さわりと知恵熱 (9/23)

 昼間と朝夕の気温差が、d0017084_9102370.jpg激しいです。
 今週に入って、ひどく具合が悪かったので、このまま一気にどうかなってしまうのじゃないかと不安だったのですが、昨日はいくらかましでした。夜のヨガにも行ってみました。夜ヨガで使っている照明です。すてきでしょ、下が畳ってことは、和室でやっているんです。左はだるいままだし、左肩に痛みがあるし、体力の低下は泣きたいほどですが、何かやらなきゃね。やってみると、滞っていた血流が動き出したって感じがして、楽になりました。
 テレビで、言葉が正しく使われなくなっている例として、「話のさわり」と「知恵熱」が取り上げられていました。とたんに自信が無くなる私。
 「話のさわり」は、「さわりだけでもちょっと教えて」のあれです。私は、ポイントだと認識していました。OKです。歌で言えばさびですね。聞かせどころのことです。でも半分位の人が「初めの部分」と答えたそうです。気持ちわからなくもない。
 もう1つの「知恵熱」ですが、大人が意外な熱が出た時に「知恵熱出ちゃった」と笑い飛ばす、又はからかうためにある、d0017084_9115480.jpg元々は子どもの原因不明の発熱のこと、知恵が付く頃に出る、と思っていましたが、これもピンポンでした。ひどく頭を使うことをして疲れた時に出る熱、という答えがけっこうあったとかで、時代によって、言葉の意味も変わって来るものだと、否定はされていませんでした。そうか、からかったつもりが、真に受けられていたこともあるのかもしれないのですね。
 全然関係ないですが、こんなホチキスを買いました。針が、縦横どちらでも止められるように、回転するのです。裏表印刷して、縦に止めれば、袋とじの半分の紙で済みます。これ考えた人、とっても偉いと思います。きっと知恵熱出たのではないでしょうか。この使い方は、間違いです。
 今日は、午後「第九」の練習と、夜「鈴子」の応援です。動員が伸びますように。
 北朝鮮とアメリカは、子供じみた(子どもに失礼だけど)言い合いはやめなさい。私はいかなる軍事活動も認めません。
[PR]

# by nyankai | 2017-09-23 09:08 | 社会 | Trackback | Comments(0)

尻餅とブドウとキノコ (9/22)

 ごちゃコンの1週間くらい前に、どうしてなのか忘れてしまったけれど、急に様似迷菓の「尻餅」が、食べたくなった・・・のではなく、みんなに見せたくなったのです。d0017084_1011597.jpgそれでわざわざ、様似方面からゴチャコンに来てくださる人に、買ってきてもらいました。私はかつてもらって食べたことがありましたが、たぶんほとんどの人は知らないだろうと思って。良い形でしょう。記憶の中にあったよりは、大きかったです。打ち上げの時に、みんなで愛でて1周し、2周目は、少しずつちぎって食べて行ったら、無くなりました。めでたしめでたし。すあまよりも、甘さ控えめで、柔らかいお餅でした。2個セットは「お知り合い」と言います。
 d0017084_1012284.jpgニャンコ座に1本だけある、野性ではないブドウは、何年か前に少し生ったのに、いつの間にかなくなりました。きっとカラスの仕業でしょう。今年は1房だけ生っていたので、早々と袋をかけ、昨日めでたく収穫の運びとなりました。見てくれは、「デラウエア」です。苗を買った覚えはあるのですが、何だったかは記憶ありません。食べてみると、種のあるデラウエアでした。台風で、ブドウ棚から外れてしまいましたが、冬の間は寒さで枯れるのを防ぐために、地面に降ろし、藁かビニールシートで覆うのが良いらしいです。
 d0017084_1013172.jpg昨日は、私は行っていませんが、キノコ隊からおすそ分けがありました。7人で行ってきたそうです。本隊は少しずつ高齢化して来るので、しっかりとした考えの若者に、キノコの知識とルールを教えたいのだそうです。それは大事ですね。
 で、昨日いただいたのは、「舞茸」「シメジ」「ヤマブシタケ」「ホウキタケ」の4種類です。舞茸に似た毒キノコは無いから心配無し、シメジは売っているのとはかなり見た目が違います。ヤマブシタケは、認知症の特効薬になるそうです。マコが食べていたサプリメントβ―グルカンがいっぱい入っているようです。今回初めてなのはホウキタケでした。色がピンクの「ハナホウキタケ」と黄色の「キホウキタケ」は毒だそうです。
 昨日は、味噌汁とてんぷらにして食べました。お腹こわしてもいないし、生きてます。
[PR]

