ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

6時に起きたら、まだ真っ暗のはずでしたが、なぜか明るいと思ったら、月明かりでした。
早々に出かけますので、1日とちょっと、ニャンコ座休館です。尚、ニャンコはおります。
d0017084_7211100.jpg☆午前中、小学生の娘さんがいる担当美容師さんに無理を言って出勤してもらい、カット、カラー&ヘッドスパをしてもらいます。
☆午後、若いイケメンミュージカル俳優と、ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」を観ます。実は、ネットで予告編を見るたびに泣いている私なので、今日もハンカチが何枚必要か。特に「夢破れて」は号泣警報発令。それ以上に、帝劇で舞台を観ると、終演後目が腫れていて、人様に見せられる顔じゃなくなるのです。イケメン君に顔を見せられないかも。とても心配。
☆その後、ミュージカル談義をしながら、年越し蕎麦でも食べます。
☆ホテルライフォートにチェックインします。もちろん、一人でよ。
☆ホテルで一服したら、ジルベスターコンサートに行きます。キタラワインを飲む予定。
☆カウントダウンは、キタラで2,000人と一緒にします。
☆中島公園で、遭難しないように気をつけて、ホテルに帰ります。
ど~だっ、おひとり様だから、優雅だろ~、参ったか・・・いつか又お二人様以上になりたいけどさ。
札幌方面の天気が良くないそうなので、美容師さんに迷惑かけてもいけないから、1本早いバスにします。
皆様、良い新年をお迎えください。来年帰宅します。布で作った鏡餅を、一足早く置いていきますね。
[PR]
by nyankai | 2012-12-31 07:02 | 暮らし | Trackback | Comments(2)
強風の朝です。今の所、強風・着雪注意報が出ています。今日は何の予定も無く、こんな天候ですから、私にとっては無くても良い1日です。邪魔。
できるだけ年越しであると言う意識を持たず、明日は映画「レ・ミゼ」とジルベスターコンサートで乗り切ろうと思っている私に、大掃除なんて関係ないのですが、ほら、月に1度くらいはやらないと困る古新聞の始末をしたら、よけてあった11月30日の新聞を発見しました。大見出しは「歴史を見極め 未来の指針に」。
11月25日にあった、道新フォーラムの記事でした。保坂正康さん(ナショナリズムの教訓)、姜尚中さん(もっと多事総論を)、香山リカさん(「心のケア」の歴史と未来)の講演があるので、行きたいなぁとの思いが頭をかすめたのでしたが。それが特集されていたので、いつか書きたくて、のけておいたのをそのまま忘れていたってわけでした。お粗末!
d0017084_9195259.jpg改めて読んでみました。おもしろいねぇ。日本には、まだこんなにまっとうなことを言ってくれる人たちがいることに、かなり安心しました。姜さんは特に、あの口調にはうっとりしてしまうので、近い将来息子の公演のアフタートークに、呼んでもらいたいと、頼んであります。
独裁じゃなくても、専制は起こるんですって。だってさ、自分の考え以外はおかしいとか鼻の穴ふくらましたり、瞬きしてごまかす政治家や政党がいるものね。心の問題を、管理社会でねじ伏せようとする動きがあるもんね。ばっかじゃないの?メディアの力も大きくて、私たちはつい考えることを放棄して、同じ方向を向いて安心したくなります。怖い怖い。
無くても良い30日にもなって、私ったらなぜこんなブログ書いているのでしょう。息子が守ろうとしていることは、私にとっても大切なことだからでしょう。
昨日、ネガティヴスパイラルなんて書きましたが、トピ見たら「1人になって、嫌な季節。クリスマスもやり過ごし、最大の敵お正月がきますね。同じ思いの方、耐えましょうね(^^)人(^^)」と書いてあったわ。それは痛いほどわかる。3ニャン共々、今年のご愛顧のお礼を申し上げます。さて、お正月飾りを出しますか。クリスマスに比べたら、えらく素っ気ないですが。
[PR]
by nyankai | 2012-12-30 09:19 | 社会 | Trackback | Comments(2)
おひとり様の年越しは、何の制約も無く、暇です。どうだぁ~、うらやましいかぁ~と、自由の代償は孤独なんだと叫びながら、強がってみる。節電の思わぬ産物。家にいて嫌なイベントを感じないためには、新聞のラテ蘭含めてテレビを見なければ良い、と気づきました。
未亡人コミュに、割と最近「雑談のトピ」が立って、そこは、たとえば子育てや経済的なことでいっぱいいっぱいの人ではなく、年齢ならば私と割と近い、とりあえず日々の生活の糧が確保されているようなと思われる人たちが、書きこみをしています。折しも、クリスマス・・・こういう時が1番辛くて寂しい。初めは、そうだそうだと思っていたのですが、だんだん何とも言えぬ居心地悪さを感じるようになりました。何だ、これは?
d0017084_9274266.jpgみんな、自分が最高かわいそうだ自慢をしているように感じ始めたのです。わかるのですよ。対外的には元気に明るくしてるけど、本当は寂しいんだとわかってもらいたいもの。そこに書きこむ人たちは、まぎれも無く私自身の姿ですが、このままでは、ネガティヴスパイラルに巻き込まれると思いました。でも待てよ、そんな立派なことを思えると言うことは、私がやっぱり変ったってことかな。いや、もしかして、書きこみが反面教師になったのかな。
驚いたのは、お正月に子供さんやお孫さんがそろう方が、みんながそろうと夫がいないことが身に沁みてかえって寂しいと書いていたこと。え~っ、そうなの?本音私だって、本当は息子とYちゃんに来てほしいけど、それは願わない、正直ぜいたくだと思いました。私は勝手に遊ぶよ。対して、子供さんがいらっしゃらない人が、カチンときたのでしょう、一触即発。せっかく弱音を吐いて良い場所が、お互いを非難しあう場になるなんて悲しい。(おそらく管理人さんによる)削除作業もありました。
ところで、友達が、私がイキイキしていると、メールに書いてくれました。嬉しいです。
一昨日、プールの帰り、晩ご飯の算段が面倒くさいので、クリスマスパーティーをしたリキーズハウスによって、済ませました。その時マスターが「今度は、○○←(私の苗字)さんだね、やってみない?」と言ってくれたのです。何のことかって、ライヴですよ。あながち社交辞令100%でもないでしょう。すぐにその気になる、チョロイ私。本気で考えてみたいなと思います。劣化する記憶力と声のことを考えても、60歳までには実現できたら良いな。できてもできなくても、目指す日々は、イキイキできるでしょう。
イキイキしてなきゃ、生きていけない私です。
   雪原に私とキツネとカラス道   一応俳句・・・なんちゃって044.gif
[PR]
by nyankai | 2012-12-29 09:26 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
昨日は、筋トレ・プール納めをしてきました。プールでは、コーチのTシャツに「琴似」と書いてあるスイミングクラブの子供たち15~6人が、合宿なのか、2コースを借りきって、ガンガン泳いでいました。ターンの時に、一瞬お尻が水面からポコッと見えるのが、かわいくって。
安倍殿へ、一筆啓上:借金増やすな、若者に未来を、息子に金(きんじゃないよ、かね)を。
悪夢の様な投票日から、10日以上が経ちました。私も「政権交代何するものぞ!」と、歌い飛ばしてしまいたいのですが。新政権に対する期待感から、株価が上がっています。そう言えば私、投資信託とかいうもの少し持ってたっけ。悲しい位下がってたな。ならば配当金、上げていただこう。期待感のその先の反動が、恐ろしいわ。
原発のことも、憲法のことも、表現規制のことも、復興のことも、平和のことも、子どものことも、教育のことも、女性のことも、TPPのことも、私たちがこれから辿る高齢者への道も、何もかもが、この政権ではとても心配。もっともこれで、思う存分批判しやすくなったのではありますが。民主党政権時に3:11があったのは誰でも知っているでしょうが、阪神淡路大震災があったのは、村山さんが総理の時だったんですよ。覚えていますか?新政権さん、お手並み拝見しますよ。
d0017084_9395771.jpg今年の出来事で、とてもショックだったのは、ブロガー仲間のなべさんが突然亡くなったことです。なべさんならば、この政権交代をどんな風に切ったのだろうか。クリックしてもなべさんのブログはもう存在しないのに、どうしてもリンクをはずせません。
昨日のブログに、「そけいヘルニア」を「それいけヘルニア」と読み間違えたと言うコメントが来ました。今年の読み間違え大賞決定です038.gif
私へ、 一筆啓上:それいけヘルニアと、笑い飛ばして年を越そう。
この間、まじょ子さんからもらった、手作りフェルト猫指人形は、朝になると「そして誰もいなくなった」状態になっています。真夜中のニャンコ座のリビングで、いったいどういったジェリクルキャッツ運動会が繰り広げられているかは、知る由も無いけれど。
[PR]
by nyankai | 2012-12-28 09:39 | 社会 | Trackback | Comments(0)
もっとすごく寒い地域があるから、私が寒いなんて書くのは申し訳ないのですが、寒いわぁ。節電お願いされてるんだけど、暖房はがまんできない。せっかく手に入れた、家じゅうが快適な生活を、今さら手放せない。
クリスマスが過ぎると、手のひらを返したように年末まっしぐら。テレビ番組も、この1年を振り返る風になります。そこで、わたくしニャンカイも、2012年の自分に起こったニュースを掘り起こしてみます。後5日で、劇的なことはおそらく起こらないでしょうから。
d0017084_9133768.jpg①息子が結婚 4月19日、息子が付き合っていたYちゃんと入籍しました。ダメ息子と結婚してくれたYちゃん、感謝しています。法的に結婚することに、大して意味を感じてなかった私なのに、苗字とYちゃんの名前を続けて声にした瞬間に、嬉しくて涙が出ました。
②落雷被害 10月15日未明、ニャンコ座の電話線に雷が侵入。スプリッター・モデム・パソコンがいかれました。ただ今、避雷対策中です。私は完璧に雷がトラウマになりました。
③そけいヘルニアの手術 6月27日、左そけいヘルニアの日帰り手術を受けました。傷は、まだあります。現在右も順調に悪化していて、来年も又受けるかもしれません。
考えてみましたが、三大ニュースしかありません。これはおそらく、良いことなのでしょう。でも番外編として。
古いクリスマス曲のCDをかけた瞬間に、クリスマスは楽しいものだったという感情が戻ってきたのに気づいたこと、これはまぎれもなく、華やぎの外側で嫉妬していたかわいそうな私から、解き放たれつつあることでした。ミクシイで未亡人コミュの書き込みを見ると、辛いクリスマスが云々・・・みんな同じなんだ。でも時薬が効く日がやってくるよと、小さな声で自信無げに言ってみようかなと思います。いっちゃんがいなくなってから、5回目のクリスマスでした。
いつの頃からか、出会いに感謝の気持ちを強く意識するようになりました。今年もまさにそれを実感できました。私の周りには、私を思ってくれている人がいると。
[PR]
by nyankai | 2012-12-27 09:13 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
d0017084_13243570.jpgニャンコ座リポート読者の皆さま、お昼を回ってしまいました。心配・・・してないよね。二日酔いだった、のではりませんが、祭りの後症候群というか。でも私は元気に、昨夜のリキーズハウスのクリスマスパーティー024.gifリポートを、お贈りします。
主催者手作りの、心のこもったお料理は、ビュッフェ形式でいただけます。定員は30人ほど。音楽が好きな仲間が集まった、楽しいパーティーでした。私は、姉?とマネージャー?とで行きました。
マスターの電子オルガン弾き語り「ホワイト・クリスマス」でスタートし、世界一下手くそなとご本人がおっしゃたヴァイオリン演奏、鵡川町の誇るカラオケ王者夫婦とか、いつものT夫妻&Hさんとベーシストによる(ユニット名募集)とか、苫小牧のピアノの先生とかの演奏がありました。
昨夜の気に入ったやりとり。●「ピックさがしてるの?」「ぴっくりした~」●「友よを歌います」「ホモよ?」●「少年時代」「中年時代!」
私は、リクエストされた「ローズ」弾き語りをしましたが、初めて触ったエレピを使ったので、相当間違えました。その割には、歌は気持ち良く歌えました。よくぞここまで、本番に強くなれたものだと感慨もひとしおです。
d0017084_1330046.jpgもう1曲は「The Christmas Song」、カラオケになるインストのCDを持ち込んで、覚えきれなかった英語の歌詞カード(カンペではない。堂々と)を見ながらですが、歌わせていただきました。だってね、クリスマスパーティーだというのに、クリスマスの楽しい曲が少ないんだ。カラオケ自慢さんは、18番の演歌をうなるし、例の中年バンドは、オリジナル曲や、思い入れたっぷりのどちらかと言うと暗い目の歌を歌うんだもの。ピアニストの「ノクターン(愛情物語)」は良かったですが、バランスとして、もっとクリスマスらしい選曲があっても良いなぁと、去年も思いました。
だから、帰り道、マネージャー(いつからそんなものついたんだ?)と、早くも来年の作戦を練りました。後364日の内に、コスチュームから選曲から、クリスマスパーティーを極めようと。来年の12月25日が待ち遠しくなります。
[PR]
by nyankai | 2012-12-26 12:11 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
d0017084_9235455.jpg「Norimasa Fujisawa Concert Tour 2012 Sing for You」に、行ってきました。クリスマス・イブの札幌が、ツァー締めくくりです。いやもう、良かった。
700席、ソールドアウトだそうで。ノリ君が登場した時、一瞬誰かと思った(^_^;)くらい、スレンダーになったことは「情熱大陸」で知っていたけれど、ヘアスタイルが変わり、おしゃれになっていました.
