<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

31回目の結婚記念日おめでとう (10/31 ハロウィン)

今年もやってきました。ハロウィンじゃなくって、結婚記念日。思い切り中途半端な、31回目です。がんばって調べましたが、30年の真珠婚式から、35年の珊瑚婚式までは、何も書いてありませんでした。去年は真珠のピアスとペンダントを手に入れたので、今年は何を買っても良いか楽しみだったのに、35年までお預けです。
d0017084_901920.jpg出会ってから40年、私の前からいなくなってしまって、5年半。時薬?日にち薬?がようやく効いて来て、楽にはなりましたが、こんなことを書くと、いくらでも涙を流せます。死別は、ベルコ的には既婚です。未婚ではありません。結婚を解消してはいませんから。
いっちゃんが元気にしていてくれたら、私もどこにでもいる夫婦のように、いくぶんの不満を持っていたかとは思います。でも、亡くなってしまった人に対しては、すべての欠点は忘れ、唯一無二、それ以上の人はこの世にはいないと思います。
ニャンコ座の内外が、少しずつ変わって行きます。たとえば最近、ソファーを買いましたが、その際いっちゃんが気に入って座っていた、籐の椅子を、物置きに入れました。2005年の今頃、二人して、素人仕事で作った柵が、朽ち始めました。いっちゃんの思いがこもった物が、姿を変えていく様は、けっこう寂しいのです。
いっちゃんが亡くなってすぐの頃、若い友達が勧めてくれたのが、聴くたびに号泣していた、DREAMS COME TRUE の「AND I LOVE YOU」でした。「いつかあなたのところへ わたしが行く時 しわしわでもぜったいに すぐに見つけてよ」という歌詞があります。
この間、そのはしゃぎっぷりがお腹壊した原因になったかもしれない「ママドル」の写真の隣に、いっちゃんを並べてみました。31年後のドレス姿は、しわもしみもたるみも盛大ですが、26歳の時に負けていないと、自分では思います。いっちゃんに一緒に撮ろうともちかけたら、絶対にOKしてくれたはずですから。
結婚記念日を祝して、晶子ってみました。これで目いっぱい。
   まださめぬ君がいだきしやは肌を うす紫のきぬで覆ひぬ
   とけ始むハート型した入浴剤 ちぶさにつけて鏡見る我
053.gifHappy Halloween&Happy Wedding anniversary 31053.gif
音楽講座の報告は、明日書きます。今日はこれから、プラセンタ注入して、布友・歌友と遊んできます。
[PR]

by nyankai | 2013-10-31 08:56 | 夫いっちゃん | Trackback | Comments(0)

「咀ふ」は誤記ではない (10/30)

気になったら、とことん調べたくなる私なので、「咀ふ」の真相が知りたくてたまらなくなりました。
春に、「明日」を歌うにあたって、与謝野晶子詩歌集を1度借りていました。その時は「咀ふ」のことは、そういう字もあるんだ、くらいにしか思っていませんでした。
知人によると、「咀ふ」は「詛ふ」の誤記説もあるとか。ならば、出版されている本を見るのが1番でしょう。結果は、「咀ふ」でした。その前の行が「そなたこそ人を釣る好い(よい)香(にほひ)の餌だ」なので、晶子さんは、確信して「咀ふ」を使ったと思います。「呪ふ」より「詛ふ」より、アグレッシヴじゃないですか。
1つの合唱曲を歌うために、こんなに腐心している自分に、ちょっと感動しています。私は、好きなことはいくつかあり、楽しければそれで良いのですが、音楽に関しては、楽しいだけでは物足りないなぁと思います。ちょっと苦しい練習をするとか、しんどい思いをするとか、そもそもやらなくても良いことなのにやるってところが。
d0017084_9341718.jpg先月の「999人の第九」の写真が届きました(私は、ソプラノ後ろから2列目、左から2人目ですが、見える訳無いよね)。単純ではない思いを抱きました。梅田先生の1回目の指導の時に、楽しくは無かった人は、けっこういたはずでした。
私も死ぬまでどこかで歌ってはいたい。でも、乱雑な言葉を使うと、その場所で、足を引っ張るようになったら、別なところを探した方が良いのかもしれない。プライドなんだろうか。わからないけど。
誤記説を教えてくれた知人も、好きでやっていることがあります。この話をしたら、好きなことのために、色々準備をする。納得できる準備ができなくなったら、やめるしかないと言いました。うん、そういうことだ。
今夜は、高校開放講座の音楽講座1回目。人脈を広げに行くことにします。
最近しみじみ思うのですが、「ニャンコ座リポート」を始めるにあたって、自分で書いた:ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします。ですが、やっぱり「音楽」(合唱)のカテゴリが1番の多いのは、うなずけることです。
[PR]

by nyankai | 2013-10-30 09:29 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

