。「私は男らしく生きるべしという圧力が本当に嫌いで、我が家は売れない演劇人である私を、バリバリ働く妻が扶養していて幸せなのに、そういう性別的役割分担を押しつけないでほしいんだよな。だから、名誉男性も、古くさいおっさんも笑の力で粉砕します。どう生きようと知らんがな。迷惑かけなきゃ、何をやってもええがな。」なるほど045.gif、そうだよね。
鈴子元ネタ辞典から「私は、妊婦はむしゃくしゃして他人を殴っても無罪、くらい優遇すべきだと思う」イイネ、イイネ。妊婦様、ハハ~ッF3AD.gif
笑の内閣大辞典には、「すべての人へ愛をもって書いています。」とありました。私が知る限りでは、ケンカ別れしたと思われる人のことも、きちんと書いてあります。劇団にかかわった人で、本当に嫌いな人はいないと書いてあったことが、嬉しいです。
ツイッターの解説が「炎上商法」なのは、笑えます。
私が書かせてもらった寄稿文紹介は「主要メンバーや各界の識者からコメントをいただき」だって。私もその1人だF7C3.gifってことよ。元ネタには「出たがりの母」と書いてあったけれど、それは当たっているから仕方ない。「おかんも書きたいしょ。」と言われて、張り切って書いたのですから。「皇太后」というのは、本当は「先代の天皇・皇帝の皇后だった者」だから、「上皇の母」としてはまちがいだけれど、まっ、良いか。
もう1つ疑問は、「十年史創刊にあたって・・・」ということは、定期刊行物化すんのかF65B.gif
d0017084_105793.jpg寄稿文の中から拾ってみました。「良くも悪くも、悲壮感が無い。(息子は)人生楽しそうである。」うん、私もそう思う。もうここまで来てしまったら、今さらやめられないよなぁ。
去年の夢の様なハワイ旅行をさかのぼること1年前、結婚式プロレス&披露パーティーの写真F37E.gifが、すべてを語っているようで、大好きです。
とは言え、記念誌を読むと、表面的には楽しそうに、ヘラヘラと演劇を続けて来たように見えますが、辛かった時も当然あるし、これでやめようと思った時もあったようです。もちろん今だからそう思える、本人でさえ当時はわかっていなかったこともあるだろうし、私が認識していたよりずっと危機もあったようです。私が離れてやろうとがんばらなくとも、息子の方からちゃんと離れて行ってくれていたのです。ここはいっちゃんを亡くして、自分のことで精いっぱいの母親を頼っても仕方ない、自分でがんばるしかないと、ちゃんとわかってくれていたのです。
ごちゃコンvol.6まで、後7日 ウンチは
昨日道新夕刊のコラム「ときどき一笑懸命」の「スマホの心は母心」、一人で声を上げて笑いました041.gif
[PR]

by nyankai | 2015-05-23 10:00 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

われはニャンカイ皇太后様である (5/22)

昨日昼前、ついにカッコウが鳴きました。これで苗物を定植して良いか、人参蒔いても良いかとは思いますが、今朝は霜注意報が出ていました。体感的にはまだ寒いです。
息子の劇団「笑の内閣」は、10周年です。そうか「ニャンコ座リポート」と一緒だったのね。「十年史」には私も寄稿したので、早く見たかったのです。10冊購入するから送ってほしいと言っても、してくれるような息子ではないので(優しくないと言うのではない、そういう事務的なことができないし、私の優先度が低い)、とりあえず1冊、めぐさんに頼んだら、快く応じてくれて、昨日、記念誌と脚本とチラシとチケットの半券と鈴子の選挙用はがきが届きました。めぐさん、ありがとう。以下、「笑の内閣 皇太后」様らしい、私の文章です。
     プロテイン飲んでた傷だらけの彼ら
 劇団「笑の内閣」創立十周年、おめでとうございます。
 息子が自分の劇団を作ると聞いた時には、趣味のサークル活動をやるんだろうくらいにしか思っていませんでした。友人知人たちは「30歳までは、好きなことやらせて良いんじゃないの?」と慰めてくれましたが、もうその30歳を超えてしまいました。
 あれは2009年3月、第9次笑の内閣「さよならにせんとくん~あなたのハートに3カウント」の時のことです。
初めて大阪公演を観に、はるばると北海道から出かけて行きました。内容は、貧乏プロレス団体のメンバーが、生き残りをかけて、なぜこんなことを続けているのか悩みながら、答えを探しつつ、戦って行くなどという話。それはまさしく、貧乏劇団である自分たちのことでした。
 大阪では、会場近くのスーパー銭湯に泊まれば良い、案内するからと言う息子の提案に、何の心配もせずに出かけたのですが、面倒になったのでしょう。自分たちが宿舎にしているお寺が居心地良いので、おかんもそこにしろと変更になりました。スーパー銭湯は近くの銭湯になり、遅い夕食はコンビニ弁当になり、反省会風な会話に口を出してはいけないと思って、おとなしくしていました。
d0017084_929996.jpg 劇中で演じていた変な人たちとは違って、そこで見た彼らのきちんとした姿に、ほほえましさを感じました。今時の若者たちだから、お酒飲んで騒ぐのだと思っていたのは、勘違いでした。公演中ですもんね。腫れた顔やアザを誇らしそうに見せ合っていた彼らは、ブロテインを飲んでいました。芝居の内容になのか、彼らのそのひたむきな姿になのか、ちょっとウルッとしてしまいました。
 彼らは早々に寝息をたてていました。本当は彼らにもう、騒ぐ元気は残っていなかったのでしょう。その証拠に、翌朝1分ごとにあちこちで鳴るアラームに、誰も反応しなくて、もう少し寝かせてやりたくてかわいそうでした。
 お寺の大広間に雑魚寝ですから、決して寝心地は良くありませんでしたが、こんな経験は一生に1度だろうと少し興奮しながら、千秋楽の小屋入りをする息子たちと、なんばの朝の早春の道を歩きました。
 この時すでに、夫が他界して1年少し経っていました。夫が生きていたら、今の内閣をどのように評価するでしょう。独自の価値観を持つ人でしたから、猛烈に興味があります。霊感は全くありませんので、千の風に向かって耳をすませても、とんと聞こえてきやしませんが。
ツルハで、2回続けてせっかくの500円のお買い物券を使い忘れてしまった。期限はまだまだ先ではあるけれど、何だかあせる。
ごちゃコンvol.6まで、後8日 ウンチは
[PR]

by nyankai | 2015-05-22 09:26 | コラムニスト気どり | Trackback | Comments(0)