カテゴリ:猫( 170 )

 昨日の夜は、ファーチレから帰って、「ただいま~~~っ」と大きな声で言いました。リビングのドアを開けると、ダリだけが、まん丸い目で、静かに近寄ってきました。去年の秋までは、3匹が声を出しながら、脚元にまとわりついてきたのにね。わかっているのだけれど、もうそんな光景は2度と無いことは。
d0017084_10483643.jpg ネギは腎臓が弱って、徐々に衰弱し、吐いたり粗相したり、水や牛乳をピチャピチャ飛ばしたりしたし、最後は近くの病院ですが、3~4日に1度点滴に通っていたので、死んでしまうと、すごく楽になってしまいました。
 マコは、元々は吐かない子でしたが、病状が悪化してからは、吐くようになってしまって、やや遠い病院へ通い、正直お金も相当かかり、何より太っていたのがどんどん痩せて弱って行くのを見ているのもかわいそうでした。
 死ぬ前々日、いっちゃんのベッドの上に吐いてしまい(マコ&ダリは良くそこで私が起きるのを待っていた)それを洗濯し、マコが使っていたカリカリ用の食器をきれいに洗って片付けました。d0017084_10581920.jpgトイレは1つにしても良いのですが、ダリが大小を使い分ける習慣なので、とりあえずそのままにしておきます。猫が減って行くって、家の中がきれいになって、楽になって行くってことなんだと、悲しくなりました。
 昨日の最高気温トップ10には、北海道がたくさんランクインしたそうですね。帯広37℃って、ひどいなぁ。最高気温もそうですが、北海道の内陸は、それ位暑くなることもありますが、最低気温が-20℃を下回ることもありますから、その差が大きすぎます。札幌も暑かったのでしょうが、外にはほとんど出なかったので、さほど感じませんでした。ニャンコ座町は、海の側なので、おかげ様でそこまで暑くは無かったでしょう。
 d0017084_1059367.jpgファーチレは、バッハの「Missa in g」をやりました。いかにもバッハらしい曲です。又、ワクワクするような企画があるようです。昨日は、腕がだるく無く楽譜が持てました。トモコさん差し入れの、本場のサクランボはね品があって、おいしかったです。
 先週新聞に、猫はなぜかわいいかの記事がありました。丸い頭と大きな眼は子供の愛らしさの特徴で、生き物は成長に伴って顔や体つきが変化します。猫は子どもから大人にかけて顔の成長があまり無いので、愛らしいのかもしれないと、書いてありました。当たっていると思います。
[PR]
by nyankai | 2017-07-16 10:47 | | Trackback | Comments(3)

 ダリが妙になついてくるように思う。女2人きりになってしまって、とても静かな感じがする。マコはおしゃべりだったもね。テレビを見ていたら、ヤマト運輸のCMに、マコが出ているように見えてしまう。「通販生活夏号」の表紙もマコだ。
 暑いので、昨日のうちに人を頼んで、マコを埋葬した。息子は、1週間何とか保存できないのかと嘆いたけれどd0017084_964311.jpg、仕方ない。
 マコは、2002年生まれ。たぶん、夏の終わりか秋に生まれたんだと思う。マコのママは、コマと呼んでいた、全然なつかない野良の小柄な黒猫だった。仔猫のマコを置いて、自分は姿を消した。家にはすでに、ネギとダリがいたので、「ごめんね、もう飼ってはあげられないの」と言っていたのだけれど、ニャンコ座に引っ越すにあたり、置いてこられなかった。長いこと外猫で、去勢もしていなかったから、きっとその間に「猫エイズ」に感染しちゃっていたんだね。
 大柄な猫で、家猫になったとたん、どんどん太り出して、マックス7kgになってしまった。去勢したオスの、太った猫は尿路結石になりやすい、そのデータ通りだった。マコだけ、phコントロールカリカリを食べながら、巨体で人懐こくて、絶対に怒らない良いヤツ全開の平和な生活が、d0017084_98246.jpg永久に続くものだと思っていた。
 2014年8月、吐いたことのないマコが、泡を吐いて、ハーハーと苦しそうになって、驚いた。病院に連れて行くと、レントゲンと血液検査の結果、信じられない診断が出た。「猫エイズ」キャリアで、「悪性リンパ腫」の疑いが強い。そのまま逝ってしまうのではないかと思い、息子も1泊で京都から会いに来たほどなのに、マコは奇跡的に、寛解に近い状態にまで回復してくれた。強烈な便秘もあったので、カリカリは消化器サポートに変わった。マコ、まだ残っているよ。
 去年夏、大食らいだったマコの食欲が落ちてきた。痩せて行くので、再び病院に連れて行くと、普通の生活がありえないほどの貧血だった。でもゆっくりと進行していたので、マコ自身はこんなものかと感じているのかもしれないという診断だった。「猫エイズ」が発症してしまったらしい。ステロイド剤と、免疫力をアップさせるサプリメントが効いてくれて、少しずつ貧血が改善されていた。
 でd0017084_985291.jpgも、怖れていた、薬が効かなくなる時が来てしまった。この春ころから、又貧血が進行し、マコはいなくなってしまった。いつも、保護色していてわかんない、お気に入りの座椅子から。3年も良~くがんばりました。マコ、偉かったね。いつか又会おう。
 猫エイズの場合、涙や鼻水やよだれで、顔がグシュグシュになってしまうことが多いと聞いていたけれど、マコはきれいな顔のままで逝った。まん丸おにぎり顔だったのが、痩せて、シュッとしたイケメンになって。いっちゃんとネギに再会して、きっと楽しくやっているんだろうね。
 今日は、しばらくぶりのファーチレです。私にとっては、良かったんだろうね。
マコ:ママにコメントやメールをありがとう。みんながいてくれるから、安心だよ。
[PR]
by nyankai | 2017-07-15 09:05 | | Trackback | Comments(3)

 遅くなりました。突然ですが、マコが逝ってしまいました。
 2週間の間に、記録では、朝の時間帯に5回吐いたマコですが、そこそこ食べてもくれて、昨日の血液検査は、やや良くなっていて、ホッと胸をなでおろしました。帰ろうと車を発進させてほどなく、吐き始めたのです。小さいキャリーバッグの中で、かわいそうに。コンビニの駐車場に入って、蓋をあけると、あの1番苦しそうな、口を開けて舌を出して、ハーハーの状態になっていました。これは躊躇している場合ではない。パニックになっても誰も助けてくれないと、落ち着くんだと、自分に言い聞かせて、すぐに病院にとって返しました。
d0017084_16183347.jpg シマセンセによると、暑くて具合悪くなったのではないかと。熱を計ると、39℃越えで、苦しそうなので、酸素室に入れてもらいました。入院させようか、保冷剤を当てて帰るか・・・頭は混乱しましたが、とりあえず少し待つことにしました。小さなキャリーの中で、気持ち悪くなっちゃったんだよね。考えが至らず、ごめんね。
 お金を少し降ろして、近くのホームセンターに入り、息子にメールしたら、「せめて後1週間がんばれ」と返事が来ました。そうだ、マコ、死んじゃダメだよ。シマセンセはどっちかというと、最悪なケースを言う人なので、きっと大丈夫と思った所で、私自身も喉がからからなのに気付きました。
d0017084_16192090.jpg 1時間位酸素室に入って、呼吸が落ち着いたので、キャリーには入れず、助手席にレジャーシートを敷き、保冷剤を置き、その上にバスタオルを敷いて、乗せて帰ってきました。だっこして家に入り、そっと床に降ろしたら、自分で歩いて行って、水をたくさん飲みました。
 私の、猫の元気の見極めポイントは、側に行くとゴロゴロ言うかどうかです。マコは全然ゴロゴロ言いませんでした。嫌な予感がして、又1階に毛布を持って来て、近くで寝ました。2時くらいまで起きていたのですが、その後眠ってしまい、朝起きたらもう旅立っていました。気づかない位だったのだから、きっと苦しまなかったんだと、自分に言い聞かせました。もっと車を冷やしてから乗せれば良かったんだね。センセに電話で報告したら、「生きているのが不思議な位の数値だったんですよ。大往生です」と言ってくれました。息子に会わせてやりたかったけれど、残念です。
[PR]
by nyankai | 2017-07-14 16:07 | | Trackback | Comments(5)

 夜中に、猫が吐く音が聞こえて、目が覚めました。猫が吐くと言うのは、そう珍しいことではないので、最初はどっちか吐いてる位に思ったのですが、d0017084_91930100.jpg何度も何度もで、すぐ側で聞こえたので、あわてて起きたらマコでした。昨日の朝も吐いたのですが、マコは元々は吐かない子だったので、驚きました。3年前の夏、泡を吹いた感じになって、その時の事の重大さを知りました。
 昨日も今日の場合も、最初ほんの少量のカリカリを吐いていました。それが、私の感覚では妙に白っぽいのです。そして吐くものが無くなって、泡を吐いて、呼吸は早くて浅くて、便も少し出てしまって、お腹が苦しいのかと思いました。そのまま死んでしまいそうで、うろたえました。その段階では、病院よりも、家にいて看取ってやらなくちゃというほどに、見えました。
 1時間くらいして、ようやく吐き気が治まったようで、私のベッドの横の猫ベッドに入れて、呼吸を確かめられるように、背中辺りに手を当てるようにして、私も横になっていたら、いつの間にか眠ってしまいました。7時近くに目が覚めたら、マコはいなくなっていて、1階にいました。見た感じ普通の態度で。ぬるま湯に浸したタオルで、口の周りや前脚を拭いてやりました。これから病院に行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2017-06-16 09:18 | | Trackback | Comments(2)

 マコの病院へ行ってきました。「どうですか?」と聞かれて、「良くはありません。おそらく悪くなっていると思います。悲観しているとか、絶望しているとか言うのではありませんが、もうそれほど長く一緒にはいられない気がします」とd0017084_9394031.jpg答えました。
 体重が減り、血液検査票はもう見たくないほどの結果で、涙や鼻水が出る点など、猫エイズが発症してしまっているのはあきらかです。でもマコは良いヤツなので、ご機嫌良く、なついてくれています。シマセンセも、初対面の時のとっつきづらさはどこへやら、非常に穏やかに対応してくれて、ステロイド剤を微増、βグルカンを続け、これ以上薬を飲ませるのは消化器に良くないから、2週間効果がある抗生物質を注射してくれました。
 カリカリはあまり食べませんが、(私が)刺身を食べる時などに興味を示すのですがと聞くと、ほどほどに食べさせてやってください、後悔しないように、という答えでした。そうか、後悔しないように、食べたがるものを・・・
 マコ、こわいんだよねぇ、私もだよ。マコのことは、私がしっかりがんばるから。でも私のことは、誰に頼れば良いんだろう。このままじゃ、フラフラとどこかに飛んで行きそうで、心もとないわ。誰か、私が倒れてしまわないように、手を、いえ、氷のように冷たくd0017084_9403433.jpgなる足を握っていてください、と思わずにはいられません。でも息子は、私のことを優先してはいけません。お断りです。
 そう言えばさ、ゴルフにはほとんど興味無いのですが、タイガー・ウッズのあの事件、驚きました。結局、真相はどうだったのでしょう。あるコメンテーターが言っていたのですが、ゾルピデムという睡眠導入剤の副作用に、寝ているのに、目が覚めて突然車を運転してしまうと言うのがあるので、その可能性もあるって。ゾルピデム、私も持っています。マイスリーです。今は、デパスのせいで眠いので、飲んでいませんが、かなり長いこと飲んでいました。あれ、眠くなり始めると、その間の記憶が無くなることがあります。マイスリー飲んでからやったことを、翌朝全く覚えていないことがありました。タイガーも色々大変で、寝られなくて、ゾルピデムが処方されて、もしかしたら、たくさん飲んでしまったかもしれませんが、そのせいなのかも、と思いました。
 有効活用できないまま、今年もアロニアの花がきれいに咲いています。たくさん実が生る事でしょう。
[PR]
by nyankai | 2017-06-07 09:38 | | Trackback | Comments(0)

 昨日は、ステファンのおかげで、さわやかな朝帰りをしたのに、ダリは元気になっていませんでした。どころか、お尻が変。そうだ、2度の肛門嚢炎を経験しているのに、私が気付かなかったのです。あわてて病院に連れて行ったのですが、もうやぶれていました。痛いよね、ご飯も食べられないよね。ウンチも出にくいよね。
 d0017084_9533183.jpgマコの事ばかり気にかけていました。去年原因不明のハンストをしたダリですが、その後は、おてんばなダリに戻ったので、ほぼ気にかけてやっていませんでした。ネギとはたった1歳違い。去年の今頃は、もうネギはかなり弱ってきていたのだから、ダリだって色々起こるよね。抗生物質の注射をし、飲み薬と塗り薬を出してもらい、AD缶を買って帰りました。マコがウハウハ食べました。
 メンテは、外壁の塗装が終わったようです。天窓の修理が終わり、窓の養生が取れたので、少し明るくなりました。
d0017084_9554381.jpg 歌会が午後だと思ったと言うある子ちゃんが、シモン君を連れてよってくれました。おっきくしっかりなったねぇ。
 夜はようやく全員で歌会ができると思ったのですが、1名体調不良でそろわず。私を含め、2名は体の不具合を持てあましていました。でも男声が来たので、みっちり音とりをしてもらいました。50周年なので、気合を入れてていねいなライヴをやりたいのです。だから9月に伸ばしたのです。その分、ゆったりと、と言いたいところだけれど、今の私はゆったりするとダメになりそうです。
 考えて見ると、5月に入ってからずっと、お腹がはっきりしていないような気がする。いつも腸が不必要にグジュグジュ動いているようで、全然食べたくない時があります。d0017084_9565938.jpgせっかく抗うつ剤の副作用で少し太れたのに、戻りつつあります。たぶん戻るでしょう。鍼の先生が、無理して食べなくて良いと言ってくれたから、気にしてもいないけど。
 ダリが傷をなめないように、エリザベスを借りてきましたが、首輪さえストレスになるダリには、かわいそうでつけられません。ダリ、なめんなよ。
 昨夜は、くたくたになりました。でも今日は、マコ病院に行こうかな。薬が無くなりましたから。
 ☆「カッチーニのアヴェマリア」を、次郎さんとN氏と私で歌います。次郎さんが、「イル・ディーヴォ」風にアレンジしました。これ、カッチーニが作ったんじゃなくて、旧ソ連の作曲家ウラディーミル・ヴァヴィロフが作曲したそうですね。『モーツァルトの子守歌』が、オーストリアの作曲家ベルンハルト・フリース作曲だってことみたい。
[PR]
by nyankai | 2017-05-21 09:48 | | Trackback | Comments(0)

 このだるさこわばりの、次の一手に挑戦してみる事にしました。苫小牧の友人が、評判がユニークなのだけれどと。鍼灸院です。鍼は、去年夏に地元で3回試しましたが、変わり無く、精神的にも落ち込みが激しい時だったので、それきりになっていました。とにかく1度試してみたいと思います。10日に予約をとりました。
 昨日は、手紙と夕刊が来て、あ~単なる土曜日だと気がつきました。その中に、「讃歌」に来てくれた、中3の担任からの葉書がありました。5枚のノルマを買ってもらった後、おまけに着いてきたチケットを、もしも都合が良かったらと送らせてもらいました。何も反応が無かったので、たぶん来ていなかったと思っていたのに。問題なさそうなので、d0017084_9364353.jpg全文を載せます。
 ベートーベンの第九に匹敵する圧巻の合唱でした。そのステージでソプラノをひびかせていたので感激して涙が出、右から2番目にお立ちの○○をわがまぶたにと大きく広げて見ようとしたが、別のことを考えてしまった「あの声をあなたの父や母にもお聞かせしたいなぁ」と
 愚老八十路ながら二歳児の孫と戯れることがたのしみです
 やだ、先生、泣けてくるじゃないですか。急いでホワイエに出たのに、どうして待っていてくれなかったんですか。評価の分かれる教員でした。私は波長があったと言うか、その後にも大きな影響をもらったと思っています。クラスの団結のために合唱をする、その初期の頃だったと思います。返事書きます。
d0017084_9373520.jpg 嬉しい葉書の次は、マコのことです。ここ半月くらい、朝、私を起こしに来ないことや、寝ている時間が長いことや、食べている現場の目撃が減っていることが気になっていました。検査結果は、怖れていた貧血の進行でした。体重も少し減りました。要するに、こわいのでしょう。ステロイド剤が効かなくなってきているけれど、増やした所で、ちょっとの間良くなるけれど、その後ガタッと悪化するとのこと。1日おきになっていたサプリメントが、又毎日になりました。
 マコ、どうしたい?猫は情けない人間と違い、病気による「死」の恐怖など無いでしょうから、ひたすら、気持ち良く暮させてやりたい。私(飼い主)がどう感じ、自己満足のために何をしたいかではなく、マコが1番どうしたいかを考えたいです。でも、笑美ちゃんとは会わせたいなぁ。
 この間買ったキャリーバッグに入れて行ったら、先に来ていた犬の飼い主さんに、「入ってるの1匹?おっきいねぇ」と言われました。確かに、満タンです。
 今日は午後、コンサートに行くことにしました。私のGWの〆です。
[PR]
by nyankai | 2017-05-07 09:35 | | Trackback | Comments(0)

 花壇に花が咲いたと言うのに、ピアニストの息子さん一家が、今さらのインフルエンザB型だそうです。予防接種した人たちも、もう効力はないだろうから、せいぜい体力落とさないよう、d0017084_8173589.jpg働き過ぎには気をつけましょう。そんなことで、昨夜の歌会は、お休みにしました。
 父の命日は17日なのですが、お寺さんの都合がつかず、今日の8時半にお参りになったのです。今日はファーチレですから、私は8時半で良かった。だから私にとっては、久々の超早起きをしました。練習に間にあうためには、10時のバスに乗らなきゃいけませんから。
 明日は午後が元々決まっている抜糸、おまけに突然(毎年突然来る)午前中に町内会のゴミ拾いが入ってしまったので、昨日のうちに、マコ病院に行ってきました。相変わらずの貧血ですが、毛はツヤツヤ、何と体重は5.8kgもありました。息子が、笑美ちゃんはマコを追い抜いただろうと喜んでいたのに、これじゃまだマコの勝ちですね。
 あまり太らせてはいけないのでしょうが、去年具合が悪くなった時に、7kgあったのが4kg台に落ちたのだから、良いのかもしれません。きちんと決まった量をあげているのですが、d0017084_818837.jpg目を放すと、ダリの分も食べちゃうのよね。重いケージに入れて運ぶのも限界なので、軽いバッグを買おう。でもあまり小さいのだと、入らないかもしれない。
 難航したごちゃコンの日程が、ほぼ決まりました。9月の16日(土夜)か17日(日午後)です。レギュラー出演者全員の都合がつきました。本当は昨夜決定するはずでしたが、お休みしたので。私の体調不良と、50周年を手抜きしないでやりたいからと、少し遅くと思ったのが失敗だったかと後悔しかけたのですが、次の次の週末は、私が韓国、その次私は「讃歌」、その次はなんちゃって孫たちが、GWでリアルおばあちゃまの所に行くので、3週練習ができない(昔は何曜日でも練習できたのに)可能性大で、いつもの5月最終土曜日ではきつかったでしょう。結果これで良かったのかもしれません。原因の大半は私?不本意だけど。
 みなさん、聴きにいらしてくださいね。「行けたら行く」という返事は許しませんよ。
[PR]
by nyankai | 2017-04-09 08:08 | | Trackback | Comments(0)

 何だか、一頃よりも体調悪くなってしまいました。又、こわいなぁの日々です。心が折れていないのと、どうしてもやるっきゃないことはできるんじゃないだろうかなどという、自信らしきものはあるのが救いですが。だって、笑美ちゃんを抱っこし、尾道の坂と階段を上り、息子の家を掃除し、ちゃんと帰ってきたのですから。
 d0017084_9264829.jpgd0017084_927555.jpgネギはもちろん永久にニャンコ座の一員であることに変わりは無いですが、とりあえず今いるダリとマコの横顔を眺めていると、えらい違いに気付きます。どちらも由緒正しい野良猫なのに、その風貌は毛の長さだけではなくて、顔つきが事なるのです。猫そのものが、四足動物の中では、顔のパーツが前に付いてはいますが、短毛のマコが鼻が前に突き出しているのに比べて、長毛のダリは失礼な表現を使うのを許してもらえれば、顔がつぶれている(そこがあいくるしい)のです。マコが新幹線だとしたら、ダリは在来線の電車です。長毛のペルシャとかヒマラヤンなどは、もっとつぶれていますね・・・あっ、怒らないでくださいよ。
 ダリは耳の先端の毛がツンと長かったら、メインクーンに似ています。そこまで大きくは無いけれど。まじょ子町で拾いましたが、良く似た雄猫もいましたから、兄弟だったかもしれません。親のどちらかが長毛種でしょう。
 猫には多くの種類がありますが、犬ほどには違いが少ないですね。だってさ、ちょっと調べてみましたが、グレートデンは70kgあり、チワワは450gだそうです。猫は、メインクーン等、長毛種が大きめで、7~8㎏から10kgあるそうで、マコがマックス7kgありました。小さいのは、シンガプーラとかスキフトイボブテール(全然知りません)3㎏ないそうですが、それでもほら、犬ほどの差ではないでしょう。
 ただ今、ダリは4kg弱、マコは明日病院に行く予定ですが、たぶん5㎏強でしょう。笑美ちゃんはその中間位かなぁ。猫よりは随分世話焼けます。
 治らない病気を受け入れて生きている人達を、立派だと思います。私の場合、病気かどうかもわからないのですが、とっくに人生を折り返した今、苦痛(大袈裟かな)を背負ったまま、どう折り合いをつけて行こうか、しばしばわからなくなります。そうは言っても、くつろぐ猫たちが側にいると幸せだし、歌の練習は楽しいんですけどね。でも、誰か教えてほしい。と、夜ならば書きそうです。今は朝なので、今日も1日、がんばりましょうと思っている。
[PR]
by nyankai | 2017-03-12 09:22 | | Trackback | Comments(0)

 昨日は、午前中にマコ病院に行き、午後は町の「骨粗しょう症予防教室」に行き、へとへとになりました。我ながらd0017084_949874.jpg、情けない。
 マコは半年前、普通に暮らしている(普通じゃないから、私でさえ気付いたのだけど)のは奇跡だというほどの貧血だったのですが、総血球数と赤血球数が基準値に達して、1番痩せた時よりも500g位体重が増えて、ツヤツヤです。猫の500gは、人間ならば5㎏相当だと思います。マックス7kgあったマコが、一時4.6kgまで痩せました。今の所、ステロイド剤の副作用も心配ないので、ようやく次は1ヶ月後になりました。もちろん、少しでも異常を感じたら、診察を受けるという条件で。
 8月中旬から3日後、1週間後、2週間ごとと、車で小一時間かかる病院まで、マコも私もがんばりました。ブログ読み返したら、私自身が起きられないほどの辛さの中、本当に良くやったとしか言いようがないです。これからしばらくは、月一位で落ち着くと良いなぁ。
 お昼御飯もそこそこに、骨粗しょう症(この言葉、口でも言いにくいし、ローマ字入力も難しい)教室に出かけました。人間は、強制されないと、何事もやらないものであると思ってさ。相変わらず、フワフワめまいはしているのですが、d0017084_949599.jpg動いたから強くなって倒れるなどと言う類のものではありません。
 骨密度検査をしたら、股関節の悪い右は予想通り、ショックだったのは、だるい左脚がそれ以上に悪くなっていたことでした。運動しないと、こんなに悪くなるんだわ。
 「運動編」と「食事編」がありました。運動しなくてはいけないのですが、骨量に関しては、痩せっぽは不利。おまけに1年以上ほとんど運動らしい事をやらず、寝てばかりいた時期もあったのですから、悪くなっていて当然です。股関節の事を考えると、運動しまくるのもいけないので、そこんとこジレンマF7CE.gifです。でも、椅子を使った体操やヨガは、参考になりました。骨折するのは脚ばかりじゃない、腕の体操もありました。ピアノを弾く人は、腕の骨密度は高いかもしれませんね。ステップダンス体操は楽しくてやってしまったのですが、股関節には負担かかった感じで、まずかったかな。
 教室が終わって、ちょっと買い物して帰ると、バテバテでした。来週もあるのですが、笑美ちゃんF3D9.gifに会いに行くので、参加できないのよう。
 今日は2(ふん)1(ど)4(し)の日でもあるそうです。私も寝るときは、ナナフンです。
[PR]
by nyankai | 2017-02-14 09:48 | | Trackback | Comments(2)