<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ラベンダーの香りに包まれて (7/31)

尿管結石なのかどうか、とにかく私がへばっている間に、花や野菜や雑草ががどんどん育って、すごいことになっています。昨日の夕方、痛みはなかったので、少し外仕事をしました。
d0017084_1023874.jpg少しずつ生り始めている木いちご、とんでもなく大きくなってしまったキュウリ3本、食べごろのナスビが2本、おいしそうなサヤエンドウ、そして切っても切っても減らないラベンダーを収穫。雑草を抜いたら、又腰が少し痛くなり、あわてて止めましたが。ラベンダーはもうすっかり花になってしまい、スティックなど細工には不向きになってしまいました。
刈り取ってからの方が、香りは強くなります。初めはみずみずしい強い香り、それが乾くと共に枯れた香りに変わってきます。弱くなったら、モミモミすると又復活します。去年のスティックもまだまだ何ともありません。だから捨てられなくて困るほどです。
d0017084_1032839.jpg刈り込んだほうが、翌年のために良いそうなので、私もせっせと切っているのですが、この大量のラベンダーをどうしようかと困っています。かなり咲きすぎていますが、もし欲しい方がいらしたら、早めに鍵コメでご連絡ください。送りますよ。ブロガー友達のカルロスさんに送ったら、ちゃんと記事にしてくださいましたよ。ありがとうございます。
ラベンダーは、リラックス効果があるんだそうですね。今、ニャンコ座はラベンダーの香りに包まれているようなものです。
夫は元気です。今日心臓の専門医の話を聞いて、退院が決まると思います。私は明日もう1回検査です。造影剤を入れて診るそうですよ。どんなに治っても、ちゃんと来てくださいと言われています。
 PS 軽食・喫茶「森のふくろう」8月のお休みは、月曜日定休のみの予定ですが、ママの腰痛が思わしく無くて、臨休があるかもしれないので、ちょっと気をつけてください。
[PR]

by nyankai | 2007-07-31 09:59 | ハルとナツ | Trackback | Comments(8)

MOZART als Kind (7/30)

昨夜、夫の病院から無事帰ってみると、玄関に覚えの無い袋が置いてありました。それには、アルファベットがずらりと書いてありました。家に入ってから見ると、良く見るモーツァルトの横顔が、『あ~っ、Nさんだ。』
d0017084_9242174.jpg以前にブログにも書きました。地元富川合唱団のお母さん、私が気持ちのより所だった彼女は、「合唱はいつまでもやりたいのだけれど、とにかく夜出かけるのが億劫になってしまった。」と悲しそうにやめてしまった、あのNさんです。
私は本音では引き止めたかったのですが、母とほとんど歳も変わらないNさんを、これ以上苦しめちゃいけないと思い、せめて「やめてしまった人が気まずくて2度と顔さえ見せてくれないのは嫌だから、いつでも気が向いたら遊びに来てくださいよ。」とお願いしました。Nさんは、ドイツ・オーストリア旅行に行っていたのでした。
お土産は、モーツァルトのマウスパッドと(たぶん)リキュールに漬けたサクランボが入ったチョコレートでした。Nさんが、マウスパッド・・・ありがとう、とっても嬉しいです。チョコレートを1ケ食べてみました。あ、アマ~イ(^^ゞ後は、夫が退院してから食べます。
Nさんに電話をしてみると、すごく元気で、異常気象と言われているヨーロッパがひどく暑かった話などをしてくれました。元々、大のご飯党のNさんのこと、もうパンを見るのも嫌だそうです。ウィーンでは、着飾ってコンサートへも行ったそうです。
マウスパッドは、精密な絵がプリントされていてこんなにきれいです。「MOZART als Kind」って、モーツァルトの子ども時代とかいう意味でしょうかね。いつか訪れたいと憧れているウィーンの風が、ほんの少し吹いている、今日のPC周りです。
 PS CT検査を受けてきましたが、これほどの症状を引き起こすほどの石が見当たりませんでした。は~っ??? 又明後日、今度は造影剤を入れて検査ですって。ふ~っ・・・ 今の所、痛くはありませんが。
[PR]

by nyankai | 2007-07-30 09:23 | 旅 グルメ | Trackback(1) | Comments(3)

ゴン お前だったのか (7/29)

今日は、参議院選挙の投票日ですよ。ニャンコ座に来る前に、投票は済ませましたか?
昨日、これに二日酔いが加わってはどうしようもないので、ノンアルコールビールというのを3缶買ってきて飲んでみましたが、2缶で嫌になり、結局出た自覚も無く、変わりありません。座薬を持って、夫の所へ行こうかと思いますが、5分後に痛くなって「やめた!」と言っているかも知れません。
もう、石の話も飽きたので。
ニャンコ座のお隣は、元ここの地主さんですが、そのお家には、3ワンと確か6ニャンがいます。その3ワンの内のの1匹が、けっこう大きめの丸顔の「ゴン」といういうやつです。朝夕お散歩の時に会うと、すごくひとなつこく全身で喜びを表してくれる、かわいい子です。
d0017084_9351235.jpgところで、新美南吉の「ごんぎつね」というお話を、みなさんもご存知ですよね。兵十とキツネのごんのお話です。今も、小学校の国語の教材でしょうか。最後の、鉄砲から立ち上る煙に表される、兵十のどうしようもない後悔の念は、小学生の心にもしっかり伝わります。その時兵十がつぶやくのが「ごん、お前だったのか・・・」という言葉です。
ニャンコ座に、時々動物の○ン○が落ちています。お隣さんがいらして立ち話をした時にそれを見つけて、「この辺、キツネ(キタキツネ)が来るからねぇ。」と、2人で笑いました。でも数日前、私は見てしまった。お隣のゴンちゃんが、○ン○する現場を。もうおわかりですね。「ゴン、お前だったのか」
ここは、広いニャンコ座です。私は怒っているのではありませんよ、笑っています。そんなこと、どうだって良いんです。
 PS  結局痛くなって、往き返りのバスに乗る直前に座薬を使い、無事に(?)行ってきました。夫は元気です。今、楽しい開票速報を視ています。
[PR]

by nyankai | 2007-07-29 09:32 | おはなし | Trackback(1) | Comments(3)

ストーン伝説 (7/28)

行きがかり上、今日も石の話で、すいません。
弟夫婦が、苫小牧の王子病院へ連れて行ってくれました。別に、運転できないわけでは無かったのですが、やっぱり不安でしょ?弟が近くにいて、良かったです。持つべきものは、兄弟です。ヨイショ!
明け方、すごい雷雨で、ニャン達も興奮していました。目が覚めたら、思いの他楽だったので、治ったのかと思いましたが、それは甘かったです。泌尿器科で説明して、おしっこ採って、待合室に座ると、あちこちで「石」の話題が飛び交っています。ずい分ありふれた病気なんだと、あきれます。かなり待って、その間にレントゲンを撮りに行って、又背中のエコーも受けて、ようやくお医者さんの前に。
結果は、石があるようだけれど、まだ小さい。腎盂が腫れているので、痛みや血尿が出ると、昨日の診断と同じ。すぐに、何かをしてくれて、すっかり治って、晴れ晴れと帰れると、淡い期待をしていたのは、見事にはずれ!月曜日にCTの予約を入れましょう、だって。それまでに、もし石が出たら、成分を調べたいので、ぜひキャッチして持って来てくださいだと。
d0017084_1725769.jpg例の、衝撃波で石を破砕する設備はあるものの、完全予約制で、40~50分はかかるそうです。外来でできますが、2割負担で5~6万円とのことだから、自力で出るに越したこと無いですね。抗生物質と座薬を出してもらって、又明後日です。
帰ってから、腰痛で苦しんでいる「森のふくろう」(写真は、「ふくろう」のファンが描いた、水彩画です)のママに電話して、愚痴をこぼしあいました。明日は、座薬を持って、夫の所に行ってみようかな。どうしようかな。
自力で出た人は、みんな口をそろえて「ビール」だそうです。やっぱり、ビールなのか。どこかで、ビールパーティーやってない?
[PR]

by nyankai | 2007-07-28 17:24 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(3)

