ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ライヴが終わってやれやれどころか、得意分野であるはずの洋服作りが、全然思ったようにいかなくて、おまけに乳頭腫騒ぎで1日棒に振り、しゃかりき奮闘中です。それにしても、お騒がせになってしまって、すみませんでした。
d0017084_917431.jpg息子は、プロレス芝居公演の結婚披露パーティーをしますが、それに先立って、一般的に近い会食部分もあります。最初は自力でやろうとしたらしいですが、やっぱり大変すぎて、業者に頼んだそうです。そこに、二人のおいたち的なプログラムに使うのでしょう。写真が必要だと連絡が入ったのが、20日のことでした。
私の頭は、もうライヴでいっぱいだったので、写真をスキャンしてド~ノコ~ノは、とても不可能でした。選んで郵送するからと話を付けたものの、選ぶこともままならず、週を越しました。担当の方には迷惑をかけたかもしれませんが。
d0017084_918322.jpg1年につき3枚ほどを選びました。息子は、親の私が言うのもなんですが、世界一かわいかったと思います。いっちゃんが写真撮るのが好きで、生まれた時からそうとうの写真があります。それがまめな私の手で、完璧に整理されています。・・・書いてて恥ずかしくないかって?良いじゃないですか、自分のブログだ。
冗談はさておき、選んで、裏に説明を書いて、ポケットアルバムに入れて、番号をうって。念のために、リストも作って。
赤ちゃんの頃は、コロコロしていました。顔は丸いけれど、だんだんとスリムになりました。幼稚園に行けずに苦労しましたが、お遊戯会で「仮面ライダーブラック」を踊ることになって、行けるようになりました。出たがり表現欲はここで開花。
小学校は3年で転校したけれど、中学校まで大きな問題はありませんでした。でも、片付けられないとか、集中力が無いとか、当時はまだわかっていませんでしたが、何がしかの学習障害がありました。
高校から家を出ましたが、1年生の時はすごく寂しがって、失敗したかなぁと思いました。学校は楽しくなったようですが、成績が落ちて、大した大学には(佛教大学様ごめん)行けませんでしたが、自分で決めて勝手に京都に行きました。みごとに親離れをし、大学4年で自分の劇団を作り、食えてはいないけれど、今に至る。
それを理解してくれる、世界一美しく明るく聡明なYちゃんと(トメばかです043.gif)結婚しました。
写真70枚は、27日夜、レターパックで送りました。
[PR]
by nyankai | 2013-05-31 09:15 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(10)
昨日私、手術しました。「舌腫瘍(乳頭腫)摘出手術」です。
ささかのぼること2週間以上前の13日の夕御飯の時、舌の左裏側に引っ張られるような鋭い痛みを感じました。『噛んじゃったよ・・・』と思いました。寝る頃に鏡で見ると、不思議なことになっていました。白い米粒みたいな物とくっつくように血豆ができていました。いっちゃんのアミロイドーシスの最初の症状が、口の中の血豆だったので、ギョッとしました。
翌朝起きると、血豆は無くなっていましたが、米粒は健在で、14日と15日は、口内炎の痛さで、食べるのもしゃべるのも歌の練習も辛かったです。その後痛みは軽減しましたが、米粒変化なし。ごく限られた人に、口内炎が痛いのよう~とぼやいていましたが、ライヴで頭はいっぱい、痛みは和らいでいたので、乗り切りました。
ライヴが終わっても、米粒は鎮座。痛い場所がその米粒そのものではない気がしてきました。元々左下奥歯の歯茎が内側に曲がっていて、奥歯も内側に倒れ込んでいて、米粒の所は常に刺激される場所でした。
少々の痛みが不自由なのと、米粒の不安で、どうしようもなくなり、いつもの「フォーク歯科」へ行くと、先生said「苫小牧市立病院の口腔外科にお手紙を書くので、行ってください。」ここで、私の不安はマックス。この精神状態でいることは不可能で、苫小牧市立病院に電話をして、すぐ来て良いと言われ、がんばって行きました。
d0017084_9453956.jpg総合病院の歯科なんて、初めてです。アサカ先生は気さくな感じで、院内もまぁ普通の歯医者でした。以下、診断。
良性の腫瘍である乳頭腫です。見える場所ではないので、気付かないまま、5年~10年のスパンでここまで大きくなったのでしょう。確かに、歯の刺激が原因かもしれません。乳頭腫が歯に引っかかって、ガブッと噛んでしまって、ようやく気付いたのでしょう。
心配性な性格の様ですし(何でわかる?)、遠く(車で1時間)から来ているので、今切っちゃいましょう。そして、念のため、病理検査に出して安心しましょう。
米粒は、ほんの数分で無事私から切り離され、トレーの上でご対面しました。さっきまで私の体の1部だったと思うと、ちょっといとしかったり。歯も少し削ってもらいました。抗生物質と鎮痛剤が出ました。京都から帰ったら、抜糸と検査結果を聞きに行きます。
今日はしっかりとした雨、もちろん梅雨ではないけれど。まだ傷は痛いので、おとなしくしていることにします。
[PR]
by nyankai | 2013-05-30 09:44 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(10)
もう1日、ライヴのことを引っ張ります。とは言え、ライヴの燃え尽き症候群になっている場合ではないです。京都は私を歓迎するかのごとく、梅雨入りしたもよう。
d0017084_9351961.jpg何十年と一緒に歌って来たN氏と、お疲れさまメールをしあったら、「武田さんの演奏(ヴァイオリン)は素晴らしい音色でしたね。生きてて良かったと思える瞬間でした。」と書いてありました。そうなんです。何のために生きているのかわからないのですが、生きてて良かったと思える瞬間を心に貯金しておけば、又明日も生きてみようと思えるようになります。良かったことに、限度額はありませんから。音楽は、そういう力を持っています。
ミクシイのつぶやきねたに「生きていくためには何が必要?」がありました。私は、ミクシィのプロフィールに、「マンジャーレ」「カンターレ」「アマーレ」で生きると書いてあります。食べることに興味が薄くて痩せっぽの私が、マンジャーレを語るのはおかしいです、確かに。でも食べる大切さはわかっているのです。ではなく、食べることは、基本中の基本。食べなければ、生物的に終わってしまうんだもの。食べるために生きているのではなく、生きるために食べています。食べることは生きることそのものことです。
d0017084_9361165.jpgカンターレは、その通りです。歌って(広い意味で、ピアノを弾くことはもちろん、踊ることも、文章を書くこともそうかもしれない)いなければ、私は死んだも同然です。
人の前で歌うなどありえないという人もいるし、私にはわからない一人カラオケもありましょうが、表現欲というか、「涙をこえて」のイントロ部分で、ワクワクして、幸せで、世界中の人とハグ035.gifしたい気分でした。
アマーレは、愛することです。おりこうさんに書くと、人類愛などになりますが、この場合は、もっと限定的で良いのです。愛する対象、愛してくれる人がいなければ、生きられません。私はもう、巣作りをしなくてはならない年齢ではないので、面倒くさいことはいらないけれど。
後は、「タバッコ」は嗜好の問題なのでいりませんが、それで幸せな人がいるなら、眉をひそめて否定まではしません。「バッコ」(お酒)は、年に何度か陽気になれたら良いかなぁ。
生きていくためには「食」と「歌」と「愛」が必要です。ライヴはこの3つを、直接間接に与えてくれます。
ライヴの写真は、公認(?)カメラマンの分が来たら、又載せます。
[PR]
by nyankai | 2013-05-29 09:31 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
何でも昨日は、道東で真夏日になったとか。ニャンコ座地方は寒暖の差が少ない、ぼんやりした気候が自慢なので、関係無かったです。
d0017084_9191514.jpgタイト君渾身の新聞記事が出ましたよ。道新日高版以外の皆様のために、ご紹介します。普通新聞記者は、初めの方に来て、写真を撮り、すぐにいなくなって、さも全部見たかのように書くと思うけど、タイト君はちゃんと最後までいて、しっかり飲み食いして行ってくれました。
「ごちゃまぜ(イタリア語でミネストローネ)コンサート」という位なので、それぞれが勝手に歌いたい曲を持ちよっていますから、テーマもバランスもすべて後付けです。今回も、何かテーマを持とうとしたのに、決まらないままでしたが、不思議と持ち寄ったものが繋がりだしました。
d0017084_926431.jpgタイト君は「涙をこえて」に興味を持ったようです。私たちの年代には、青春のはずせない道しるべみたいな曲ですが、若いタイト君には新鮮だったらしいです。「明日とか、未来とか、そういうテーマなんですね。」そうです、そうなんです。単に好きだからと選曲しても、歌い込んでいくうちに、自分の中にこれしかない確信が持ててくるのです。
たとえば私が歌った「メモリー」だって、ちょっと見、思い出を美化しているように感じますが、最後は「明日が~」です。