# by nyankai | 2017-09-22 10:11 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)

眠っていたい (9/21)

 ごちゃコンという支えが無くなってしまったせいだからでしょうが、もうこわくてこわくてこわくて、お願いだから、寝かしといてほしい。夜寝るときは、どうか朝が来ませんようにと思います。目が覚めなきゃ良いのに。おまけに、連夜の雷まで鳴るし。何か熱中できることを見つけないと。
d0017084_10351858.jpg 昨日は、必ずやるべきことをやった後(この中にブログの更新は、含まれています)コーヒー飲みながら新聞読んで、この辺りまでは普通だけれど、ゴロリ。本当は頼まれごとがありましたが、後へ後へと引き延ばし、それをやったのは夕方でした。1つは、ごちゃコンがらみの、預かり物。精一杯元気を取り繕って、預かってきました。でも、上がって行けば良いのにのお誘いには、応えられませんでした。もう1つは、息子に頼まれた布団類に、下着とシャンプーとかも入れてほしいと、自分は楽しいフェリーの旅をしながら、甘えたこと言ってきたので、靴下を買いに行きました。劇団の代表は、清潔であらねば。
 布団運びを頼まれてしまった友達は、8時近くになって来てくれました。中学の頃のぽっちゃりしたイメージはなく、良い若者(と言っても良いのか、33歳)になっていました。軽自動車に布団袋2つと、売り物のDVDと、下着の入った袋を積んで、札幌に向かって走って行きました。せめて私の感謝の気持ちと思い、ちゃんと夕飯代は持たせましたよ。
 d0017084_10355911.jpg近所に、趣味で廃馬や山羊を飼っている(本業は酪農)お宅があります。最近、小さな馬が2頭増えました。ポニーかな。これが愛嬌たっぷりの顔をしているんです。「マキバオ―」みたいなの。国道から家に帰るための町道の曲がり口の牧草地にいます。それが今日はすぐ近くにいたので、車を降りて話しかけてみると、さらにそばに寄って来てくれました。ニンジンでも持っていれば良かったのだけれど。
 その入口に、「町道○○号線」の看板があるのですが、台風で倒れました。車の下が引っ掛かりそうに倒れていたので、わたくしニャンカイが脇にどけました。18日のことです。それが昨日の夕方になってもそのままなので、役場に電話をかけました。「それはそれは、お知らせありがとうございます。ただちに、担当部署に連絡し、対処いたします」と言う返事でした。直っているでしょうか。
 今日は、せっかくの昼ヨガだったのに、先生の都合で中止になりました。明日の夜ヨガに行こうかな。今日は、昨日よりはましな1日にしたい。
[PR]

# by nyankai | 2017-09-21 10:34 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

空海様お願いします (9/20)