石 ありました (7/27)

昨夜は、ぐっすり眠れました。夫も何事も(副作用は)無いみたいです。私はこれから、母の住むグループホームの向かいにある、大き目の病院に行ってきます。今又腰が痛いですが、何とかたどり着きたいと思います。では、後ほど。

d0017084_19263142.jpgグループホームの所長さんは、少し前まで、その病院の医者でした。その病院にも泌尿器科の医師は常駐ではなく、石があったとしても砕く設備が無いのだけれど、痛みを薬でコントロールできるなら、母に会いがてら来てみたら、とのことで。
エコー検査の技師は女性で、気が楽でした。時々息を止めて、写真を撮っているのでしょう。「この検査、受けたことありますか?」「はい、去年の12月に、人間ドックで。その時は特に何も言われてませんが。」 「1番最近の○○○はいつでした?」はっ?いつでしたって、は~~~っ?まさか、まさか、ドキドキ・・・科が違うでしょ。「いつって、えと、えっと~~~」。もうりっぱな更年期の私は、即座に答えられませんでした(・_・;) そうさ、私は、子宮筋腫も持っています。
やっぱりがあって、その結果、右の腎盂が腫れているんだそうです。だから、腰が痛いんですね。
面白いのは、今日の医者も、昨日の地元の医者も、ご自信が経験者だということです。粟おこしみたいなのがコロッと出るんだそうですよ。女性は尿道が短いので、出る瞬間がわかりにくいのだそうです。でも、出ると劇的に治るからわかるって。症状がひどいわりに、怖い病気ではないのだそうで、でもその症状が辛いんだよ!
母の所に行くと、わざわざ所長さんが来てくれて、苫小牧に行った方が良いかもしれないと言ってくれました。そうそう、この辺りの水道水の成分のせいで、尿路結石が多いのかもしれないと、興味深いことも言っていましたよ。
夫は、今夜は豊平川の花火大会が病室から見えると、嬉しそうでした。私は、自分の辛さのせいで、夫の心配をしていないみたい。写真はニャンコ座の「メドウ」(様々な草花が渾然と咲く花壇)です。
 PS 明日、弟が、苫小牧に連れて行ってくれることになりました。
[PR]

by nyankai | 2007-07-27 09:43 | 美 健康 体力 | Trackback(1) | Comments(3)

マコといっしょだ~ (7/26)

夫は昨夜から、ようやくサリドマイドを飲み始めました。サリドマイドはそもそも睡眠薬なので、代表的な副作用が眠気だったはずなのですが、今朝の電話では、緊張していたのかあまり眠れなかったとのことです。
さて、どうして朝っぱらから電話かと言いますと、実は今日は医大病院へ行っているはずなのに、行けなかったのです。私が病気になってしまいました。
月曜日あたりから、何となく「膀胱炎?」の症状があり、過去に3回程体験していた私は、これは病院へ行かなければ治らないと判断して、火曜日に近くの病院へ行きました。女性には比較的ありがちな病気ですので、薬を出してもらって、安心していたのです。ところが・・・昨夜、腰と下っ腹が痛くて、2回も目が覚めてしまったのです。これは過去には経験がありません。
起きても変わっていなかったので、夫の携帯へ電話しても、真面目に電源を切ってあるらしく通じなかったので、医大にかけて連絡がとれました。私に倒れられては困るので、すぐに病院へ行って、今日はおとなしくしていなさい、と言われました。
d0017084_11435133.jpg薬を出してもらった病院で待っていると、腰の痛みが激しくなって、「す、すいません、横にならせてください。」 ほどなくお医者様が来て、「もしかして、持ってます?」 知らない。そんなつもりは無いけど、それって、マコといっしょだ~!
痛み止めと、尿管を広げるとかいう点滴をしてもらって、痛くはなくなりました。石があるかどうかは、もっと設備が整った病院じゃないとわからないそうですが、水分をたくさんとったら出ることが多いそうです。水分、水分、ビールか?どうか、出ますように。今日は、お茶と牛乳とジュース飲んで、ゴロゴロします。
猫の石はマグネシウム、人間はシュウ酸が多いそうで、マコ、あんたの苦しみがわかったよ。でも、私の治療費の方が、断然安いよ。
[PR]

by nyankai | 2007-07-26 11:42 | 美 健康 体力 | Trackback(1) | Comments(10)

どんなお家になるのかな (7/25)

ニャンコ座周辺にも、ようやく夏がきています。とは言え太平洋沿いのこの辺りは、暑いと言っても30℃になることはまずありえなくて、避暑地・リゾートそのものです。
d0017084_9394091.jpgニャンコ座の周りの牧草地がほとんど売却されたことは、以前書いたと思います。1部分は、東京の方(先月お会いしました)が別荘地として買い、その別荘は来年建築されるそうです。残りの広大な部分は、新規で牧場を始める若夫婦(ポーちゃんいる家)が、今着々と準備中です。
さて、この画像は何だと思います?新しく発見された星座?いいえ、これ、その方のお家の形なんです。
カナダ産のログハウスで、6角形らしいということは聞いていました。ところが、先月地縄が張られているのを見に行くと、何度かぞえても5角形なのです。さらに、5つの角が面取りというか、短い辺になっているので、10角形です。に飛び出している所は、玄関でしょうか。の部分はベランダでしょうかね。
家は道路からかなり入っているので、長い取り付け道路が必要で、ただ今自力で(ご夫婦のお父さんやお友達やらが、手伝っているもよう)作っています。その道路ができたら、家の建築も始まるでしょう。
ニャンコ座を建てている時は、60kmも離れていてあまり見に来られなかったので、その分このお家はすぐ近所なので、毎日存分に楽しませてもらおう(^^)vと思います。
[PR]

by nyankai | 2007-07-25 09:37 | 暮らし | Trackback | Comments(5)

ほっとけいそうもない私 (7/24)

d0017084_9301259.jpgこの写真、ご覧下さい。「トケイソウ」(時計草)と言います。どれが、長針・短針・秒針なのかははっきりしませんが、かなり装飾的に精工に作られた時計に見えなくはないです。直径は7~8cmです。花屋さんで、「安く仕入れたから、お買い得だよ。」と言われて、つい買ってしまったのです。偶然ですが、その前日の夜、ガーデニングの本を眺めていて目に留まっていた花でした。きっと運命的な出会いだったのでしょう。
つる性で、買った段階でもうすごい長さだったので、ランバーデッキにラティスを貼り、つるをはわせました。たくさんあった蕾は、少しずつ咲いてくれています。1つの花はそんなに長持ちしないので、一面にと言うことにはならないのですが、この不思議な花に見入ってしまいます。北海道では屋外の冬越しは無理なので、短く切って鉢揚げして家の中に入れるそうです。
息子がまだ、くっだらないダジャレにも笑っていた中学生の頃、友達との年賀状に、「布団がふっとんだ」とか「時計はほっとけい」なんて書いて、喜んでいました。トケイソウを見ていると、それを思い出して、「時計草はほっとけいそう?」なんて一人ごちながらククッと笑が込み上げました。
ここの所ブログには、「一人じゃないよ。みんな気にかけて応援してるから。」というコメントが寄せられます。何が辛いって、それは孤独の暗闇の中にいる時ですよね。こんな風にしてもらえる私は、どれほどありがたく嬉しく心強いかはかりしれません。「ニャンカイさんは、ほっとけいそうもない存在」なんだわ、きっと。みなさん、ありがとう。
夫は、「サリドマイド」に合わせる「抗がん剤」と「ステロイド剤」を、弱った心臓や腎臓から来るむくみに悪影響が出ないように、慎重に選んでくれているので、まだ飲み始めていません。よって、変わらず元気に退屈しています。
[PR]

by nyankai | 2007-07-24 09:29 | ハルとナツ | Trackback | Comments(7)

狩猟民族の生命力 (7/23)

昨日、夫は出掛けに「もうすぐ食べられそうなキュウリが2本あるから、忘れないで食べなさいよ。木いちごは晴れるとすぐ色づくから、採って持って来て。」と、気にしていました。私は食べることにあまり情熱が無いので、畑においしそうな野菜が生っていても、それ自体にはもう食べることへの執着が無いのかもしれません。
こんなに心臓が弱って、動くことが辛い状態になっても、夫は家の周りを散策するのが楽しくて仕方ないのです。どんな植物があるか、何が咲いて何が生って、何が食べごろか、しっかり把握しています。
私は?外作業は大好きです。草取りも嫌じゃないし、牧草を剥がして火山灰を敷いて、小道を作っていくのも、ハードだけれど楽しい。ラベンダーをつんでスティックを作る、この作業も毎晩のようにやっています。慈しみ育てる、コツコツと何かを作り続ける、その過程がが楽しいのであって、手間をかけたぶんだけ結果が現れ、それを愛でることで完結するのですね。
d0017084_9114027.jpg夫と私の決定的な違いは、夫は狩猟民族で、私は農耕民族のDNAを持っているということらしいです。この違いが、とっても面白いのです。夫は、飛んでいるハエを手で捕まえたり、泳いでいる魚を手づかみしたり、というすごいことも出来ます。私は、山菜取りに行っても、踏んづけていてもどこにあるかわからない人です。
こんな夫ですから、生き残るための狩猟民族の鋭い能力を発揮して、きっと今回のサリドマイド治療を乗り越えていけるのではないかと、根拠も無い自信みたいなものを感じるのです。
写真は、夫が大切にしている「アスパラ栽培セット」です。アスパラの苗はけっこう高くて、食べられるのには数年かかりますが、これは「すぐ食べられる」とのことで。いい加減生ったら、外に植えます。食べることにしますね。
[PR]

by nyankai | 2007-07-23 09:08 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(8)

お殿様抱っこ (7/22)

札幌医大病院の外泊は2泊まで(市内及び近郊は1泊らしい)と決められているので、夫は仕方なく今日戻ります。昼の高速バスに乗りますが、私も一緒に行って、駅付近で少し遊んで、病院前行きのバスに夫が乗ったら、「メサイア」の練習の後ろ半分位に出ようと思います。
突然ですが、「エアギター」ってご存知ですか。早く言うと、ギターの弾きまねです。実際に弾けるかどうかは問題ではなく、音楽にのせて、いかに面白くまねをするかを競う、世界選手権まであります。日本人は、けっこう成績が良いそうで、金剛地武志さんが有名です。
d0017084_10283424.jpgその金剛地さんが、テレビ出演で言っていたのですが、世界選手権は毎年フィンランドで開催されるそうなのですが、フィンランドってすごくユニークな大会が、たくさんあるらしいのです。社会福祉が充実していて、長身・金髪・色白・碧眼の人が住み、自然が美しいスカンジナビアの3国のうち、私にとってはフィンランドは(ムーミンくらいで)1番イメージが湧かない国でした。
そのユニークな大会とは、聞いて驚かないで下さいよ。♡携帯電話投げ選手権 ♡奥さんを抱っこして運ぶ選手権 だって(~_~;) とてもじゃないけれど、私が主宰した ♡エンジン刈払機選手権 なんて、足元にも及ばないです。フィンランド、恐るべしであります。
夫が病気じゃなかったら、やせっぽの私は、奥さん抱っこ運びも狙えたかも知れませんが、こうなったら、私は筋トレをして、心臓の悪い夫を運ぼうじゃないの。「お姫様抱っこ」ならぬ、「お殿様抱っこ」だよ。
フィンランドのどこに頼んだら、♡だんなさんを抱っこして運ぶ選手権をしてくれるかな?
[PR]

by nyankai | 2007-07-22 10:14 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(6)