ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

パソコンは世界を架ける

私が住んでいる公宅は寒い家で(文句では無く、事実です。安い家賃で住まわせてもらっている事に感謝しています。)さっき外へ出てびっくりしました。蒸し暑いんですよ。そう言えば、5月も今日でおしまいです。という事は、わたしのブログ生活も、2ヶ月目が終了するという事なんですね。
2ヶ月目の飛躍的進歩は、写真を入れられるようになった事です。でも本来の目的は、『つぶれそうな富川合唱団のHPを作って団員を増やす事』なのですから、その意味では進歩していないとも言えますね。だけど、トップページもちょっとだけ良くなったんですよ。このアドレスhttp://www.k3.dion.ne.jp/~nyankoza/ を貼り付けて、かわいーいトップページも見てくれたら嬉しいです。そこからこのブログに入って来れますので。
ところで、昨日とっても嬉しい事がありました。このブログに、初めて知り合い以外の方からコメントをいただいたのです。犬を飼ってらっしゃるので、ダリの写真が目を引いたのでしょうか。ありがとうございます。早速、その方のブログにお礼のコメントをし、さらにそこにあった別の方のコメントを見て、興味が湧いてそちらのブログも拝見。
今日は、前の英会話の先生(シカゴ在住)からメールが来て、「Try owr new Resources site.」とあったのでクリックしてみたら、エ、エイゴ・・・??? ゆっくりがんばります。
1つ、困る事。ブログを読んでもらいたくて、会う人達に図図しく宣伝してしまう事。パソコンしない人には、プリントしてまで読んでもらおうとしてしまう自分です。
パソコンさん、これからもよろしくね。
[PR]
by nyankai | 2005-05-31 13:03 | テレビ パソコン&携帯 | Trackback | Comments(2)
d0017084_13211251.jpgあたし、ダリちゃんです。昨日の大惨事のことを書いてちょうだいってママに頼まれたの。性格は好奇心旺盛、首輪が苦手なものだから鈴もつけてないでしょ。だから、動き回っても音がしないのよ。
土曜日の夜パパがトイレに行った時、一緒に玄関ホールについて行ったら、そのまま戸が閉まっちゃって茶の間に帰れなくなっちゃった。仕方無いから朝までは寝たり、大好きなダンボール箱をかじって待ってたんだけど、おなか空いたし、おしっこしたくなったし、だからがんばって戸を開けようとしたの。
高い所ならあいてるかなぁと思って、得意のジャンプをして目の前のある物につかまってみたのよ。そうしたら、本は落っこちるし、きれいな飾りも落ちて壊れてあたしもちょっぴり怪我して、血が出ちゃったじゃない。どうしてくれるのよ。
のれんに引っかかってたら、パパが助けに来てくれたわ。
それにしても、どうしてこんなに散らかってるのかしら。ママ、玄関がこんなじゃお客様がいらしたら大変よ。早く片付けないとだめじゃないの。
ママ:とても良い天気で、昼前にベランダとお風呂を網戸にして風を入れました。「小松菜」「チンゲンサイ」「タアサイ」「ラディッシュ」の芽がでました。「トマト」「キューリ」の苗も元気です。
[PR]
by nyankai | 2005-05-30 13:25 | | Trackback | Comments(1)
夫は朝早くからAQUOSの取り付けにかかりました。(実は今朝もう1つ大惨事があったのですが、それは後日。)
ところが良くある話?裏の配線をいじっているうちに、20年近くにもなろうとしているテレビが何となく直ったようなのです。そう言えば去年だったか、ミシンの調子が悪くなり(私はすごくミシンを使うので)買い換えるゾ!と大騒ぎしていたら、直ったのです。テレビもきっと取り替えられては大変と、最後の力を振り絞っているのかもしれません。
でも禁断の液晶テレビのきれいさを知ってしまった私達には、もう無理でした。
古いテレビは、もしもお家が建ったらお風呂で見るために使うって。それまで、ゆっくり休んでいて下さい。
お天気も良く、急に春ゼミが鳴き、家の周りの草も気になりましたが、「自遊人」の日帰り入浴「無料パスポート」の期限も迫っているので、然別湖畔温泉の『ホテルH水』へ行きました。
出発した時は晴れて22~23度あったのが、d0017084_2339975.jpg日勝峠を登るにつれ気温は下がり、深い霧で何も見えないほど。然別に向かう道からは、日陰に残る雪が見え、大雪の山々の真っ白はたとえ様も無い美しさでした。
『ホテルH水』の外には、足湯が出来ていました。然別湖の遊覧船の1隻の名前は、夫の名前と同じです。お風呂はすごく大きい訳ではありませんが、茶色がかってありがたい感じ。露天風呂からは湖とくちびる山が見えて、これこそ絶景。
帰り道、ユウヤンベツ川沿いにある、石を組んだだけの温泉のいくつかに、手だけ浸かって来ました。
帰りの日勝峠も、やっぱり濃霧でした。
[PR]
by nyankai | 2005-05-29 22:04 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)
遅いので、ちょっとだけ。
劇団四季の「オンディーヌ」はミュージカルではありませんが、タイトルロールの野村玲子さんは、本当に純真過ぎる15歳位に見えて、すごいなぁと思いました。富川合唱団のただ1人のテナーのN村さんは(あれっバレバレ?)野村さんのはとこです。
「オンディーヌ」と「冬ソナ」の最後のセリフが、同じなのだそうです。私、韓ドラには全く乗り遅れたので、どなたか「冬ソナ」の最後のセリフを教えてください。
さて、壊れかけたテレビですが、1万円ちょっとでけっこうなのが買えると思っていったのですが、確かにあるにはあったのですが・・・液晶テレビの売り場に行くと、そのきれいさにもうやられてしまいました。
予算オーバーではありますが、憧れの「AQUOS」を買っちゃったぜ、それも1番○○いのをね。○○には当然『小さ』の字が入ります。13インチさ!こんな狭い公宅じゃ、これで十分。
 PS Yバシカメラで、英会話の友達に遭遇しました。何、買ったのかな。
[PR]
by nyankai | 2005-05-28 23:32 | ミュージカル(舞台) | Trackback | Comments(0)
「エリア」の打ち上げで、「純様」(黒木さん)とのツーショットを撮ってあげて、写真を送ってあげた方から、ご丁寧なお手紙をいただきました。「純様クラブ」入会希望とありましたので、審査のうえ、認めました。ただ今会員は4名です。お手紙に、声が良くなる?ハーブティーを入れてくださっていました。早速、飲んでみますね。
さて、「祐様」は別格なのですが、私にはもう1人惚れている男性シンガーがいます。
この間の「題名の無い音楽会」と先週の「誰でもピカソ」(ここ、TVHが入らないので、友達に録画してもらう。)に出演した、イギリス人のラッセル・ワトソンです。
何年か前、テレビで「明日に架ける橋」を歌っているのを聴いて(見て)、ぶったまげた、とはこのことです。クラッシックのようではあるのだけれど、イエロー系のサングラスをかけた、甘いマスクのお兄さんにすぐ惚れました。今は、お髭をはやして、お似合いです。
日本ではほとんど考えられないのですが、クラッシックを歌う人が、音大などで勉強した訳では無く、パブなどで歌ってきた、というのがすばらしいではありませんか。だから彼の十八番は『誰も寝てはならぬ』だけれど、ポップスを歌うときは、まるで別人の甘ーい声です。
今回の来日は、新譜のプロモーションをかねていて、今日東京でコンサートです。あー、行きたい。いつか、北海道にもいらしてください。
 PS 明日、劇団四季の『オンディーヌ』を観に行き、ラッセルの新譜を買って、テレビの調子が悪いので、Yバシカメラに寄って見てこようと思いますので、帰りは遅くなります。ブログ書けなかったら、ごめんなさい。
カッコウが、鳴きました。    
[PR]
by nyankai | 2005-05-27 14:55 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)
昼御飯を冷食で済ませてしまおうとしたら、1時間以上の停電に見舞われてしまいました。
復旧したのは2時近く、「森のふくろう」広報担当の私は、そろそろ来月の予定など情報収集に出かけたところ、3町にも及ぶ大規模停電だったことがわかりました。
今日はお昼を食べてから(結局スパゲティーを茹でて、まぜるだけのたらこスパでした。)なので、コーヒーのみでした。でもここのコーヒーには、必ず手作りのクッキーやケーキなんかが付きます。ちなみに今日は、ミニクリームパンでした。d0017084_2262186.jpg
それから、新作のピザパンの試食と称して1ケ食べさせてもらっちゃいました。80円、とっても美味しいです。
この写真は、ふくろうママが冬の間に「森のふくろう」のイメージをステンドグラスキルト(パッチワークの1種)にした物で、本当はまだ未完成なのですが、あまりすてきなので紹介させていただきます。冬の「森のふくろう」ですね。
お店には、アウトドアの仲間が集まり、楽しい会話がはずみます。お店の周りには、山野草が咲き乱れ(ヒトリシズカがすごくきれいです。)、今朝ウグイスが鳴いていたそうです。
6月は、今の所、月曜定休のみらしいですが、変わったらお知らせしますね。
PS 占冠の友達に「ぜひ紹介してほしい。」と頼まれました。『北海道から沖縄まで歩きながら、アルミ缶・プルタブを拾って、ミャンマーに車椅子を10台届けよう。』としている若者3人組「地球洗隊エコレンジャー」が、今、北海道を廻っています。特にブラックさんが、明日占冠のA井さんの家に泊まります。詳しいことは、 http://www.geocities.jp/chikyujisoku/" target="_blank">="http://" target="_blank">http://www.geocities.jp/chikyujisoku/をご覧下さい。
[PR]
by nyankai | 2005-05-26 18:20 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)
自分の劇団の公演がまあまあの成功を収め、(家にもVTRを送って来ました。不覚にも、けっこう面白かったです。)お調子こいたのでしょう。息子が、遠い京都で熱を出しています。彼女にご迷惑をかけているらしいです。ごめんなさい。よろしくお願いします。
それなのに、京大吉田寮の寮祭に参加しています。公演を寮の食堂でさせていただいたご縁です。政治の話をするのが好きな息子には、寮生との交流が余程新鮮で楽しいものだったようです。すっかり寮生活のとりこになりました。
私は大学進学と同時期に父を亡くしましたから、経済的理由から寮生になりました。
良く覚えていないのですが、朝夕の食費位の負担だったと思います。その頃の私には、家賃や水光熱費を払わなくて良い訳がわからずーつまり、国立大の経済的に苦しい学生にも学ぶ権利があるということー戸惑うばかりでした。2年生では寮長にもなり、先輩が教授からカンパを集めてくれて、東京で開かれた「全寮連大会」へも行きました。青函連絡船のデッキで結団式をして、寝ないで発表原稿を書きました。
寮は廊下に雪が積もる程の古い木造、1部屋17畳の3人部屋でした。暖房は石炭ストーブで、私は新聞紙だけで石炭に着火する特技があり、又煙突掃除もできます。
息子は寮の大変な部分は、何も知らないでしょう。でも、寮祭を楽しみ、『寮って何だ?』ということも考えてほしいと思います。京大の周りには、なつかしい政治的な立て看がたくさんあります。大学生には、社会に疑問を持ち怒る義務があります。
 PS Today's English lesson was viewing cherry blossoms.Small hill the behind a shrine is a place noted for cherry blossoms. There were many cheep sweets. Cherry petals was falling Swoosh Swoosh.
[PR]
by nyankai | 2005-05-25 12:19 | 社会 | Trackback | Comments(0)
父は47歳になってすぐ、胃癌から癌性腹膜炎になり、たった2ヵ月半の入院で亡くなりました。
去年、グループホームに入る母の家を片付けた時、父が癌の宣告を受けてから書いた母の日記と、父自身が書いた入院日記も見つけました。ちょっと後ろめたい気もしましたが、読みふけってしまいました。
私は、人は歳の順に死ぬべきだと思っています。だから、親達より、夫よりは絶対先に死にません。飛行機が落ちても、生き残ります。
そんな訳で、けっこう若い頃からがん検診は受けてきました。今日は午前中、乳がん・子宮がん検診へ行って来ました。
今年新たに指針が示されたのを、ご存知ですか。何でも、対象者を広げて受診者を増やすという目的で、逆に補助を隔年にしてしまったのです。隔年受診でも有効性は十分確保できると言われていますが、私は去年初めて、子宮筋腫があるって言われていたんです。
私は仕方なく、全額自己負担で受けました。来年からは、夫の仕事関係の配偶者検診の申し込みをします。筋腫は発育していませんでした。
がん検診には様々な考えがあると思いますが、父と母の日記を読んでなおさら(父も検診を受けていたはずなのに)『家族のために 自分のために』検診は受けます。もちろん、夫にも受けてもらうわよー!
 PS 桜、もう散り始めています。水仙、チューリップきれいです。
[PR]
by nyankai | 2005-05-24 13:31 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)
予告編通り、これは昨日の話です。
鵡川町の「たんぽぽフェスティバル」に、私のフラダンスの先生と別の町の教室で習っているお友達が出演するので、応援に行きました。
お天気にも恵まれて、楽屋代わりのテントにご挨拶に行くと、「私達、笑顔が足りないんで、面白い事して、笑わしてね。」って変なお願いをされてしまいました。去年の暮の初舞台では、何だかやたら嬉しくて、1人でニタニタしていた私なので、見込まれてしまったのですね。
最前列は埋まっていたので、2列目の真ん中に座って、私はN谷さんにVサインをしたり変な顔をしたりがんばりました。時々気付いて笑ってくれました。先生はさすがに例の優雅で色っぽい(褒め言葉です。)ダンスで、うっとりでした。
d0017084_15253928.jpgところが、これでおしまいではなかったのです。
穂別町で行われたマラソン大会に招かれた、あの有森裕子さんが、穂別と鵡川が合併されるご縁で、ゲストとしていらしたのです。膝下の細いパンツにサンダル履き、胸元に少しゆとりのあるたぶんTシャツにカーディガン、髪もバレッタで留めただけのラフなお姿ですが、本当にスリム。でもほとんどが筋肉なんでしょうね。
餅撒きに参加された後、すぐそばにいらしたので、夫も私も握手していただきました。とてもお人柄のすてきな方だなぁと思いました。
[PR]
by nyankai | 2005-05-23 15:19 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)
では皆様、ご一緒に!(歌詞の引用として問題ありなら、教えて下さい。)
d0017084_15272212.jpg小さなー家をー 建てたでしょう・・・夫は地方公務員だし、私はお勤めしてないし。
大きな窓とー小さなドアとー・・・窓は良いけど、ドアはピアノが入らないと困る。
部屋には古い 暖炉があるのよー・・・どっちかと言えば、薪ストーブ派。
真っ赤なバラと白いパンジー・・・目指すはイングリッシュガーデン。
子犬の横には・・・犬じゃなくて、猫に決まってるっしょ!
あなたー あなたー あなたが居てほしい・・・No comment
ブルーの絨毯 敷き詰めて・・・ピンクが好き。それに部分敷きの方が良いと思います。
楽しく笑って 暮らすのよー・・・そうありたいものです。
家の外ではー坊やが遊び・・・坊やは大きくなったので、家には居ません。
坊やの横には あなたー・・・草刈よろしくね。
そして私はーレースを編むのよ・・・その通り、祐様のCD聴きながら。
私の横には あなたー・・・が居てくれないと、やっぱり困るよね。
この写真は、10年くらい前、私の理想の家をパッチワークで描いたものです。
今日、三井ホーム(宣伝になるので、はっきり書いてほしい、と頼まれた。)のSさん(私たちは親愛の情を込めて、家では彼をサイゴドンと呼んでいる。)にお会いして、又色々教えてもらったり、希望を聞いてもらったりしました。それからM町に建設中のお家も見せていただきました。
サイゴドンは「今日の事、どんな風にブログに書くか楽しみです。」だって。ほら、大きな買い物をする時って、直接交渉するのは大変でしょう?私はこのブログに本音を書こうかなと思っています。でも、サイゴドンを困らせようだなんて、これっぽっちも思ってないですから。
 予告編 本日の「鵡川町たんぽぽフェスティバル」については、明日書きます。
[PR]
by nyankai | 2005-05-22 23:57 | 暮らし | Trackback | Comments(1)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai