カテゴリ:音楽(合唱)( 868 )

やれば必ずできるようになるから (1/21)

 今年2回目のファーチレでした。同い年の、D.スカルラッティとJ.S.バッハの、合唱オタク向けの(周辺にいる人達は極めて誘いにくい)プログラムです。まだ歌えていないのに、チラシができちゃいました。7月15日です。場所はサンプラザホール(中野ではなく札幌の)ですd0017084_10173540.jpg。独唱は、2人決まっています。スタバがあるので、もしかしたら、又私のソロ出番もあるのかもしれません。もう少し元気になっていたら光栄なことですが、やや複雑な気分です。管弦楽の伴奏です。伴奏と言ってはいけないのかもしれません。コンマスは、農民管弦楽団の代表者です。共演できるの嬉しいです。1000円です。チケット買ってください。
 紺バッハ―ミサト短調と、青バッハ―目覚めよは、毎晩お風呂に入る時CDをかけて聴いていますが、CDについて歌うのはとてもとても無理です。こんなの歌えるようになるのか、目標は果てしなく高いです。おまけに昨日は大失敗、老眼眼鏡を忘れました。練習にならないかと思ったのですが、それが意外と歌えました。
 歌は練習すれば、いつか必ず歌えるようになります。ピアノはどんなに練習しても、能力は決まっていますから、無理なものは無理ですが。音とりして、色々指示してもらって、繰り返し繰り返し練習すれば、歌えるようになって行くのが自分ではっきりわかるのです。
      合唱の練習冬のガラス窓 歌うたび見る天気はどうか
 練習が終わり、暮れた外に出たら、知らない間に雪になっていました。駅周辺で総菜を買って、デパートのバレンタインのカタログをお持ち帰り。d0017084_10182770.jpgペガサス号がターミナルを出る頃も、盛んに降っていました。私はずい分と道南バスに貢献しているわ。いっちゃんが医大に入院していた時は、3日に1度行っていたし、その後は月1~2回はファーチレだし、病院も行くし。
 ちょうど路面は滑る条件がそろっていたのか、自動車道は速度制限がかかり、ニャンコ座町に着くまでに、2つの事故があったらしく、苫小牧東からは一般道に降りたので、帰宅はかなり遅れました。家とバス停の距離は遠くは無いですが、歩くのはちょっと無理と言うほどです。イオンの駐車場に置いた車の雪をはらって出発しましたが、途中には大きくカーブしている坂があります。雪道でも、高台の家に向かうのは登りだから良いですが、下りの時は緊張します。
 帰って、遅い夕ご飯を食べたら、ひどく疲れていました。それなのにグッスリ寝られず、今朝は早くからダリが何度も吐いて、ちょっと心配です。
[PR]
by nyankai | 2018-01-21 10:14 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

いっそ忙しい方が (1/15)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 昨日は忙しい日でした。午前中はダリの歯周病を診てもらいに。口臭もよだれも改善していたのでどうかなぁと思っていましたが、歯茎はまだ赤いままでした。でも体重は微増で、様子見になりました。残っている歯はしっかりしているので、まだ抜けないそうで、d0017084_932877.jpg抗生物質の注射をしているので、完治している訳ではないのだそうです。
 木曜日に知った情報ですが「New Year Concert 岡本孝慈と日高の子どもたち」と言うコンサートに行きました。又Niさんを誘い、A子さんとも合流しました。「とねっこピアノコンサート実行委員会」主催で、どういう人間関係かは全くわかりませんが、ピアノ教室2つと、大学のピアノの先生と高校の音楽の先生のバリトンの組み合わせでした。
 第1部は岡本さんのピアノ。良く知られた曲を弾いてくれたので、楽しめました。この先生にピアノを習ったら、幾度も幾度もこう注意されると思います。「無駄にペダルを踏んで、ペダルに頼りすぎてはいけない」「メロディーラインをしっかり出して、ちゃんと歌って」。そういう演奏でした。
 第2部は、「日本の四季」と題して、1年生から中2までの子どもたちが、ピアノ独奏や連弾や伴奏(岡本さんも入っています)をして、高校の先生がバリトンで歌って、春夏秋冬の唱歌等の数々を演奏しました。バリトンは、かなり本格的です。いつもは高校のと町民の吹奏楽を指導していますが、d0017084_944096.jpg本当は歌の指導したいんじゃないでしょうか。
 子供たちもとても良かったです。派手な選曲ではないのに、たぶん今の子どもたちにとっては、全く実体験とはかけ離れているだろうに、テクニックだけではなく、しっかりと歌の世界が伝わる演奏でした。2つの教室の先生、大したものです。
 コンサートの後、NiさんとA子さんと、少し早いけれど、夕飯を食べました。Niさんは又「今日はとっても楽しかったぁ、ありがとう」と言って、車を降りて行きました。
 忙しいと、心がそちらへとられるので、だるさをそれほど感じないでいられます。でも、ホラ、だから気の持ち様、どんどん楽しいことをやったら良いのよ、とは言わないでください。それは私が1番良く知っているのですから。でも、何かをしていないと具合悪いなんて、それはそれで辛いでしょうF65B.gif泳ぎ続けなければ死んでしまうマグロ、こぎ続けないと倒れてしまう自転車にはなれないです。そんなの不可能でしょ。
 昨日コンサート終了後、トイレに行くA子さんに、荷物を見ててと頼まれ、「大丈夫、任せて。ドーピングしないから」と笑顔で答えたら、そこらじゅうにいた人たちにうけましたF7C3.gif
 今日はこれから、パーキンソンMS病院です。
[PR]
by nyankai | 2018-01-15 09:00 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

たとえ明日が少しずつ見えてきても (1/14)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 昨日は何も予定が無く、穏やかなお天気で、そんな日は午後からかえって元気ではなくなります。どうもこうも、要するにこわいのです。申し訳無い程の陽だまりの中で、ダリとゴロゴロして1日が終わってしまいました。それを肯定できない自分のせいかもしれないけれど、d0017084_965847.jpg情けなくなってしまいます。
 今年のごちゃコンで歌う「心の瞳」は、ある子ちゃんが持って来てくれた曲です。私は不覚にも、オモコーで聴くまで知りませんでした。結果的に坂本九の遺作となってしまった曲です。1985年8月12日、羽田健太郎との公開録音があり、九さんは数時間後の飛行機事故で亡くなりました。その後たくさんのカバーやら合唱曲にもアレンジされて、歌い継がれています060.gif
 ファーチレで歌う曲は、どちらかというとどっぷり音に浸れて、追及して行くことが優先なのですが、ごちゃコンの曲はほとんど日本語ですし、義務ではありませんが目指せ暗譜F65A.gifなので、言葉を自分のものにして行く必要が求められます。
 音とりをしているうちは「いつか若さをなくしても心だけは~」あたりで、そうか、この曲は若者の曲ではなく、中高年の曲なのね程度の認識だったのですが、「たとえ明日が少しずつ見えてきても」が気になり始めました。「明日が見える」って良いことではなくて、=「諦め」として使われているんだなと。
d0017084_97288.jpg 明日のことはだれにもわかりはしませんが、私は少なくとも今の状態では、明日は今日よりも体調が良いなどと期待してはいけないし、1年後は今より病気が進行していていることの方が確率高いし、で明日が見える訳です。それを「それは生きてきた足あとがあるからさ」とまとめています。「足あとがあるから見える」のだと。
 同じ場所の2番は「たとえ昨日を懐かしみ振り向いても」「それは歩いてた人生があるだけさ」です。やっぱりもう、私は前を向かなくても良いんだなと許してもらいました。ピアニストは少し私よりも年下ですが、大ざっぱなくくりでは心の瞳世代で、ある子ちゃんとなんちゃってママは、子育て盛りです。これが本当にわかるには、まだ少しかかります。ピアニストと2人で、どの時点で安心したかと話すと、(子供が)結婚した時で一致しました。そうなんですよ。注:ピアニストには、まだ結婚前の子どもさんもいます。
 合唱アレンジは、中学生が歌っているようですが、背伸びした選曲はとても良いと思います。何十年もたってから、あ~、と思える体験は宝物になります。
 でも、いつもそこに行きつくのですが、これらをひっくるめて、「分かちあえる、分かりあえる」パートナー(君)を心の瞳で見つめる歌なので、君がすでにいない私はとても寂しくなるのです。
[PR]
by nyankai | 2018-01-14 09:04 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

悶えるバッハ (1/10)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 風は相変わらず強いですが、とても良い天気F660.gifです。
 ファーチレの今年の演奏会は、7月15日に決まっています。ごちゃコンから2週間なので、体力に不安があるのですが、どちらも大切なことなので、早めに準備をしておいて、しっかりこなしていきたいです。
 曲目は、リベンジの(ほら、ソプラノが4声に別れていて、不肖このニャンカイがちょこっとソロを歌った)、ドメニコ=スカルラッティの「スタバト・マーテル」とd0017084_10163269.jpg、バッハの「ミサ ト短調」と「カンタータ第140番 目覚めよと呼ぶ声あり」です。バッハは、どちらもぜ~んぜん知りませんでしたって、いばることではないんですよ。わかってますよ。
 前回歌った「モテット イエズマイネフロイデ」と、今回の2冊、バッハの外国の楽譜を並べてみると、それだけで何となく鼻高気分F7C3.gifになるから不思議。
 音源が手に入って、聴いてみました。ト短調のミサは、短調ですから、けっこう悶えます。バッハはこれを人間に歌わせようとしたこと自体、良くそんなことできるわねぇと言いたい。私達は楽器ではないのよ~とぼやきたくなります。
d0017084_10174541.jpg 「目覚めよ」の4曲目、テノールソロのコラールを聴いて、ちょっと驚きました。全く知らない曲のはずが、知っていたのです。それもソロのメロディーではなく、伴奏(と言って良いのかわからないですが)の方を。平原綾香ちゃんのCDに入っている「Sleepers,Wake」です。そうだね。伴奏の方に目を付けて、歌詞を付けて、歌いこなす綾香ちゃん、やっぱり天才です。
 おまけですが、綾香ちゃんの別のCDで、バッハの「チェンバロ協奏曲第5番 第2楽章」も歌っていますが、これは子供の頃に聴いた「恋するガリア」の曲として悶えた記憶があります。
 「スタバ」のドメニコ=スカルラッティは、バッハと生まれた年が同じで、同時代に活躍した作曲家です。
 ファーチレの帰り、札駅まで行く地下鉄の車内でのことです。向かい側に座っていたピンクのコートの女性、マスクをかけていたのではっきりはわかりませんが、たぶん私よりも若いと思いますが、右手が小刻みに震えていました。もしや、パーキンソンと思って、思わず見てしまいました。腕時計を確かめる、耳元に手をやる時などは、震えはピタリと治まり、やめるとすぐに又震えます。彼女も札駅で降りて歩きだしましたが、かなり前傾姿勢で、きっとパーキンソンかそれに類似した病気だと思います。話しかけたい衝動にかられましたが、人ごみの中に見失いました。かわいそうに。
[PR]
by nyankai | 2018-01-10 10:12 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

弟に嫉妬した大晦日だった (1/2)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 風が強く、雪が雨に変わりました。寂しくひきこもります。
 大晦日は、4時半の高速バスに乗りました。バス停には、同年代の女性が1人。「これからお出かけですか?それともお帰りですか?」と声をかけたら、娘さんの所に行くのだと。聞くだけ聞いて、自分の事を言わないのも失礼だと思ったので、私は1人暮らしでやってられないので、コンサートに行くのだと言いました。その女性はd0017084_101523.jpg「1年365日のうち、364日は一人が自由で良いけれど、年越しだけは精神衛生上良くないもんね」と言いました。そうそう、そうです。その女性、保健所から引き取った猫5匹と暮らしているそうです。夕方の札幌行きは、さすがに空いていました。6時をちょっと回った札幌は、見事にお店などが閉まっていました。
 今回は出発が遅かったので、尚の事夕食が困るだろうと、ホテルに勧められて「年越しプラン 2食付き」にしたので、茶碗蒸しや年越し蕎麦やスパークリングワインなどが付いたバイキングをいただいて、コンサートに出かけました。
 やはりゲストがビッグだからなのか、こんなに入ったジルベスターコンサートは、初めてです。毎年和服F376.gifの方が増えて行く様な気がします。でも、地方から冬の札幌に和服で出かけるのは無理。遠目なのではっきりわかりませんが、短めに和服を着て、ブーツを履いて、髪も洋風の方がいました。なるほど。
d0017084_1023097.jpg Ms.OOJAの声は、絶妙な揺らぎがある、ヒーリング効果を与えるシルキーボイスなんだそうです。フムフム。私は何ボイスだろう。Ms.OOJAの伴奏をサバサバと3曲やった後の札響の「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、ちょっとねっとり気味に感じました。
 渡辺香津美F6DF.gifの3曲目は「スペイン」でした。そう来たかぁ~。その昔、チック・コリアを聴きながら、弟がちゃんと鼻歌で歌っていたのを思い出しました。あれから幾度も、色々なパターンで「スペイン」を聴いているのに、私は歌えません。弟は、聴くだけの人で、自分では何も演奏しません。なのにもしかしたら、とんでもない才能を持っているのかもしれません。もったいないことをしましたね。
 山下洋輔F444.gifは、「ラプソディ・イン・ブルー」でした。お父さんにしたい指揮者No.1の現田茂夫さんと、「イチオシ!」の依田アナウンサーが、年内にちゃんと終わるかどうか心配していましたが、上手くいきました。ジャズの即興って、たとえばクラシックの難曲「ラ・カンパネラ」など、楽譜があって、努力した人が弾けるようになるというのは理解できますが、いったいどうなっているのか、そのからくりが全くわかりません。山下さん、げんこつや腕でも弾いていました。それを見たくて、今年はL席にしたんだっけ。75歳の2018年の抱負は「来る球は打つ」だそうです。ホ~F65A.gif
 今年は北海道150年だそうで、はるみちゃん知事のあいさつもありました。
 大晦日も休めない、大晦日だからこそ休めない札響の楽員さんにおとそをふるまわれて、雪の中島公園をホテルに戻ったら、雪だるまんF65D.gifになりました。
[PR]
by nyankai | 2018-01-02 10:00 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

クリスマスパーティーにも高齢化 (12/26)

第二回プラチナブロガーコンテスト 自由部門
 報道によると、北海道はあちこち吹雪模様F65D.gifで、交通機関も乱れているようですが、幸いな事にニャンコ座地方は風は強めですが、d0017084_9353460.jpgお日様燦々です。
 昨夜は無事、リキーズハウスのクリスマスパーティーに参加できました。家庭でクリスマスが叶わない私にとっては、リキーズのパーティーは貴重です。場所を提供してくれるリキーズハウスと、企画主催のLiveStageぷらん、毎年ありがとうございます。この企画はいつも好評で、今年は例年参加している人達にだけ、こっそり案内されたそうです。d0017084_9364162.jpgみんな待っていたかのように、全員参加だったそうです。
 私は一応リハがあったので、早くに会場入りをしました。いつもの音友さんに、ギターで「復讐」の伴奏をしてもらい、その友達という方にちょっとドラムも入れてもらいました。
 手作りのご馳走が並び、ビュッフェ形式で、飲み放題F69C.gifF69A.gifで、パーティーは始まりました。パフォーマンスをする人も、緩やかな入れ替わりはありますが、地元合唱団数名による歌から始まり、今年はチェロチェロヴァイオリンのバンドも出たり、d0017084_9371992.jpg〆はお約束のマスターの電子オルガン弾き語りによるダンスタイムで、3時間のパーティーは終わりました。私の出来は・・・あえて書きますまい。楽しくできました。今年は手作りするほど元気じゃなかったので、安いの見つけた、ピンクサンタです。
 今年は7回目だそうで、会場も主催者もそれだけ年を重ねました。参加者の平均年齢もかなり高いです。だから、開始を6時にして、9時が限界だそうです。今年も開催しようか、迷ったそうです。おいしいとこ取りをしている私には、来年も必ずやってくださいとはとても言えないのですが、あると励みになるなぁとは思います。来年も歌える事を、切に願っています。
 ここは日本、クリスチャンでもないので、今日はクリスマス飾りの撤去を始めないとなりません。
[PR]
by nyankai | 2017-12-26 09:34 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

寒い音楽 (12/20)