 ごちゃコンが、ずいぶん昔のことの様です。思い切り、心に秋風が吹いています。だるいのこわばるの震えるのも辛いですが、疲労感が半端ではないのです。息子の公演が週末なのにね。その前に第九の練習もあるのにね。何めげているんでしょう、私ったら。昨日悲観的なことを書きましたが、d0017084_1026192.jpgこのまま一直線に悪化するなんて訳はないとは思っているんですよ。息子達は、京都を出発しました。フェリーツイキャス聞いて楽しかったです。今夜は、中学時代の友達が、宿舎で使う布団を運びに来てくれます。何とありがたいことでしょう。
 台風は、この辺りは、デントコーンが倒れてしまったのが、目立った被害だそうです。倒れたデントコーンは、収穫に3倍の時間がかかるのだそうです。
 10日ほど前に、真言宗のことを書きましたが、私が地味に好きな「ブラタモリ」が、2週続けて「高野山」でした。2回目はごちゃコンの夜だったので、録画しておいたのです。面白かったですよ。高野山には1度行ったことがありますが、特に印象深かったのは、高野山と言う町であることと、たくさんの武士などのお墓があったこととd0017084_10274598.jpg、まだ空海が存在していて、ご飯を召し上がると説明されたことでした。みんなあやかりたくて、お墓を作ったのだそうです。23日には3回目があります。「鈴子」だから、又録画しなくちゃ。
 偶然ですが「歴史秘話ヒストリア」の「高野山1200年へのいざない ~平安のスーパースター・空海の物語~」も見たので、にわかに空海のことが気になり始めました。弘法大師と言えば、達筆ですね。国宝・空海直筆の「書」も紹介されましたが、それはそれは、しっかりした美しい文字でした。
 8日のブログに「光明真言」のコメントがありましたので、漢字で書くとどうなのかどんな意味なのか調べました。本来は、梵字みたいです。
  オーン 不空なる御方よ 毘盧遮那仏(大日如来)よ
     オン アボキャ ベイロシャノウ 唵 阿謨伽 尾盧左曩
  偉大なる印を有する御方よ 宝珠よ 蓮華よ
     マカボダラ マニ ハンドマ 摩訶母捺囉 麽抳 鉢納麽
  光明を 放ち給え フーン (聖音) 
     ジンバラ ハラバリタヤ ウン 入嚩攞 鉢囉韈哆野 吽
 呪文ですね。で、思いだしたのですが、小学校の学芸会で、舞踊劇「桃太郎」をやった時「ジンバラジンのジンバラジン この世で1番偉いのは おいらのおいらの大王さ」という歌詞があって、ずっと疑問だったのですが、これではないかと。
[PR]

# by nyankai | 2017-09-20 10:23 | 映画・テレビ番組 | Trackback | Comments(0)

もう1度元気になりたい (9/19)

 台風は、私の周辺では大したことなく過ぎました。昨日目が覚めた時は暴風雨で、あ~、これは午後からの「森のみみせんコンサート」は行けないなぁと思いました。でも昼前に雨はあがったので、出かけました。途中に、折れた木を発見。ところが会場の「沙流川アート館」には車が1台も無い。d0017084_104997.jpgヤッチマッタか。玄関まで近づいて貼り紙を見ると「台風のため、中止」とありました。普通のイベントならば、そこで盛大に怒る所ですが、仕方ないよね、良く勇気を持って中止にしました・・・なんて晴れた空を恨めしく眺めていたら、そこにオリジナルパッケージのじゃがりこを作ってくれたある子ちゃんが、シモン君を連れてやってきました。
 そのまま一緒に「いかりや一男 水彩画展」に行きました。シモン君絶好調になり、絵を批評するかのごとく声を出してかわいい。碇谷さんの水彩画は、白い部分を塗り残しているのです。理由がわかりました。d0017084_106255.jpg水彩絵の具に白はあるけれど、それを上から塗っても下の色が出で来るので、塗り残すしかない、なるほどです。それにしても、白樺や雪景色など、本当に美しい。絵のことは良くわかりませんが、碇谷さんの絵は好きです。
 絵を見たら、無性に絵を描きたくなりました。つかまり立ちを始めた笑美ちゃんの写真(d0017084_1063822.jpg例の三頭身に見えるやつ)を見て、描きました。本物はチィルドシートにつかまっているのですが、そこはそれ、キーボードに置き換えました。
 タイピングが辛いので、右手だけで打っています。ご飯を食べるのに、左手で椀を持つと震えてしまいます。この所、急に悪化したように思います。もう1度、元気になりたい。1年間元気にしてあげるから、翌日には死になさいという契約を提示されたら、それはさすがに困るけれど。10年元気にしてやるから、その翌日死になさいなら、契約しても良いかな。だってさ、笑美ちゃんが歩いて、私のことを、何にしようかな・・・「おばあちゃま」、まっ、何でも良いや、と呼んでくれるのを楽しみだし、まだ歌いたい歌もある。「笑の内閣」が軌道に乗り、息子が売れっ子劇作家になるのを見届けなきゃならないもの。でもきっと、10年間の最後の日に、泣いて契約更新をお願いするでしょう。
 今頃になって、ミニトマトが毎日とれます。昨日は強風の中収穫し、夜になって砂糖漬けにしようと、テレビの前に座って、黙々と皮を剥きました。30分強、31個のミニトマトの皮むき、手は震えていませんでした。
[PR]

