ブログトップ

ニャンコ座リポート since 2005 April

カテゴリ:人 あれこれ( 467 )

 息子のクラウドファンディンは、https://motion-gallery.net/projects/warainonaikakukorea、今日のブログ送信時点で、40人312,000円です。目標ははるか遠いみたいですが、支援してくださった方へ、私からも感謝いたします。
 今日は、父の誕生日です。お父ちゃん、90歳おめでとうemoticon-0166-cake.gif
90歳ですってよ。90歳。そうよね、娘の私が61歳なんだもの。昭和2年生まれですが、昭和元年って、大正天皇が崩御した大正15年(1926年)12月25日から始まったので、d0017084_9434384.jpg昭和になってすぐってことなの。父の名前に「昭」の字が入っているのもそのせいでしょう。47年の人生の、もう少しで倍近くの年月が経つんですね。
 ブログF679.gifを書き始めてずっと、父の誕生日には、父との思い出や知る限りの生い立ちなど書き続けてきましたが、もう10年を超え、命日にもそんなことを書いてきたので、そろそろ話題も無くなってきました。これからは、d0017084_9443045.jpg又発掘作業に精を出して行かなくては。すでに書いた様な気がしますが、私も忘れてしまったので。
 父のおじいちゃん(紋太郎)は、1850年青森県で生まれ、分家して北海道に渡りました。読み書きそろばんに秀でていたので、商店の番頭だったこともあります。その後漁場の網元になりましたが、災害のために漁船や漁師を失い、ショックのあまり病気になり、何年も患って亡くなったと聞きます。奥さんとの間に1男4女がいて、その男子が父のお父さん(重次郎)、私の父方じいちゃんです。
 じいちゃんは、私が4歳になるちょっと前に亡くなりました。ほんの少しだけ記憶があります。教員だった、とってもダンディなじいちゃんでした。この写真でも、片鱗はうかがえます。1番小さい子が、父なのだと思います。そう思ってみると、面影があります。
 上の写真は、絵が好きだった父が描いた物です。残っているのはほとんど水彩画ですが、これはクレヨンです。父はいつも、油絵をやりたいなぁと言っていました。子育て真っ最中、油絵を始めるには、経済的な事など、大きな決断が必要だったのでしょう。描かせてやりたかったです。じゃなく、描いてみてほしかったです。
 さて、ファーチレ行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2017-02-19 09:42 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

 人間観察っておもしろいわF485.gifd0017084_10491775.jpg
 昨日の行きのペガサス号は、やや混んでいて、左最前列のややお姉さん位の女性が、通路側を開けてくれたので、かけさせてもらいました。もちろんしっかりシートベルトをしました。よって、運転士さんが良く見えます。名前を見ると、ケンちゃんでした。ケンちゃんは、独りごちるのです。「(雪)降ってきたなぁ」とか「あ~ぁ、せっかく(車線)移ったのに・・・」云々(でんでんじゃないよ)。思わず相づち打った方が良いのかなぁと思うほど。
 大谷地バスターミナルで両替しようとした人、お札がはじかれてしまい「すみません、入れ方悪くて」とあやまると「いいえ、この機械が古ぼけているんで、お客さんのせいじゃないですよ」と、ナイスフォローF3A8.gif
 中心部で、何台か前で、作業車がやや傾斜のある現場に入ろうとして、滑ったのか、登れずにズズ~ッと、車線に下がってくるのが見えました。隣のおばさんと私と運転士さん、そろって、アアア~ッF3F1.gifと声を上げてしまいました。作業車は、仕切り直して、登って行きました。「あぶないなぁ」「びっくりしたわぁ」「ぶつからなくて良かった」(バスは後方から見ていただけです)
 それをきっかけに、おばさんとちょっとことばを交わししました。おばさん「ず~っと話している人達いるでしょ。近所のうわさ話とか、個人情報だだもれ」。バスの中での会話では、話題に気をつけましょうd0017084_10514872.jpg。誰に聞こえているかわかりませんから。
 帰りのバスも、混雑していて、私は早めに乗ったので、窓側に座れましたが、隣に大きめのリュックの、髪が長い若い子が座りました。その子は座ってすぐさま、膝にリュックを載せて、それに突っ伏しました。具合が悪いのかと心配しましたが、そうではなく寝てしまった様でした。バスで寝るのは良くあることですが、このポーズは異様な感じがし、そのまま私の方にもたれかかってきました。はっきり言いまして、迷惑でした。くしゃみか咳払いでもして起こしたろかとも思ったのですが、気まずくなっても嫌なので、がまんしながら、いったいどんな顔をして寝ているのだろうとのぞき込んでみると、なんと長い髪が前の方に垂れて、貞子状態になっていたのです。
 貞子嬢は、その後も時々体勢を立て直すも、結局貞子のまま、私に寄りかかり気味で、バスカードを出し、荷物を持ち「次降ります」と言うまで、寝ていました。どんだけ寝不足していたんだか。降りがけにようやくちゃんと顔を見たら、目が大きくてかわいいお顔でした。
 ファーチレは、後2回練習したら、マエストロが来てしまうんですって。あせろうF7CE.gif
[PR]
by nyankai | 2017-02-05 10:48 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