 昨夜は、久しぶりに不眠症でした。1度ちょっと眠ってパッと目が覚め、妙に頭がすっきりしてしまいまいた。今日はきっと、d0017084_10281744.jpgお昼寝ありでしょう。
 新聞を見ていて、「寒気」(かんき)と、「寒気」(さむけ)は、同じ漢字だと気付きました。ただそれだけのことです。オチはありません。失礼しました。
 寒い音楽とは、滑った音楽という意味ではありません。
 先日祐友・グレ友が、「アルバムTrilogy世間的にそれほど評価は高くないようですが、大のお気に入りです。この中のFugueはキース作曲でしょうか?LPは田舎に置いたままですし、ネットで少しググッてもわかりませんでした。お手数ですがご存知でしたら教えてください。」というメールをくれました。マニアックですみません。d0017084_10292085.jpg何の事だか分りませんよね。
 さすがにご存知ではなかったので、自宅にあるLPを探して、確認しましたらば、キースでした。トリロジーは、私も好きです。3人それぞれの才気がほとばしっています。グレッグは「リヴィング・シン」で、驚くような低音を聴かせてくれます。グレ友によると、グレッグの声からは「濃紺のビロード、三日月、イギリス湖水地方、白夜」を連想するそうです。私はアルバムの中の「トリロジー」という曲の前半が、とても好きです。幻想的で、ザワザワします。
 キースとグレッグが2人とも、去年亡くなってしまったのは、返す返すも残念です。
 音楽の好き嫌いに関して言えば、大ざっぱに言うと、音が多い方が好きです。もちろんシンプルの良さもわかりますが、分厚い音に心が奪われます。合唱が好きなのも、その辺りなのかもしれません。何バカ言ってんのさですが、もしも自分でソロを歌うのしても、d0017084_10322739.jpgある程度の人数の伴奏で、バックコーラスを引き連れて、が断然良いです。
 クリスマスアルバムの中で、サラ・ブライトマンを聴いていると、豊かな音に包まれて、その時だけは非日常になれる気がします。それではたと膝を打ったのですが、背景が北であり、湿った寒さの中から生まれてくる音楽が好きなんじゃないかと。もちろん、島唄もハワイヤンもレゲエも良いですが、何か違う。あでも、夏の夜の野外コンサートは、大好きです。
 CDプレーヤーが、売れているのだとか。中高年はわかりますが、若い人が買うんだそうです。なぜかというと、最近の小型のパソコンには、CDドライブが付いていないのだとか。ヘ~~~ッF65A.gif私は、LPレコードが聴きたい。
[PR]
by nyankai | 2017-12-20 10:27 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

クリスマスっぽい歌 (12/15 年賀状受け付け開始)

 ヘアドネイションをしようと髪を伸ばしているのに、髪を無造作に切ってしまった夢をみました。それであせって、切ってしまって散らばった髪の毛を集めているのです。占いってものをほとんど信じませんので、何を暗示しているかなどは気にしませんが、d0017084_9423929.jpg根底に思ったように行かないイライラがあるのかもしれません。
 昨日は午前中ヨガ、午後足つぼマッサージで、気持ち良く元気な1日でした。毎日そうだと良いのですが。少なくともヨガは自分でできるはずなのに、人はそれほど強くない。
 ケンタッキーのクリスマスのCMが不愉快(嫉妬です)な私ですが、クリスマス曲を聴くのは好きなのです。とりあえずこんなのを聴いています。
d0017084_943194.jpg ☆クリスマスCDブック―「サンタが町にやってくる」や「赤鼻のトナカイ」や「あわてんぼうのサンタクロース」など、有名どころがたくさん入っています。オーソドックスなCDです。
 ☆ファイヴ・オクロック・シャドウの「MISFIT TOYS」―男声のアカペラグループです。知らなかった曲が入っていて、やたらかっこいいです。
 ☆ケルティック・ウーマンの「クリスマスコレクション」―「オー・ホーリー・ナイト」や「天使のパン」や「まぶねの中に」などが入って、限り無く美しいです。
 ☆サラ・ブライトマンの「冬のシンフォニー」―ジョン・レノンやグレッグ・レイクも入っています。
 ☆「くるみ割り人形」―これはクリスマスの曲です。ロンドンでバレエを観たことがあります。
他にも山下達郎ヤクラシックの冬のコレクションとかあった様に思うのだけれど。
d0017084_9441985.jpg 笑美ちゃんにマフラーを送るのに、カードも買いました。色々なのがあって迷ったのですが、サンタとトナカイのかわいらしく光るのにしました。何より曲が20曲も入っているのが良いと思ったのです。中には「四季の冬」とか「メサイアのハレルヤ」や「スケーターズワルツ」や「第九」まで入っていて、聴いてくれたら良いなぁ。
 悲しいことがあった従姉に、クリスマスカードを送ったのですが、お返事が来ました。自分が大変なのに、私の病気を気遣って。笑美ちゃんが、私が赤ちゃんの頃に似ているって。自分では気付きませんでしたが、似ている写真が無いでもない。どうりで、美人のはずだ、ということにしておいてください。
 年賀状書けてしまったので、出しに行きます。1月8日からは62円になってしまうので、皆さん気を付けてくださいね。
[PR]
by nyankai | 2017-12-15 09:40 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

デュークエイセスありがとう (12/14 討ち入りでござる)

 昨日は体調悪かったです。たっぷり寝て起きたにもかかわらず、ブログ送信した後は、腕と脚のだるさ、あまり書いたことはないですが、腰(左側が強い)が重だるくて動きたくなく、次第に左側頭痛もして来て、また横になってしまいました。昼まで寝て、仕方なく起きて、ご飯は食べたくなかったのですが、ミカンとコーヒーで昼の薬を飲んで、ついでにコリホグスも飲んで、ようやくのろのろと行動始めました。やっぱり薬効いているとは言えないなぁ。今日は現段階ではまあまあで、ヨガ行ってきます。
d0017084_9193330.jpg 何気なくテレビをかけたら、「ごごナマ」の「デュークエイセス」解散、最後の生出演をやっていました。そっか~、そうだったね。メンバーは亡くなったりして入れ替わっていますが、62年だそうです。結成が昭和30年、わ~、グループは私と同い年だったのですね。
 「ダークダックス」と「ボニージャックス」と、それぞれ微妙に違いがあったのですが、私は、デュークの黒人霊歌がかっこいいと思いました。でも1番好きなのは「筑波山麓男声合唱団」かな。合唱団なら歌ったことある人も多いでしょう。富川合唱団もやりました。その時だけは、男声になりたいと思いましたもん。
 2004年にトップテナーになった大須賀ひできさんとは、別な場所で2度お会いしたことがあります。富良野に「葉っぱのフレディー」の公演に来た時の出待ちと、東京で荒井洸子さんと共演した「恋文」の公演前、劇場の場所確認のためうろうろしていたら、偶然出てきたお2人にばったり会ったのです。ブログもおd0017084_9202079.jpg気に入りに入れてあります。
 最後が「生きるものの歌」でした。永六輔さんご本人のセリフが入りました。パーキンソンだったので、余計に感情移入してしまって、涙腺が緩みました。「殺されなくても命は終わり・・・」。去年の3月、もうすでに体調不良は始まっていましたが、「ココトマ」でアラカンコンサートをしました。終活に良いなぁと思ってこの曲を歌いました。
 還暦になった時、1度で良いから私のコンサートをしたいと思いました。でももう無理でしょう。このアラカンが、きっと私のコンサートだったんだと思います。来年のごちゃコンのソロは、「生きるものの歌」にしようかな。
 「もし世界が平和に満ちていたとしても、悲しみは襲ってくる」そうです、今はとてもそんな世界ではありませんが、もしもそうだったとしても、私はやっぱり病気です。悲しいです。
 写真は、玄関のクリスマス飾りです。でもこうなってしまいました。アライグマ?
[PR]
by nyankai | 2017-12-14 09:17 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

断腸の思いで (12/12)

 昨日雪が無くなったのに、今朝は又真っ白になりました。
 別に行きたい訳じゃないのですが、月に1度のペースで呼び出されてしまう歯医者。昨日はようやく、歯磨き3%(歯を磨いていない状態を100%として、どれくらい磨けたか)をもらえました。d0017084_1012758.jpg歯のお掃除してもらえるから良いんだけどさ。
 歯医者へ行こうとしているその頃、昨日は隣町で、竜巻が発生した模様で、屋根が100mも飛ばされたのだとか。ニャンコ座町も、雨あられで雷鳴って、おかげかどうかわからないけれど、いつも死ぬほど待たされる歯医者が空いていて、すぐに呼ばれて、あっと言う間に帰れました。
 今年もクリスマスパーティーが近づいてきました。去年までは「HKB48」とか「AHH(N)」とかふざけたユニット名で、数曲を歌ったり伴奏したりしてきましたが、今年は1人1曲という厳しい指令が来ました。
 本当の所、体調のことや、左手が動きにくいこともあって、発表はできないかなぁ、できないんだったらパーティーそのものに行く気が起きないかもしれないなぁなどと思っていたのです。今月に入ってから、「弾き語りを1曲」というお誘いをいただいたので、この左手でも弾けるとしたら、シューベルトの「アヴェ・マリア」かなぁと思いました。3番まで歌うと長いので、本当は歌詞が大変なので、d0017084_10125279.jpg1番の後ろにハミングを入れた特別版にします。
 一昨年と去年「Ale Ale Ale」と「待って」が非常にウケたので、今年も「復讐」もやろう、どうにかなるだろうと思って、ギターの伴奏を手配しました。ところが、今年は出演者が多いのか、1人1曲ときびしいお達しなので、どちらかを選ぶなんて、とてもできない。クリスマスらしい曲と、コミカルソング、全く意味が違うんだもの。でも「復讐」1曲にしたら私のキャラが誤解されるので、泣く泣く断腸の思いで「アヴェ・マリア」にすることにしました。だってさ、クリスマスなのに、たぶんクリスマスの曲をやる人がほとんどいないんだもん。
 起きてられる時間は増えているのだけれど、根っこの所で気が晴れません。一人でいることが苦痛です。寂しいです。誰かと暮らしたいです。
[PR]
by nyankai | 2017-12-12 10:10 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)


ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
音楽(合唱)

ミュージカル(舞台)
パッチワーク(手作り)
テレビ パソコン&携帯
人 あれこれ
旅 グルメ
美 健康 体力
暮らし
社会
自然
スポーツ
ハルとナツ
おはなし
夫いっちゃん
コラムニスト気どり
心もよう
映画・テレビ番組

パーキンソン
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

フォロー中のブログ

生きる詩
あかねといおな日記
まんまみーあ!日和
merol choco
日常のあれこれ
レストラン白川亭 栄店の...
普通にしあわせ
 ボンと ピッピと Da...
東京の今
笑の内閣稽古場日記
維摩と語る
の ん び り
POPさんの仕事場
高間響の選挙予想専門ブログ
代々木上原便り
15周年記念CD制作の特...
シェーンの散歩道
シャンソン歌手 佐藤みずえ
『もりのおとわ 』
☆千載一遇☆
CO・CO・Aのケセラセ...
わたし達の愛しいわんちゃ...
歌い手菅野千恵のarou...
青い風の街へ
薔薇好き花好き〜元英国在...

リンク

最新のコメント

★こけしさんへ お金で..
by nyankai at 17:30
うん、うん、多少お金がか..
by こけし at 09:54
★姐さんへ そうなんで..
by nyankai at 22:08
岡本先生は一回のコンサー..
by 姐さん at 10:14
★空の鳥さんへ う~ん..
by nyankai at 21:04
★mottisfont-..
by nyankai at 20:57
こんにちは〜 お母..
by mottisfont-roses at 17:37
ニャンコ座の町より、私の..
by 空の鳥 at 16:20
★こけしさんへ できる..
by nyankai at 15:38
微妙なタイミング…ありま..
by こけし at 12:36
★姐さんへ こちらこそ..
by nyankai at 12:15
遅くなりましたが、あけま..
by 姐さん at 11:20
★こけしさんへ 6日へ..
by nyankai at 19:09
昨今のITなどの進歩のよ..
by こけし at 12:37
★ハルさんへ ボチボチ..
by nyankai at 10:11
あけましておめでとうござ..
by ハル at 00:31
★kannochieさん..
by nyankai at 15:27
明けましておめでとうござ..
by kannochie at 14:48
★kannochieさん..
by nyankai at 12:48
nyankaiさん こ..
by kannochie at 21:26

画像一覧

ブログジャンル

音楽
猫

ブログパーツ

ライフログ


つばめのツンちゃん


転勤天国ぐうたらグルメ


いのち輝かそう2 (いのちの万葉集2)


くらしの詩(うた)をつづって〈2008〉道新生活面「いずみ」筆者94人の作品集


いのち輝かそう~いのちの万葉集3


この地球(ほし)に生まれて―ミュージカルKAGUYA創遊記


コミュニティが顧客を連れてくる 愛される店・地域のつくり方

帝国の慰安婦

最新のトラックバック

現代演出・ホモキの段ボー..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
ロッシーニのオペラ作曲家..
from dezire_photo &..
初めて民族舞踊を取り入れ..
from dezire_photo &..
プッチーニの最高にロマン..
from dezire_photo &..
時空を超えた二人の大作曲..
from dezire_photo &..
バッハが『ロ短調ミサ曲』..
from dezire_photo &..
ルター派のプロテスタント..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..

記事ランキング

ファン

検索