# by nyankai | 2017-09-19 10:01 | 心もよう | Trackback | Comments(2)

いない人には届けられない (9/18 敬老の日)

 台風来てます。ニャンコ座上空には、今の所強い雨雲はかかっていませんが。
私の「燃えつきることができなかった症候群」の原因d0017084_10375447.jpgは、体調不良がほとんどの原因ですが、去年のショックが尾を引いていることもあります。それは具体的には書けませんが、そこが理由だとしたら、これで良かったのかもしれません。B.Bマスターも、ちょっと力が抜けている所が良かったと、褒めてくれましたから。マスターは毎年必ず、的確な指摘をしてくれます。マンネリ化しそうだった時も、「音楽は魂だ」と言ってくれた時も。
 1年3ヶ月も時間があったのに、私は歌詞がすっ飛びました。d0017084_10383833.jpg直前に喉の不調が襲ってきて、どうも音が下がる不安がありました。世界中の人にそれで良いのだと言われても、私は私をやっぱり認められないのだと思います。自己愛強いだけに、やっかいな性分です。それにどこかで、来年はやれるかどうかわからない不安もあるのです。
 ある子ちゃんの差し入れは、「じゃがりこ」でしたが、あわただしく受け取ったものだから、気が付いていませんでした。言ってくれりゃ良かったのに、昨日夜になって、パッケージが「R.R.Singers 祝 50周年」になっているじゃないですか、d0017084_10391761.jpg何と嬉しいこと。ありがとう。すばらしい。
 「大きな古時計」は100年動いたんですよね。富川合唱団は、生まれて50年経ちました。いつもそれほど宣伝をする訳ではありませんが、今回は、何人かの遠方ではない人を中心に、OBにも手紙を出しました。でも全滅でした。1人は別件で会った先で、地域のお祭りなので行けないと、明るく言われました。仕方ないね。もう1人は、みんなに会いたかったけれど、お母さんの調子が悪くてと、きちんと電話をくれました。別に出欠葉書を出した訳ではないので、返事が来なくてもおかしかないのですが、何だかそれも寂しかったのかもしれません。
 100周年には、私はおりませんが、私達の想いが、どこかに繋がって行ってくれたら良いなぁと思います。私がいないのは笑い話ですが、孫達(なんちゃって孫達もピアニスト孫達も笑美ちゃんも)は50年後を必ず幸せに生きていてほしいです。
歌うことで何かを届けようにも、その場にいない人には届けられないですよね。
[PR]

# by nyankai | 2017-09-18 10:36 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

何か去年までとは違って

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8、大盛会で終了 ありがとう060.gif
 遅くなりました。ごちゃコンの翌日なので、そこは大目に見てくださっていると思うのですが、ことの他、書きたい欲が降りてこないまま、いたずらに時間が過ぎました。体調はとても良くないと言う訳ではないのですが、d0017084_15565131.jpg動くのが億劫です。
 具合の悪さは、すでに去年からだったのですが、去年はそれを吹き飛ばすだけやれたのですが、今年はダメでした。決して集中力を欠いたつもりは無いのですが、歌っていても、震えてしまいそうな左手が気になるし、最後の1ヶ月くらい、喉の不調になりかけたり、もっと気合を入れて練習したいのにできなかったり、来年はもうできないのじゃないかと弱気が湧きあがったりで、その不安がもろに出てしまいました。もちろん、私はやれる限りの練習をしたし、引け目に感じる必要はありません。わかっています。人から見たら、たぶん具合悪い人には見えないかと思います。それでも、朝起きて、d0017084_1558276.jpgブログ書きたいと張り切れなかったのです。
 ごちゃコンそのものは、とっても良かったと思います。ちょっと寂しかった予約数も、B.B☆Hallのテコ入れで、ちょうど良い人数になっていたし、花束も届いていたり、シモン君を連れたある子ちゃんも、本番前にオリジナル差し入れを持ってきてくれたし。いつの間にかすっかり成長した、なんちゃって孫たちは、堂々のピアノ演奏を聴かせてくれたり、鮮烈デビューを飾った、ピアニストの孫ちゃんたちのかわいらしかったこと。何も不満があるのではありません。でも、私はわがままなので、100%やりたかった。100%の設定そのものが、認識できていなかっただけのことだろうけれどd0017084_16134453.jpg、パソコンの前に座るより、寝転がっていたかったのです。
 公式カメラマンの写真はまだですが、私のデジカメに写っていた写真を見ながら、ようやくこうして書き始めた所です。そうだ、こんなに楽をしたごちゃコンは、初めてかもしれない。開演中、私はけっこう座っていました。去年は常に何かをしていて、汗かきすぎて、脚がつったんだっけ。今年は水分補給気をつけました。
 でもわかったことがあります。出演者すべて、「世界に一つだけの花」だってことが。誰ひとりとして、同じ花じゃないってことが。
[PR]

# by nyankai | 2017-09-17 15:39 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(3)

「足心道」でごちゃコンへ (9/16)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8、いよいよ本日060.gif
 先週、重大なことを書き落していました。笑美ちゃんが、つかまり立ちしている写真が届きましたよ。上から撮った写真なので、三頭身に見える所がかわいくって、顔が自然とニタニタしてしまいます。
 昨日は、友人に紹介された「足心道」と言うのを受けてみました。いつも受けているマッサージさんが、職業病でしょうか、ちょっと手を傷めてお休み中なのと、元々興味があったので。「足心道」は今から約2000年ほど前に、中国大陸で誕生した「足は人の体の中心である」という理論に基づいた手技ですって。何が良いって、小一時間もかかるニャンコ座町まで、d0017084_9523315.jpg出張してくださるというのです。
 来てくれたのは、優しそうな若い方でした。と言う風に見えましたが、聞く所によると、中学生を筆頭に、3人の男の子のママだそうです。こういった施術をしてもらうと、その人が聖母に見えます。多少痛い所があっても、それはそこが弱っているということだから、イタ気持ち良いのです。受けたから治ったなどということはないし、もしもそんなだったら、私の1年と8ヶ月半の苦しみは何だったの?になってしまいます。本当は、初めは集中して受けると良いそうですが、ひとまず、2週間後を予約しました。
 お灸は温かくて気持ち良いですが、鍼は実感が持てませんでした。私の足の裏は、柔らかいのですって。そういや、足の指がクネクネだったわ。こわばっているのは、自分で感じるのであって、触れてみて硬いんではないのです。
 去年までの様に、テンションは上がりません。上げたいのですが、体が不調で。寝不足も無い、シンデレラストマックもこの所治まっている。でも疲労感があり、左がダメです。地球の引力が恨めしいです。どうしても、意識がそこへ行ってしまって。でも、楽しもうと思います。今夜来てくださる方たちと一緒に。文ちゃんが教えてくれた、「何か1つでも持って帰ってもらいたい」を、心にかけておきたいです。
 調子悪いし、ヘアドネーションのために、パーマっ気も無い中途半端なロングヘアなので、美容室に行くことにしました。いつもの札幌にはいけないので、母が生前お世話になっていた所です。電話したら、とても懐かしがってくれました。
d0017084_953452.jpg

[PR]

