カテゴリ:美 健康 体力( 433 )

特技通院 (12/1)

 とうとう12月です。年齢を重ねて行くにつれ、月日が過ぎるのを早く感じると言いますが、私は今年は長かったと感じます。次に病院に行ったら、何かがわかって症状が改善するかもしれないと期待し、裏切られて、また次を待って待っての繰り返しで。2月に笑美ちゃんに会いに行ったのも、4月に韓国に行けたのも、遠い遠い昔の様です。
d0017084_9471079.jpg パーキンソンとは全く関係無いのですが、舌の裏にできる「疣贅癌」の検診で、苫小牧市立病院口腔外科に行きました。3月末に3個目を取ってもらって、夏に診てもらい、雪積もる前に1度来てくださいね~と、言われていたのです。主治医のDr.アサカは超売れっ子で、なかなか予約がとれないのです。苫小牧市立は、電話で予約を取りますが、行った時は機械に診察券を入れれば受付完了で、そのまま口腔外科に行き、そこに診察券を出します。
 具合悪すぎて、自分で舌の裏を見ることもなく、「どうですか?」と聴かれて、「たぶん、何ともないと思います」と答える始末。昨日のDr.アサカは、髪ツンツンで、サージカルテレスコープ(という名前らしい)をかけて、上が濃いグレーで下は白のスクラブ(という名前らしい)で、靴も濃いグレーできまってd0017084_10104020.jpgいました。
 全然関係無いのに、「せんせえ、私ず~っと具合悪いんですけど、先月それがパーキンソンのせいだってわかったんです」と訴えて、「特に変化が無ければ、次の検診は5月で良いですよ、GWになったら、思い出してください、おいしいもの食べて、元気になってください」と言ってもらえました。どうか、変わりありませんように。
 診察が済むと会計に書類を出し、引換券の番号が掲示されたら、機械で支払います。11時半頃で、私は237番でした。単純に237人目だったということでしょうね。病院のかかり方にも、規模によって、その病院によって、色々です。どんなパターンでも、もう慣れたものです。複数の病院を効率よく回ったりして、私の特技は通院ですね。できれば、入院にはなりたくないものです。
 会計の時に、赤ちゃんのかわいい泣き声が聞こえていました。見ると、双子ちゃん。双子用のベビーカーに乗せられた、片一方が元気に泣いていて、もう1人がいかにも困ったという顔をしていました。ママが支払いをしていて、パパは車を取りに行こうとしている所の様でした。赤ちゃんは(たぶん)真剣に泣いているのに、周りの大人たちは、ニコニコしていました。がんばれ、双子ちゃんのパパとママ。
 今日は、ごちゃコンの、思い出写真です。よろしく~。
[PR]
by nyankai | 2017-12-01 09:45 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

癒す仕事 (11/30)

 昨日は、2週間に1度やってもらっている、足つぼマッサージを受けました。出張で来てくれて、両方の膝から下と肘から先を、たっぷり90分間やってくれます。以前、いっちゃんの闘病中に、リフレクソロジ―の資格を取った知人が、まいっている私を助けに来てくれた時、その人が聖母マリアに見えました。昨日も、ありがたくてただただ感謝でした。d0017084_925279.jpgダリも気持ちが伝わるのか、施術中は私にぴったりくっついて、ゴロゴロ言っているのがおかしくって。
 札幌の病院に行く前、ちょっと半端に余った時間に受けたマッサージも、本当に気持ち良かったのです。左肩が硬くなっている事にすぐに気付き、おそらく歩きにくさをかばっているからでしょう、腰がガチガチですよと言ってくれました。
 職業に貴賤があるとは、天地神明に誓ってこれっぽっちも思っていませんが、マッサージ系の仕事って、すばらしいと思います。復帰不可能になってしまったHoさんにも、足つぼの人にも、御自分は疲れないのですか?と聞いたことがあるのですが、もちろん疲れない訳ではないけれど、自分の仕事に意義を感じているので、苦には思いませんとのこと。私には到底かなわない発想だなぁ。
d0017084_934979.jpg パーキンソンそのものが治る訳ではないけれど、筋肉が硬くなっているのをほぐしてもらうのですから、対症療法になるでしょう。保険がきくと良いのに。せめて半額になれば、倍の回数受けられるのに。もみ返しなど気にせず、1度液体になる程にもみほぐしてもらいたい。グジュグジュになった所で、もう1度、初めから組み立て直してみたい、私の体。
 昨日の夜は、がんばってヨガにも行きました。ヨガはひねったりねじったり、自分自身でマッサージする感じです。左肩が痛いのと右股関節が悪いからで、やれないことは多々ありますが、ヒーリングミュージックとアロマキャンドルの効果で、ゆったりできます。ヨガの先生も、癒す仕事ですね。
 何のポーズというのかわかりませんが、私はパーキンソンのくせに、こんなんができます。なんちゃってママもできるようになりました。と、私は元気に見えるかもしれませんが、相変わらず左側筋肉は、ゴチゴチな感じです。
[PR]
by nyankai | 2017-11-30 09:01 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

生きることは待つこと? (11/21)

 パーキンソンのせいで、それどころではないのですが、毎年受けているのをくじけていても仕方ないので、町のがん検診と特定健診を受けてきました。朝寝坊なのと、後半の方が空いているのとで、9時半の組にしてd0017084_95645.jpgもらいました。
 問診で、病気のせいで、今年は生活習慣が乱れているから、血液検査は自信が無いと言い訳をして、お腹すぐに壊すくせに、バリウム排出が下手だからと、下剤を多目にもらって、検診は順調に終わりました。体動かしにくいし、体力落ちているし、左肩痛いから、胃がん検診がスムーズに受けられるのか不安でしたが、大丈夫でした。その時点で、11時少し前。
 水3杯と下剤を飲んで、インフルエンザのワクチンの再入荷が20日とのことで、助成の書類も作ってもらっていたので、そのまま病院に向かいました。案の定、駐車場もないほどの混雑でした。野戦病院かと思われるほど、人・人・人。私の見立てですが、一般診療の方も混ざっていますが、150人以上が待合室にいました。
 午前中の受付が終わっても、人が減る様には見えず、見つけた知人とおしゃべりしたりしながら、ひたすら待っていました。今時、インフルエンザに関心がある人が、こんなにいるなんてね、びっくり。特別混んではいたのでしょうが、生きることは、待つことなのかもしれないなどと、思ってしまいました。
d0017084_9563671.jpg お腹が空いて、売店で何か買って食べた方が良いかとも思いましたが、とりあえず水分取らなきゃと、給水器で水を飲む。2歳半だという男の子が、給水器に興味を持って、ママに助けてもらって飲む姿がかわいい。 仕事をちょっと抜けてきたのか、制服姿の若い女性も、果てしない待ち時間に困惑気味。「たかのはなさ~ん」、え~~っ、今この時に「貴乃花」ってかい。「高野花(華?)」さんですかねぇ。呼ばれたのは、高齢の女性でした。
 2時間近く待った注射はとっても上手で、ほとんど痛くありませんでした。帰り路も寒かったので、熱い物が食べたくて、めったに食べないカップ麺を買って帰りました。2時をちょっと回って帰宅すると、郵便受けが賑やかになっていました。それどころじゃない私の誕生日を、祝ってくれる、プレゼントの数々でした。ありがとう。私は何もしていないのに、本当にありがとう。パソコンが無事だったら、明日のブログで紹介しますね。
 夕方にまでにバリウム7割って所だったので、体動かそうと、がんばってヨガに行きました。最後の瞑想の時に来て9割、今朝起きて完了だと思います。
[PR]
by nyankai | 2017-11-21 09:54 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

病院疲れ (10/14)

 昨夜は、階段が登れないかと思うほど、脚が棒でしたが、今朝は普通のだるさに戻っていました。ここが悩みどころ、疲れるのは良くないけれど、d0017084_9473774.jpg安静だけだと筋力が下がる。
 教職員互助会(私は特別会員です)の医療費給付は月単位なので、様々な検診は10月にまとめて受けることにしています。でもって、まず2日に神経内科のついでに、子宮がん検診を受けました。昨日は、札幌の病院に持って行く紹介状を受け取りがてら、眼科と乳がん検診を受けました。
 眼科は去年「年に1度の検診お願いします」と言ったら、ドクターに「そんなこと言ったら、保険効かないからダメだよ」と言われたので、今年はしっかり「ドライアイの目薬が無くなったのと、視力が落ちていないか、白内障が悪くなっていないか診てください」と言いました。
 私もハッタリがきくようになったものね。裸眼の視力は0.9と1.0だって、びっくりだわ。子どもの頃は、正確に見えないと、答えちゃいけないと思っていたのかしら?近視が良くなりました。でも老眼は着実に進んでいると思います。眼圧も良し。白内障はほとんど進行していないし、角膜に傷も無し。良かった、良かった。私の2人前の患者さん、ナントカ又三郎さんでした。
d0017084_9493229.jpg 乳がん検診は、端から保険適用みたいです。「毎年こちらで受けてくださっているんですね、ありがとうございます」と言われました。マンモグラフィーの機器は「マーメイド」という名前でした。技師さんが「痛いかもしれません」と言うので「平気です、もう痛くありませんから」と答えておきました。こちらも変わり無し、私はまだ、やや乳腺が多いそうですよ。だからもちろん、エコー検査も受けています。
 今こんなだから、本当は病院に行く元気もないのだけれど、だからこそ、余計な心配ごとは排除しておきたいのです。
 お昼は、友人と食べました。と言うのも、友人が苫小牧の小羊教会の、午後のスペシャルウェルカムチャーチに誘ってくれたのです。私はクリスチャンではないし、とりあえずそうなる予定でもないですが、今の私に声をかけてくれたってことはとてもありがたいし、良いお話も聴けました。ちょっと長かったけど。何よりその方の若々しさに驚きました。
 今日は、病院の疲れをいやすごろ寝かな(短歌です、ごろ寝は何の季語?)
 ただ今息子「鈴子」の東京公演中。昨夜は田嶋陽子さんがトークゲストでした。聴きたかったなぁ。
[PR]
by nyankai | 2017-10-14 09:46 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

見放されたか (10/3)

 昨日は、病院巡りでした。1カ所目は、MRIデータを診てもらいに、神経内科。結果、頭に異常は無しでした。パーキンソン症状が出る、もっとやっかいな病気は、MRIでわかるそうなので、それでは無いことは良かったですが、パーキンソンはSPECTとか言うのじゃなきゃ、わからないみたいです。d0017084_914347.jpgでもドクターは、パーキンソンの薬が全く効かないので、パーキンソンではないと言い切りました。私は何でも良い、この辛さを軽減してほしいだけなのに。
 ドクターは、札幌の病院に行って、徹底的にお金と時間とエネルギーをかけて、検査する気があるかどうかと言いました。ドクターは、それで何かが出るとはほぼ思えないけれど、とやや否定的でした。
 2カ所目は、メンタルクリニック。ドクターは、穏やかに話を聴いてくれましたが、慢性疲労症候群的な病気の可能性もあるとして、抗うつ剤を選んで処方してきたけれど、全然効果が無いので、精神科としては問題無いと思われる。安定剤(筋弛緩剤)だけになりました。札幌の病院に行った方が良いかと、さりげなく振るとパーキンソン症候群として、やや肯定的でした。
 3カ所目は、レディースクリニックで、グルタチオンと、年に1度の子宮がん検診を受けました。ここでは言っても仕方ないだろうから、元気なふりしました。子宮と卵巣はきれいで、筋腫は小さく小さく、無くなりそうでした。飲んでいたホルモン剤は、5年経ったので、もうやめた方が良いとのことで、ここでも薬が無くなりました。大豆食べなきゃね。d0017084_915068.jpg飲む薬が減るのは喜ばしいことですが、このだるさを、震えを、こわばりを何としよう。
 候補に挙がった病院は、「札幌パーキンソンMS神経内科クリニック」です。札幌駅北口から徒歩3分。行きやすいですが、行く元気が出るかどうかです。迷っていますが、何もしないでいることには、耐えられないと思います。私は2つの病院から、見放されちゃったのですかね。
 くたくたに疲れていたのですが、なぜかヨガには行きたいのでした。辛かった左脚が、少し楽になりました。毎日ヨガをやれば良いのはわかっているのですが、人は強制されないと、できないのよね。
 クレマチス・アウトゥムナーレ、7月までほとんど枯れた風でしたが、少し遅めながら、今年もきれいに咲いてくれました。と、ホワイトガーデンのダリアです。
[PR]
by nyankai | 2017-10-03 09:09 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)

眠っていたい (9/21)

 ごちゃコンという支えが無くなってしまったせいだからでしょうが、もうこわくてこわくてこわくて、お願いだから、寝かしといてほしい。夜寝るときは、どうか朝が来ませんようにと思います。目が覚めなきゃ良いのに。おまけに、連夜の雷まで鳴るし。何か熱中できることを見つけないと。
d0017084_10351858.jpg 昨日は、必ずやるべきことをやった後(この中にブログの更新は、含まれています)コーヒー飲みながら新聞読んで、この辺りまでは普通だけれど、ゴロリ。本当は頼まれごとがありましたが、後へ後へと引き延ばし、それをやったのは夕方でした。1つは、ごちゃコンがらみの、預かり物。精一杯元気を取り繕って、預かってきました。でも、上がって行けば良いのにのお誘いには、応えられませんでした。もう1つは、息子に頼まれた布団類に、下着とシャンプーとかも入れてほしいと、自分は楽しいフェリーの旅をしながら、甘えたこと言ってきたので、靴下を買いに行きました。劇団の代表は、清潔であらねば。
 布団運びを頼まれてしまった友達は、8時近くになって来てくれました。中学の頃のぽっちゃりしたイメージはなく、良い若者(と言っても良いのか、33歳)になっていました。軽自動車に布団袋2つと、売り物のDVDと、下着の入った袋を積んで、札幌に向かって走って行きました。せめて私の感謝の気持ちと思い、ちゃんと夕飯代は持たせましたよ。
 d0017084_10355911.jpg近所に、趣味で廃馬や山羊を飼っている(本業は酪農)お宅があります。最近、小さな馬が2頭増えました。ポニーかな。これが愛嬌たっぷりの顔をしているんです。「マキバオ―」みたいなの。国道から家に帰るための町道の曲がり口の牧草地にいます。それが今日はすぐ近くにいたので、車を降りて話しかけてみると、さらにそばに寄って来てくれました。ニンジンでも持っていれば良かったのだけれど。
 その入口に、「町道○○号線」の看板があるのですが、台風で倒れました。車の下が引っ掛かりそうに倒れていたので、わたくしニャンカイが脇にどけました。18日のことです。それが昨日の夕方になってもそのままなので、役場に電話をかけました。「それはそれは、お知らせありがとうございます。ただちに、担当部署に連絡し、対処いたします」と言う返事でした。直っているでしょうか。
 今日は、せっかくの昼ヨガだったのに、先生の都合で中止になりました。明日の夜ヨガに行こうかな。今日は、昨日よりはましな1日にしたい。
[PR]
by nyankai | 2017-09-21 10:34 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)

「足心道」でごちゃコンへ (9/16)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8、いよいよ本日060.gif
 先週、重大なことを書き落していました。笑美ちゃんが、つかまり立ちしている写真が届きましたよ。上から撮った写真なので、三頭身に見える所がかわいくって、顔が自然とニタニタしてしまいます。
 昨日は、友人に紹介された「足心道」と言うのを受けてみました。いつも受けているマッサージさんが、職業病でしょうか、ちょっと手を傷めてお休み中なのと、元々興味があったので。「足心道」は今から約2000年ほど前に、中国大陸で誕生した「足は人の体の中心である」という理論に基づいた手技ですって。何が良いって、小一時間もかかるニャンコ座町まで、d0017084_9523315.jpg出張してくださるというのです。
 来てくれたのは、優しそうな若い方でした。と言う風に見えましたが、聞く所によると、中学生を筆頭に、3人の男の子のママだそうです。こういった施術をしてもらうと、その人が聖母に見えます。多少痛い所があっても、それはそこが弱っているということだから、イタ気持ち良いのです。受けたから治ったなどということはないし、もしもそんなだったら、私の1年と8ヶ月半の苦しみは何だったの?になってしまいます。本当は、初めは集中して受けると良いそうですが、ひとまず、2週間後を予約しました。
 お灸は温かくて気持ち良いですが、鍼は実感が持てませんでした。私の足の裏は、柔らかいのですって。そういや、足の指がクネクネだったわ。こわばっているのは、自分で感じるのであって、触れてみて硬いんではないのです。
 去年までの様に、テンションは上がりません。上げたいのですが、体が不調で。寝不足も無い、シンデレラストマックもこの所治まっている。でも疲労感があり、左がダメです。地球の引力が恨めしいです。どうしても、意識がそこへ行ってしまって。でも、楽しもうと思います。今夜来てくださる方たちと一緒に。文ちゃんが教えてくれた、「何か1つでも持って帰ってもらいたい」を、心にかけておきたいです。
 調子悪いし、ヘアドネーションのために、パーマっ気も無い中途半端なロングヘアなので、美容室に行くことにしました。いつもの札幌にはいけないので、母が生前お世話になっていた所です。電話したら、とても懐かしがってくれました。
d0017084_953452.jpg

[PR]
by nyankai | 2017-09-16 09:50 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

私ときたら (9/15)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8まで、あと1日060.gif
 又か。北朝鮮、どうしてこんなに上から目線になれるのか。哀れです。
 明日ごちゃコンだというのに、一昨日アフリカの太鼓に励まされたというのに、昨日はほとんどゴロゴロ寝ていました。年とったダリd0017084_9434941.jpgと一緒に
   猫と我 ひねもす寝たり寝たりかな
ってか。左腕と左脚が棒の様で、もうとってしまいたい位。それは寝転がっても軽くなることはないのです。
 昨日やったことは、朝のうちにやらねばならないこと、ダリにご飯やって、トイレ掃除して、花に水やって、ゴミの始末して・・・ごちゃコンの経費合計して、負担金を算出して、それぞれに連絡して、さぁ、横になろうと張り切ってしまった。ご飯は食べています。ジプレキサのおかげで、食欲はあるんです。太るの心配なほど。
 宮古島の姪っ子に台風被害はなかったろうか、ファーチレの歌友の所、警報出ているわとか、天気の心配しながら、夕方になってようやく、ごちゃコンの初めのあいさつとかを考えて、ワードで書いてみて、歌う曲の歌詞を確認するために軽く歌って、ダリに叱られながらリコーダー吹いて、動かない指でピアノ弾きました。d0017084_9442581.jpgけっこうやったか。
 まじょ子町に、パーキンソンの方がいます。その方と少し話ができました。7年目だそうです。飲んでいる薬は、全然知らない名前でした。初めの自覚症状は「歩きにくい」だったそうです。私も7年後には、どうなっているんだろう。その方は「深刻に考えちゃだめよ」と、言ってくれました。そうだ「心配ないさ~~~~っ」だったね。でも私には、一緒にいてくれる夫がいない。
 ごちゃコンの予約が思ったように来ないのも、テンション上げられない理由かな。OBにお手紙出したのに、直接お返事くれたのは2人だけ。世の中、そんなもんか。息子みたいにしつこく宣伝できない。その息子は、高校演劇京都府南部地区大会の審査員をするそうです。偉い人になったねぇ。
 今日はこれから「足心道」と言うのが出張してくれます。明日の美容室も予約しました。
[PR]
by nyankai | 2017-09-15 09:42 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

「第九」の効能 (9/12)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8まで、あと4日060.gif
 昨日は母の誕生日だったので、一昨日の「第九」の練習のことは今日になりました。
 8月に千歳で久々の「第九」を歌ったのが、喉の加齢による不調まっただ中。フーガの「ガンツェンヴェ~~~~~~~~ルト」14小節伸ばしや、最後のプレストからは疲労困憊d0017084_928208.jpg、「ゲ~ッタフンケン!」は息も絶え絶えになっていたのが、2回の練習で、どうということも無くなっており、周囲の人の声の出方まで、批評できるまでに回復していたのです。耳鼻咽喉科の医者の「たくさん歌ってください。ただし、正しい発声でね。合唱みたいな」は、バッチリ当たっていたのです。「第九」恐るべし。ベートヴェン、ありがとう。もし皆様の中に、最近喉の調子が良くない人がいて、それは炎症系ではない場合は、「第九」が良いリハビリになります。ぜひお勧めします。
 指導の先生が、とってもすばらしいのです。ファンも多いらしいです。日野皓正の例の件、私は何も申しませんが、「良い指導者は必ずしも良い演奏家である必要はないけれど、良い演奏家は良い指導者でなくてはならない」と思っています。
 喉のことは解決しつつありますが、肝心の身体の方は良くありません。その日により、又1日の中で波はありますが、長いスパンで見ると悪化しています。左手はちょっとしたことでブルブル震えるし、脚は歩きにくさを感じています。意識して歩かなくては、のろのろになる感じです。これはパーキンソンの症状です。でも薬はどう考えても効いていません。パーキンソンよりももっとやっかいな病気かもしれません。d0017084_9303642.jpgもしかすると、何年か後には、動けなくなるのかもしれません。と、へらへら書いていられるのは、抗うつ剤が効いているおかげなのかもしれません。
 去年のうちに、もっと医者に食い下がった方が良かったのでしょうか。絶対うつ病なんかのせいではないと。とりあえず、MRIを診てもらうことですね。もしも動けなくなるならば、ますますやりたいことを急がねばなりません。でも明らかに、去年までのごちゃコン並みには、がんばれていません。だって、こわいんだもの。
    右の手で病みて震える左手を 
         握り励ます大丈夫だよ

[PR]
by nyankai | 2017-09-12 09:26 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

キューテンゼロヨン病院の旅 (9/5)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8まで、あと11日060.gif
 前もこんなタイトル書いた様な気がするので、カタカナにしてみました。何だかんだ言いつつも、元気に歌っているし、出かけているやに見える私ですが、ここ1カ月、左腕と左脚の具合は、悪化しています。ちょっと力を入れようと思うと、ブルブル震えてしまいます。ピアノ弾きにくい、タイピングしにくい、歩きにくい。これはもう、うつ病などと言ってもいられないので、神経内科の予約をとってd0017084_9332510.jpg行ってきました。
 病名は特定されませんでしたが、明らかに「左側のパーキンソン症状」でした。又、パーキンソンの薬、メネシットを出してもらいました。去年は3~4日効いて効かなくなった。春は、効いた実感は無かったのですが、今のところそれしか無いって。次回は、春に強烈な頭痛がして、その時に脳神経外科で撮ってもらったMRIの画像を持ってくるようにと言われました。パーキンソン病は、脳の画像だけではわからないのですが、似た症状をおこす別の病気がわかる場合があるそうそうです。もう検索かけて調べて、先回りしてへこむのはよします。
 お昼は、友人と食べました。彼女も最近体調を崩しましたが、落ち着いている様で良かったです。ランチの後、すぐにメネシットを飲んだところ、1時間後位に、もやもやしていた腰に少しだけ反応を感じました。
 その足で、メンタルクリニックへ。気持ちは落ちてはいないと思うので、抗うつ剤をやめたかったのですが、主治医がいなくてだめでした。考えてみれば、今の気力は抗うつ剤のおかげかもしれないし、ごちゃコンを控えているのだから、d0017084_934824.jpgもう少し飲もうか。
 ついでに、レディースクリニックによって、グルタチオンも注入してきました。
 もういつ作ったか忘れましたが、運転用眼鏡も修理に出しました。フレームが折れました。作った頃は、老眼ではなかったので、それ1つで良かったのですがね。ニナ・リッチのフレームで、眩しいと色が付くレンズなので、サングラスとしてハワイF6BB.gifF691.gifF377.gifF3F6.gifまで一緒に行きました。もう少し使いたいのです。
 昨夜は、笑美ちゃんから、ビデオ電話が来ました。「ババですよ」と言っても、ポカンとして、おもちゃを舐めたり叩いたり振り回したりしていました。会いたい。抱っこしたい。
 昨日紹介した、母が作った短めガウチョと、メンタルクリニックで見つけた、紙人形(350円也)です。紙ナプキンを使っています。
[PR]
by nyankai | 2017-09-05 09:31 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)