特定秘密保護法案 (10/29)

11月がすぐそこなのに、外で焼き肉ができそうなお天気です。霜が降りていないからそのままになっていたプランター、きりが無いので、昨日家の中に入れました。畑をちょっぴり秋おこしして、ばてました。
d0017084_912234.jpg何ヶ月もず~っと、載せたかった画像がありました。でも、何を書いたら良いのか考えているうちに、忘れていました。パソコン周りをちょっと整理したら出てきたので、又載せたいと思いました。それで、旬な話題は何かと考えたら、そりゃ秘密保護法案でしょ。私はとっても恐ろしいですよ。
特定の秘密を知るような立場などとは、とりあえず関係無いのかもしれませんが、根がおしゃべりですから。決して、人の信頼を裏切るような事をしようとは思ってはいないのですが、ものの弾みというのがあります。実際に、口にしてしまったことが、別な所で興味本位で語られてしまっていることを知り、かなりショックを受けました。そういうものです、世の中って。だから、単純に法案の広がりが怖いのです。
それ以前に、今の法律で、なぜダメなのですか?知る権利はどうなるのですか?そんなに隠しておきたい、隠さなきゃ困ることが・・・ありますよね~。
この法律が無ければ、外国が日本を信じてくれないだと~?そりゃ信じてくれないさ。日本の代表が「汚染水は完全にコントロールされている。」なんて大ウソつく国など。何でも隠そうとする国なんてね。
ここまで書いてみたけれど、このチラシとはやっぱり直接関係無いと思いますか?でも、ジャベール警部が守る街は、正直怖い街でした。映画でも舞台でも良いし、「レ・ミゼ」を知っている人ならば、意味わかりますよね。公共の安全と秩序に関わることも、特定秘密になり得てしまうのです。
このチラシそのものは、ユーモアです。「安全で安心して暮らせる街、東京」。地域の安全活動のことを書いているのです。「レ・ミゼ」の会場でもらった時はただ面白かったのですが、深読みすると笑えません。
真実を知ろうとした人、告発しようとした人、家族などにふと漏らしてしまった人が、権力によって罪に問われるような社会にしてしまってはいけない、いや違うなぁ、それ以前に、知らない所で、知らないうちに、特定の人たちにとって都合の良いように決められて行くなんて、とんでもない。
岩谷時子さんが、お亡くなりになりました。私たちも、岩谷さんの詞をたくさん歌っています。岩谷さんと言えば、本田美奈子ちゃんが、病院でやり取りをしていたことを思い出しました。今頃きっと、再会を喜び合っていることでしょう。
[PR]

by nyankai | 2013-10-29 09:10 | 社会 | Trackback | Comments(2)

咀ふ 咀ふ 咀ふ~ (10/28)

コロ・フェスタの練習、2回目に行ってきました。
昨日は、まず混声の「まだ失われていないもの」から。半年ぶりだものだから、それに女声合唱「明日」があまりにも難しいから、油断していました。ア・カペラなのも災いして、音程がうやむやでした。もう訳わからない位の書き込みを整理して、何度もさらっておかなくては。混声合唱は、女声合唱よりも、若干平均年齢が下がるような・・・青年がいるので。
それで、与謝野晶子の「明日」だけれど。女声合唱になったとたんに、飴ちゃんが(昨日は栗チョコもあった)出現する不思議さよ。生涯で1番難しい曲、それは詩も松下耕さんの曲も、いつの間にか、暗譜できるほどになっていたけれど、かもしれないと、思いながらの練習です。指揮の松岡さん、入魂の選択詩(こんな言葉はもちろんありません)です。若い頃は、やりたいことがはっきりしていて、肩で風を切って生きてきた。今もちょっと見、そう見えるけれど・・・人間、そんなことある訳無いよね。
d0017084_923511.jpgみなさんの方が、人生経験豊富だから、わかるでしょうと。咀ふ 咀ふ 咀ふ~、みんな、咀ふことだってあるでしょう?
咀ふかぁ。咀ふかなぁ。恨んだことはある。今も恨んでいる人、いないこともない。私、根に持つタイプだから、一生許してやんない。怖いよ。いっちゃんの命を奪った何か、恨んでる。でも、咀ふかなぁ。明日を咀ふという本音、甘い私にあるかなぁ。
与謝野晶子さん、あなたはどんな人なの?
   くろ髪の千すじの髪のみだれ髪かつおもひみだれおもいみだるる と詠んだ人。
   人の子の恋をもとむる唇に毒ある蜜をわれぬらむ願い と詠んだ人。
あなたの詩を、私は表現できるでしょうか009.gif
寄せ集め合唱団なので、服装も自由ですが、できるだけ白黒の定番は無しで、とのこと。私の感覚では、着物、ですね。
月曜の朝から、咀ふ話しでしたが、咀ふ画像・・・たとえばわら人形?が無いので、ニャンコ座の紅葉をどうぞ。
ボイスレコーダー、けっこう良い感じで録音できました。
追記
「咀ふ」の表記ですが、「詛う」ではないかとの問い合わせがありました。私も変換できなくて困ったのですが。持っている楽譜についている縦書きの詩の漢字が、「咀ふ」で「のろう」とルビがふってあります。検索かけると、どちらの字もあるし、ひらがなもあります。近々、図書館で出版物を調べてみます。
[PR]

by nyankai | 2013-10-28 09:22 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

プロの音楽 (10/27)

昨日から、いきなりフル回転で通常営業と言った感の私。本当は、まだ無理しちゃいけません。だって、昨夜ようやく、やわらかめに炊いた白飯を食べました。それまでは、おかゆとバナナとプリンとゼリーとヨーグルト・・・しか食べていなかったのですから。
今日は、コロ・フェスタの2回目の練習です。その前に、誰にも教えたくないマッサージを受けて行きます。
昨日は午前中、まじょ子さんの町で、「日高分屯地45周年記念音楽演奏会」があったので、それを聴きに行って、午後からまじょ子さんと文化祭の「まじょまじょ」の練習。夜は歌会でした。
音楽会の演奏は、東千歳駐屯地に所在している第7音楽隊でした。この方たちは、音楽サークルではなく、お仕事なんですってね。部内の式典・隊員の士気高揚を目的とした演奏の他に、定期演奏会、ファミリーコンサート、イベントでの演奏、施設の慰問、学校での音楽教室などを行っているそうです。音大を出た人達に、相当な人気だそうで。だって、そこら辺のオケに入っても、食えないですものね。だから、うまいんだぁ。なるほどぉ。
選曲は緩いんですが、進行は固いのです。アンコール曲の「男はつらいよ」には、寅さんが出てきて、歌ってくれました。大そう良かったです。もう1曲は「聖者が町にやって来た」ですが、裏打ちができない人がい過ぎて、ぐれてやりたかった。
d0017084_8195794.jpg「まじょまじょ」の練習は、せっぱつまって、上達したと思います。大魔王様とよしこ様とがんばります。これは、アマの音楽。
歌会に、ヴァイオリニストの武田先生が来てくれました。武田さん、いきなり「気球に乗ってどこまでも」をハモってくれる。別の歌になったような興奮。私のソロ、「一本の鉛筆」にオブリガートを入れてくれる、「情熱大陸」や「リベルタンゴ」を弾いてくれる、そして私と「オペラ座の怪人」を歌ってくれる。怪人の声はマイクも壊れるだろうハイトーン。武田さんのバイオリンに、ハッチーが踊り狂う。何と贅沢な幼児教育なんだろう。
武田さんは、ハモネプのアレンジをやってくださると。私たちにも、運が向いてきたのかもしれない。
私は武田さんのために、譜面台を買おう。今度こそ買おう。すてきなのを買おう。
まじょ子町の道中の紅葉は、とてもきれいでした。残念ながら曇りで、良い色に撮れませんでしたが。
[PR]

by nyankai | 2013-10-27 08:18 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

「お腹を壊す」は他動詞 (10/26)