かちゃ子さんは、好きだから「未来予想図Ⅱ」を選曲したのだろうけれど、孫たちを連れて、「叶えられた未来予想図のひとつです。」なんて、良いこと言うんだもの。最後に、孫たちが握りしめて歌うマイクも、ちゃんと音量が上げられて、しっかり歌っていました。
d0017084_9272843.jpgいっちゃんがいなくなってしまって、人生に到達点を設定するのはよそうと思いました。どんなに未来予想図を描いても、とんだどんでん返しに遭うこともある。その意識が変わった訳ではありません。でも、人はやっぱり、明日へ、未来へ向かわないと、生きていけないのだとも思っています。
あ~でも、愛しあう二人の時計は、やっぱり止まっていてほしいかも(注:「夜明けのスキャット」)。
打ち上げで気付いたのですが、お客様の中に「もてナイ」のお嫁さん募集のけんちゃん(25歳畜産業)がいました。みんなで応援しよう。私たちが絡むと、まとまるものもまとまらなくなっては困りますが026.gif
ライヴの様子、ホールのブログにも書いてくれました。どうぞご覧ください。→ここ
[PR]
by nyankai | 2013-05-28 09:15 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)
昨日は、お泊まり客が帰った後、思う存分ぐったりしようと思っていたら、なんちゃって孫たちから、山にお花見に行こうとお誘いがあり、ライヴ疲れもなんのその、で行ってきました。孫ママと私は、完全に喉潰れ(ライヴではなく打ち上げで)状態で、ハスキーな二人でした。それで、とうとう書き魔の私が、よりにもよってライヴのブログを1日すっとばすという、体たらくでした。まっ、それも良いさ。
d0017084_927223.jpg今年のライヴは、何事も無く(何しろ一昨年は、私がキス病でピアニストがけが、去年は問題発生で精神的に気持ち悪くなるほど疲れた)当日を迎えたつもりが、メンバーの一人に健康問題が起こりました・・・けど大事に至らず。
私個人は大失敗はありませんでしたが、死ぬほど小失敗をしました。その意味で、初めてDVDを見るのが辛いかも。後悔はたくさんあります。だから、来年はもっとがんばろうと思います。私が抱えるには、その能力をこえていることをしようと思った結果でした。だからこそ、すごく幸せでした。
d0017084_9282074.jpgお客様は、座席に困るほどの超満員でした。いつものB.B☆Hallの顔なじみと、全く違うメンバーが混然一体としておもしろかったです。
とても1日で書き切れることではないので、今日はライヴで起こった奇跡について。
ブログでも幾度か話題にしていますが、ニャンコ座の町には、プロのヴァイオリニスト武田さんがホールを兼ねたすてきなお家を立てて、週末を過ごしています。ヴァイオリンやチェロを教えたり、たまにコンサートを開いてくれます。その武田さんに、ライヴの突撃お誘いメールをしてみたのです。そうしたら、レッスンの関係で少し遅れたけれど、来てくれたのです。光栄です。で、ライヴが終わっても帰る様子が無く、打ち上げにも参加して、楽しそうに歓談しているのです。武田さん、私に「You raise me up もっと早くにわかっていたら、ヴァイオリン弾きましたのに・・・」???「もし良かったら、ヴァイオリン持って来てるので、今ここでやりませんd0017084_9381817.jpgか?」???\(◎o◎)/ビール飲んでる私は「え~~~~っ、ギャ~~~ッ、やります、いや~~~、もうっ!」その時は、着換えてリラコになっている私、武田さんのヴァイオリンのイントロ、間奏、オブリガートで歌う。前代未聞。信じられない。奇跡だ。
武田さんはその後、「情熱大陸」を弾いてくれて・・・早く帰った人、損しましたよ002.gif
シャンソンやロックなど、何でも共演できますよなんて言ってくれる。夢みたいでほっぺつねりました。「リベルタンゴ」をお願いしたら、ピアニストに向かって、さ来週ピアノ譜をもって行きますだって。
ちょっと生意気書くようですが、武田さんも、音楽のつながりを求めているんだろうなぁと思いました。    
写真はとりあえず、私のカメラにあった分から。      続く
[PR]
by nyankai | 2013-05-27 09:26 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(8)

ライヴ報告予告

ニャンコ座リポートファンの皆様、おはようございます。
私はとても元気です。ちょっと声がつぶれました、もちろん打ち上げで。
書きたい事がありすぎて、まとめるのに時間がかかりそうなので、とりあえずです。
奇跡みたいな事も起き、大満足で、でもいっぱい失敗したので来年に向けての後悔もあります。
では後ほど。
[PR]
by nyankai | 2013-05-26 09:02 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
おはよう、皆様。風邪もひかないで、ライヴ当日を迎えました。
ライヴを控えながらも、昨夜はA子さんと「チェロとピアノの夕べ」に行ってきました。
ピアノは、2008年から新ひだか町サポート大使になった、吉鷹奈津子さん、チェロは札響の首席奏者を歴任した土田英順さん。迷ったのですが、吉鷹さんの後援会でがんばっている知人への義理・・・ほら、義理は大切だとこの間書いたでしょ。大切な人ががんばっている時は、応援したいし、それ以上に土田さんのチェロが聴きたかったし、プログラムがすごく良かったし。
d0017084_9215830.jpg1ステの後半は、「無伴奏チェロ組曲」でしたが、何となくふんわりした気分014.gifになりました。睡眠障害の私は、ここ数年眠くなるという感覚すら忘れてしまいそうなほどなのに。A子さんも眠くなったと。
土田さんご自身がCD販売コーナーにいらして、「チェロは眠くなるでしょう?寝室に1枚いかが?」と言うではありませんか。そうか、チェロは眠くなるんだ。
精力的に東日本震災チャリティーコンサートをされている土田さんにとって、CDの売り上げは、コンサートの旅費や宿泊費になるとのことで、私も「愛のポピュラー名曲集」を購入し、サインをしていただきました。
べストにキャップのおしゃれな土田さんが奏でるチェロは、大津波の犠牲になった女性のチェロで、ボロボロになったのを譲り受けて、持ち主の友人たちの想いによって蘇らせたものだそうです。
私と良い勝負のキャシャリン吉鷹さんは、伴奏の名手でした。どの曲も、丹念に繊細に、土田さんの前に出ず、さりとて自分らしさを消すでなく、すばらしかったです。
帰り道は、買ったCDをかけたかったのですが、もしも眠くなってはいけないので、帰宅してから聴きました。去年デュエットした「ALL I ASK OF YOU」や、「ロミオとジュリエット」や「シネマパラダイス」など、好き過ぎる曲満載です。
さて、テンションあげて、ライヴの準備です。今夜は、男が3人泊まります。
[PR]
by nyankai | 2013-05-25 09:20 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)
d0017084_9101587.jpg良いお天気なのに、ひんやりしています。リラ冷えってやつですか。
ライヴのことで頭がいっぱいの時に、息子から結婚披露パーティーに使う写真を選んで、スキャンして圧縮して●◎★§Κ※・・・そんなのわかんないから、封筒に入れて送ると言ったら、そうだねと納得されました。でもその写真選びが大変でもあり、思い出にふけってしまって、この忙しい時に、も~。
そんな訳で、さすがの書き魔の私も、これから少しの間不義理が生じるかもしれませんが、そこはお許しくださいね。
昨日はホールでリハーサルをしました。行った人から始める感じで。ホールのマスターが、一生懸命マイクなどを調節してくれて、ありがとうございます。
「You raise me up」は、ようやくまちがわなくなったレベルで不安なのですが、ピアノにも歌にもマイクが入って、声を張り上げる必要が無くなると、細かい表現ができるようでもあり、と~っても気持ち良かったです。
d0017084_9122527.jpg「メモリー」は、シラバブの部分を出てすぐの場所で、マイク無しで歌い、その後の長い間奏でゆっくり入場して、グリザベラはスタンドマイクで歌い、再びの間奏でハンドマイクにすることにしました。
「美女と野獣」は、例の演出で。でもどこかでダンス位できると良いんだけど。
私は、これでも一応代表として、オープニングの後のあいさつと、「未来予想図Ⅱ」からエンディングに移るあいさつを考えなくちゃなりません。
「涙をこえて」を歌いながら、あ~、なんて幸せなんだろう003.gifと思いました。私はきっと、メンバーの中でも1番幸せそうな顔で歌うと思います。
ニャンコザクラ、満開です。ここの土と相性の良いらしい水仙もお付けします。昨日は暖かかったので、ようやく種まきをしました。
いっぱいいっぱいと言っておきながら、今夜は土田英順さんの「リベルタンゴ」を聴きに行きます。
 PS 朝刊に、コンポストの虫よけに、ルバーブを入れると良いと書いてありました。今日初収穫します。切り落とした葉っぱは全部コンポストに入れるとしよう。
[PR]
by nyankai | 2013-05-24 09:08 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
d0017084_991659.jpgニャンコ座の周囲は、勝手にタンポポ祭りになっています。
昨日札幌に行った目的は、もちろんライヴのためにカット・カラーリングしにでしたが、歌友・布友T浜さんと待ち合わせて「いわさきちひろ展」に行くこともありました。
独身の頃、職場にやって来たセールスマンの押しに屈して、「日本の童画」全14巻を買ってしまいました。その第7巻に「いわさきちひろ」がありました。にじませた水彩や、子どもの様が印象的で、好んでレターセットなどを買ったものでした。そのわりに、彼女の人となりなどには、特別の興味も湧かないまま、何も知らずに今日に至るでした。
平日の午後にもかかわらず、近美はけっこうな人出でした。サイズは平均小さめ(そこが良い)、見たこともある絵が、資料によると134点ありました。画材が、水彩・鉛筆・パステルなど、いかにもと言う感じで、あこがれのにじみは、初めに紙に水を塗り、透明水彩と不透明水彩やポスターカラーを使い分けて描くんだそうです。
ご主人が、共産党の議員松本善明氏というのは、すみません、昨日知りました。ご自身が「子どもたちを泣かせてはいけない。」という、確固とした信念を持っておられたこと、納得できました。
初期のころの作品は、私は知っているのと、少し違った感じがしたり、なんちゃって孫に良く似た女の子がいて、気になりました。55歳で亡くなられたのは、本当に惜しいです。
ショップで、記念に何かと思い、絵葉書を見ていると、先ほどの孫を見つけました。
急にお見舞いに行くことになったT浜さんと別れ、いっちゃんのお線香を求めに行き、憧れの「金木犀」の香りを買いました。北海道に人間に、「金木犀」は謎の香りです。
バスから降り立つと、遅い日暮れのニャンコ座の町は、桜色にかすんでいました。金木犀のお線香を焚きながら、日本の童画第7巻を引っ張り出して見たことは、言うまでもありません。
今夜の歌会は、会場B.B☆Hallです。上手くいくと良いなです。
アースノ―マットのCM2013版、「証城寺の狸囃子」→ここ 今年も始まりました。祐様かわいい。
[PR]
by nyankai | 2013-05-23 09:08 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)
美容室行くので、こんなに早く更新します。ライヴは、形から気合を入れる。カット・カラーそして、この頃慢性肩凝りなので、至福のヘッドスパも受けてきます。
ライヴの動員が伸び悩んで、愚痴っていたら、昨日一昨日になってグンとのびました。B.B.Hallのキャパは、40名くらいなので、ほぼ満席なりました。つまり残席わずかです。ありがとうございます。とは言え、これは、同じ体験をした人じゃないとわからないと思いますが、1週間前にガラガラは、きついのです。
d0017084_7283192.jpg今年のライヴの、私のテーマカラーは「紫」なんです。これを書くにあたり、紫は、バイオレットなのかパープルなのか迷いました。違いを調べると、パープルは赤と青の混色。バイオレットは、春に咲くパープルの園芸植物、つまりスミレ色。そんなことで、キャシャリン・マジョンソワ―ズ・ド・ニャンカイ姫は、赤紫よりも青紫の方、バイオレットを採用。バイオレットと言えば、セクシャルでしょう。
d0017084_7291350.jpg「涙をこえて」では、「みちくさ5」の教則DVDを忠実に真似て、カラフルなポロシャツにしました。私の担当は紫です。最初は意図していなかったのですが、「メモリー」は、数ある(^_^;)ロングドレスの中から、フード付きの紫のにしました。
京都でエステシャンをしている友達に、メイクをしてもらった折、「アイシャドウは紫が似合うよ。」と言ってもらったのを思い出して、明るい色の紫のシャドウとマニキュアを買ってみました。シャドウなのに明るい?明るくしないと、目に隈状態になり、具合悪く見えちゃうんです。
紫のイメージを調べますと「高尚、永遠、神秘、 神聖、崇高、権力、威厳、エキゾチック、優雅、魅力、あでやかさ、女性的、上品、大人っぽい、嫉妬、 豪華さ、高級、うぬぼれ、孤独、 ...」だそうで、すべて私にぴったり、な感じがします。
などとうぬぼれていないで、美容室、行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2013-05-22 07:28 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai