<   2010年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧

五行歌との出会い (11/30)

新聞によると、「俳句ブーム」だそうです。中高年が中心だった愛好者が子どもにまですそ野を広げ、ネットで楽しむ人が増えているそうです。
ドキュメンタリーじゃない限り、事実が根底にあったとしても、創作物はあくまでフィクションです。私のブログって、ウソは書きませんが、誇張・脚色はあるし、もちろん隠し事はたくさんあります。そんな時に便利なのが、短詩です。短歌・俳句・詩などは、本音を妄想に載せて、フィクションだと言い切ることができますから。ただし、俳句は十七文字、書き魔の私には、どうしても足りない気がします。五七五の後に「それがど~した それでど~した」と付けたくなったりして。
この間図書館で、「五行歌」に出会いました。文字数は自由で、とにかく五行であれば良いのです。山本拓士さんの「心拍音」です。「五行歌の会」ってのも、あるようです。さっそく、作ってみました。
   d0017084_983816.jpgアクセサリー売り場の
   ハートのピアス
   自分で買うのは簡単だけれど
   誰かにプレゼントされたい
   だから買わない
関係ありませんが、漢文で「五言絶句」とか「五言律詩」とか習いましたね。なつかしいわ。四行と八行でしたっけ。
   於装飾品店
   愛形耳飾在
   己買容易是
   我欲褒美某
   故我不購入
めちゃくちゃだわ、これでは、国際問題になりかねません008.gif
[PR]

by nyankai | 2010-11-30 09:08 | おはなし | Trackback | Comments(2)

赤目が不快だった訳を考えてみた (11/29)

d0017084_9204366.jpg起きてみたら、うっすら雪化粧でした。もうすぐ溶けそうですが。
龍馬、死んでしまいました(T_T)
ちょっと前のことですが、映画が好きな友達が、時々ビデオやDVDをどっさり貸してくれるのですが、その中に「赤目四十八瀧心中未遂」がありました。タイトルも、当時かなりの評判になったことも知ってはいました。一気に見て、私はすごく不機嫌になりました。面白くなかったというのではなく、不機嫌・不愉快になったのです。
暗いとか重いとかが嫌なのではありません。登場するキャラクターに全く共感できる部分が無い・・・う~ん、それとも違う。何言ってんだかわからない。私は確かにこの歳になっても苦労知らずで、自分が大好きで、甘っちょろい人間です。「自分の居場所がない」と感じる時は、たぶん誰にでもあります。努力は必ずむくわれるなどありえない、その通りです。
d0017084_9225489.jpgでも、何があったか知らないけれど、みずからすべてをあきらめてしまったかのような主人公に、私はイライラして不愉快になりました。
龍馬に戻りますが。久々に大河ドラマの最終回に、ウルウルしてしまいました。龍馬、死なないで・・・じゃなくて、この時代、色んな立場・意見の人たちが、一生懸命生きていた。「居場所がない」とか、「何をしたいのかわからない」とか、それを言い訳にしないで。
本当は私だって、なぜ生きているかわからないのです。昨日練習した歌の歌詞も、自問自答です。私はなぜ生きている?答えがほしい。55歳にもなって、そんな青臭いことを言うおばさんは、変ですか?
でも、生きているんだから、何かしていたいです。「龍馬」を見て、「赤目」が不快だった訳が、はっきりしました。
写真は2003年11月、京都「坂本龍馬と中岡慎太郎」の像。似てないって(私もとうとう福山龍馬のイメージにとりつかれちゃったかな)011.gif。撮影者はもちろん夫です。
[PR]

by nyankai | 2010-11-29 09:20 | 映画・テレビ番組 | Trackback | Comments(4)

第3回わいわいナイト (11/28)

元気なふりしていましたが、ここの所少し体調不良でした。枕を変えて首は痛くは無いのですが、肩こりが定着してしまったようで(こる様なことを好んでやってるんですけどね)、時々頭痛がします。一昨日夕方は、胃がもたれて1時間くらいやんであせりました。私の胃には、奇跡のように効く相性ばっちりの薬(胃酸ブロッカー)があるんです。東京にも行くから、出してもらっておこうかな。今日は、練習の前に、誰にも教えたくない例のマッサージの予約をとってあります。特にストレスになる様な悩み事は思い当たらないから、疲れが蓄積してるんでしょうかね。やっぱり更年期ですかね、と片付けるのが気楽ですが。
d0017084_8354029.jpgそんな話ではなくて、昨夜は、お気に入りの「わいわいかふぇ」第3回わいわいナイト「山田ヒデノリ パントマイムライヴ2」がありました。開演前にお店の新メニュー「黒豚カレー」も予約しておいたので、おいしく頂きました。なかなかの辛さで(^_^;)
「山田ヒデノリ」さんは、去年に引き続きのライヴ→ここ です。お客様は満員、適度にお子ちゃまもいたし、知った顔もいました。
パントマイムは全然わからないのですが、わからなくてもわかるってところがすばらしいです。今回は「壁」と「エスカレーター」の講座もありました。これからの忘年会シーズンの隠し芸には、良いんじゃないでしょうか。
ここは田舎ですが、こういうことを企画してくれる人がいて、その仲間がいること、とっても大切だと思います。富川合唱団がライヴをしたホールもそうですが、行政などをあてにするのではなく、自由に自分たちがやりたいことをやるパワーって、良いなぁと思います。
そんなことで、息子の公演もよろしく→ここ
[PR]

by nyankai | 2010-11-28 08:34 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)

ミクシイっておせっかいだと思うことがある (11/27)

昨日、メールで通販のセールカタログが送られてきたのでちょっと見て、消そうとしたら閉じなくなりました。今のパソコンになって、初めてのトラブルです。メールだけがフリーズしたのです。あわててパソコンに詳しい知人に電話をしたらお留守で、その奥様が「強制終了させたら?」と言ってくれました。それで解決はしましたが、こんなことであわててしまう、つまりパソコンに依存していることに、自己嫌悪してしまいました。
d0017084_9265073.jpgミクシイにはお世話になっています。ミクシイのおかげで、かけがえのない出会いもありました。でも、ミクシイっておせっかいだなぁと思うことがあります。あくまで私の個人的感覚ですよ。
「友人向け写真が未設定です」―そりゃどうも。でも毎回目立つ所に書いてくれなくても。
「あなたの友人かも」―一応感謝しますが、わざわざ教えていただかなくても。そんなこと元々わかってますよ~か、もしくは単に共通の知人がいるってだけで全く思い当たらないんですけどね~です。友達は、人数が多けりゃ良いってものではないでしょう。今のマイミクさんとのやりとりをきちんと中味あるものにしたいのです。(あらっ、無くなった?)
「最新のチェック」―どういう意味なのか、今一わかりません。
「カレンダー」―お誕生日など、助かるものもありまあすが、人様の個人的なスケジュールの大半は、申し訳ありませんが私は見ていないのですが。
「メールによる更新などのお知らせ」―メッセージのお知らせはありがたいとして、更新のお知らせは、あの選考基準はどんな風になっているのでしょうか、謎です。
「最新日記」と「最新のフォト」はもちろん違うけれど、「マイミクシィ更新情報」ってのは?「レビュー」と「動画」などみたいですが、どう違うんですか。
対処法があるのでしょうが、私の場合、ほしい情報と特に無くても良い情報があるので、それらを個々に設定する方法を調べるのも面倒なのです。ハハハッ、私って書き魔のくせに、ネットに助けられているくせに、たくさんの機能を持ち腐れしていて、面倒くさがっているのですね。
[PR]

by nyankai | 2010-11-27 09:21 | テレビ パソコン&携帯 | Trackback | Comments(6)

わたしとまくら(11/26)

一昨日の498の「枕」の話ではありません。常用漢字のことです。追加された漢字の中に「枕」があったのです。ってことは、「枕」は今まで、常用漢字ではなかったということです。し、知りませんでした。昨日のなんちゃって短歌の「憂鬱」の「鬱」もそうです。
ついでに、自分の無知を自慢してど~するなんですが、「私」という漢字、もちろん常用漢字でしたが、その読み方は「わたくし」であって「わたし」ではなかったんだそうです。それを今回晴れて「わたし」とよんでも良いことになったのだそうです。どうりで、苫民のコラムを書かせていただいた時に、校正で「私」→「わたし」と直された訳です。55年間知らなかったのです。こりゃもう、笑うしかない。「自嘲」の「嘲」。
d0017084_9285281.jpg私の住所に関係ある「沙」の他、「畏」「唄」「瓦」「柿」「釜」「熊」「虎」「咽と喉」「尻」「爪」「丼」「麺」「虹」いっちゃんの命を奪った病気を発見した「腎臓」の「腎」・・・常用漢字ではなかったことが信じられないものが、ずら~っと並びます。地名や名前に使われている漢字が復帰したことは、良いことでしょうね。キーボードでd0017084_12485637.jpg文書を作ることが多くなり、難しい漢字も変換できるようになったからが大きな理由であり、必ず書ける必要は無いと言うことで、少し安心です。
一昨日のブログは、新聞投稿なら「わたしはまくらを買いました。」でなければならなかったのですが、今は「私は枕を買いました。」でOKです。
     香水の匂い憧る恋に溺れ 嫉妬暗闇閉塞痩せる028.gif
Oh!この中に追加された漢字は、いくつあると思いますか?ドヨドヨ系妄想なんちゃって短歌にぴったりということは、不気味な漢字が増えた?
猫の考えていることは「謎」だ。猫の「瞳」は「妖艶」だ。
[PR]

by nyankai | 2010-11-26 09:27 | 社会 | Trackback(1) | Comments(0)

ブルーノートのクリスマスソング (11/25)

嘉門達夫だったかなぁ。クリスマスソングには、マイナーの曲がほとんど無いって言ってたのは。
そうかもしれません。かの「ブルー・クリスマス」も、「きっと君は来ない~ さいでんな~ほうでんな~」も長調です。思い当たるのは、大好きな「スノーマン」の「Walking in the Air」くらいでしょうか。
     クリスマスソングなのにブルーノート 私の憂鬱見透かすように032.gif
さて、CD収録曲の中に、クリスマスソングがあるのですが、ブギウギのリズムで、ブルーノートが入っています。詳細を知りたい方は、ぜひ買ってください→ここ。歌詞を見る限りでは、嬉しい楽しいクリスマスの到来を待ちわびている曲だし、素直に歌えば良いと思います。でも・・・
私、情けないことですが、クリスマス(クリスマスだけじゃなくて、GWとか盆暮れ正月も)だめなんです。若者たちを、あったかく見守る大人の良い女(なぜかイメージは桃井かおり)として歌おうとしても、すぐに斜に構えてしまうのです。大切な人と会える、家族が集まる、時には戦争さえも終わらせるクリスマス(北朝鮮も韓国も、どうか間違った方向に舵を切らないで下さい。正しい戦争など、ありません。)に、私は一人ぼっちだと思うと、寂しくて辛くてさ。この曲も、後半は昔は良かった風な過去形の歌詞になっていくしさ。
d0017084_9264610.jpg去年も一昨年も、イブは地元の教会のクリスマス・キャンドル礼拝に行きました。家に一人でいるのが耐えられない気がして。クリスチャンでもないのですが、一人でふらりと入っていっても、「お帰りなさい」みたいに迎えてくれて、α波が出るのか、頭がホワ~ッとしてくる不思議な空間です。(手作りスィーツや飲み物も豊富です。)
クリスマスソングは、最後に収録される予定です。劇団の代表の言葉だそうですが、「影のない舞台は本物ではない。明るい側面だけではなく、つらいこと、困難な事が人や舞台を成長させる。」その時までに、私も心から一緒に楽しく歌いたいという気持ちになりたいのですが、いつかはなれるかも、でも良いのかな。
ツリーを飾りました。苦手(-_-;)なくせに、飾り付けは大好きな厄介なやつです。今年もまあまあだと思いますので、みんな遊びに来てください。
午後になり、サラ・ブライトマンのクリスマスアルバムを聴きながら、残りの飾り付けをしていたら、とってもロマンティックな気分にはまっていきます。誰か、助けて。
 PS 息子からです。「非実在少女のるてちゃん」12月12日17時半の公演後のアフタートークに、日本ユニセフ広報室長の森田明彦氏の来場が決まりました。いわゆる規制派寄りの方がゲストで来て、反対派の脚本演出私と激論を広げます。これは見物ですぞ。チケットは→ここ
[PR]

by nyankai | 2010-11-25 09:26 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)

枕をあなどってはならぬ (11/24)

ここ1カ月くらい、起きがけに首の付け根が痛くてたまらない朝が良くありました。寝違えたのとは明らかに違うし、何かのきっかけがあって痛くなった覚えもないし、困っていました。ふと、枕が合っていないのでは?と思ったのです。
そうは言っても、相当前から同じ枕を使っていました。そこそこのお値段の、低反発枕です。枕が、高くて硬いと感じたのです。変ですねぇ。枕が劣化したか、私が劣化(老化)したかのどちらか、又は私の寝像が悪化したかでしょう。
そこで、ホームセンターの寝具売り場へ行き、サービスカウンターで、「枕に1番詳しい人をお願いします。」なんて、偉そうに言ってみました。その店員さんは、困った顔をしていましたが。
d0017084_91652.jpg候補の枕は、2種類に絞られました。低反発でも、首が当たる部分がさらに柔らかそうな素材でできているもの―問題は1,980円(それでも買う勇気が無い小市民な私ですが、何か?)、お試しするには勇気がいる。もう一つは、小ぶりのビーズ枕で、中心部が赤ちゃんの枕みたいに窪んでいて、丸洗いできる―498円という、試してみてダメだったら仕方ないや、というお値段。
もちろん私は、後者を購入。今までのピローケース(何かっこつけてんだか、要するに枕カバー)は大きすぎるので、手持ちの生地で、あっという間に2枚縫ったよ。だから肩凝るんだってば。
この枕で寝ること、5日目になりますが、起きがけに首が痛いという症状はとれました。これがただの偶然ではないことを、願っています。498円で首が治るなら、最高じゃありませんか、と言うか、私って安上がり。枕をおろそかにしてはいけませんね。
でも、1番欲しいのは~、あなたの~「うでまくら~」(「オペラ座の怪人」の「Angel of Music」のメロディーでどうぞ)なんだけど。
     腕枕君が元気でいた時は ありがた迷惑だったのにね012.gif
[PR]

by nyankai | 2010-11-24 09:15 | 美 健康 体力 | Trackback(3) | Comments(11)

すぐそこにあった予想できない世界 (11/23)

d0017084_9135061.jpg今日は勤労感謝の日。子どもの頃は、誕生日の翌日で、祭日で、公務員の給料が出たばっかりで、1日遅れではありますが、プレゼントを買いに町に出るのが恒例で、すごく嬉しい日でした。私の誕生祝いの数々です。「ダヤンのカレンダー」や「祐様」「ドクター・デヴィアス」「マッサージ」からのカードや「auのリスモのファイル」とか・・・「ケーキ」と「あきた小町」(なぜに?)もいただいたし、後、たくさんの想定内・外のメール・メッセージ・コメント・電話、本当にありがとうございました。
d0017084_9152239.jpgレコーディングも後半戦ですが、どうしても書いておきたいことができました。ただし、個人情報や著作権に関わることなので、具体的には書けないまどろっこしさと、そして読んでくださる方へのお詫びとを、先に告知しておきます。
収録される曲は、→ここ を見てください。私は全曲に参加することは、色々な意味で不可能と思ったので、自分なりの優先順位を付けて絞って参加しようと思っています。自分なりの判断ですから、人それぞれだともちろんわかっていたつもりでした。
ところが、前回の練習で、大きな衝撃があったのです。ある方の、ある曲への思い入れがすごくて、感動を通りこして、うろたえてしまったのです。正直、私の中の優先順位では、1番ではなかった曲なのです。それが頭の中をグルグルしてしまって、家に帰ってから、山の魔女見習いについ弱音を吐いてしまいました。そうしたらすぐに、こんな返事をくれました。抜粋ですが。
ある種の衝撃(?)、何となく分かる感じがします。自分の目の前に広がっている世界に見とれているときに、突然横から風が吹いてきて、ふっとそちらを向いてみたら、自分が全く予想もしていなかった凄い世界がすぐそこにあった・・・みたいな感じかな。
全てを経験することも出来ないし、全部に関心を持つことも出来ないから、自分は自分の道を行くしかないのだけれど、同じ時に、同じ世界の中で、全く違う命が、それぞれの命を生きている・・・自分の生き方に一生懸命でありながらも、視野・心の広さと、素直に受け止められる感受性を持っていたいですね。本当に私たち、何ものからも学ぶことが出来るんですね。Thank you for sharing it with me ! ですよ。
生きるとは、出会いの積み重ねだともいえるでしょう。私たちが出会いによって動揺したりうろたえたりすることは、けっしてマイナスなことではなく、意味のある出会いだと言えるのではないか・・・

嬉しかったです。下手したら眠れない所でした。ありがとう、さすが山の魔女です。
[PR]

by nyankai | 2010-11-23 09:13 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

母へ 55歳の私より (11/22)

お母ちゃん、私の55歳の誕生日にあなたはもういません。
6年前にグループホームに入って不安がっているあなたに、「そこには安心して住んで良いのだよ。」と毎日書き送り始めた葉書きは、だんだん間隔が空き、508枚で終わりました。もうずい分と書いていなかったので、誕生日を機に509枚目を書いています。
d0017084_9334040.jpg55年前の今日未明、あなたは私を生んでくれました。神経質でおまけに股関節脱臼で、育てにくい赤ん坊だったでしょう。あなたはずっと、私の足のことを自分の落ち度みたいに言っていましたね。私は足のせいで不利益を被った覚えなど、全く無いのに。
42歳で未亡人になり、私と弟を必死に育ててくれましたね。あなたのおかげで、不安も不自由もなく、勝手に大人になったように思っていました。自己主張をしない大人しい性格だと思われがちなあなたですが、けっこう自分の意見を通しましたね。
だから60代後半で認知症の症状があらわれてから、私を守ってくれる人だと思っていたあなたが、手を差し伸べなければならない対象に逆転してしまったことを、私は全然受け入れられなかったのです。
まさかと思った夫の死を体験して、あなたがどんな気持ちで仕事をし、二人の子供を大学に入れて、その後の人生を一人で生きようとしたか、私は想像もできませんでした。母はあくまで母親であり、強いものだと思い込んでいました。
今55歳になって、あなたも又人知れず泣いたりもがいたりしたのであろうと、ようやく思えます。お母ちゃん、そちらからこの不出来な娘の55歳の誕生日を祝ってくれますか?
写真は、昭和31年12月、私が1歳、母は25歳です。
0:16に、1番のお祝い055.gifが着信しました。そして更新前に、何本かの055.gifや、ミクシイのコミュなどにもお祝い067.gifいただいています。ありがとう。
あまりに突然話題が変って申し訳ないのですが、昨夜寝がけにNHKニュースを見たら、「第1回耐久お姫様抱っこ香川オープン」優勝賞金 3万円 参加賞ありってのがはいって、9組が出場し、19歳のカップルが2時間半ほどで優勝したとのことでした。そうかぁ、私軽いですから、来年誰か腕に自慢の方066.gif、私とコンビ組んで、優勝狙いませんか035.gif
[PR]

by nyankai | 2010-11-22 09:32 | 心もよう | Trackback | Comments(13)

なかなかやるもんだね「四季」も (11/21)

息子がいつか、パロディーミュージカル「劇団四季」というのをやりたいそうです。みんなでボイトレして歌がうまくなったら。妙にかつ舌良いセリフ回しでやるんだろうな。祐様は長州祐一郎になるそうで(祐様は薩摩だけど)。私も歌わせてと、頼んでおきました。絶対クリスティーヌで。カルロッタもグリザベラも良いかな。
d0017084_87335.jpgその劇団四季ですが、なかなかやるもんだと見直しました。「JRシアターがクローズした後も『四季の会』会員として劇団四季の活動を支えてくださった皆様を『エビータ』、『赤毛のアン』2作品にご招待申しあげます。」(道内対象者は、4,000人強)とお知らせがあり、昨日予約奮闘の結果、2作品とも早い者勝ちのご招待を取りつけました。
私が会員を辞めなかったのは、年会費が安かったこと、「アルプ」という会報が充実していること、東京や大阪・京都にまで観劇に行ってしまうから、というのもありましたが、やめる手続きをしそびれていたというのが本音かな。やめていなくて良かったですぅ。でも、札幌に四季劇場ができたら、又せっせと通ってしまいそうです。息子は今、四季とは全く傾向が違うことをやっていますが、元々は「キャッツ」を見せたことが原点だと思っています。CDをかけて、楽譜をボロボロになるまで見て、しっぽを付けて、歌って踊っていた息子の姿がなつかしいです。おかげで、猫が大好きになりましたって・・・
それ以上に、息子の劇団「笑の内閣」の東京公演「非実在少女のるてちゃん」をよろしく。私は11日に(たぶん、昼夜2回)観ます。私に会いたい方もよろしく。「見た目18歳以下」「腐女子」「ユニセフ関係者」「PTA関係者」「規制推進都議」「警察関係者」のみなさんは、割引になるかも、しれないそうです。いや、そんなこと言っている場合じゃない。脚本を加筆しなければならないほど、事態は大変なことになっています。→ここ を読んでください。
私は今日も、レコーディングの練習です。どつぼにはまって(すみません、お品の無いことで)さ~タイヘン。それと、日高の合唱祭です。今年は参加はしませんが、応援しています。みんな楽しんでください。
[PR]

by nyankai | 2010-11-21 08:06 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(4)