 昨日は天気予報は雪だったのですが、幸いに外れてくれて、シマセンセの所に行けました。マコは、血液検査の数値はまあまあで、体重もちょっと増えて、元気なのですが、ステロイド剤をたくさん飲んでの結果なので、引き続き慎重に経過観察です。でも「たまに、あ~っ、今日は飲ませるの忘れちゃったF46B.gif、位で良いです」という、非常に微妙な指示が出ました。
 帰ると、忘れた頃に届く、アイルランドからの手紙が届いていました。まじょ子町でお世話になった、メアリーさんからです。d0017084_1071937.jpgそう言えば、まじょ子さんに英訳してもらって、クリスマスカード出したのでした。
 メアリーの事だから、私にも読めるように、易しい英語で書いてくれたのがわかります。体調への気遣い、猫の事、孫の事、みんな書いてありました。ありがとう、メアリー。
 ピンクの封筒に貼ってある、切手が妙に気になりました。海外に郵便を出す時は、印字された料金のシールではなくて、できるだけ切手を貼ってやった方が、お楽しみと思います。まず料金です。基本的に出す国の郵便局の収入になります。左の切手が€0.38(ユーロ)で、右が72¢(セント)です。1€=100¢が121円(昨日)とすると、d0017084_1011379.jpgだいたい133円位でしょうか。日本だとヨーロッパで25g以内で110円だから、ちょっと高い感じ。
 左の切手の、2人の女性の写真が、非常にInterestingで、がんばって調べました。わからない事があると、寝食忘れて調べたくなってしまうのが、私の悪い癖。
 緑の方は、Kathleen Florence Lynnキャサリーン・フローレンス・リンさん(1874年1月28日 – 1955年9月14日)、アイルランドの活動家・医者、聖Ultan子供病院を創った人。オレンジの方は、Elizabeth O'Farrellエリザベス・オファーレルさん(1884年11月5日 – 1957年6月25日)アイルランドの看護師・助産師。だそうです。
 右の切手は、わかりませんでした。ペンダントトップに見えますが、気球かはたまた玉ねぎか。メアリーは、アイルランドの色んな事教えてくれました。「セント・パトリック・デー」で、緑の服を着てきてほしいと言われたことを、忘れられません。シャムロックF7C0.gifの緑です。
 そう言えば、札幌オリンピックで、尻餅をついたジャネット・リン、大好きでしたが、彼女の顔はケルト系だと思います。昨夜の調べ物は、ここまででくたびれましたF7CE.gif
[PR]
by nyankai | 2017-01-31 10:04 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(3)

