ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:心もよう( 280 )

 パソコンが無事起動したことを、感謝いたします。
 Dellのサポートセンターは感じが良くて、私は信頼していますが、やっぱり最後は人だなぁと思うのです。近所のパソコンの名手、にかなうものはありません。彼はヒーローです。本当の原因は断定はできませんが、メモリの接続の不具合はあったのでしょう。ボタン電池のせいで、メモリに何かが起こることもあるし、最近音が大きくなっていたのは、d0017084_873787.jpgファンのぐらつきや埃のせいだったかも知れません。それは、日常はどう対処したら良いのでしょう。
 Dellは、余計なものが入っていなくて、そこは良いのだそうです。その反対が、ソニーと富士通だそうですよ。パソコンの箱の中も、意外にスッカスカしています。私のパソコンは、今87GBしか使っていなかったです。しっかりバックアップとって(やり方知らない)、頭の隅に不安を抱えているのも嫌なので、買い替えの方向で行動します。今のプリンターは、写真の色が今一なので、プリンターも一緒にと思っています。
 昨日は昼に、まじょ子さんとマダムJが、おいしいお昼を持って、遠い所を来てくれました。いざとなったら、外仕事もしてやるよと、勇ましいかっこうでした。マダムJは、少しお姉さんですが、人の心の痛みもわかる、分け隔てせず、明るく励ましてくれる、すばらしい人です。そのマダムJも、最近年を感じたそうです。
 死にたい訳じゃないけれど、こんな調子だったら、生きて行くのが嫌になってしまうとぼやいてはみたものの、 d0017084_885293.jpg笑美ちゃんが私をおばあちゃんであると認識してくれて、それ相応に頼ってくれるようになるまでは、死ぬのは悔しいのです。そう言うと、大丈夫だよ~と、笑い飛ばしてくれました。
 マダムJは、日勝峠が開通し、町に賑わいが戻って来たことを、喜んでいました。私も、良くぞ1年ちょっとで開通させたと、すごいなと思います。
 今息子が公演中の「名誉男性鈴子」は、ジェンダー問題がテーマですが、一般的に(一般的にですよ、あくまでも)夫婦の場合、機械に関しては夫の方が強い場合が多いです。どんな夫もパソコンを開けて掃除できるという意味ではないですが、少なくとも先に立って考えてくれることが多いでしょう。妻は女であるというだけで、丸投げで甘えてしまうことが多いです。それで良いとは思いませんが、夫婦が元気だったら、役割分担はありです。何もかも自分で受け止めなきゃいけない、自分だけで第1歩を踏み出さなきゃならないのはしんどいな。
 外の花達は、ほぼ終わりました。病院に行ってきます。前に進む手掛かりが見い出せますように。
[PR]
by nyankai | 2017-11-13 08:06 | 心もよう | Trackback | Comments(4)
 もちろん事情を知っている人が、心配して「調子どう?」とメールをくれました。それに対して「元気なら苦労しないわ」と毒づいても良かったのですが、「元気ですと答えたい、でもそんな日が来るのか」と、困らせるだけの返事を書いてしまいました。困らせる相手がいることを、感謝したいです。
d0017084_9592614.jpg 「第九」の前日練習を休むにあたって、大所帯の事務局に、そんな連絡をしても、迷惑なだけかとも思ったのですが、私がいかにこのコンサートを楽しみにしているか、そして本番だけでも出ることが、今の心に支えになるってことをやっぱり知らせたくて、又その窓口が、とてもすてきな人だってことを感じていたので、勝手を承知でメールを送りました。読んでいただけるだけで十分だったのですが、御ていねいにお返事をいただきました。
 当日は、一言ごあいさつしたかったのですが、お忙しそうにしてらしたので、遠慮しました。翌日お礼のメールをしたら、こんなお返事をいただきました。「ご丁寧なメールありがとうございます。4日、お見えになったときにお声かけするつもりでいたのですが、諸事にかまけてできませんでした。失礼いたしました。あとから出席簿の丸を確認し、ああ良かったな、と…後手後手ですみませんm(_ _)mともあれ、みなさんと一緒にゴールできて良かったです。病気を抱えられての音楽活動はほんとうに大変だと思いますが、がんばってくださいね♪私も札幌のアマオケにいますので、またどこかでお会いすることもあるかもしれませんね(^^)その折にはどうぞよろしくお願い致します。」
d0017084_100828.jpg 何とありがたいことでしょう。90人のオーケストラ、150人の合唱団を動かす役目を負いながら、たったひとりの私のプライベートに気を配ってくださったのです。
 テレビを見ていたら、篠沢教授のお葬式の模様が入りました。教授は、自分がALSになってしまったことに、一言も愚痴をこぼさなかったのだそうです。いっちゃんも告知された時に、たった1度「どうして」と涙を流しましたが、それ以降はとり乱したのを見たことはありません。私はこれからも、いっぱい人を巻き込んで困らせると宣言します。どうか、大目に見てやってください。お葬式には、山中先生もいらしてました。ips細胞が最初に目指したのは、ALSだったそうです。山中先生、パーキンソンもよろしく、期待しています。
 先月初めに「パーキンソンMSクリニック」の名前が挙がってから、時間の流れが遅いです。早く、早く、実感の持てる治療を受けたいです。
 ウェルカムコンサートで聴いた、「Share my Yoke」は、やっぱり歌でした→ここ これ、歌いたいです。合唱もありました→ここ
[PR]
by nyankai | 2017-11-08 09:51 | 心もよう | Trackback | Comments(0)

11月の逆襲 (11/1)

 今日は札幌で、「交感神経シンチ」という検査を受けます。4時間空けて2回やるんだそうです。何がしかの放射性医薬品を注射して、交感神経が集まる心臓をガンマカメラ(ガンマ線を可視化するカメラ)で撮影するみたいです。その減り具合を診るために、4時間後も必要みたいです。その間を、どう過ごそうか。つまり疲れてしまうか、d0017084_841799.jpg疲労回復に使えるかが問題です。
 母を悲しませたというボツ原稿のほかに、もう1つ発掘されています。せっかくだから、ここに書いておきます。書いたのは何歳の11月でしょうね。
    11月の逆襲
 二十日の卓上四季は「十一月の憂」についてだった。でも新聞を読む11月生まれの私は、遅めの小春日和の日差しが差し込む部屋で、猛烈に11月の反論をしたくなった。
 ひたひたと迫る冬の足音、日は短くなり、慣れない寒さは身に沁みる。山々は輝きを失ったのに、雪化粧は安定しない茶色の世界。行楽シーズンが過ぎたのに、クリスマスの華やぎにはもう1歩届かない。あ~、何と取り柄のない11月であることか、悲しい。
 でも、ちょっと待ってください。11月を再考してみましょう。この落ち着いた時を生かして、私はコンサートに出かけたり、ゆったりと買い物をする。来月に備えて、少しずつ家の中の片付けをする。あくまで、d0017084_845627.jpgゆっくりと。手紙を書いたり、長電話をする。たぶん相手もまだ忙しくは無い。年賀状の版画のデザインを考える。今のうちに風邪をひいておく。
 全国の11月生まれのみなさん、11月ってなかなか捨てたものじゃないですよね。ものは考えよう、周りが憂な風景でも、暮らしの工夫一つで色はついてくるもの。

 こんなことが書けたのも、あったかい家の中で、息子といっちゃんが帰って来るのを待っていられたからですね。少なくとも、誰も病気ではありませんでした。
 笑美ちゃんが、初めての発熱をしたそうです。当たり前にあることですが、新米のママとパパは、焦ったことでしょう。
 暖房を使い始めた10月の電気使用量ですが、去年同月の49%で済みました。良いね、ヒートポンプ。
 では、もう少ししたら行ってきます。
[PR]
by nyankai | 2017-11-01 08:02 | 心もよう | Trackback | Comments(0)
 不思議な夢を見ました。朝方、私の横には笑美ちゃんが寝ているのです。ムクッと起きて、外見はまだ1歳になっていない赤ちゃんのままなのですが、かわいい声でしゃべるんです。でも、私は答えることができす、会話が成立しない。何を言ってくれたのかは、目が覚めたら、どうしても思い出せません。嬉しいのか悲しいのかわからない夢でした。笑美ちゃんに会いたいなぁ。でもこんな体調では行くことはおろか、来てくれてもお迎えできません。
d0017084_8574128.jpg ゴロゴロしながらできること、古い手紙をちょっと整理していたら、たぶん20年くらい前の、新聞投稿ボツ原稿が出てきました。
   母の悲しみ
 母を悲しませてしまいました。それも買い物を頼まれたという些細なことがきっかけで。母の言い方の中に、何となく安易さを感じてしまった私は、別に虫の居所が悪かった訳でもないのに、
「地元に気に入った物が無いか探してみたの?」とか、
「毎年新しいものが出てきているのに、自分の目でより使いやすいのを確かめてみたくないの?」などと言ってしまったのです。
 いつもの様に気楽に買って来てもらえると思っていただろう母は、すごいショックを受け、その夜は寝られなかったみたいd0017084_8581630.jpgです。
 母は今の私と同じ位の年齢(42歳です)で夫を亡くし、その後女手一つで弟と私に教育を受けさせ、社会に出してくれました。品数豊富なお店が近くに無く、車も運転しない母にとって、そう遠くに住んでいない実の娘の私がどんな存在であるかは、自覚しているつもりです。又、夫と息子も含め、いつまでたっても母には何かと世話になりっ放しで、いくら感謝してもしきれない私なのです。
 体力の衰えは当たり前にしても、母はいつまでも母であって、気力が萎えてほしくないのです。間違ってますか。
 「全く、冷たい娘だね」と文句の一つも言ってくれるならまだしも、電話の向こうで
「ごめんね、甘え過ぎたって反省してるから」って泣くなんて、あんまりだよ、お母ちゃん。
 この時の母の頼まれものが何だったのか、全く思いだすことはできませんが、年齢がまさしく今の私くらいであるのはわかります。私の近くに、実の娘はいない。もしもいたら、どっと頼ってしまっているのかなぁ。
 昨日はまあまあだと思って、午後買い物に行ったら、ドラッグストアを歩いていて、どうにもこうにもこわくなって、買いたいものすべてを買ってこられませんでした。
[PR]
by nyankai | 2017-10-30 08:56 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 台風は、昨日しっかりとした雨が降り続け、午後になって風も強くなってはきましたが、それほどのこともなく過ぎ、今朝は良いお天気です。南富良野の積雪19㎝には、d0017084_8535445.jpg驚きました。
 昨日は、お腹の具合が悪くなりました。ジプレキサのおかげか、しばらくお腹トラブルが無かったのに(正しいかどうかわかりませんけど、ジプレキサは食欲を増して太るのです)、やめたので、お腹が緩んだり、些細なトラブルが起こりやすくなって、シンデレラストマック復活です。
 テレビをかけて、その前に寝転んで、幸いというか、時々ウトウトして、おかげ様で手足の疲れはやや良いものの、寝ていることへの情けなさがつのって行きました。助けてもらいたいことは山ほどあって、声をかければ助けてくれる人はいるのだろうけれど、人が来てくれれば、寝ていたくても起き上がって、具合悪くても愛想笑いして、助けてもらうことの算段をしなければd0017084_8543413.jpgなりません。
 たとえば、洗濯自体は洗濯器がしてくれるけれど、洗剤はここです、柔軟仕上げ剤も使ってください、ここに乾してくださいと、結局私はうろうろしなくてはならないでしょう。気を使う位なら、這ってでも自分でやった方が気楽。
 食べ物を持って来てくれるなら、目の前に最良の状態で出して、食べ終わったらゴミなどすべて持ち、お風呂掃除してお湯はって、来たこと感じさせないようにさっさと帰るじゃないと。
 病院に一人でかかるのはもっと大変です。最近は、医者はインフォームドコンセントなどというかっこいい言葉を使いますが、医者の前に座った時点で、患者はすでに精根尽き果てているのです。何をどう理解し、自分で決断しろと言うのでしょう。d0017084_856276.jpg日本の医学は、とても進歩し、優秀だと思います。でも、一人の患者としては、「具合が悪い」→「どこか病院を選んで行ってみる」→「原因分からない、治らない」時点で、もう1人でできることに限界があるのです。患者の願いはただ一つ、苦痛を取り去ってほしいのを、医者はわかっていますか?政治家は、たぶん基本健康だから、そんなこと発想に無い。
 心配しなくて良いよ、次にどんな行動をとったら良いのか一緒に考えて、手配をして、連れて行ってくれる存在なりシステムは、全くできていません。1人暮らしが自由で快適なのは、若さや健康があってこそです。病んだ一人暮らしをサポートしてくれるのは、今の所結局、親か配偶者しかいないのです。どんな真友だって、最優先してもらえるわけ無いし、子どもにはそうしてもらいたくないのです。
[PR]
by nyankai | 2017-10-24 08:52 | 心もよう | Trackback | Comments(0)
 ニャンコ座町海岸部は、比較的暖かい(夏は暑くはない)ので、霜が遅いです。まだ花が咲いているので、もう少しがんばd0017084_10115520.jpgってほしいです。
 あまりに、脚と腕の状態が悪くて、もう生きているのが嫌になってしまうほど。明日パーキンソンの専門病院に行って期待はずれだったら、本当にどうかなってしまいそう。歌の練習もできてない。あ~でも、ネギもマコも具合悪くても、生きているの嫌んなったなんて、絶対に思わなかったろうな。d0017084_10191065.jpg生きている限り、生きようとしていたんだもんね。そんな私の癒しは、笑美ちゃんの写真です。写真はやっぱりプリントしてこそ。眺めてニマニマしています。どうしてこんなにかわいいものが、この世には存在するのでしょうね。そして存在しているだけで、私を助けてくれるのです。
 息子の東京公演は、苦戦の様です。時期としてはタイムリーな題材なのですが、その忙しさのせいでキャンセルになってしまったチケットもあるようです。全体からしたら、観劇の習慣を持つ層など、ほんの一握りなのでしょうが、息子は演劇を生業にしたいという、やっかいな道を選んでしまったのです。
 感想に、こういう物こそテレビでやってほしい。テレビ向きですというのがあって、嬉しいことでした。d0017084_10194471.jpg息子の本は作品としてはフィクションですが、場面1つ1つは現実にあったことが根拠になっています。高校の先生の妊娠は、私が息子に話した事実ですからね。テレビのオファーきますように。有名な俳優さんじゃなくて、内閣の俳優さんでぜひ。
 田嶋陽子さんのトークは、とても良かったみたいです。バッドエンドではなく、希望が見えると言ってくれたそうです。(息子も書いていましたが「希望」問う言葉は、残念ながらこの度陳腐になってしまいましたが。私もその昔「感動」という言葉が、軽々しくなってしまったことに落胆した経験があります)
 今日は、R.R.Singersのハカセ次郎さんこと、武田朗秀さんのコンサートで、癒してもらいます。「癒してもらう」って言葉も、本当は安易には使いたくないんだけど、今日は許して。
 先日、何者かに無残にかじられたタマゴタケですが、ちょっと欠けた姿で成長を続けているそうです。励まされるわ。
[PR]
by nyankai | 2017-10-15 10:08 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 ここ数日、フワフワとした感じがします。2日にメンタルクリニックに行って「精神科でできることはもうありません。うつ病ではありません」と言われ、私はそれを誠意ある言葉として受け止められましたし、抗うつ剤をやめることに異論はありませんでした。d0017084_9312758.jpg残っていた数日分を飲みきってところなので、離脱症状かもしれません。
 昨日は町社会福祉協議会主催の「生前整理・遺品整理セミナー」に行ってきました。捨て下手な私の課題でもあるし、何より、講師が佐藤美幸さん、ほら、去年の3月の「アラカンコンサートの」じゃなくて、「終活市場」のボスだったから、嬉しくて行きました。
 美幸さんがなぜ「一般社団法人アシスト協会」の代表理事をしているかの、プロフィール動画を見て、涙がウルウル。その前夜、瀬戸内寂聴さんがテレビに出てらして、人は立ち直れるんです。どんなに辛いお別れをしても、4年もすれば笑えるようになりますと言っていたのを思いました。
 ニャンコ座町はごたぶんにもれず、高齢化率が激しいのかと思ったら、60歳以上が40%、これって案外若い町なんだそうです。調べてみたら、全国平均でした。参加者は、定員30名の所、同年代がポツポツ、後はお兄様お姉様でした。自ら来るだけあって、d0017084_9315824.jpgエンディングノートを用意しているなど、関心の高い人が多いようでした。
 美幸さんの話はとてもわかりやすくて、参考になりました。私は捨てられない物の中でも、特に紙類の悩みを抱えています。保険の現状などのお知らせ、使いきった通帳などは、捨てて良いそうです。ウケねらいもあって、本日の資料の5枚のペーパーはどうでしょうと聞くと、とっておいてくださいとのことでした。安心して、とっておきます。デジタル遺品のこともちょっと質問しました。
 遺品整理に関しては、捨てられない人は、お金を残すこと。遺品整理業者は区分けが仕事で、捨てるのは又別の業者です。自治体なども窓口になっています。
 最後に、海洋散骨の紹介がありました。息子に、いっちゃんと一緒にしてほしい旨のみ頼んでありますが、海洋散骨も良いな。どうせなら寒いの嫌だから、息子達にハワイ旅行をプレゼントして、ハワイの海に(ここは北海道弁で)一緒に投げてきてほしいと、エンディングノートに書いておこうと、今日の所は思っています。
[PR]
by nyankai | 2017-10-12 09:29 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 去年12月、息子夫婦に待望の赤ちゃんがやってきました。2人で良く良く話し合い、希望して生まれてきたのですから、何よりなことです。「名誉男性鈴子」には、「子どもを作るなんてとんでもない、子どもは授かるものです」とかなんとかいうセリフが出てきますが、科学的には、子どもは確かに「作る」という行動をしなければ、できません。結果、授かるかどうかはわかりませんが、d0017084_10191879.jpg今は、不妊治療も進んで来て、願いが叶う例は増えてきているのかもしれません。
 「できちゃった婚」については、本当は賛成ではありません。2人が望んでいて、単に順序が後先になったのなら、喜ばしいですが、要するに、子どもを持つ覚悟も無いのに、想定外に出来てしまったのなら、それで人生が変わってしまいます。結果、自覚もできて幸せになる人達が大勢いるのでしょうから、余計なお世話ですが。それ位子どもを持つというのは、大変なことですよ。
 昨夜は、又、笑美ちゃんとビデオ通話しました。未熟児で生まれてきたのが信じられないほど、活発にしていました。誤解されては困りますが、息子は、ラヴラヴな夫婦ならば、子どもはいらないねと言っていました。私もそう思います。子育ては、2人を成長させてくれるし、新たな幸せをもたらしてくれますが、2人でいるのが十分幸せならば、あえて子どもはいらないという生き方もあります。
 今年は息子はまだ、公演できていますが、それはYちゃんの理解とがんばりと、Yちゃんの実家の助けのおかげです。来年かd0017084_10195760.jpgらしばらくは、そうもいかないでしょう。どんなにがんばっても、子どもがいないのと同じことはできないのです。自由は制限されるのです。子どもがいない時には、想像できない不自由さです。子どもを一人しか育てていない私でも、わかることです。私は幸いに、母が側にいてくれたし、いっちゃんはイクメンだったから、やりたいことを大幅にがまんした訳ではないですが。
 息子達には、次々と難題にぶち当たって行くことでしょう。私は遠くで、応援することしかできませんが、あんなにかわいい笑美ちゃんを見ていたら、まぁいいか、になってしまうんですけどね。あ~、会いたい。メチャメチャ、かわいがりたい。
 写真は、1985年息子もうすぐ2歳のお月見(たぶん、曇っていて月が出ていない、のでお月さまを描いてみました。息子はその頃「ゴロピカドン」が好きで、ピンクの靴とバッグです。いっちゃんは33歳)と、昨日dollyさんからもらった「エリザベート」の爪切り、否、ネイルカッターです。
[PR]
by nyankai | 2017-10-04 09:59 | 心もよう | Trackback | Comments(0)
 暖房の効いた家の中、あったかい。外から入ると、とてもほっとする。
 断捨離はしない。死ぬまで好きな物に囲まれていたい、という気持ちに変わりはないけれど、さすがにもしかすると、何年か後には動けなくなるかもしれないと思うと、d0017084_941134.jpg把握できていない物まで残ってしまうのは、息子に迷惑かかるでしょう。あることがわかっていない物は、いらない物なので、体が楽な時にちょっとかたづけましょうかね。
 ニャンコ座には、魑魅魍魎ゾーンが何カ所かあります。その中でも、私一人の責任(いっちゃんのコレクションも、息子が残した物もまだいっぱいある)なのが、ミシン部屋です。手仕事にかかわるものなので、ハギレや道具やチマチマした物が、どうなっているのかが、ほとんどわからない。2~3年前に1度片付けた記憶があるのだけれど、その時も、これは第1段階。可及的速やかに、又やらなくてはと思ったのでした。
 昨日は、ドレメと文化の原型と、お金だして買った以外の型紙を、思いきって処分しました。手作りキットの、作り方説明書や残った物も少し。カーテンのステンドグラスキルトの原画も、もう同じ物を2度と作ることは無いから、いりません。そんな物を捨てられない自分がおかしい。
 d0017084_9413741.jpg私らしくもない、買ったきりで、作っていない物が出てきたので、左手は不器用になっていますが、作ってしまおうと思い、盛大にテーブルに広げてみました。でき上がったら、順次披露しますね。
 昨日は、ごちゃコン後初の歌会でした。写真とVDVが出来てきました。私の症状は、待ってもらっても改善する希望も無いので、来年は少し時期を早めて、ソロ曲はともかく、合唱する曲を早めに決めて練習しなくては。
 11月4日の「第九」はあるのだけれど、今は「あてどない」気分です。自分の体がどうなって行くのかという不安。落ち込んでいるつもりはないし、何もやりたくないというのとはちがいます。でも、毎日が、手ごたえなく過ぎていくようで、それならいっそ、冬眠でもしたい。
 昨日2度目の「足心道」を受けました。右の踵がえらく痛かったのですが、股関節のつぼだそうで、そりゃ当然か。
[PR]
by nyankai | 2017-09-30 09:38 | 心もよう | Trackback | Comments(2)
 台風は、私の周辺では大したことなく過ぎました。昨日目が覚めた時は暴風雨で、あ~、これは午後からの「森のみみせんコンサート」は行けないなぁと思いました。でも昼前に雨はあがったので、出かけました。途中に、折れた木を発見。ところが会場の「沙流川アート館」には車が1台も無い。d0017084_104997.jpgヤッチマッタか。玄関まで近づいて貼り紙を見ると「台風のため、中止」とありました。普通のイベントならば、そこで盛大に怒る所ですが、仕方ないよね、良く勇気を持って中止にしました・・・なんて晴れた空を恨めしく眺めていたら、そこにオリジナルパッケージのじゃがりこを作ってくれたある子ちゃんが、シモン君を連れてやってきました。
 そのまま一緒に「いかりや一男 水彩画展」に行きました。シモン君絶好調になり、絵を批評するかのごとく声を出してかわいい。碇谷さんの水彩画は、白い部分を塗り残しているのです。理由がわかりました。d0017084_106255.jpg水彩絵の具に白はあるけれど、それを上から塗っても下の色が出で来るので、塗り残すしかない、なるほどです。それにしても、白樺や雪景色など、本当に美しい。絵のことは良くわかりませんが、碇谷さんの絵は好きです。
 絵を見たら、無性に絵を描きたくなりました。つかまり立ちを始めた笑美ちゃんの写真(d0017084_1063822.jpg例の三頭身に見えるやつ)を見て、描きました。本物はチィルドシートにつかまっているのですが、そこはそれ、キーボードに置き換えました。
 タイピングが辛いので、右手だけで打っています。ご飯を食べるのに、左手で椀を持つと震えてしまいます。この所、急に悪化したように思います。もう1度、元気になりたい。1年間元気にしてあげるから、翌日には死になさいという契約を提示されたら、それはさすがに困るけれど。10年元気にしてやるから、その翌日死になさいなら、契約しても良いかな。だってさ、笑美ちゃんが歩いて、私のことを、何にしようかな・・・「おばあちゃま」、まっ、何でも良いや、と呼んでくれるのを楽しみだし、まだ歌いたい歌もある。「笑の内閣」が軌道に乗り、息子が売れっ子劇作家になるのを見届けなきゃならないもの。でもきっと、10年間の最後の日に、泣いて契約更新をお願いするでしょう。
 今頃になって、ミニトマトが毎日とれます。昨日は強風の中収穫し、夜になって砂糖漬けにしようと、テレビの前に座って、黙々と皮を剥きました。30分強、31個のミニトマトの皮むき、手は震えていませんでした。
[PR]
by nyankai | 2017-09-19 10:01 | 心もよう | Trackback | Comments(2)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai