カテゴリ:社会( 322 )

 昨日のブログで、壮瞥に行ったのに、「壮瞥」と書けない、ぶどう狩りに行ったのに「葡萄」と書けないことに、愕然としました。パソコンで文章を書くようになり、d0017084_10223744.jpg頭も老化し、かける漢字が減りました。というより「壮瞥」も「葡萄」も初めから書けていませんでした。
 どちらも、趣のある良い漢字です。難しい漢字が敬遠されるからと、致命もひらがなで書くようになったり、果物や野菜なども、ひらがな又はカタカナ表記がほとんどですね。新聞などでは、明確に使い分けがある様ですが。そうなると、急に色々な漢字が、気になってきました。
 一昨日食べたのは「プルーン」はしょうがないとして、「葡萄」と「林檎」。みかんは「蜜柑」で、いちごもちゃんと「苺」と言う漢字を持っています。
 野菜は、「大根」や「人参」は大丈夫ですが、「葱」や「茄子」「西瓜」「南瓜」「胡瓜」これくらいは、漢字で書きたいものです。「馬鈴薯」「薩摩芋」はどうでしょう。d0017084_10243333.jpg「牛蒡」も書けない。「生姜」は怪しい。白菜は日本の菜っ葉ですが、キャベツは「Cabbage」、日本語じゃない。
 おいしい物位は、漢字で書けるようになりたいなぁ。去年初めて、神経内科に行った時に、パーキンソン症状があったので、白い紙に、大きめに名前を書くよう言われました。パーキンソンだと、字が小さくなってしまうのだそうです。全然小さくはなりませんでした。だから心配ないと言われました。それで昨日、これらの漢字を、紙に書いてみました。特別意識しなくとも、小さくはならなかったので、一安心はしました。
 今日は、なんちゃって母子と、ある子母子が、でっかい南瓜F3C2.gifと薩摩芋の収穫に来てくれます。私はおばあちゃんですから、何にもしませんから、任せます。
 ち〇子ちゃんが作ってくれたストールで歌う私。ち〇子ちゃん、ありがとう。
[PR]
by nyankai | 2017-10-08 10:20 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 昼間と朝夕の気温差が、d0017084_9102370.jpg激しいです。
 今週に入って、ひどく具合が悪かったので、このまま一気にどうかなってしまうのじゃないかと不安だったのですが、昨日はいくらかましでした。夜のヨガにも行ってみました。夜ヨガで使っている照明です。すてきでしょ、下が畳ってことは、和室でやっているんです。左はだるいままだし、左肩に痛みがあるし、体力の低下は泣きたいほどですが、何かやらなきゃね。やってみると、滞っていた血流が動き出したって感じがして、楽になりました。
 テレビで、言葉が正しく使われなくなっている例として、「話のさわり」と「知恵熱」が取り上げられていました。とたんに自信が無くなる私。
 「話のさわり」は、「さわりだけでもちょっと教えて」のあれです。私は、ポイントだと認識していました。OKです。歌で言えばさびですね。聞かせどころのことです。でも半分位の人が「初めの部分」と答えたそうです。気持ちわからなくもない。
 もう1つの「知恵熱」ですが、大人が意外な熱が出た時に「知恵熱出ちゃった」と笑い飛ばす、又はからかうためにある、d0017084_9115480.jpg元々は子どもの原因不明の発熱のこと、知恵が付く頃に出る、と思っていましたが、これもピンポンでした。ひどく頭を使うことをして疲れた時に出る熱、という答えがけっこうあったとかで、時代によって、言葉の意味も変わって来るものだと、否定はされていませんでした。そうか、からかったつもりが、真に受けられていたこともあるのかもしれないのですね。
 全然関係ないですが、こんなホチキスを買いました。針が、縦横どちらでも止められるように、回転するのです。裏表印刷して、縦に止めれば、袋とじの半分の紙で済みます。これ考えた人、とっても偉いと思います。きっと知恵熱出たのではないでしょうか。この使い方は、間違いです。
 今日は、午後「第九」の練習と、夜「鈴子」の応援です。動員が伸びますように。
 北朝鮮とアメリカは、子供じみた(子どもに失礼だけど)言い合いはやめなさい。私はいかなる軍事活動も認めません。
[PR]