選曲は、新旧織り交ぜて。「Sing for You」からは、私が1番キュ~ンとする「ふたりきり」が入っていました。この曲は、今までの自分には無かった分野で、苦労したのだそうです。
それ以上に驚いたのは、耳が不調だったのは少し知ってはいたのですが、かなり大変なことだったようで、一時絶対音感がわからなくなっていたそうです。どれほど不安で、辛いことだったか。体調もおもわしくない時があり、直前には口内炎がマックスで痛かったそうです。
3枚目のアルバムを聴いた時に、正直に告白しましょう。私は、飽きた感じがしたのです。その後イタリア民謡のアルバムが出て、『ノリ君、何がしたいの?』と思いました。自分でも壁に突き当たったと感じていたそうです。「Sing for You」を聴いた時は、乗り越えたなぁと思ったのです。大人の歌手になりました。
お色直し(真っ白な上着、キラキラ王子さまでした016.gif)に引っ込んだのみで、休憩なしで2時間以上、ノリ君、ブラボーです。イタリア民謡を弾き語りするのは、ノリ君だけです。と自分で言っていました。「ソレント」と「フニクリ」。
d0017084_9244338.jpg1列目2列目センターは、サンタ帽子をかぶった、いつものおっかけたちでしょう。緑と赤のペンライトがとてもきれいでした。私の席の前は、立たないでくれて助かったです。スタンディングは、時と場合を考えましょう。後ろの人に迷惑がかかりますから。私時々「ノリク~ン!」とか、おバカになっていたかもしれない。プログラム上の最後は、「希望の歌」で、最高に盛り上がりました。やっぱ年末は「第九」っしょ。
ツァーの最期だったので、スペシャルカテコがありました。バンドやスタッフから、ケーキが用意されたのです。ノリ君、実家で年越しできるのかしら?しっかり疲れをとってくださいね。
終演後、ノリ君コミュのメンバーを探し当ててごあいさつしていたら、ノリ君が出て来て、「ホワイトクリスマス」を歌ってくれました。ノリサンタからのプレゼントでした。
今年は近くの教会の牧師さんが変ったせいかどうかは知らないけれど、キャンドル礼拝がありませんでした。でも、無くても大丈夫。今日は、パブのクリスマスパーティーだい。 
 PS 「はだしのゲン」の中沢啓治さん、死去ですか・・・
[PR]
by nyankai | 2012-12-25 09:23 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)
寒い、寒すぎる。昨日夕方買い物に行った時でさえ-8度だったから、今朝の最低気温は、二桁越えしてるでしょう。暖房は節電無理。体壊す。
息子の演劇友達が結婚ラッシュ(と言っても2組)みたいです。息子も、結婚はともかく、結婚式はするべきだと思ったと、書いていまし(^_^;)。私も、息子の結婚式したいわぁ。
その息子も絶賛していた、大河ドラマ「平清盛」が終わってしまいました。最後まで視聴率が苦戦だったようですが、私は楽しませてもらいました。終盤に入って、主人公清盛が、全然かっこ良くないの。共感なんてできないし、一族が滅びていくんですよ。主人公がこんなにかっこ悪い大河、何とでも言い繕えそうなものなのに(信長だって秀吉だって、正当化しているでしょう)それをやらなかった大河って、なかなかだと思いました。
主役の清盛ばかりじゃなく、みんな、弱さやだめさを前面に出してるつくりだったかもしれない。
d0017084_8542361.jpg私は、西行がずっと気になっていました。高校の古文の先生が「三夕の歌」が好きで、幾度も聞かされたからかな。西行のは「心なき身にもあはれは知られけり しぎたつ澤の秋の夕ぐれ」です。
西行が霊媒者だとは知らなんだ。うまくやりおった。そもそも西行のイメージは、枯れたお坊さん、卓越した歌人だったのだけれど、妻と娘を捨てて出家したんだものねぇ。先週、堀川の局と再会して「この、生臭坊主」と言われる場面は、ゾクッとしました。平家滅亡後に、西行が頼朝と会って話をしたのは、本当のようです。辞世の句ではないのですが、「願わくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月の頃」と詠んで、そのように没したと言います。私も憧れるなぁ。
弁慶の立ち往生まで描かれるとは、これも意外でした。ちなみに私は、めちゃめちゃ判官びいきです。牛若丸が好きなの。
清盛が目指した武士の世は、室町幕府の時代になって、明との交易で完成と言うとらえ方は新鮮でした・・・あらあら、プチ歴女のプチ暴走。吉松隆さんがブログで「エンディングで海の底の都に一族皆そろって笑っていたのには涙が出た」と書いていました。同感。「タルカス」は大変良い曲に仕上がりました。キースもお喜びでしょう。吉松さん、ありがとう。