 昨日は、知人のお通夜に行きました。知人と表現するしかない関係です。親戚の親戚、いとこのいとこの、そのお母様が無くなったのです。私の父のお姉さんの夫の弟の妻・・・まっ、そんな詳しいことは書かずとも良いか、直接の血縁関係では無いのですが、父と伯母は仲が良くて、時々遊びに連れて行ってくれた、そのすぐ近所にはる子ちゃんは住んでいました。 d0017084_10181186.jpgはる子ちゃんの家はお店(へき地の雑貨屋さん)をしていて、何でもそろっていました。はる子ちゃんは私と同い年で、弟と妹がいて、その頃はてっきり、私達はいとこ同士なんだと勘違いしていました。小5の(昭和42年)、冬休みの日記です。
   1月9日 月曜日  天気 晴れ (におい-地名:荷負)
 はる子ちゃんのお店に、遊びに行きました。本を読みました。おもちをいただきました。ジュースももらいました。きよしちゃんは、プラモデルでおもしろそうにあそんでいました。郵便局で(伯父は郵便局長でした)、おかあさんにたのまれた切手とはがきを買いました。おばちゃんに、手帳とリボン2つとゴムを買ってもらいました。わたしはとてもうれしかったです。あとで、おふろに入る時、かみの毛がぬれないようにかぶる物(シャワーキャップかな、そんなしゃれた物があったんだ)も買ってくれました。うれしくてたまりませんでした。

 親戚ではないので、連絡は来ていません。新聞で見つけただけです。今は全く付き合いが無いので、行こうかどうか迷っていましたが、はる子ちゃんに会いたいと思いました。お母様は、仕方が無いと言えば失礼かもしれませんが、そういうお歳です。d0017084_10194635.jpgこれを逃したら、もう一生会うこともないんじゃないかと思い、国道は乾いているとの情報を得、車で30分位の夜道をでかけました。
 お通夜が終わって、本当のいとこたちにあいさつをして、はる子ちゃんを特定しました。「はる子ちゃんと話したくて、来たよ。」と言うと、とっても喜んでくれました。ちゃっかり親戚の集合写真に収まって、お互いのかすかな記憶を手繰り寄せ、途切れてしまった膨大なその後を、それとなく埋める様な話をする。
 お母様に最後のお別れをしました。棺は淡いピンクで、桜の刺繍が施されていました。病気で痩せてしまったとのことですが、最後の13年をおひとりで生き切ったと言うお顔は、しっかりしていました。半襟が紫の柄付きで、とってもすてきでした。
 若い頃は、親戚づきあいなど何の意味があるのかなど、突っ張っていた私が、良いもんだなぁと思えるほどには、来し方より行く末が短くなったのでしょう。「飲めるんでしょうF65B.gif」そう言って、はる子ちゃんは、缶ビールを持たせてくれました。
 今日午後は、R.R.Singersの「歌会始」です。
[PR]
by nyankai | 2017-01-14 10:13 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

 今日は雪マークが出ていたので、昨日前倒しで、マコの病院に行きました。体重は誤差の範囲内で変わらず、血液検査の結果も薬の効果で少しずつ良くなり、副作用も出ていないと言う事で良かったのですが、少し鼻水が出ているのが、猫エイズキャリアとしては心配として、d0017084_9563413.jpg「L-リジン」というアミノ酸が出ました。そう言えは、時々くしゃみF39B.gifしています。猫毛アレルギーだったりしてね。
 マコはこんな具合ですが、私の体は、案外へばっています。そろそろメンタルクリニックの薬も無くなるので、行って、又相談しなくてはなりません。一昨日、ファーチレから戻って、左脚が棒の様にこわばって、腰から下が重だるいし、左腕もタイピングが辛いです。だったらグログF679.gif書くなですが。左足に関しては、ちゃんと脱力ができない感覚です。
 で、思い出したのですが、紅白の高橋真梨子の姿が、痛々しくて見ていられなかったのです。歌がどうのこうのではなく、あの痩せっぷり、やつれっぷりが、他人事ではなかったのです。そうしたら、数日前でしたっけ、偶然ちょっとだけ見た「金スマ」で、ベスト体重が41kgのところ、今は33kgを切っている事(ベスト体重が41kgって時点で、私より痩せている)、筋力が無いので、いつも氷水の上に足をつけているような感覚、体調が良いのは年に2回位、更年期でやる気が無くなりホットフラッシュに悩まされ、様々な検査を受けて、うつを患い・・・、d0017084_9592373.jpg私ですら、ここまで悪くは無いけれど、でも半分くらいわかるような気がして、かわいそうでなりませんでした。
 本当なら、ステージに立てないほどに弱っているのに、それを自分に課す。そうなんですよ。私も(プロではありませんが)、歌会もファーチレもしんどいのに、もしやめたらもう立ち上がれなくなると思いましたもん。真梨子さんは、ステージでは高いヒールを履くと、以前聞きました。それで、自分をシャキッF65A.gifとさせるんですって。わかるなぁ、その気持ち。
 真梨子さんと私が全然違う天は、私が恵まれた家庭で幸せに平凡に育った事です。ありがたいです。だから、真梨子さんの歌が不思議でした。たとえば大好きな「for you」ですが、私が歌おうとしたら、めちゃめちゃドラマチックになり、のめり込んで、独りよがりの熱唱になるのですが、真梨子さんはあの内容を、どちらかと言うと淡々と歌います。たぶんそれは真梨子さんが、子供の頃に負った大きなトラウマのせいで、思い入れ過ぎずに歌えるようになり、その結果聴く者の心を揺さぶる歌ができ上がったのだろうと思います。
 真梨子さんが、そして私も、どうか元気になれますように。
 そうそう、私4月にソウルに行きます。「ツレがウヨになりまして」ソウル公演の応援です。一緒にソウル行く人、募集中です。→ここ 見てね。
[PR]
by nyankai | 2017-01-09 09:55 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

 大晦日の夜、弟と盛り上がらないすき焼きを食べながら、子供の頃はお正月って、嬉しくて興奮したよねぇなどと話しました。姉と弟の組み合わせって、こんなものだ。子供の頃から、絶対的に姉の権力の方が強いF65A.gif。だから弟の言うことは、いつまでたっても子供っぽく感じる。
 元日に届いた年賀状の中で、ひときわ目を引いたのは、弟のでした。今年は、傑作年賀状の双璧のお2人が喪中で残念なので、ランキング1位は間違いなく弟でしょう。d0017084_9335477.jpg絵の得意な父の血を引き継げたのは弟であって、私の中には劣等感があります。たとえどなたかが、「あなたの年賀状もすばらしいよF3A8.gif」と本心から言ってくださってもね。
 物持ちの良い(それは母がですけど)私の手元にある、小学校6年冬休みの日記帳から、元日の様子を。
   1月1日 月曜日  天気 晴れのち曇  温度 0℃
今日は弟の工作を手伝いました。弟はきょうりゅうを作るため、はりがねをしんにして、新聞紙で形を作り、糸でしばりました。私は、紙ねんどを作るのを手伝いました。ふっつけるのも少し手伝いました。あまり手伝うと弟の作品じゃなくなるので、d0017084_941269.jpgあとは見ていました。
しっぽや足のところがわれてしまいました。弟はそのたびに、なきそうな声を出していました。やっとねんどをふっつけてからほしました。紙ねんどは、かわくのにとても時間がかかるそうです。

 小さい頃から図工が得意な泣き虫F46C.gifキヨシちゃんです。そして今でも、プラモデルを作っています。
 お正月から掃除をしてはいけない。元日にはお風呂に入ってはいけない。幸い、非科学的なことは興味が無いワタクシ、d0017084_9422738.jpg悲しい程いつもと変わらない日常ですが、昨日は母が作ってくれたウールの着物を、二部式に作り直した物を着てみました。非科学的なのではなく、お正月くらい、主婦の労働を軽くしてやろうと言う思いやりからの言い伝えなのはわかりますよ。
 ベビーキルトのBGMに、「讃歌」のCDかけまくり、すべて鼻歌で歌えるのを目指しています。どうしても戦争(革命)と恋のミュージカルの場面が出てきてしまう(合唱譜番号で)4番~5番辺りが、特に好きです。その中でも5番の81小節~88小節はもだえます。
 1番めでたいF37E.gif年賀状は、スキューバをやりたくて沖縄宮古島に移住してしまった(かつて冬の札幌で酔いつぶれた)姪っ子の、結婚報告です。年賀状をもって、お披露目なんだそうで。お相手は、しまんちゅらしい苗字です。お祝いの電話をしたら、姪っ子の話しっぷりは、すでにうちな~ぐちになっていました。幸せにね。
 笑美ちゃんは、1800gになりました。順調に増量してますねぇF7C3.gif
[PR]
by nyankai | 2017-01-02 09:32 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)

 気持ちはともかく、体調は良くはないです。左脚がとにかくだるいのと、右肩中程度、左肩もやや痛いのと、左右太腿筋肉痛です。でも気持ちがハッピーなので(陽ちゃん、これからも応援してるよ)、寝ていたいとはそれほど感じない分、疲れが半端ないです。d0017084_9443963.jpg動くとハーハーします。やっぱりこわい。休まなくちゃ。
 昨日は、ある子ちゃんとシモン君(11月生まれなので、ニャンコ座の中ではそう呼ぶ事にします)に会いに行きました。新キャラ登場、シモン君です(英語だと、サイモン)。本名は、と~ってもかっこ良いです。3人目のなんちゃって孫です。
 途中に、キタサンブラックのヤナガワ牧場がありました。ある子ちゃんは、育児がんばって、ちょっと首を痛めていました。でもお母さんが出動してくれて(気を利かせてお買い物中、ある子ちゃんにそっくりとの情報あり、お会いしたかった)いるから、心強いですね。シモン君は、1時間ほどの滞在中、1度も泣いたりぐずったりせず、とっても良い子ちゃんでした。d0017084_946426.jpg人間の新品って、こんなに美しいんだなぁと思いました。
 来るべき日のために、ばば練をさせてもらいました。写真掲載は、ある子ちゃんの許可をもらっています。シモン君、ありがとう。これからよろしく頼むね。
 そんなことで、今日は息子の33回目の誕生日です。変形性股関節症が痛かったのと、頭囲がでかかったせいで、21日の予定日より2週間早く、陣痛促進剤で生まれました。モーツァルトの生まれ変わりに違いないと、心の中でVサインF7C3.gifをしました。きっと神童で、偉大なアーティストになるだろうと思いました。そうしたら、注意欠損障害気味で、やっぱり天才になりました。そんな彼が、もうすぐ父親になるなんて、いっぱい心配です。
 emoticon-0123-party.gif33' Happy Birthday To My Sonemoticon-0123-party.gif
 34年目に入った人生は、大切な家族3人で、手をつないで歩いて行ってほしい。私は、北海道から、応援しているよ。
 「真田丸」、あ~、史実じゃなかったら、勝たせてやりたかったわねぇ。四国に移った豊臣家、興味あります。長宗我部さんって、良い人だわ。
 クリスマスパーティーで、ハカセ次郎さんとJELLYさんと3人で、カッチーニの「アヴェ・マリア」を歌うのですが、次郎さんに、「私はどんな声で歌うと良いでしょう。①大人なアルト②ボーイソプラノ風③甘ったるく」と乞う助言メールしたら「①色っぽく」と返ってきました。さて、「色気」は、どこに売っているのかF7F5.gif
[PR]
by nyankai | 2016-12-05 09:41 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

逆縁 (11/17)

 昨日ははなから1日休養日にしようと決めて、最低限の事すらだらだら1日がかりでやって、ほとんど寝ていました。今朝はいく分楽かな。今日も疲労抜き日にします。タイピングが、腕がだるくてけっこう辛いです。なら、ブログなんて書くな、ですけどね。そこは、書き魔の悲しい性。
 ニャンコ座町は今日も良い天気で、旭川などの大雪が信じられないですが、取り込んだ朝刊がよーく冷えていて、外の寒さを感じます。季節がら、喪中のはがきが舞い込みますd0017084_1019434.jpg。ほとんどは、人生お疲れさまでした、仕方ないですね、ご冥福をお祈りいたします、で気持ちを収められるのですが、昨日は私よりも10歳以上若い人のご両親からの葉書が届きました。とっさには、どなたが亡くなったのかを判断できずにいましたが、「倅」(せがれ)という文字があり、名前に覚えがありました。Uちゃんでした。
 私が中学を過ごした地で、Uちゃんのお父さんと、父が同じ職場で、近所に住んでいました。母もそのお母さんとはとても気が合ったらしく、仲良しでした。目がクリクリして、心もちぽっちゃりした彼は、この世にこんなに愛くるしい子がいるのだろうかと言うほどでした。弟も私もUちゃんがかわいくって、良く遊んでやっていました。上の写真は、夏休みのラジオ体操の時のものです。
 数年後、お父さんの転勤で道南に引っ越し、高校2年の高文連の合唱の大会で函館に行った時に、ホテルまで来てくださって、d0017084_10204479.jpg函館観光をさせてもらった覚えがあります。
 父が死んだ後も、ご両親とは年に1度の年賀状の付き合いをしてもらい、その添え書きからわかったことですが。心もちぽっちゃりだった彼は、そのまま肥満の道を歩んでしまい、若くして糖尿病を発症し、腎臓病へと進んで、透析生活だったそうです。
 それでも病気をコントロールして、元気にしているのだろうと思っていたのに、「年明け間もなく、宿病に勝てず他界いたしました」との、悲しい知らせでした。49歳だったそうです。いっちゃんが死んだ時に、義母が「代わってやりたかった」と嘆くのを見て、私よりも、お母さんの方がずっとかわいそうだと思いました。こういうのを「逆縁」というのですね。(親が子の死をとむらったり、敵対していた者などのために仏事をしたりすること)ご両親の心痛を思い、電話せずにはいられませんでした。お母様の、落ち着いた変わらぬ美しい声を聞いて、安心と同時に深い悲しみの中にあることを思いました。葉書にあった句です。
     寒空に ひとりたどるや 黄泉の道
     もの云わぬ 倅に泪も 凍てつきて
 知人が、「身体表現性障害」の情報をくれました。ほぼ当てはまるんでないかい?
[PR]
by nyankai | 2016-11-17 10:16 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

 ひどく冷えるのは、暖房の不凍液の温度を5℃上げる事で、改善されました。お金と健康を比べている場合じゃなかった。どうせ100歳までなんて生きないのだから、暖房費節約はやめます。どんと来い、ほくでん。
右肩痛い、両腕が何とも嫌な感じが増してきていますが、私は割と元気です。健康じゃないけど元気みたいなぁ~。
 昨日は、又同じ知人に誘ってもらって(家にいるととにかく寝転んでいるから、誘われるのは良いことです)、「日高管内教育講演会」、教育講演会だよ、すごいしょ、『母として、妻として、女将として』花田景子さん、に行ってきました。d0017084_9585468.jpgフライヤーをじっくり読み説くまで認識できていなかったのですが、PTA研修会の一環の講演でした。だから、会場に着くと開会式の最中で、私たちの興味本位の一般野次馬は、ホールで若干待ちました。会場は動員された、父母先生たちの熱気でいっぱいでした。中には懐かしい顔も。
 出てきた景子さん(51歳)は、金茶色の(ニットかもしれない)スーツで、セミロングのワンレングスボブで、そんなに近くでは無いですが、とってもとってもきれいでした。話も淀みなく納得できることで、非の打ちどころが無い位でした。
 結婚した当時、上智のフランス語学科とか、フジテレビの花形アナウンサーとか、美人とか、つんとしているとか、りえちゃんがかわいそうとか、とにかくいっぱい陰口を言われたんじゃないかと、私もどちらかというと、冷やかな気分でした。私は自分が、嫉妬心を有しているのを自覚しているので、あまりにご立派すぎて、焼きもちやいて、でもそれ自体がプライドが許さなかったから、d0017084_1013349.jpg結果関心ない方へコントロールした様に思います。世の中に起こる嫌なことのエネルギー源は、嫉妬であることが多いのですよ。
 昨日の講演を聞いて、今さらながらに、景子さんの力を思い知りました。あなたはとてもがんばっていて立派です。
 私は、お母様の藤田紀子さん(69歳)の話を聞きたいですねぇ。年下の彼氏のゲットの仕方とか・・・失礼しました、すみません。
 シンデレラストマックの私は、力士(力士に限りませんが)が、体を大きくするために、がんばって食べる件を、辛い気持ちで聴きました。私は絶対に太れません。太る前におなか壊れますから。
 初代若乃花は、一時室蘭に住んでいました。その時父も室蘭にいて、若乃花と相撲をとった、自分の方が強かったと、嬉しそうに話していたものでした。それはたぶん、ホラではない様です。
 「真田丸」、プリンス秀頼があまりにかわいくって、キュンキュンします。真田の赤備えを見ていて、そ~だ、これって広島カープだと思いました。
[PR]
by nyankai | 2016-11-07 09:57 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)

  昨日は、まじょ子町へ行きました。毎年この季節には、文化祭の「まじょまじょ」の練習に行っていました。でも今年は1回休みです。d0017084_918134.jpg理由は、まず私の体調不良、文化祭のステージをこなせないとは思いませんが、その算段をし練習をするのは、さすがに無理と思いました。そして、その日10/30は、みずえさんのコンサートとナナさんのピアノ発表会と、まさかのトリプルかぶりで、文化祭を優先するだけの意欲は湧きあがってきません。そんな私を気遣ってくれたのか、まじょ子さんもちょっとへこむ事があって、今年は休もうかと言ってくれました。
 だから考えてみると、どうしても行かなくてはならない用事は無かったのですが、まじょ子さんにゆっくり会いたかったこと、6年住んだ町が懐かしいこと、道中の紅葉がきれいであろうこと、仮装盆踊りのおこぼれに与った高原荘の入浴券を行使したいことなどで、d0017084_9185791.jpg重い腰ならぬ、だるい腰を上げました。
 途中にいくつかの橋がありますが、沙流川は渓谷になっていて、そこそこで私の他にも車を止めて写真を撮る人がいました。きれいな紅葉と台風の爪痕が同時に見える所がありました。
 まじょ子さんとおいしいお蕎麦を食べて、マダムJ宅へ。彼女の魅力が人を引き付けるのでしょう。昨日も数人のユニークな来客があって、楽しいことでした。体調不良の原因がわからないとぼやいたら「どこも悪くなくて良かったね」と、朗らかに言われました。そりゃそうだけど。
 J’sケビンで、ちょっとだけピアノ触ったり、まあ良く話すことがあると言うほど話して、温泉に行きました。ちっとも立派ではないし、露天風呂も無いのですが、高原荘のお湯が大好きです。ゆったり心行くまでお湯に浸かって、あがった先の休憩コーナーでは何人かがテレビを見ていて、歓声が聞こえました。d0017084_9204632.jpgハム、日本シリーズ進出が決まった瞬間でした。どこの誰だか知らない人たちと、ほほ笑みあいました。初回の4失点に、これはアカンと思ったのですが、負ける気しなかった。絶妙なタイミングで、お風呂から出たのでした。大谷君はもう、何が起こっても不思議ではない人になってしまいました。まさに神様仏様大谷様です。夜は、スポーツニュースを見まくりました。
 日がとっぷり暮れた国道237号線を南下。まじょ子町の温かさ、温泉の温かさ、ハムの熱さに気持ちは充実していましたが、運転の最後の15分位は、体が辛くてめげました。
 息子がYちゃんと、1泊旅行に行く由。私が2人きりで旅行等しばらくできないから、ぜひ行って来いと勧めたのさ。たぶん、九度山でしょう。
[PR]
by nyankai | 2016-10-17 09:15 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(0)