# by nyankai | 2017-09-16 09:50 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

私ときたら (9/15)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8まで、あと1日060.gif
 又か。北朝鮮、どうしてこんなに上から目線になれるのか。哀れです。
 明日ごちゃコンだというのに、一昨日アフリカの太鼓に励まされたというのに、昨日はほとんどゴロゴロ寝ていました。年とったダリd0017084_9434941.jpgと一緒に
   猫と我 ひねもす寝たり寝たりかな
ってか。左腕と左脚が棒の様で、もうとってしまいたい位。それは寝転がっても軽くなることはないのです。
 昨日やったことは、朝のうちにやらねばならないこと、ダリにご飯やって、トイレ掃除して、花に水やって、ゴミの始末して・・・ごちゃコンの経費合計して、負担金を算出して、それぞれに連絡して、さぁ、横になろうと張り切ってしまった。ご飯は食べています。ジプレキサのおかげで、食欲はあるんです。太るの心配なほど。
 宮古島の姪っ子に台風被害はなかったろうか、ファーチレの歌友の所、警報出ているわとか、天気の心配しながら、夕方になってようやく、ごちゃコンの初めのあいさつとかを考えて、ワードで書いてみて、歌う曲の歌詞を確認するために軽く歌って、ダリに叱られながらリコーダー吹いて、動かない指でピアノ弾きました。d0017084_9442581.jpgけっこうやったか。
 まじょ子町に、パーキンソンの方がいます。その方と少し話ができました。7年目だそうです。飲んでいる薬は、全然知らない名前でした。初めの自覚症状は「歩きにくい」だったそうです。私も7年後には、どうなっているんだろう。その方は「深刻に考えちゃだめよ」と、言ってくれました。そうだ「心配ないさ~~~~っ」だったね。でも私には、一緒にいてくれる夫がいない。
 ごちゃコンの予約が思ったように来ないのも、テンション上げられない理由かな。OBにお手紙出したのに、直接お返事くれたのは2人だけ。世の中、そんなもんか。息子みたいにしつこく宣伝できない。その息子は、高校演劇京都府南部地区大会の審査員をするそうです。偉い人になったねぇ。
 今日はこれから「足心道」と言うのが出張してくれます。明日の美容室も予約しました。
[PR]

# by nyankai | 2017-09-15 09:42 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

土の上土の上 (9/14)

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8まで、あと2日060.gif
 腕と脚がだるくても、手が震えても、音楽は楽しい。まじょ子町であった「Safaico 北海道ツアー in HIDAKA アフリカン太鼓ライヴ」に行ってきました。アフリカの太鼓になじみがある訳ではありませんが、少なくとも演歌よりは相性合うかなぁd0017084_1011388.jpgと思って。
 ケニヤ伝統太鼓「ンゴマ」(「ン」から始まるってだけで嬉しかった。息子が小さい頃、チャドの首都が「ンジャメナ」であることを知って、しりとりに得意になって使っていた。アフリカには「ン」から始まる言葉があるそうだ)奏者の、大西匡哉さん、昆虫採集に行ったカメルーンで、太鼓と運命の出会いをしたという山北のりひこさん、セネガル出身のママドゥ・ローさんによるユニットです。ローさんは当然、大西さんと山北さんも、長身でスレンダー、見てくれも大事です。
 太鼓だけのコンサートを聴き通せるかと、ほんの少し心配しましたが、杞憂でした。5カポ位の明るいギターちょっぴり、アフリカの木琴「バラフォン」が少し、3度でハモるボーカルも入りました。既成曲だろうとオリジナルだろうと、どちらにしても知らないのですが、リズムは心地良く、高校生やダンスが好きな町民は踊りまくりでした。狩猟民族のDNAは、リズム感に長けている、ハモるのも上手いことが、実感できました。私は農耕民族なので。
 d0017084_1021533.jpgアフリカには、公用語はともかくたくさんの言語があるそうです。昨夜のはスワヒリ語だったのか、ズールー語だったのか。「ライオンキング」の「心配ないさ~~~」が浮かんでくる。このリズムに身を任せていると、たいていのことが、どうでも良いような気がしてきます。最後の曲が、「土の上」と言う曲・・・なのかどうかわかりませんが、とにかく「土の上」を繰り返す。行きは、ごちゃコンの曲全部を歌いながら運転したのですが、帰りは「土の上」が頭から離れず、「手が震えるのは土の上」「歩きにくくても土の上」と歌いながらでした。
 「ケニヤ」と言えば、私はどうしても「少年ケニヤ」。ウ~ウウウ~ アフリカだ ジャングルだ ウ~アッ 黒い瞳にバラの頬 ワタルは強いぞ ウッ ダーナが味方だ ウッ 赤蟻とかげ 何でも来い ウ~ウウウ~ 進めよワタル 少年ケニヤ やだ~、今でも歌える。面白かったんだよね。全部日本人が演じていたと知った時は、多少ショックでしたが。
[PR]

# by nyankai | 2017-09-14 09:58 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)