ともかく、お疲れ 清盛&西行。
今日はこれから、「ノリ君コンサート」(49回目)060.gifだよ。最高のクリスマスプレゼントだわ。
[PR]
by nyankai | 2012-12-24 08:52 | 映画・テレビ番組 | Trackback | Comments(0)
昨日、思いがけず、3人からクリスマスプレゼントが届きました。
d0017084_9424822.jpg1つはまじょ子さんから、彼女が活動しているバザー関係で手に入れたものとのことですが、手作りのフェルトの猫の指人形と、猫のタオルと、荷物の梱包に使われていた中日新聞の切り抜き。
2つ目は、祐友からで、この間行われた祐様ファンイベントに参加した時に手に入れた、祐様クリアファイルです。私は、もちろん行きたくはありましたが、何しろホラ、コンサートなど50回の人ですから、今年はもうこれ以上散在できないので、泣く泣くがまんしたのです。
3つ目は、50歳を過ぎてからプロ歌手の道を歩んでいる、佐藤みずえさんから、ニシン漬けと、大根の粕漬けが届いたのです。彼女、ホテルでのディナーショーが終わってすぐ、漬けものづくりに取り掛かったことは知っていましたが。
プレゼントをもらったら、ただシンプルに嬉しい。でも、偶然同じ日に着いたというだけで、何の関係も無い3人からのプレゼントに、何だかとても元気づけられたのです。
というのは、まじょ子さんが入れてくれた切り抜きは「ニッポンの女子力」「高齢者こそネットで絆」「コンピューターおばあちゃん」(このタイトルのみんなの歌がありましたね、教員時代に、さんざん歌わせましたが)でした。
3人からのプレゼントに、女子力を感じたのです。みずえさんは、シャンソン歌手ですよ。その彼女が、漬けものですよ。すごいじゃないですか。祐様のクリアファイルはどうだっての?そりゃもう、コンサートや舞台に行くと、ほとんどが女じゃないですか。それもおばさん以上。
日本は危機的状況です。若者に頼るのはかわいそうです。お金を回すのは、もうおばさんしかいないでしょう。おばさんは自立して、ネットワークを築く力を持っている。おば(あ)さん女子力の時代が来るかもしれない、そんな気がするのです。
[PR]
by nyankai | 2012-12-23 09:42 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
今年も残す所、10日を切りました。筆ペンで、先方の顔を思い浮かべながら、年賀状のあて名書きをしています。今年も、版画をしました。念願かなって行くことができた、「青い池」です。行ったのは秋ですが、冬はこんなかなぁと想像しながら掘りました(真実は、結氷して雪が積もって、青くないらしい)。限定50枚手刷りして、残りはうまくいったのをスキャンしてプリントしました。さすがにアナログ人間の私も、文面はパソコンで作りましたが。早く見せたいのですが、元旦までがまん。
d0017084_10132523.jpgいただいた喪中の方の分を除く、引越しの挨拶状が来ていないかをチェック、後は今年いただいた年賀状を見ながら、あて名を書いて行く。版画をした分、いつもそれで完結してしまって、添え書きまでエネルギーが残りません。
子供の頃、クリスマスを前に、ツリーが飾られた部屋、みかんが置いてあるちゃぶ台の上で、父が版画年賀状を作っていました。戦争が無かったら絵の勉強をしたかったと言っていた父の版画は、それはそれは魔法のようでした。雑学を語る父の横で、できあがっていく版画を見ているのは、幸せなことでした。いつか父と同じように、版画で年賀状を作るのが当然であると思うようになりました。父は、墨であて名を書きました。私の師走の風物詩、原風景ってやつですか。
d0017084_10135762.jpg誰もが貧しかった頃、特別贅沢をした訳でもない、クリスマスイブは年に1度だけ食べられる、混ぜ物いっぱいのねっとりしたジャムが挟まったバタークリームのケーキを囲みました。クリスマスが終わると、母は年越しの準備に大わらわになります。学校が冬休みになり、子供たちは心躍る季節です。
時薬のおかげで、嫉妬にさいなまれていた去年までのクリスマスとは違う気分になれています。どうか、この気持ちのままいられますように。
バブのクリスマスパーティーのために借りた、サンタのワンピースと、今いったん心ならずも作業を凍結している、とても楽しいことに使う材料(キャスキッドソンのバイアステープだよ)の写真。
[PR]
by nyankai | 2012-12-22 10:11 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai