<   2005年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日は「ハロウィーン」の他 (10/31)

d0017084_12425887.jpg今日はカトリックの世界は「ハロウィーン」だし、日本でも良いとこ取りで楽しむようになって来ていますが、私にとってはもう1つの意味で大切な日です。
そう、10月31日は「結婚記念日」なんですのー。言っちゃった!
とは言っても、特別何かお祝いしようとかいうつもりではなく、ちょっと『私達が夫婦でいることを考えてみいうかな』、という日なんです。そもそもどうして10月31日だったかというと、私達は大学から付き合っていてそれで安定してしまっていて、何かきっかけが無いと結婚しないんじゃ?という状態になっていて、夫が会館へ行って「一応大安で(私達は気にならないけど)空いている1番近い日曜日」だっただけです。それが、私の両親の結婚記念日と同じ日だったんです。奇遇です。
母は結婚19年目で夫(私の父)を失いました。もう30年以上も1人で生きているんですね。
私達は、今日で23回目の記念日です。「何婚式」なんだろうかと調べてみたd0017084_1251744.jpgら、20年が「磁器婚式」で25年がご存知「銀婚式」だけで、その間はありませんでした。磁器から銀へ、強さを増す時期・・・
そんな事を考えている日なんです。    
[PR]

by nyankai | 2005-10-31 12:40 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(8)

温泉で ふやけてしまった 葉っぱかな (10/30)

ズンチャチャ ズンチャ 「温泉クーポン・・・」
夫の無料好き、温泉好きは大したもんで、この頃行楽してないからって、もしかしたら雪になるかもしれないという予報にもめげず、雑誌に付いている無料クーポンが使える洞爺湖温泉に向けて出発しました。
支笏湖を過ぎ、大滝村の「きのこ王国新館」に寄りました。建物そのものに贅を尽くしてはいませんが、あんまり大きくて道産子もたまげるんでないかい。
d0017084_23151455.jpg様々なきのこの加工品(夫は「えびなめこ」がお気に入り)やチーズ、ソーセージを試食して外へ出てみると、えらく寒い。さすがの夫もさらに30キロは躊躇したのか、少し先の北湯沢温泉の「名水亭」に行き先を変更しました。
広ーい露天風呂に、肩まで浸かったり石の上に乗って半身浴になったりしながら、ボーッと過ごす。だって、夫のお風呂は長いんだもん。あーぁ、せめて日帰り入浴でも良いから、母を連れてきてやりたい。
お風呂の底に視線を落すと、何か不思議なものが。拾い上げてみると、すっかり色が抜け落ちた落ち葉でした。葉脈が白くてとてもきれい。どうしてこんな色になっちゃうんだろう。どうしても持って帰りたくなりました。こりゃ正に、アートだわ。
d0017084_23142092.jpgd0017084_23134898.jpg(=^・^=)ニャンコ座のお見舞いに行ってみました。一昨日と特に変わっている訳ではありませんでした。「布コンクリート」はこれからなのでしょうか。
[PR]

by nyankai | 2005-10-30 23:12 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)

GOSPEL LIVE (10/29)

友達のA君が、札幌のゴスペルグループOViCのライヴに誘ってくれました。A君自身もまだ新しい富良野のゴスペルグループに入っていて、ライヴ会場は、d0017084_20315653.jpg「富良野演劇工場」でした。
ゴスペルというと、数年前に大ブームがありましたっけ。私ももちろん憧れて、富川合唱団で真似事をやってみました。それなりに楽しかったし、何とか最低限それっぽく歌えていたとは思います。でも、やがて気が付きました。
英語の歌詞を暗記できない。
本来歌って聞かせて覚えるらしいゴスペルは、楽譜にすると難しすぎる。
手を打ったり、体を揺らしたりが恥かしい。
何よりボーイソプラノ風発声の私には、無理。
これらの理由により、その後は「聴く」専門にしました。昨日、「ワークショップ」もあったのですが、スケジュールもきつくてやめにしました。
ライヴはとっても良かったです。いっしょに歌える場面もあったし、ワークショップに参加した人達もステージに立ったしで、すごく盛り上がりました。
富良野のグループが、大きくなっていくと良いですね。
d0017084_20293881.jpgd0017084_20282977.jpg(=^・^=)ニャンコ座は、今日から11月4日まで「養生」となっています。コンクリートを休ませるのでしょうか。それなら、お見舞いに行かなくちゃいけませんね。
[PR]

by nyankai | 2005-10-29 20:27 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

布コンクリート打設した? (10/28)

マコに2度目の予防注射を受けさせに行って、少しの間そのまま預かってもらい、ニャンコ座の様子を見に行きました。マコは相変わらず車も平気で、注射の瞬間に「ニャ」と小さく鳴いただけで、とても良い子でした。
d0017084_21324348.jpg(=^・^=)今日のニャンコ座の作業は「布コンクリート打設」とのことなのですが、(もちろんわからないのですが)そんな風には見えませんでした。まっ、別に良いけどさ。こんな具合です。
夫と2人暮らし、息子は帰って来ないのだから、小さな家が良いのだけれど、こうして見ると、何だか狭く見えます。それぞれの部屋の前に立って、どんな風景が見えるか試してみたりしました。
ブログを見てくださっている方は、ニャンコ座がいったいどんな場所に建つのか、とてつもない田舎だと思うでしょうね。確かに都会ではありません。でもちょっと町外れではありますが、国道まで100m位、歩ける範囲に「そば屋」「ラーメン屋」「コンビニ」「ガソリンスタンド」(歩く必要無いか)「歯医者」「病院」etc.があるのですぞ。くれぐれも誤解無きようにね。
さらに、先日亡くなった伯母のお参りもして、マコを迎えに行ったら、やっぱり猫d0017084_21345990.jpgをかぶっておとなしくしていました。
皆様からのご要望にお応えして、昨日のカウンターのタイルを、少しずつご紹介していきます。これは、中に入っていた小箱のタイルです。
[PR]

by nyankai | 2005-10-28 21:31 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

お待たせ 掘り出し物 (10/27)

16日のブログに「掘り出し物を手に入れた。」とお知らせしましたよね。ようやく写真を撮ったので、いきますわよー。
d0017084_13352594.jpgd0017084_13345932.jpgd0017084_1331557.jpg
苫小牧のダイエー初めて入った輸入雑貨店で、こんな物を見つけたのです。中古のカウンターですね。木の部分はかなり傷ついてはいますが、合板じゃなくでどっしりしています。テーブル面はコルクが貼ってあり、アイアンのかんぬきが付いています。
何よりすごいのが、たぶん「ワイン作り」だと思うのですが、全部絵柄が違うタイルが両面にたくさん付いていることです。収納部分も凝っていて、ワインを入れるのかもしれない作りになっていたり、タイルを貼った木箱が(これだけげもお値打ち品)入っていたり、もう運命の出会いとしか良い様がありません。
私の頭の中には、ある光景がはっきりと浮かんだのだ。
ニャンコ座のウッドデッキにこのカウンターを置いて、ゲストの皆様に、手作りジャムをかけたヨーグルトと自家製のハーブティーをふるまうのです。キャー、す・て・き・・・( ^^) _旦~~
お値段は、30,000円でした。夫とこそこそお財布の中身を確かめ合う私。(直前に、丸井でスイムスーツを買ったでしょ。この後食品も買わなきゃなんないんだからー必死の言い訳)うーん、何とかなる。
「これ、下さい。」 「ハイ、セールなんで3割引で21,000円になります。」 「エーーーッ(^^♪」こんなに嬉しかったのは、正直久しぶり。
当然お持ち帰りして、家で良く見ると、「小樽オルゴール堂」のシールが。そうかぁ、きっとオルゴールのディスプレイに使われていたんだ。きれいな音をたくさん聴いていたんだね。これからは、私達とゆったり暮らしましょう。
 PS 今朝、とうとう強い霜が降り、今年の花畑も終わりました。
[PR]

by nyankai | 2005-10-27 13:23 | 暮らし | Trackback | Comments(4)

Halloweenってアイルランドの行事 (10/26)

英会話の先生は、アイルランドの方です。前任の先生もそのさらに前の先生もアメリカ人で、ハロウィンの頃は「カボチャのランタン作り」をしたり、仮装をしたりで面倒(No,no)楽しかったのですが、アイルランドはどうかなぁと思っていました。
d0017084_17222879.jpg先週もらったプリントを訳してみると、何とハロウィンはカトリックの行事で、あのランタンJack-o-lanternはアイルランドの民族伝承から来たものでした。
At parties, children bob(浮動する) for apples, carve pumpkins, play games etc. だそうで、私達も☆彡水に浮かべてりんごを、手を使わずに食べる。☆彡ひもで吊るしたりんごを、同じく手を使わずに食べる。☆彡占い(「Stickー健康で長生きするでしょう」とか「Waterー海を渡って旅をするでしょう」とか)「Coinーお金持ちになるでしょう」とか。☆彡目を閉じてお皿の中の「Trick or Treat」を選ぶ。など遊んで、「Halloween Brack(ではない)」という名のケーキを作りました。これは、しばらく寝かせてから食べるのだそうで、来週のお楽しみです。つづく・・・
(=^・^=)本日は「型枠取り付け」でした。間取りが判明。
 PS-1 「森のふくろう」は、28日(金)に、再開します。
 PS-2 阪神、まさかの4連敗。息子の日記には「阪神は楽天より弱い」と書いてありました。さあ、どこかで「やけくそセール」でもやんないかな。
[PR]

by nyankai | 2005-10-26 17:19 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)

伯母がいた家 伯母がいない家 (10/25)

d0017084_23583528.jpg昨夜は伯母のお通夜、そして今日は告別式でした。
母は2回お見舞いに行っていますが、弟と相談して『ショックと混乱を考えると伝えないほうが良いだろう。』ということになりました。
母は3男7女の末っ子で、この伯母は4女です。同じ町に住んでいたので、特に仲良しでした。
私の記憶の中の伯母は、いつも窓の側で和裁をしていて、人様の着物も縫っていました。とてもおしゃべりで、伯母の人柄を慕う来客も多かったように思います。
晩年は両方の変形股関節症で大手術を乗り越え、杖を使いながらもその明るさは失われることはありませんでした。
伯母の家は元商店だったので、玄関がとても広く、幼い私はそこで走り回ったものでした。台所にはかまどがあり、暗い廊下の先のトイレがこわかったりと、色々な思い出が一気にこみ上げてきました。
1年前、伯母の肺がんがわかっていたのだそうです。「半年」と言われていたのに、1年も持ちこたえました。母をお見舞いに連れて行った時は、お互いの体を気遣っている様子が、私には痛々しかったです。
棺の中の伯母は、とても小さかったです。「おばちゃん、苦しかったでしょうね。ゆっくり休んでください。」伯母の86年の生涯が、終わりました。
帰りがけ、伯母がいなくなってしまった家を訪ねてみました。
(=^・^=)本日のニャンコ座、「鉄筋検査」と「ベースコンクリート打設」です。
[PR]

by nyankai | 2005-10-25 23:57 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

もみじの銘木 (10/24)

d0017084_14183020.jpgd0017084_14233916.jpg伯母のことで、朝から電話が来たりかけたり、買い物に出たり、アイロンがけをしたり、おまけに明日からぐっと冷え込んで雪になるかもしれねいd0017084_14212367.jpgd0017084_14242562.jpgという予報で、外回りをちょっといじったりとあわただしく過ごしています。
我が家と道路1本はさんで、とても形の良いもみじがありd0017084_14251756.jpgます。それをふと見ると、1番きれいだった頃を少し過ぎてしまったかに見えました。(まるで私の様だわって、自分では言いたくないけど)今年はやや赤が弱くて、黄色味がかっています。そろそろ枯れ葉になってしまったのもあります。
毎年、緑、黄色そして赤のバランスが変わって行く様子が、きれいで寂しくて、大好きでした。ミュージカル「フレディー」を思い出しました。
[PR]

by nyankai | 2005-10-24 14:16 | 自然 | Trackback | Comments(0)

新潟県中越地震から1年 (10/23)

皆川優太ちゃん、お元気ですか。あなたが「お母さんとお姉ちゃんに会いに、ロケットに乗って天国へ行きたい。」と言ったと新聞で読んで、胸がキュンとしました。優太ちゃんは、とても強い子です。どうか、お母さんとお姉ちゃんの分も幸せに生きてくださいね。
新潟県中越地震から、1年が過ぎました。
その日のメモを見てみると、初雪が降ったこと 土地を買うために、初めて農協の方に会ったこと それでニュースを見ていなくて、母のグループホームに行ってテレビを視てビックリしたこと が書いてありました。
私は中学生の時、浦河町で2回震度5に遭遇しました。
d0017084_15384795.jpg1度目は、英語の時間でした。今のように『机の下にもぐりこむ』などと徹底されていなかったので、みんなあわてて外へ逃げました。揺れてまっすぐ歩けない廊下や階段でけが人が出なかったのは、単なる幸運だったと思います。外へ出てみると、みんな手に鉛筆やら教科書を持ったままで、いかにあわてていたかがわかります。
その日はすぐに下校になり、家は特別被害はありませんでした。大きい余震が何度もあり、服を着たまま、両親に挟まって寝たのを覚えています。
2度目(確か2年後)は、真夜中でした。飛び起きて居間へ行こうとした私の目の前を、何かか飛んで行きました。直径40cm位もある弟のUFOのプラモデルでした。私がもう少しすばしこかったら、UFOの直撃を受けてけがをしていたかもしれません。クワバラ、クワバラ。
写真は、中学1年の私と級友達です。キャーッ、白黒写真だべさ(@_@;)
 PS これを書いた後で知ったのですが、今朝、同じ町に住んでいることもあって、母が1番頼りにしていた伯母(母の姉)が亡くなりました。私もかわいがってもらった伯母です。
[PR]

by nyankai | 2005-10-23 15:10 | 社会 | Trackback | Comments(6)

施主様であるぞ (10/22)

d0017084_23415919.jpg(=^・^=)今日は、ニャンコ座中心でいきます。
水色のシエンタに荷物を積んでニャンコ座に着いた時は、又誰もいませんでした。でも水曜日とはかなり様変わり。専門用語がわからないので書き様がないのですが、鉄筋がたくさん立っていて、様々な材料が辺りに置かれていました。又、水曜日にはたぶん無かったと思うのですが、仮設の水道もありました。
嬉しくて、看板の写真を撮りました。「○○○様d0017084_23435512.jpg邸新築工事」だってさぁ。夫は施主様になったんだ。なーんて感慨に浸っていたら、工事の方がいらしてガムテープ貼り(私にはそう見えた)みたいなことをやって、今日のお仕事は終わったようでした。
夫は今日もコクワ採りをやって、トイレに入って手を洗って、満足そうでした。
そ・れ・な・の・に
阪神は何なのー(`´) あの濃霧コールドにならなければ、逆転したってことに・・・
[PR]

by nyankai | 2005-10-22 23:26 | 暮らし | Trackback | Comments(0)