by nyankai | 2017-09-23 09:08 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 先だって、原発の感想だけ書いたのですが、改めて立花隆の「読書脳 ぼくの深読み300冊の記録」のことを。エッセイやコラム集の良い所は、どこから読んでも良いことd0017084_919465.jpg、と触手が動かなければ読まなくても良い所です。立花さんが、2006年から2013年に読んだ本について書かれています。
 1冊たりとも元の本を読んでもいないので、個々の感想を書くつもりはないのですが、知識や情報を、何から得るかについて、着目しました。ちょうど昨日の夕刊に、森達也さんと国谷裕子さんの「うそと向き合う時代に」の対談があり、ネット土壌に拡散力を増すフェイクニュース、信じたい情報のみ信じる危うさが、述べられていました。
 私も調べ物が好きですが、今やネット中心です。何より、最新情報であるだろうと、正しいはずであると信じちゃっています。辞典を引いて、いや、何に出ているかを考えるところから始まって、そして見つけた時の喜び。そして、関係無いのに、同じページの前後の項目を読みふけっていたのは、遥か昔のことになってしまいました。
 本にも、年をとると、海馬や前頭葉が委縮し、間違った情報を正しいと修正してしまって、ふりこめ詐欺などにひっかかるとありました。そうです、信じたいものを信じてしまうのです。
 d0017084_920822.jpg良く思うのですよ。講演会や演説会に、動員される事ってありますね。その場合、たいていは、賛成している、共感している、支持している人達が集められているのであって、自分が考えていることに、さらに確信が持てます。これは大事なことですが、本当は、反対の集会にも行ってみなくてはならないのです。その点、息子はエライとは言いませんが、知りもしないで批判するのは、間違っています。
 どこぞの大統領は既存のメディアをフェイクと言い切り、かの国の委員長さんは、メディア自体を牛耳っていますが、振り回されたくは無いですね。とかっこつける私は、ネットで病気調べをしては、必要以上にこわがり、落ち込む、困ったさんです。
 既存のメディアは、速さよりも、公共的なビッグデータを分析して、整理して発信するする試みがあるそうです。
 そんな訳で、歌う声が上手く出ない気がして、ネットで調べて、「声帯ポリープ」か「声帯結節」ではないかとビビった私は、これからアレルギー性鼻炎で何十年来お世話になっている耳鼻咽喉科へ、行ってきます。ついでに、図書館に本返してきます。引き続き、私を必要以上にしゃべらせないよう、ご協力ください。話しかけられると(かけられなくても)、嬉しくて、すぐしゃべります。
[PR]
by nyankai | 2017-08-17 09:18 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 猛暑みたいですが、ニャンコ座町は寒いです。少し暑さを分d0017084_9492212.jpgけてください。
この間紹介した、50年前の日記の本日の記述を読んで、タイムスリップしました。
    1967年8月10日 木曜日  天気 雨時々曇り
 今日、朝1番のバスで苫小牧へ行きました。バスもディーゼルもこんでいましたが、すわることができました。朝、曇っていていやなお天気だったので、雨がふってこないかと心配だった。苫小牧に着いてから、すぐに港を見に行った。港を見るのに1番良いというビルの展望台は、今工事中だったので、下で見た。貨物船が多かった。
 次は、つるまるデパートへ行った。デパートで買い物をしているうち、雨がふってきました。弟は、サンダーバード号がほしかったのですが、デパートにないようなので、ちがうプラモデルを買ってもらっていました。そのうち雨も小ぶりになってきたので、デパートを出ました。
 それから食堂に行って、ごはんを食べました。三星で買物をしてから、町を歩きました。弟は、1けんの店で、サンダーバード4号を見つけました。d0017084_9505615.jpg2つもプラモデルを買ってもらいました。わたしはバッグを買ってもらいました。それから、あま太郎焼きを買って帰りました。
 いや~、苫小牧満載です。その頃も、今でも、1番身近なちょっとした買い物地は、結局苫小牧なんだ。でも、この日記の時と今では、距離感と気合の入れ方には、雲泥の差があります。記憶では、車がありませんでしたから、30分以上バスに揺られ、国鉄に乗り換え、そうですねぇ、1時間半くらいかかったかもしれません。要するに、1日がかりの行程です。クラスには、修学旅行で初めて札幌に行く子がたくさんいた時代です。
 なぜ港を見に行ったのか、お祭りだった風も無いし、不思議だ。「鶴丸デパート」は、2000年に閉店しました。デパートとは、最上階に食堂があって、そこではプリンアラモードなどがあって、屋上には遊園地があるものだと、決まっています。
 ご飯を食べた食堂が何と言う名前なのか、書いていない所が惜しいですが、たぶん駅の近くでしょう。若草食堂とか?子どもの頃から、食べ物に執着が無かったのでしょうか。その割に「三星」と「あま太郎」のことは書いてありますね。
 サンダーバード4号って、5種類の中で、唯一イメージできないです。でも買ってもらったのだから、見ているはず。調べました。海の中を行く黄色いヤツでした。弟は今でも、プラモデルを作り、サンダーバードも見ています。
 私が買ってもらったバッグですが、その少し前にさくらんぼの着いた大好きなバッグを、静内のバス停に忘れて、とても落胆したのを覚えています。だから買ってくれたのでしょう。黄色いバッグだったように思います。
 画像は2つとも、ネットから利用させてもらいました。上は昭和40年頃の苫小牧駅です。
[PR]
by nyankai | 2017-08-10 09:46 | 社会 | Trackback | Comments(4)

 温帯低気圧になった台風の、恵の雨が降っています。と書くのもはばかられるほどです。
 マコがいなくなって、ダリはおしゃべりになりました。ダリなりに、気遣ってくれているというのは、私がそう思いたいだけではありましょうが。ソファーに座ると必ず乗って来る役目も、ネギ→マコ→ダリと引き継がれています。
d0017084_102537.jpg ニャンコ座町の夏は、先月予告編みたいな日が数日あったような気はしますが、不発のままで終わるのでしょうか。1日遅れの甲子園は、すてきな選手宣誓でしたね。「真っ白なユニフォームが、真黒になるまで・・・真っ白なボールを、真っ暗になるまで・・・」私の好みでした。でも、滝川西のユニフォームは水色だよ~なんて、言っちゃいけません。
 6日に書いたので、今日も書かなくてはいけないでしょう。今、立花隆の「読書脳」を読んでいます。私はどちらかと言うと、物語よりも、エッセイとか評論と言った類が好きです。どこからでも読めるしね。
 けっこう、衝撃的だったのは、「原子力は、神が宇宙に隠しておいてくれた宝剣」「最大の善をもたらす一面を持っている」とあり、日本では「脱原発以外に道は無し」論者が多数派になりつつあると。私もその論者です。でも、「宝剣」も「善」も全否定しているのでもないのです。
d0017084_103538.jpg 福島は、第一世代の古い原発に、マグニチュード9.0 のまれに見る地震と津波が押し寄せたのであって・・・あ~私もそう思いたい。あんな地震と津波は、めったに起こるものではない。にしても、最先端の原発では水素爆発は起こらない、全電源喪失メルトダウンは起こらないって、本当なのでしょうか。誰かきちんと教えてください。最先端じゃない原発も、そのまま存在している。それと、核のゴミをどうするかは、全く解決できていないでしょ。
 ちょっとした探し物がきっかけで、違うものを見つけることってあるでしょ。しまいこんでいた母の物の中に、母の一人暮らしの最後の方で、訪問販売(布団とか、サプリメントとか)の餌食になってしまった時の、契約書やらクーリングオフの書面のコピーやらをまとめたのが出てきました。母が死んだ時に始末しても良かったのですが、あの煮えくりかえるような腹立たしさを思い出して、自分への戒めとしようと思ったんだっけ。お盆だから、もっと母との良い思い出に浸りたい。それらをピリピリ破いて、今度こそゴミにしました。
 左手が動きにくく、タイピングがうまくいきません。左手が担当している部分がミスばかり。治りたいなぁ。
[PR]
by nyankai | 2017-08-09 09:57 | 社会 | Trackback | Comments(2)

 郵便物の中に、「臨時福祉給付金(経済対策分)申請のお知らせ」と言うものがありました。テレビでも流れています。それが申請されていないと。はい、確かに未だしていません。申請用紙が来るのを待っていました。ところが、読み進めて行くと、すでに申請書を送付してあると。いや~、どこかの誰かさんじゃないけれど、記憶がd0017084_9253498.jpg無い。
 とりあえず来た郵便物などを入れておく所を見る、郵便受けからこぼれ落ちたかもしれないので、その辺りを探してみましたが、ありません。確かに、加齢により記憶力は悲しい位減退していますが、手にして読んでいるならば、そのままにしておくとは思えない。着いた封筒は、中身も見ずに、特に町からのものは、捨ててしまうとは考えられないのです。が、全く記憶が無い。私も、大臣や官僚並みになったものです。
 これ以上探しても徒労に終わると思ったので、町役場支所に行き、「ごめんなさい」して、申請用紙をもう1枚もらってきました。その時のことです。
 「ここに名前書いてね、お母さんの・・・」「いえ、私本人です」「あっ、そうですか」
d0017084_9275963.jpg その時の私のいでたちは、すっぴん・何もしていないロングヘア・クロリンTシャツ・ピンクのギャザースカート・サンダルでした。低所得で給付金を受ける母親の代理で申請に来た娘に見えたか。それを言った役場職員、りっぱにおじさんではありますが、普通に考えたら、私より微妙に年下でしょう。
 喜んでいるのでも、嘆いているのでもありません。おかしかったのです。私は給付金を受けるような、低所得には見えないと言うことでしょうか。やっぱり喜ぶべきですね。
 それにしても、この臨時給付金、もちろんいただけると言うのですから、ありがたくいただきますが、金額は(あえて書きません)、経済対策に貢献するとは到底思えません。月額ならばともかく、1度きりですからね。日々の生活費の1部になるだけです。何かもっと別な使い道があると思います。災害復旧に使うとか。
 昨夜は歌会でした。N氏も来てくれて、充実した練習でした。
 今日はこれから、マッサージに行って、午後は、初めての良い所へ行きます。明日のブログをお楽しみに。ちょっと遅くても心配しないように。そうだ、月1万円位給付してくれたら、マッサージに使います。経済対策になるでしょう。
[PR]
by nyankai | 2017-07-29 09:24 | 社会 | Trackback | Comments(3)

 大橋さんの銀メダルが嬉しくて、少し世水を見てから寝ようと、座布団を2枚並べ、枕を置いてテレビ観賞するも、女子1500m自由形の間に眠ってしまい、目が覚めたら違う番組になっていました。お粗末!
 一昨日、ブンバとティモンの北海道弁がうつりそうになった事を書きましたが、息子がイベントでニャンコ座に滞在していた際に、話題になった言葉があります。「みったくない」は、京都では全く通じないのだそうです。では何と言えば良いのかというと「みっともない」だそうです。d0017084_10222328.jpg「みっともない」も使いますが、「みったくない」とは、道産子から言わせていただくと、微妙に違います。
 例のごとく、調べてみる。意味は「醜い」で、「みっともない」と似ていますが、個人の行為を誹謗する意味が強いのに対して、「みったくない」は主に顔の造作やファッションセンスなど、個人の外見を誹謗する言葉であり、意味は微妙に異なります。要するに「みったくない」は、「ブス」という意味。誹謗かぁ。ずい分と大袈裟な気もします。私思うに、「みったくない」には、いく分愛情が込められていやしませんか。
 「みったくない」と言い切るのは、けんもほろろですが、外見に対してそれをカバーするように、「でも愛嬌あるよね」のニュアンスが、後に続くのです。だから、100%非定形ではない様に思います。「みっともない」には、そんなフォローは無いと認識していますが、いかがでしょう。若者風に使うならば「この猫、みったくなくない?でもそこがかわいくね?」になりますかね。親しい間柄であれば、使っても笑えるような気がします。
 ところで、知人の家の敷地内に、スズメバチが巣を作ってしまったそうで、市役所に頼んだら、業者が来て、あっと言う間に駆除してくれたそうです。ところが、料金が2万円だったそうで、知人はショックを受けていました。そうなんだ。
 d0017084_1023294.jpg前の前に住んでいた所、いっちゃんは教員ですから、公宅に住んでいた訳ですが、そこの生け垣と言いますか、エボタの木に蜂の巣がありました。まだ小さくて、いっちゃんによると1匹しかいないと。それで、町役場の支所に電話をしたら、役場の人が殺虫剤と何やら持って来てくれました。1匹しかいない蜂は、お出かけ中の様でした。役場の人は、念のために殺虫剤を散布して、巣を壊してくれました。帰って来た蜂は、家が無くなっていて、さぞ悲しかっただろうなどと思ったものでした。
 何を言いたいかと言うと、蜂の巣の駆除が有料だと知らなかったのです。61年間。みったくない話とは、かけ離れてしまいました。
 何年前でしたっけ、木イチゴを夢中でとっていて、スガリバチに刺されました。低い所に巣を作っていたのに、気づきませんでした。私が悪いのですが、以来、蜂が怖いです。でも、ラベンダーに寄って来る、マルハナバチは、かわいいと思います。今年は、あまり見かけません。そうそう、紫陽花に花芽が付いていません。変な年です。
[PR]
by nyankai | 2017-07-26 10:20 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 又心配かけたかもしれませんね。すみません。エキサイトブログのメンテナンスで、ログインできなかったのです。もう夜になっちゃったじゃありませんか。
 d0017084_20145115.jpg昨日も近くの町で、土砂降りがあったようです。ニャンコ座町はセーフでしたが、気が気ではありません。ニャンコ座は高台で雨の心配はありませんが、豪雨につきものの雷が怖いのです。雷を電力として、集めて蓄える方法を早く発明してください。巨大なエネルギーが、もったいないでしょ。
 ヒートポンプの導入によって、ニャンコ座の電気契約が、7日付で、「ドリーム8」と「ホットタイム22ロング」から、スマート電化にぴったりの「eタイム3プラス」というのに、替わりました。自分で書いていても、さっぱり意味わかりません。ただただ、電気料金が安くなって、早くヒートポンプ代を取り戻せますようにと、願うd0017084_2016950.jpgのみです。
 「eタイム3プラス」は、・割安な夜間時間に電気を使用するとおトクに!と・午後時間は割高なので節約タイムに、です。たとえば、
午前8時~13時までは家事タイムで30、35円kWhで、13時~18時は節約タイムで39、94円kWh、18時~22時は家族団らんタイム(むかつく言葉だ)で30、35円kWh、そして22時~8時がおトクなタイムで14、37円kWhです。12月から3月までは、電気料金が10%割引きになります。
 d0017084_20172915.jpg午後は電気を極力使わないようにということだよね。無駄にテレビなどかけず、アイロンかけなどもダメ。夕食の支度は、6時になってから始める。翌日食べたいカレーや煮物などは、10時から過熱を始める。マコが死んでしまった日は、午前中に洗濯をしそびれたので、夜の10時に洗濯しましたもん。もっとも昼間すれば良いものを夜するために、照明を使うとどうなのか、そのあたりは良くわかりません。10時になったら、白熱球のシャンデリアを点けても良いかな。
 ニャンコ座を建てる時、オール電化は良いですよ、安全で安くて快適だからと言われてその気になったのに、何ということでしょう、ウソツキ!と恨んでいました。でも私は、脱原発です。お忘れなく。
 マコのお墓ができました。ネギの左側に、同じように煉瓦や砂利を使って。買物に行って、ペット用品の所を通ると、マコがいくらかでも食べてくれるように、あれこれ買って試してみたなぁと、ひとまず必要無いのに、じっと見つめながら、感傷に浸っていました。
 日野原重明さんが、お亡くなりになったそうですね。お疲れさまでした。
[PR]
by nyankai | 2017-07-18 20:11 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 昔、プロ野球に「マルカーノ」と言う選手がいました。私はずっと「丸川(河でも良い)野」さんだと思い込んでいました。これでも十分笑えるのですが、昨日もっとびっくりすることがありました。とあるクイズ番組の予告で見たのですが、答えが「トリレンマ」に対し、その問題が、「2つの選択肢があって迷うことをジレンマと言いますが、では3つの選択肢の場合は?」でした。d0017084_9232745.jpgえっ、えええ~~~~~~~っ、「モノ」「ジ」「トリ」「テトラ」・・・、日本語じゃなかったんだ。さあみなさん、ここ、あきれる所ですよ。今私は、世界中にとんでも無く恥ずかしい告白をしているのかもしれません。
 私は、61年間、自分でもたまに使ったでしょうが、「ジレンマ」は日本語だと思っていたのです。漢字ではおそらく「自連魔」「自練磨」とかじゃないのかなぁ、などとうすぼんやり思っていました。少なくとも、パソコンで文章を作るようになってからは、漢字変換を試みたことは無いです。
 ジレンマ、ディレンマ (ギリシア語: δί-λημμα、英語: dilemma) とは、 ある問題に対して2 つの選択肢が存在し、そのどちらを選んでも何らかの不利益があり、態度を決めかねる 状態。 3つの選言肢の場合は「トリレンマ」です。
 挟んだ右手の親指は、ずい分と痛くなくなりました。爪が黒いだけです。新しい薬はどうもこうも気持ち悪くて、昨日から飲むのを中断しました。本当は、何と無くだるさが良いようで、やめたくは無いのですが。今日はヨガとマコ病院なので、それが終わってから、量を半分にして飲んでみようかな。これ、ジレンマです。
 こんな調子だから、外国語なのに、日本語だと思い込んでいる言葉と、その逆が、まだまだたくさんありそうです。d0017084_9262366.jpg「トラウマ」は大丈夫です。「虎馬」だとは思っていません。夜、知人に電話でそのことを話すと、知人も日本語だと思っていたって。私だけじゃなかったんだ。
 息子のイベントの詳細です。
■日時:7月20日(木)19時開演
■会場:ナカジマ家具店 (富川西9丁目76-14)
■料金:カンパ制
■トークゲスト 後藤裕美子氏(中学校教諭)
・トーク
・丸山交通公園ワンマンショー
・短編「君の名は。」上映

[PR]
by nyankai | 2017-06-29 09:20 | 社会 | Trackback | Comments(0)

 ヒートポンプ、契約成立してしまいました。メンテの残金もまだ支払っていないのに、さらなる大出費です。自分のために(今回は快適な生活のために)使うお金ならば、仕方がないとは言え、小市民なものだから、そうですねぇ、5万円を超える金額を見ると、頭の中が日常では無くなってしまうのです。
d0017084_859546.jpg 信頼している人に、相談をしました。製品が耐久性など、きっちりした物であること。アフターにしっかり対応してくれること。価格が適正であること等々、幾度も確認しました。機械は得意分野ではないので、なぜ、-20℃でもお湯を沸かすことができるのかは、私にはイメージできませんが、昨日や今日始めた会社ではないのはわかったので、のってみること、決心しました。営業マンのO氏は、今まであった中で最強だと思います。外見もなかなか・・・そこが気に入った訳ではないです、頭良い、弁もたつ、よく勉強している。
 本体値引きとか、今付いている温水器とボイラーの下取り、地域一斉工事値引きなどで、支払額が決まりましたが、いつもお値段の仕組みって、本当はどうなのか、わからないです。
 d0017084_901845.jpg値引きと言う甘い言葉には、私たちは弱いですよね。でも最初から、安い価格が表示されていたとしたら、どちらを選ぶでしょう。閉店直前の半額セールや、タイムバーゲンとは違うのです。値引きしてもらったと言うことで、ありがたいと思います。本体価格は、基準となるお値段があるだろうけれど、工事値引きって、何が標準なんだろう。
 昨日は、午前中にお客様が3人、そして午後はヒートポンプさんと真剣に話し、夕方又来客があり、ちょっと買い物にも出て、気がついたら体中がぐったりでした。今日は実は、ファーチレと歌会のダブルです。できるかなぁ、私。
 昨夜、私の感じる限りでは、初雷が鳴りました。遠かったし、2~3回ではありましたが、落雷トラウマがある私をビビらせるには、十分でした。笑美ちゃんの出べそはもう治ったので、必要ありません。今朝も雨模様。
[PR]
by nyankai | 2017-06-10 08:57 | 社会 | Trackback | Comments(0)