<   2015年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

めんどうくさい女 (1/31)

「いずみ」があって、「歌旅座」があって、順延になってしまいました。3月18日に、息子が五反田のゲンロンカフェに出るのを、ネット生中継(有料)で見られるようにして行ってくれました。が、そんなこと私にいきなりできるわけがないので、28日夜のイベントを、練習のために視聴してみました。かなり面白かったです。
「市川真人×大澤真幸〈近代〉以後としての〈現在〉とは?――経済・政治・文化そしてコンテンツ」 でした。
時期が時期だったので、ISISのこと、イスラム教のこと等々、大きな比重を占めていました。私の個人的なイメージなのですが、イスラム教と砂漠がオーバーラップして、あのような自然環境の元だから、唯一絶対の神を信じたくなるんじゃないかと思うのです。山があり川があり森があり・・・日本には八百万の神々がいる。
面白かったのは、宮沢賢治の最後の未完の童話の中に、人間がやらずにはいられないことは何だろうという問いかけがあって、「考えずにはいられない」が答えでした。
d0017084_9384147.jpg私は、自分自身の考えすぎる性格が、いつも好きかと言うと、そうでも無い時があります。考えすぎて、良くくたびれます。思考がコントロールできず、暴走することすらあります。鈍感になりたいと、どれほど思ったことか。そう言えば、幾人かに(いっちゃんにも)「面倒くさい人だ」と言われたことがあります。大いに思い当たります。
日本は、哲学と宗教が発達しなかった国だそうです。その分、文学が担ったとか。人間がものを考えるきっかけは、ちょっと不安になること。うん、そうだ。ちょっとってところが大事かもしれません。人はものすごく不安になったら、きっと思考停止するんじゃないでしょうか。そうやって己を守るしかない。
思っただけでは、確信が持てないですね。書くとか話すとかをしてみないと。人は他者の存在によって、自分を見いだすって、本当です。ネットにあふれるツイッターもブログも、自分を確認したい気持ちが、底にあるのでしょう。反応してもらいたいわけじゃない、と言い切る人はたくさんいるけれど、違うな。
こんなこと書いている私は、つくづく我ながらめんどうくさい女です。
新参者のちえちゃんの、国民服バージョンも描いてみました。すごく似合っていました。私は、「愛さずにはいられない」が良いです。ウンチはたぶん今日はしてね。
 PS:私と同じ道新地方版の方、友人CO・CO・Aさんのお店の記事が載っているので、見るべし063.gifブログは→ここ
[PR]

by nyankai | 2015-01-31 09:36 | 心もよう | Trackback | Comments(2)

新参物語 (1/30)

d0017084_9273368.jpg昨日は、いずみのことで、コメントやメールをくださった皆さん、ありがとうございます。引き続き、今後の執筆活動のために008.gif感想などいただけたら、ありがたいです。
ちょうどガソリンが減ったので、レディースデイの昨日、給油してきました。洗車が女だけ半額になるんです。苫小牧に行った日、イオン通りはジャボジャボで、下周りはきっと塩漬け状態だったでしょう。ピカピカの車で帰宅したのは、4時半近く。日が長くなったのと、その時の気温-2℃だったのに、まだ節分にもなっていないのに、何となく春遠からじ空気を感じました。ウンチ
昨夜は、今年になって2つ目のコンサート(1つ目は「アイーダ」)に行ってきました。「北海道歌旅座 クライマーズSHOW 新参物語」です。
d0017084_9323622.jpgもう幾度行ったか思い出せないほどの、ジュンコさんとその仲間のコンサートです。北海道歌旅座が新春に贈る 昭和チックな若者の青春音楽劇(小芝居)!新参者を主役に据えた これぞ一座の新演目「東京物語」!いや~、とっても良かった。けんちゃんとちえちゃんは、歌がうまくて、今後が楽しみです。オープニングアクトと称するちえちゃんのパフォーマンスには、度肝を抜かれました。真っ赤なミニワンピースで、いきなりの「翼の折れたエンジェル」には、呆気にとられました。2部は、人民服で、「ラストエンペラー」の「レッド・ガード・ダンス」?には、さらに唖然・茫然。
東京物語は、いわゆる臭すぎる小芝居ですが、そこが良い。若い恋、遠い遠い昔、そんなことがありました。想定外に断ち切られてしまった、大好きな人との暮らしは、始まった時の良い思い出を、純粋培養して残していったのかもしれない。切なかった。
思えば、ジュンコさんの初めての体験は、2009年でした。グル―プホームの母を訪ねた帰り路だったというだけの、偶然に近いものでしたが、その時は、「悲しいことは数あれど」の歌の数々が、応援歌すぎて、素直に聴けないほどに、私はまだ憔悴し切っていました。それなのに、何か心に引っかかるものがあり、近くでコンサートがある度に通い続け、立ち直って来たような気がします。
d0017084_9333139.jpg今の私は、特別何か悩んでいるわけでもないし、気が落ちているわけでもないのだけれど、もしかしたら少し、どこかがふさがり始めていたのかもしれない。昨夜は、ふさがりがとれて、エネルギーをもらいました。心は常にメンテナンスしなければいけないのだと思いました。改めて、歌の力を思い、歌が好きであることが、ありがたいと思いました。
「歌旅座福袋」2,000円也を購入。トートバッグ\500・円山厨房特性カレー(辛口!朝から食べてみた、豚肉がホロホロでおいしい)\500×2・歌旅座ダイアリー\800・北海道地名かるた(付録は、効果音入り読み手CD-by常田富士夫)\1,000・歌旅座数え唄のCD\500―計3,800円也、超儲かった感じ041.gif
[PR]

by nyankai | 2015-01-30 09:20 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

「いずみ」に載ってます (1/29)

d0017084_9251315.jpg今月中にと言われ、ここ数日早起きになって・・・いませんでしたが、「いずみ」に掲載してもらえました。「スカート履く・履かない対談」で有名になった私の、1年4か月ぶりの掲載です。その間、2回ボツになっています。ブログネタのリサイクルで、後半は良い話になっていると思います。担当者さんからの評価は、目の付けどころが良かったです、でした。スカート履かないK子さんに相談し、添削してもらったおかげです。K子さん、ありがとう。
    年賀状の宛名手書き率 北海道新聞1月29日付「いずみ」より
 今年いただいた年賀状の宛名の、プリンター印刷と手書きの比率が気になって、数えてみました。8-2かせいぜい7-3で、プリンターが多いと思いこんでいたのですが、意外なことに、結果は67:72で、僅差で手書きの勝ちした。
 理由は、私の知り合いの年齢層が総じて高いから、とは言い切れません。若い人もいます。版画や絵手紙など、裏面が力作オリジナルだと、手書きが多いし、年が明けてからゆっくり、もらった分だけに宛てて書く主義と思われる人のも、手書き率が高目です。
 私は手書きです。パソコンは少しいじりますが、住所録は持っていません。作り方もわからないし、年に1度だけ使うために苦労して作るより、書いた方が早い気がします。
 毛筆などの達筆な宛名は言うまでも無く、見たとたんにわかる癖字もなつかしく、人柄が出ていて、うれしいものです。
d0017084_914386.jpg 高校時代の担任の先生から、「気力体力の衰えを他のものでは、間に合わせができません。来年以降の新年の挨拶を失礼しますので、ご寛恕を請います。」と印刷された年賀状が届きました。「いつまでもお元気で」の文言が添えられ、宛名は手書きでした。先生はこれまでいったい、どれほど膨大な宛名を書いてきたのだろうか。教え子達への、最後の入魂のメッセージを、こんな形で終わらせるやり方がある。手書きの宛名は、思いを雄弁に語るのです。
写真は、手作り&あて名手書き年賀状の中でも、私が選んだベスト5(版画2点、手描き3点)です。スカートしか履かないはずの私ですが、腰までのセーターにあったかレギパンが、やめられません。許してください。
ウンチは 良く冷えていますが、良いお天気です。今夜は今年2つ目のライヴです。
[PR]

by nyankai | 2015-01-29 09:09 | コラムニスト気どり | Trackback | Comments(4)

後日談などいくつか (1/28)

道南バスへの不満は、何人かに言いふらしたら、その内の1人が、自分が乗ったこととして、本社にお客様の声を届けてくれました。電話の対応の印象は悪くなかったそうです。
ボブの妻、ち○子ちゃんとは、その後メールのやり取りができています。不思議なもので、お互いの中学の時の印象が、そうだと思う面と、意外な面とがあるのです。自分がすっかり忘れていたことを、ずっと思っていてくれたりもします。同じ人物に対しての評価も違ったり、今だからわかることがあったり、つくづく物事の結論をあせってはいけないのだと思います。そして、長く続いたり、途切れたと思っていたのに復活する人間関係には、感謝の気持ちがいっぱいです。
d0017084_9175828.jpgところで、ち〇子ちゃんの〇には、何が入ると思いますか?
ちえ子・ちか子・ちさ子・ちづ子・ちほ子・ちや子・ちよ子、ちり子。私が知る限りではこんな所ですが、さて、この中にち○子ちゃんはいるのでしょうか?
息子の帰省を待ち焦がれて、もうかれこれ30年近く前に買った「響」を飲んでみたのですが、量が減っていると感じたのです。樽のウヰスキーの量が減るのは、「天使の分け前」と言って、熟成されている間に、年2%ほど蒸発 して失われる分のことですが、瓶詰めされたウヰスキーが減る訳無いから、勘違いだろうと思っていました。でも新聞に、マッサン初の量産化された製品で、昭和15年から販売されていた物が、見つかった記事がありました。未開封でも、経年による蒸発で、半分ほどになっているそうです。ニャンコ座の響も、おそらく少し減ったのです。もう開封してあるので、これからどんどん飲まなきゃね。
息子が家にいる時に「眠い」と言いました。どことなく新鮮に聞こえたのは、私が「眠たい」と言うことの方が多いからだと気づきました。「眠い」と「眠たい」には、違いはありません。同じように「重い」と「重たい」も。こちらは、使い方は半々くらいかな。否定は「眠くない」と「眠たくない」と、「重くない」「重たくない」ですが、不思議なことに「軽たい」は、無いですね。
言葉と言えば、今「押ささる」が地味にブームらしいです。方言だそうですが、これを標準語で的確に表すのは、むずかしいです。押ささってしまうのですから。「書かさる」「言わさる」「走らさる」「出ささる」・・・多岐にわたり応用可能。
ウンチは残念ながら 適当な写真が無かったので、物置きに預かっている、弟の帆船のプラモデルをどうぞ。物置きだけに、バックが乱雑でごめんなさい。
寝る頃になって又、嫌なニュースが飛び込んできました。後藤さんは泣いています。目や鼻の周辺が赤いです。
[PR]

by nyankai | 2015-01-28 09:12 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

本を売るならまんだらけ (1/27)

寒中なのに、雨が降っています。氷や雪のイベントの準備、スケートリンクなど、困っているでしょう。ウンチは
息子は京都に戻る前日、友達何人かと会うために札幌に出ました。まんだらけで子どもの頃の本を売るんだと、数冊持って行ったのですが、保存状態が悪くてブーでした。って、私が重いのを持って帰って来たのよ~。でもどんな物なら買い取ってもらえるか聞いたので、次回の帰省の時に整理するとのこと。あれだけダラダラしていたのだから、やりゃ良かったのに。
「のるてちゃん」に「本を買うならまんだらけ」というセリフがあって、その語感が面白くて興味があったので、どんな所なのか着いて行きました。それはノルベサの2階にありました。
まんだらけ 曼陀羅華とは
d0017084_9175338.jpg1 《(梵)māndāravaの音写。天妙華・悦意華などと訳す》仏語。諸仏出現のときなどに天から降り、色が美しく、芳香を放ち、見る人の心を楽しませるという花。
2 チョウセンアサガオの別名。《季 夏》毒があります。
3 ムラサキケマンの別名。いっちゃんが好きだった花です。
へ~~~っ。で、漫画専門の古書店及びそれを運営する会社、または同社が発行していた 冊子の名称。
ちょっと調べてみると、一般的なリサイクルショップよりもマニアックらしく、戦隊ものやヒーローの絵本ならば、納得できる値段が付きそうだとのこと。
店内にはほんの少ししかいられませんでしたが、漫画の他、もちろん様々な本(同人誌ももある)・CD・人形・模型・カード・セル画や、コスプレの衣装等々、おもしろそうです。ニャンコ座にもソフビ人形がけっこうあるんだけど、保存状態は良くないなぁ。
不要な物を処分するに際して、リサイクルショップに売るという技が、私にはありません。時々買っては来るのですけどね。去年決心して、母の流行遅れの金とプラチナのチェーンを息子に託したら、質屋さんで納得の買い取りをしてもらえたようです。お金はほしいですが、捨てるのは心が痛むので、求める人の手に渡るのは、嬉しいですよね。
ここらでお知らせ:3月9~11日、東京へ行きます。10日夜に、祐様が出るコンサートに行くのが目的ですが、今の所決まっているのはそれだけです。
[PR]

by nyankai | 2015-01-27 09:15 | 社会 | Trackback | Comments(2)

ペガサス不信 (1/26)

マコのお通じが2日無くて、又具合が悪くなるんじゃないかと、はらはらしました。昨日練習から帰ってもしていなかったので、その心配が最高になって、でも夕御飯は元気に食べてくれて、間もなく、信じられない位の大きなウンチが出たので、嬉しくて、札幌で友達と飲んでいるらしい息子にメールしました。反応は無し。でも、こんなに私がナーバスなるのもいけないなぁ。
1週間前の、ペガサス号運休のショックからは立ち直れていないのですが、天候のことは誰のせいでも無い(実際は、その時は荒れていなかったので、大いに不満)から仕方ないとして、昨日はもっと不愉快なことがありました。
d0017084_915564.jpg練習をちょっとだけ早引きしてバス・ターミナルに着くと、長蛇の列でした。日曜の最終便は増便されることが多いのですが、切符売り場のおばさんが、何度かカウントするも、増便の気配は無し。バスが入ってきて、ゾロゾロ乗り込んだ所、ニャンコ座町の人で、顔見知りの女性が座っていたので、隣に座りました。飛行機の荷物のタグをつけた、大きなキャリーバッグを持った人も乗り込み、札幌駅の時点で、補助席まで使う混雑でした。
大谷地ターミナルで、キャリーバッグの男性がたまらず「運転士さん、荷物を預けられませんか?」と聞いても、運転士無視。聞こえなかったのかと再度聞くと、「1つくらいなら・・・」とかナントカ、面倒くさそうに、煮え切らない。その男性は困り果てて、お気の毒でした。とにかくみんな困っているのに、何も言わない運転士。車内がざわついてようやく「つめて座って・・・」とボソボソ。私の横の補助席に座った男性も、大きな荷物を3つ持っていたので、ちっこい私が足をちょっと窮屈にして、座席前の床に置いてもらいました。
増便されなかったのは、バスのやりくり等、何らかの理由はあったでしょうが、そのあたり「本日は、混雑のため、ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。補助席は、後ろの方から順におかけくださいますよう、ご協力をお願いします。」とかナントカ、言いようがあるでしょ。
ニャンコ座町のバス停に降りたとたん、その顔見知りの女性と、抗議してくれる人いないかなぁ、と怒りました。そのせいで、もう2度と道南バスには乗るもんか、と思った人は、きっといるに違いありません。写真は、ホームページからです。
帰宅して、いつものようにしんとした家。寂しさは気の持ちようなのかもしれませんが、今現在、息子がまだ北海道にいる中途半端さが、嫌な感じ。とっとと飛んでしまえ。
[PR]

by nyankai | 2015-01-26 09:13 | 社会 | Trackback | Comments(2)

息子の宣伝 (1/25)

今日も良い天気ですが、ウンチはっぽいです。毎日マコのウンチが気になります。
新装なった平取温泉に行こうか?と提案しても、1人で入ってもつまんない(←ここはさすがに親子、同じ考えだ!)、近くにタンチョウのご一家様がいるらしいから見に行こうと誘っても良い・・・と言うし、とうとうだらけきった息子の滞在も終わりました。思い切りのんびりしに来たのだから、良いんだって。
d0017084_8223843.jpg来月ですが、息子の劇団「笑の内閣は『大大阪舞台博覧会』、2月21日(土)18:50~に出演します。上演する作品は『和民殺人事件』!あのブラック企業をコメディした作品です。500円で観れますので、みなさまぜひ!
さらに先の話ですが、3月18日(って、大切な日だなぁ)に、息子が「ゲンロンカフェ」で、お仕事をします:超天晴!福島旅行(ダイジェスト版)&東さんとのトーク」開催決定!ぜひ、ご覧になられた方も見逃がした方も行ってくださいね!ニコ生でも放送予定ですよ。お楽しみに!
私は、その1週間前に、祐様を見に東京へ行くのですが、残念。で、そのニコ生を見るために、登録してもらいました。お金も払って来ました。ちゃんと見られるかどうか、今から緊張します。
こんなにがんばっているのに、生活の糧を得る仕事としては成り立っていないのです。少し前まで周囲の人は「30までは良いんじゃない?」と言ってくれました。でも簡単に、30は乗り越えてしまいました。今年は劇団設立10周年です。
今日はもうすぐ、息子と札幌に向かいます。先週、突然運休になり、帰りの足を奪われたペガサス号です。帰りは寂しく一人ぼっちなんだから、今日は頼むよ。私は「スタバ」の練習です。この1週間、いつもの私ではなかったような気がします。人がいることに慣れてしまって、1人になるのが怖いです。正気にかえらなくてはね。帰ってきたら、ベテランお一人様に戻っていなくては。
前回、のん気にしていたら、あっという間に完売して涙を飲んだイケメン016.gif「2CELLOS」(6/25)、チケットがとれました。A子さんと行きます。
[PR]

by nyankai | 2015-01-25 08:19 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(3)

石油さえ出れば (1/24)

すばらしく良いお天気です。ウンチは
息子が京都に行ってから13年目、学生の時はともかく、社会人になってからの帰省で、こんなにもなにもせず、どこへも行かず、ひたすらテレビでサッカーを観ている、はあったろうか。一緒にゴロゴロして、無駄に停滞した数日間でしたが、それはそれでありでしょう。明日は合唱の練習で、一緒に札幌に出て、札幌の友達と会って、明後日直接京都に帰るから、お昼でもうお別れです。5月公演の新作の本を書いているので、本人はそれで良いのでしょう。
今年は、5月に大阪で新作の公演。来年2月が京都、3月には札幌公演が決まっている以外は、まだ未定だそうです。希望は「ツレウヨ」の韓国公演ですって。問題点は何?と聞いたら「お金だけ。」だそうです。窓の外の大雪原を見ながら、「あ~、ここに石油が出ればなぁ・・・」と言うから、それは困ると思いました。なぜって。
d0017084_9353863.jpg石油なんて出たら、ここに住めなくなるじゃないですか。真夏の真夜中に、窓を全開でピアノの練習をしても大丈夫な暮らし。歌会に何人来ても、車を止める場所の心配はいらない暮らし。そんな場所、他にあるものですか。と考えた自分が、おかしかったです。お金、ほしいなぁ。息子に存分に使わせてやるお金が。
昨日は、サッカー観ていて疲れました。残念でしたが、お疲れさまでした。相手のUAEは、アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)でした。いっちゃんが日高管内で最初に勤務した小学校は(今はもう統合で廃校になったので、存在しません)、ドバイの日本人学校と姉妹校で、代々その学校の先生がドバイに行っていました。いっちゃんにも、「次はどうですか?」と打診があったという話です。
さすがに、幼児の息子を連れて行く度胸は無く、それほど真剣に考えませんでしたが、「行きます」と言えば、行けたのかもしれません。ちょっともったいなかったかもしれません。メイド付きの、良い暮らしができるのだと聞きましたが。息子は、アラビア語が話せる、帰国子女になれたかも。
アラブ首長国連邦と言えば、ニャンコ座町の重要な産業に、大きな関わりがあります。ダーレイ牧場は、ドバイの首長ムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームさんが、代表ですもんね。
いえね、石油さえ出れば、韓国公演ができるという、アブラの話じゃなかったでしたっけ?
[PR]

by nyankai | 2015-01-24 09:30 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

期間限定の張り合い (1/23)

ち〇子ちゃんから、次のメールが来ました。プライバシーなので詳しくは書きませんが、高校を卒業して首都圏に就職したことから、自分の意思で人生を切り開き、ボブと結婚して、4人家族の生活の今に至ることが、書かれていました。安心した。ありがとう。
d0017084_953819.jpgニャンコ座滞在中の息子は、「寝ている」「新作の脚本を書いている」(ゲームをしている時もある)「猫をチョしている」のどれかです。冬の北海道では特に何かをしたり、どこかに行ったりもしにくく、ただひきこもっている気がします。
昨日は、町の社会教育担当者に、営業をかけに行きました。出身地に貢献したいと、意欲に燃えている青年を演じてきたとのこと。演じることは得意なもので。いっちゃんが生きていたら、この町ではもっと知名度が上がっていたかもしれません。使えるコネは使えば良いと思いますが、残念ながら私にその力は無いから、自分でがんばれ。
せっかく東方向へ走ったので、「いずみ食堂」のおそばを食べに行きました。同級生だったしんちゃんが、味を守り続けている、田舎くさいおそばです。息子は帰ってきたら、何をおいても、ここのおそばだけは欠かせません。競馬場で大人気のたこごはんもつけてみました。
家に人がいるって、本当に良いものです。特に何かを一緒にしているのでなくとも、張り合いがあります。洗う食器も、洗濯物も2倍になりますが、手間が2倍になる訳ではなく、気合が入ります。一人だと、歌の練習をする時と、つい猫に話しかけてしまう時くらいしか声を出さないのに、「話す」という行為が発生します。猫に話しかける時ですら、わざとに息子に聞こえるように言ってしまうほどですから。
もちろん、期間限定だから楽しいのでしょうというたくさんの声が、聞こえるようです。はい、確かにそうだと思いますよ。でも、永久に1人になれないことが重苦しいのだとしたら、未来永劫一人だという確信など、絶望に等しいのです。
いっちゃんがいなくなってしまって、丸7年が過ぎ去ろうとしていますが、人はきっと「早いものですね」と言うと思います。早くなどありません。ようやく7年です。7年しか経っていません。まだこれからも1人で生きて行くのだと思うと、もう勘弁してほしくなります。という気持ちがあるんですよ。
料理が嫌いな私の、数少ないおふくろの味的な物がコロッケだと、以前書きましたが、唯一おいしく作れるお菓子がマドレーヌだったのを思い出し、何年かぶりに作ってみました。すっかり忘れていましたが、けっこうおいしいわ。ウンチは
[PR]

by nyankai | 2015-01-23 09:04 | 心もよう | Trackback | Comments(0)

平均的日本人が気になることとならないこと (1/22)

昨日の夜、再びニャンコ座町が「お見合い大作戦」の舞台になっていました。
若干、昨日の続きっぽいのですが。
ち○子ちゃんの2通目のメールには、正直、意表を付かれました。前半は、かいつまんでしまうと心身の健康と運動の話しで、これはオープニングアクトみたいなもので、日常をスケッチしてくれるものとして、すんなりと入ってきました。でも後半が。
d0017084_9142934.jpgフランスやベルギーのテロ関連に対してでした。(この時点で、人質事件はおこっていません)あれっ、私、この件について、彼女に何か質問したっけ?内容は、彼女らしい、しっかりとした意見でした。
その前に私がしたメーにルは、40年前から今日に至るまでの、私の略歴みたいなことを書いただけに、彼女からもそんなメールが来るんじゃないかと、勝手に思っていたのです。
普通とか、一般的とかは、極力使いたくない言葉であり、それ以前にそうした決めつけをすることが大嫌いなのですが、ち○子ちゃんが、40年の時をすっ飛ばしても書きたかったのが、テロ事件についてなのかぁと思ったとたん、私は大学に入ってすぐに父を亡くして・・・などと、今彼女が欲しい情報はこれだろうと確信して、意気揚々と書いたことが、何と言うか、恥ずかしいような気がしたのでした。
イスラム国のことも、テロ事件のことも、あの人々のうねりをテレビで見ながら、どこか乗り切れない、居心地の悪さを感じたのは、こういうことだったのかもしれません。残念なことに、すべてのことに関心を持ち、きちんと勉強をして、自分の意見を持つことは、もちろん不可能です。おそらく平均的日本人が、優先的に気になること、では無かったんだと思います。人質事件が起こった今でさえ、ピンと来ていないかもしれない。
では、ち○子ちゃんが、平均的アメリカ人(あえてこのように表現します)の感覚なのか、それも全くわかりません。
私は次に、どんなメールを書いたら良いのでしょう。会話やメールのやり取りは、一方的に自分のことを言うだけでは成り立たない、いくらなんでも心得ているつもりです。ち○子ちゃんと、せっかく再会できたことに感謝して、関係を大切に育てて行きたいから。
とある投稿が、今月内に、掲載される・・・みたい・・・です(*^^)v 写真は、雪遊びしている息子。ウンチ、1日おきなのかな。
[PR]

by nyankai | 2015-01-22 09:13 | 社会 | Trackback | Comments(3)