真夜中の地震、怖くて泣きたかったです。布団の中にいたマコとしっかり抱きあって過ぎるのを待ち、テレビを見に降りました。真夜中に、泣きごと電話しても良い人が欲しいです。
お腹を壊して失われた時間が空しいと書いたら、こけしさんが「無駄を嘆くよりも、石でも藁でも拾いましょう♪」とコメントをくれました。そこでひらめいたのです。
私はお腹を壊したのだろうか?「壊した」のは私?壊したくて壊したんじゃない、私のお腹が勝手に「壊れた」のよ~。国語の成績は悪くはありませんでした。書き魔なんだから。自動詞・他動詞ってあったでしょ。自動詞は「を」を介さず、他動詞は「を」を入れます。その動詞が「を」が付いたものに、働きかけます。だから、「お腹を壊す」になります。でも「何かが私のお腹を壊した」のであって、私は「お腹が壊れた」んです。
どうだ、国語の勉強ができたのだから、無駄ではなかった。
他のコメントは、お腹が丈夫なうらやましい人からでした。そういう人は、自分の幸運を喜びましょう。太ることなど嘆かずに。ばちが当たりますよ。私みたいな体質の友人がいます。その人が、こんなお腹を「シンデレラ・ストマック」と名付けました。悪くないでしょう?シンデレラ・ストマックの会を作ることにしました。
d0017084_943647.jpgさて、昨日、検査結果を聞きに行ったのですが、特に問題は無くて、安心しました。とは言え、すごかったんです。気の弱い人はここから数行を飛ばして読んでください。シンデレラ・ストマックだから、お腹下るなんて良くあること、と思っていたら、血便が出たのです005.gif。こ、これは、O-157とか?で、あわてた訳です。幸い、吐き気と熱はありませんでした。1日2日入院して、絶食治療しましょうかとも言われたのですが、劇団四季観たくて、断った訳ではないけど。看護師さんが励ましてくれました。「女だから、便器に血なんて平気とは言え、驚きますよね。」「私もう、終わったから・・・」
何がしかの、細菌感染によるかもしれない大腸炎ではあったらしいのですが、私の「お腹を壊した」にっくき相手は、不明なままです。私のお腹の中で、いったい何が起こったのか、わからないのは、少し不満です。思えば、ここしばらく風邪ひいた覚えも無く、私って見かけよりずっと体丈夫と、思いあがっていたかもしれません。
Yちゃんと息子が、那智勝浦旅行に行って、熊野古道から、絵葉書をくれました。もちろんYちゃんが言って、息子は面倒くさそうに応じたのに決まっていますが。どうも、ありがとう。
今日はまじょ子さんと、文化祭の練習をして、夜は歌会です。高校の音楽講座は、7人で成立したようです。
[PR]

by nyankai | 2013-10-26 09:00 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(4)

大腸炎リハビリの間に考えしあれこれ (10/25)

台風2つと低気圧で、今日の日本はあちこち嵐の様相。被害が出ませんように。ここも、強風です。
昨日は1歩も外へ出ず、部屋着といううやむやな服装で(ブラジャーをせず・・・こんな胸ですが、私は高齢で死ぬ直前まで、ブラジャーを付けて女でいることを目指しています)、リビングとベッドを行き来したのみでした。もうどこも痛くも無いし、苦しくも無かったのですが、なぜかタガが外れたかのごとく、自分を甘やかしたかったのです。不眠気味なのに、時にウトウトしながら。それが夕方には、限界になりました。寝ているのが嫌になったのです。お腹もすきました。
症状が急性の時は、ごく親しい人に側にいてもらいたい。若干落ち着いたら、一人になって、気兼ねなく休んでいたい、でも掃除やちょっとしたことをやってくれる人がいると助かる、やや元気になったら、退屈だし、誰かがいてくれないと寂しくてたまらない、ものなんだと思いました。
d0017084_9574599.jpg文化祭の練習も、コロ・フェスタの練習も停滞し、あせりました。貧乏性というか、真面目なんです。だから、昨夜ゆっくりお風呂に入った後、ピアノと歌の練習をし、新聞のまとめ読みをし、すべての物がテーブルの上に散乱している悲惨な状況を、何とか片付けました。人生に無駄なことは無いと言うけれど、失われた3日間たる思い。せっかく注入したプラセンタも、付けようとした筋肉も、水泡に帰した気分。
でも、はしゃぎまくったドレスの撮影会や、はってでもの思いで行った劇団四季も、心の免疫力にはなっているはず。元気出せ、私。週末にはがんばらなくちゃならないことがたくさん待っているんだから。
もしたしたら、テンション上がり過ぎたドレス撮影会のせいで、お腹壊れたのかもしれないけど。そんな訳で、今日は、もう1枚の写真を載せちゃおうっと。
今日は、焼き魚とか、玉子焼とか、味噌汁とか、普通のご飯が食べたい。今朝はきちんと服を着たし、とりあえず、お米から炊くおかゆはおいしいので、セットしました。どこも痛くないと書きましたが、寝過ぎたせいか、腰が痛い。
[PR]

by nyankai | 2013-10-25 09:53 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(5)

北海道ゴーシュ合唱団募集 (10/24)

私のお腹の具合を心配してくださったかもしれない、「ニャンコ座リポート」読者の皆様、遅いおはようございます。私は大丈夫です。ただグズグしてズベッドから出なかったことと、先に電話かけなどをやっていたからなのです。何、朝から電話かけたのさ?
d0017084_1213239.jpgミクシイの「コーロ・ファーチレ」コミュに、早とちりるすると、活動再開と誤解できる(?)書き込みがあり、あまりの嬉しさに、「参加しま~す。」とはしゃいで、幾人かの友人にもメールしてしまいました。この病人が044.gif
朝起きて良く確認したら、ちゃんと見ないでいた部分があり、そこら辺りをまず訂正する電話をかけた、というのが事の顛末。
それでですが、ファーチレとは縁が深い「北海道農民管弦楽団」が、来年1月26日創立20周年を記念するコンサートを開くそうで、その時に宮沢賢治の意思を受け継ぐべく作られたオケとして、「雨ニモマケズ」等3編の詩に、代表の牧野さんが作曲した、混声合唱・オルガン・管弦楽のためのオラトリオ「農民・宮沢賢治の祈り」を演奏するそうです。その「北海道ゴーシュ合唱団」の募集です。「世界最高峰のホールと言われている札幌コンサートホールKitaraで、オーケストラとの世界初演に参加できるチャンスです。ファーチレの皆さんにもぜひ参加していただきたく」とのことでした→ここ
練習日程は、私には幸いなことに、夜ではないので、参加可能ですが、冬場であり、遠隔地であり、交通費のことも無視できない障害ですが、もしも皆勤でなくとも許してもらえるのであれば、参加させてもらいたいです。親しい歌友共相談して、決めたいと思っています。難易度は、作曲者ご本人によると、多少高め(笑)だそうで、「明日」より難しくなければそれで良いと・・・思っています。
農オケは、すごいと思います。デンマークに演奏に行ったり、今年は賢治のふるさと花巻で、賢治作曲の「星め ぐりの歌」による幻想曲を発表したり。
おなかはもちろん、まだ寛解したわけではありませんが、今日は点滴は行かないで済みそうです。昨日は差し入れもあったので、今日1日、おとなしく引きこもっていることにします。食べるのが怖いのですが、少しずつ、固形物を口に入れようと思います。
[PR]

by nyankai | 2013-10-24 12:11 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)

劇団四季は60歳おめでとう (10/23) 

実は、楽しすぎた21日の夜から体調不良。昨日は、諦めようと思っていた、劇団四季公演に何とか言ってきましたが、ちょっとダウン。タイトルだけ書いて、また後ほど。生きていますので、ご心配なく。
d0017084_13324441.jpg追記
壊れたのがおなかなので、ほとんど2日間何も食べていなくて、午前中点滴してもらいました。良く行けたと思いますが、未だチケットをどぶに捨てた事は無い私、何が何でも行ってきました。オタク警報を出しておきます。
劇団四季「SONG&DANCE 60感謝の花束」です。たくさんのミュージカルの良いとこ取りなので、もう、おなかの不調も忘れて、前のめりになって、右横の若いお嬢様二人連れが、ミューオタか四季オタかはわかりませんが、邪魔にはならない程度のひそひそ感想が的を得ていて、2時間強を楽しみました。
「Catsは」、ニャンカイ家がミュージカルに取りつかれた原点です。日本人がこんなに踊れるようになったんだなぁと思い知らされた作品です。「スキンブルシャンクス」は、小学2年生だった息子が、すっかりはまって、「モーニングティーは薄目?濃い目?」「濃い目!」というセリフも入れながら、歌い踊っていた曲。息子の芝居人生は、この時点でスタートしていたのだと思います。
「リトルマーメイド」は観ていませんが、「キス・ザ・ガール」のシャネルズ風味付けが、ムフムフものでした。
「アイーダ」の「おしゃれは私の切り札」は、ファッションショーの場面が、お客様参加でした。しまった、通路側をとっておくのでした、おなか壊している場合じゃなかった・・・いや、おばさんは連れて行ってはもらえなかったでしょうが。ステージに上がって、一瞬でドレスアップさせてもらって、ファッションショーに出て、写真をもらえたのです。改めて感じましたが、四季の女優さんは、やっぱり一般人よりも背が高いんだ。
「サークル・オブ・ライフ」の圧倒的迫力は、本公演以上に感じました。
先週から追加されたのかと思いましたが、プログラムを見ると初めから入っていたらしい、「アンパンマンのマーチ」が、混声合唱でしっとりと(マーチじゃない)力強く歌われて、ウルウルしそうでした。
劇団四季は、創立60周年です。還暦なんだ。スター主義ではなく、作品主義を徹底し、だから祐様を始め、相容れなくなってしまうという厳しい現実もあるし、あのネチッとしたセリフ回しが、必ずしも好みではない面もありますが、ミュージカルって何なのかを、教えてくれました。東京まで行かないと観られないミュージカルを、身近で観せてくれます。60年のうち、25年は観ています。
私は歌に関心がありますが、昨日はつくづくダンスすばらしい!!と思いました。もし足が悪くない人に生まれ変わったら、絶対ダンスをやりたいです。プログラムに、加藤敬二は80周年も元気に演出をしているだろうと書いてありました。私も、元気に観に行きます。
どこがおなか壊している人なの?と言われそうですが、これから寝ます。
[PR]

by nyankai | 2013-10-23 09:29 | ミュージカル(舞台) | Trackback(1) | Comments(0)

ベルコのママドル (10/22)

d0017084_1021745.jpg昨日は、姉上と姉様と、ママドルしてきました。
冠婚葬祭のベルコがやっている結婚式場のサンシャインのイベントで、40歳以上の女性を対象にした、ウエディングドレスを着て、記念撮影できると言うものです。姉様が還暦の記念に赤いドレスで写真をとりたいからと持ちこんだ情報で、1も2も無く連れて行ってもらいました。
胃がポッコリしてはいけないので、お昼はパンを少々にして会場に着くと、何名ものスタッフが出迎えてくれました。ズラリと並んだドレスを見ただけで、もうテンション上がる。
ライヴの時のシング・バイオレットで気を良くした私は、何とな~く紫のイメージがあったのと、息子の結婚式に見た、Yちゃんの輝くような美しさが忘れられなくて、自分の時は恥ずかしくて着られなかった、肩出しドレスを着るんだと決意して行きました。
ストラップは付いていたけれど、待っていてくれたようなドレスに出会い、ほとんど迷いませんでした。ドレスにはすごいマジックがかかっています。私は、私が着られるような細いドレスがあるかどうか、大柄な姉上も、ぽっちゃり系の姉様も、それぞれが心配していたのですが、後ろが紐で締めるようになっていて、余程のことが無い限り対応するのです。私は案の定、最高に細く締め上げてもらいました。
アクセサリーとブーケと手袋を選び、あっという間に髪型を整えてくれて(私はセミロングなので地毛ですが、ショートの2人はウイッグや付け毛で)、ヘッドドレス(私は花・姉上は帽子・姉様はティアラ)を付けてくれて、メイクにちょっと手を入れてくれて、出来上がりです。
d0017084_1031215.jpg極めつけは、スリッパのまま、踏み台の上に乗っかって写真をとるんです。10㎝ヒールなど履かなくても良いのが助かるわぁ。横にレンタル花婿を付けたかったですが。姉様は結局、赤ではなく青のドレスになりました。これは私のカメラに入っていた分で(踏み台無し)、本物は背景が付いて、台紙に取り付けた本格的なのが、後日届くそうです。でもまるで「花は咲く」と言った風情でしょう?そこのあなた、「馬子にも衣装」などと言ってはいけません。女はいつまでも、ヒメ気分なのです053.gifとりあえずの遺映ができました。
撮影後にコーヒーとケーキが用意されていて、もちろんベルコの互助会や保険への勧誘がありましたが、値段を聞いて驚くなよ、1,000円でした。3,000円と聞いていたのですが、それは一人なら3,000円という意味だったらしいです。いや、私の金銭感覚ですと、5,000円は出しても良い。皆様も、お近くのベルコでチェックしてみては?
次は再来年、私の還暦の記念に、又3人で、じゃなくて、もっと誘って行こうと思いました。ママドルは、ママアイドルではなく、ママを撮ると言うことですね。ババドルじゃないわよ。
そうだ、結婚式場的には「死別」は「既婚」で、「離婚」は「未婚」だそうです。私が困ったのは、婦人科の場合ですけど。婦人科的に必要な情報は、パートナーがいるかどうか…それは個人情報か。
[PR]

by nyankai | 2013-10-22 09:53 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(4)