ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます

by nyankai
 年のせいか、不調が輪をかけているのか、疲れがとれていません。今夜はファーチレなのにさ。
d0017084_11112234.jpg 2日目の朝は、金さんがお勧めしてくれた、おかゆを食べに行きました。ただし、アワビではなく、鶏肉にしました。韓国で1番食べられているのは、鶏肉でも牛肉でもなく、豚肉だそうです。その後、無難にマックに入ってコピチョセヨしたら、Sサイズなのに、たっぷり出てきて、驚きました。d0017084_11122758.jpgいたるところに提灯がぶら下がっているのは、旧暦のお釈迦様の誕生日を祝うためだそうです。
 JTBアジアンオリジナルバス「そうる君」参加のため、ロッテホテルに向かう。又、ジャンボタクシーに運転士さんと、とても感じの良いガイドのウナちゃんと4人で、「景福宮」(キョンボックン:朝鮮王朝の王宮)に行き、勤政殿、慶会楼を見学、王宮守門将交代式を見学しました。あ~、いきなりこれが旅行と言うものだ、の雰囲気。でも日本との悲しい関わりも多く、手放しで観光しているのも、いささか複雑でもありました。秀吉に代わり、お詫び申し上げます。オンドルの煙突は、煉瓦を組んでいるのですが、韓国は地震が無いそうです。韓国の干支は、日本とたった一つだけ違います。最後の「亥」が「豚」なのだそうで。d0017084_11133749.jpg親戚だから良いか。
 近くには、韓服のレンタルをする所がたくさんあり、それで散策する人が多かったです。やってみたかったのですが、そんな時間は無く、日本人観光客の皆さんに一緒に写真うつってもらいました。宮殿に、日時計がありました。ピンと来たのですd0017084_1115433.jpg。韓国の人のパスポートは深緑で、この日時計の絵が付いていた事に。ウナちゃんは「良く気付きましたね」と褒めてくれました。
 その後は、おしゃれな街「三清洞」(サムチョンドン)と、芸術街「仁寺洞」(インサドン)に行き、韓国のパッチワークポジャギを見たり、刺繍を見たりして、布好きの姉上と私には、嬉しいことでした。
 午後は、ホテルのすぐ近くの「南大門市場」(ナンデムンシジャン)に繰り出しました。このエネルギーはいったい何なのだ。私は決めていました。笑美ちゃんのチマチョゴリを買う、願わくば、自分のも買うと。おd0017084_1116555.jpg店はほどなく見つかり、お値段も手ごろだったので、超かわいいのをお買い上げ。1番小さいのが1歳用で、大人は55とか66とか書いてある。55歳用ではあるまいと思ったら、私のサイズでした。笑美ちゃんと何となくペアになる様に選ぶ。髪飾りも買ったけれど、1歳になったらピンが留まるだけ、髪があるだろうか。
 姉様に頼まれたコチュジャンも買えたし、ホテルへ戻って一服して、いよいよ本当の目的だった、5時からの息子の公演「ツレがウヨになりまして」を観るために、タクシーで「恵化」(ヘファ)の「芸術空間オルダ」に向かったのでありました。続く。
[PR]
# by nyankai | 2017-04-26 11:01 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(1)
 旅行とは疲れるものです。でも今回は特に、韓国のというか、明洞の活気というか毒気にあてられて、へとへとになりましたd0017084_9562390.jpg。昨夜帰宅してから、北海道のあまりの寒さに、すぐにお風呂に入って、ぬくぬく毛布でテレビの前にころがったら、そのままマコに添い寝されながら、日付が変わるまで眠りました。1度起きて再度お風呂に入って、又寝ました。d0017084_9572183.jpgさすがの書き魔もソウルから書くゆとりは無かったので、今日から「讃歌」まで、後片付けしながら、順々に書いて行こうかしら。脚が筋肉痛です。
 21日は、運転得意な姉上に乗せてもらって、空港近くのパーキングまで行き、初めての新千歳国際線ターミナルへ(ハワイの時は、関空まで国内線で行きましたから、d0017084_9584760.jpg行っていない)。
 審査は、いつものただくぐるのではなく、「手をあげろ!」のポーズでした。姉上がもたついてなかなか来ないと思ったら、ペビメタみたいな金具のたくさんついたベルトを外し、エアのかかとの靴もサンダルの履き替えて、出てきました。それがまず、姉上的にはつぼにはまったらしく、とても興奮していました。私は、いっちゃんの遺骨ペンダントは反応していたのかもしれません。赤ランプになりました。
 金曜夜のアシアナ航空は、空いていました。客室乗務員なとてもスラリとした美人で、茶系の制服が新鮮でした。機内食は、温かい焼き肉弁当の他に、パサッとしたパンに、バター、何につけるのかコチュジャンとお水。珈琲などが付きます。距離の高度やコースのモニターを観ているうちに、あっという間の3時間でした。
 d0017084_10195.jpg仁川に着くちょっと前、大都会の上空を飛んでいました。ソウルだったのかもしれません。入国の審査は特に問題無く通過。仁川空港でかい。「JTB」の紙を持った、金さんをすくに見つけて、本当に2名一行様であることが分かりました。ジャンボタクシーに乗って、1時間ほどで、ソウルのホテルロワジール到着。金さんによると、日本人旅行客のキャンセルもボチボチ出ているそうですが、ソウルは気が抜けるほど普通に平和ですと。日本はあおり過ぎ?
 d0017084_103242.jpg金さんに、翌日から乗事説明を受け、「ナンタ」の予約をしてもらい、「あかすり」を勧められました。あかすりは、スジュール的にあきらめていたのですが、明洞は不夜城。興味があったので、予約をお願いしました。
 フロントの日本語スタッフに、Wi-Fi設定を頼みましたが、iPhoneや韓国メーカーのならば、相互性が良いのだけれど、キュアちゃんじゃ今一、みたいなことを言われました。サムスンのじゃなくて、悪うございました。実際あまり調子良くありませんでした。私のシエンタちゃんと、1文字違い(の番号が惜しい!)部屋は立派で、スリッパやミネラルウォーターもあり、NHKも入るし。上々でした。
 最後に息子達がとった、コスプレ写真もサービスでつけておきます。さすが、劇団員。
[PR]
# by nyankai | 2017-04-25 09:54 | 旅 グルメ | Trackback(1) | Comments(3)
今日も暖かそうな、良い天気。昨日は桜F6A3.gifも見られたし、元気に帰ります。
[PR]
# by nyankai | 2017-04-24 07:34 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)

世界遺産めぐり (4/23)

これから行きます、
[PR]
# by nyankai | 2017-04-23 07:53 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)
朝粥を食べに行く。オプショナルツアーに行く。南大門市場に行く。息子の公演に行く。あかすりに行く。これから寝る。
[PR]
# by nyankai | 2017-04-22 01:45 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)
 デパスを飲んでいるので、嬉しくて寝られなかったということはありませんが、姉上が来てくれる2時までをどう過ごそうか。もったいないほどの良い天気なので、d0017084_911537.jpg本当は畑やりたいけど。
 まずは、昨夜の「御堂コンサート」の感想を少し。道内の僧侶と坊守の有志でつくる「朗読塾・チームいちばん星」による、朗読劇でした。心に残った言葉は「さよならを言えたらしあわせ、又ねと言えたらもっとしあわせ、本当に又会えたら、もっともっとしあわせ」でした。機会があれば、又詳しく書きます。
 家に戻ると、JTBから、「22日に、朴 槿恵支持者のデモがあります」とメールが来ていました。デモの熱気、感じてみたい気もします。
●ただ今洗濯中なので、終わったら干す。もちろん部屋干し。
●風呂掃除をする。
●コーヒー飲みながら、ゆっくり新聞を読む。
●「讃歌」の練習をする。
●家の中の花に多目に水をやる。
●昼ご飯を食べて、食器を洗う。
●歯を磨いて、お化粧をして、荷物チェックをして、キャリーバッグを〆る。
●マコに、サプリメントを飲ませ、カリカリと水とトイレのチェック。
●ハンドバックチェックをして、〆て、荷物を玄関に移動。
●着替えをする。
●パソコン最終チェックをして、シャットダウンして、コンセントを抜く。
けっこう忙しいですね。すぐに2時になりますね。
 d0017084_9132980.jpgキュアちゃん(スマホ)は、飛行機で電源を切る際、「モバイルデータ通信」(国内ではONになっている)と「ローミング」(基本はOFFになっている)がOFFになっているかを確認します。ホテルなどの無料Wi-Fiは利用する予定ですが、スケジュール過密だし、今回は同行者もいるので、ブログ更新はたぶん生存確認程度、最小限だと思います。帰国してから、いっぱい書きます。ラインは、するかもしれません。届いた人は、付き合ってくださいね。
 いつものように、信頼できる知人に留守宅は頼みました。猫も安心です。
 北海道が寒過ぎて、早く暖かい韓国に行きたい気分。最高気温が20~21℃って、快適ですよね。天気も行っている間は、ほとんど晴れそうです。息子達の劇場の近くに、ダイソーがあって、とても助かっているそうです。100均じゃなくて、1000均か。
 では、皆様、行って参ります。
[PR]
# by nyankai | 2017-04-21 09:10 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)
 今日は、ようやく日程が決まった、「R.R.Singers50周年記念 ごちまぜコンサートvol.8」の、これは毎年恒例曲目紹介の1回目をしましょうかね。ごちゃコンは、9月16日(土)、6時半からですよ。私の体調が悪かったから、ばかりではなく、いつもの様にもしも5月最終週だったら、私この週末韓国だし、その次は「讃歌」だし・・d0017084_91351.jpg・やっぱり私のせいか。なんちゃって孫のハッチ~も、ピッカピカの1年生になって、GWを楽しみ、落ち着くまでに少し時間があった方がよろしかろうなどと言う事で。何より、50周年の節目のコンサートを、しっかりやりたいからですよ。
 たぶんオープニングを飾る事になるんじゃないだろうかと思われる曲は
 ☆「Over Drive」(作詞:YUKI 作曲:TAKUYA)です。日本のロックバンド、JUDY AND MARYの、1995年だから決して新しくない曲で、私達は、オモコーバージョンの混声合唱で歌います。ジュディマリのオリジナルを聴いてみましたが、歌詞が良く聴きとれています。「夢はいつまでも覚めない 歌う風のように」って、良いテーマです。
 d0017084_92454.jpgアンコール曲を真っ先に発表してしまうなんておかしいのですが、これ位早々と書いてしまったら、おそらくみんなすっかり忘れてくれるでしょう。
 ☆「上を向いて歩こう」(作詞は永六輔、作曲は中村八大)、歌は坂本九、1961年リリースの歌。もう説明の必要もありませんが、今回は「サーカス」のおしゃれなジャズアレンジで歌います。去年のアンコールで、会場みんなで「少年時代」を歌ったのが、あまりに感動的だったので、今年も誰でも知っている歌にしました。明るい歌詞ではないのですが、坂本九さんの笑顔と一緒に思い出すのは、希望です。
 d0017084_93532.jpg一昨日夜の「うたコン」は「レミゼ」のステージがありました。「夢やぶれて」と「On my own」と「One day more」でしたが、客席にいるみたいに泣けました。祐様がいなくても、又観たいなぁ。人生やり直せるのだったら、出演したかったなぁ。
 今日はこれから、口腔外科ではない方の、地元の歯医者です。もう月一から解放してほしいのですが。断ろうとも思ったのですが、前日は断る理由にはならないし、予約取り直して延期になるだけで、それも面倒だし。又、倒れた奥歯を抜いたほうが良いとか、言われるんだろうな。
 夜にはお西のお寺で「花まつり 御堂コンサート 朗読劇『しあわせの種はここにある』」もあります。明日は飛行機は夜離陸で、全然急がないから、ソワソワした夜を過ごすよりも、行った方が良いでしょう。
 昨日の息子達の、問題無さそうな写真を拝借。何のトラブルもなく、楽しそうです。そして暖かそうです。サムギョプサルが炎上したそうです。ツイキャスも聴きました。明日はいよいよ私の番です。
[PR]
# by nyankai | 2017-04-20 08:58 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)
 タイミングの問題ですが、韓国に行くのに、ハワイの時みたいに晴れ晴れしないのは、あいつらのせいです。なんで、私が迷惑かけられなきゃいけないのよ。それに、ハワイは息子が団長だったけれど、今回は2名様とは言え、私が団長の責任もあります。d0017084_10421113.jpg外務省によると、韓国は危険度レベルは0です。心配されると、心配になりますから、心配しないでくださいね。少なくとも言わないでくださいね。
 そうそう、チマチョゴリって、ずっとワンピースなんだと思ってきましたが、チマと言う巻きスカートと、チョゴリと言う上着なんですって。ホテルから近い写真館で写真と撮ってこようと思っていましたが、それよりも、品質は悪くても良いから、見てくれが良くて安いチマチョゴリ、笑美ちゃんのだけじゃなく、自分のも欲しいなぁって気がしてきました。明洞のすぐ近くの南大門市場にあるお店の場所を、調べ上げました。狸小路か浅草みたいな所かしら。もっと規模が大きいみたいだけれど。たとえば→ここ 息子の公演を見るまでの時間は、ここで過ごそう。
 この所、ソウルの週間天気予報をチェックしています。こんな感じ。まあまあでしょう。北海道(少なくともニャンコ座町)よりは、大ぶん暖かいです。d0017084_10425122.jpg明日の降水確率50%で、帰国翌日も50%。その間は、たぶん降らないでしょう。息子達は本日出発です。もう関空には着いているみたいです。泊まるゲストハウスの名前を教えろと、幾度も聞いたのに、とうとう返事は来ませんでした。さすがに昨夜は興奮して寝られなかったとか。
 韓国の(たぶん)主だった都市の名前です。たとえば空港のある仁川(インチョン)はじんかわ、春川(チュンチョン)はもちろんはるかわ、水原(スウォン)はみずはら、大田(テジョン)はおおた、安東は(アンドン)はあんどう、釜山(プサン)はふざんと言っていたのだろうけれど、かまやまって読めます。漢字の地名があるのにね、仲良くしたいな。息子の公演も、小さな架け橋になってくれると良いです。
  昨日は、三井ホームとメンテについての最終打ち合わせでした。工務店も決まり(建ててくれた大工さんです)、5月11日に足場組みが始まります。デッキの傷んだ所を、サービスで直してもらえる事になりました。
  さて、中途半端今日と言う日、私は何して過ごそうか。
[PR]
# by nyankai | 2017-04-19 10:34 | 旅 グルメ | Trackback | Comments(0)
 韓国に行く前に読み終わりそうもないのですが、朴 裕河(パクユハ)さんの「和解のために」を読んでいます。ユハさんの本は、以前「帝国の慰安婦」を図書館から借りて、読んではみたものの、歯が立たなかったというのが正直なところ。2週間で読めなかったのでさらに延長したのですが、だめでした。d0017084_9245923.jpg今回の息子のソウル「ツレウヨ」公演の趣旨に賛同していただき、宣伝をしてくださっています。行きすぎたナショナリズムを、冷静に批判している彼女の勇気を、心から尊敬します。
 もしもお目にかかれるチャンスがあったら、日本語が堪能ならしいから、一言でもごあいさつできたらと思い、もう1度「帝国の慰安婦」をちゃんと読もうと思ったのだけれど、自信ないなぁと思っていたら、息子が「和解のために」なら、少しわかりやすいよと教えてくれたので、取り寄せてみました。確かに、やや易しい感じですが、それでも難航しています。読破できなくても、がんばるぞ。
 ユハさんは、慰安婦の強制について疑問を投げかけて、そのせいで慰安婦を侮辱したと、名誉棄損で訴えられ、日本のネトウヨが称賛もしています。でも、息子の弁を借りると、ユハさんは、「日本の味方」なのではなく「真実の味方」なのです。ユハさんは韓国の方だから、韓国の行きすぎたナショナリズムを批判しているのです。
 息子が面白いことを書いていました。息子は阪神ファンが高じて、関西の大学に行ってしまったけれど、それは北海道に生まれて、阪神の暗黒時代に、周りに阪神ファンが少なかったからだと言う。阪神は好きだけれど、阪神ファンは嫌いだって。ラーメンは大好きだけれど、d0017084_9254569.jpgラーメンうんちくを傾ける人は嫌い。天皇陛下は好きだけれど、天皇ファンは嫌い。そうそう、私も祐様を愛しているけれど、祐様ファンの厚かましさやおバカな姿にある時気づき、自分が同じになるまいと思いました。ノリ君のおっかけおばさんも嫌いだし、文ちゃんの・・・は、よしとこう。焼きもちと紙一重だから。日ハムファンは、その点好感持てます。
 息子が、Yちゃんに心配かけないよう電話したら、Yちゃんは兵役に就いていて、前線にいる「ゴニル」の事を心配していたそう。ゴニル???調べた。「超新星」のメンバー。超新星???フラッシュマン???ダメだこりゃ。
 日本に徴兵制が無くて、本当に良かった。愛する人に歌わせないで、です。息子が万が一の時は明洞より、自分たちがいる恵化の方が安全だから、合流しようって。眼中に無いように見えるかもしれませんが、心配いりません。毎日2回通し、「讃歌」の練習はバッチリやっています。
[PR]
# by nyankai | 2017-04-18 09:23 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)
 ネギのお墓が、冬の間に土が凍って、煉瓦が割れたりしてしまったので、コメリで買ってきた煉瓦などを使い修理しました。お隣から、イケメンだったネギのイメージは、明るくて優しい色な気がして、クリーム色のビオラを2株買ってきて植えました。もっと良いアイディアが天から降りてきたら、d0017084_9565661.jpg又手を加えます。
 今日は父の命日、43年が過ぎました。わかった時には、胃がんがお腹の中いっぱいに転移していたらしく、診断から3カ月ももたないで、あっという間に逝ってしまいました。
 命日の度に色々な事を書いてきたので、ここらで、父が存命だとしたら、いや空の上からでも、今の私の生き方をどう見ているだろうかと、考えてみました。
 時代がそうだったと言うことですが、父はいわゆるイクメンではありませんでしたが、子煩悩でした。弟が赤ちゃんの頃は、出かけられない母に代わって、私を連れて親戚の所に遊びに行ったりもしていました。
 父は音楽は、酔っ払って歌うことはあっても、どちらかと言うと苦手な方で、私がピアノを弾いたり歌ったりする事に、それほど大きな関心があったようには思えないのですが、もちろん異論があった訳でもないでしょう。
 自分が工業系の学校を出て、好きなことは絵ではあったけれど、教員免許は算数・数学だったから、私にも理系の頭を望んでいたのは感じていました。でも残念ながら、d0017084_9585226.jpg私はリケジョとは正反対だったし、それを押しつけることもありませんでした。病院のベッドで、私大の被服科と教育大学に受かった事を喜んでくれて、すぐに遠いところへ逝ってしまいました。
 理系ではありませんでしたが、ガリ版で学級通信を書いたり、木版画年賀状を作る父の血が流れているのは、しっかり感じる事ができます。父は今の私を、たぶん認めてくれているでしょう。
 息子が、エープリールフールネタのために、偽弁護士(本間進次郎)として、父の写真を所望しました。父の遺影に、弁護士バッジをプリントアウトして貼り付けて送ったのは私です。一緒に、いたずらに参加できたのを、父も喜んでくれたと思います。
 ネギのお墓修理の後、少しガーデニングをしてみました。やはりしゃがまないと、仕事になりません。夜は、お約束の強烈なだるさがやってきました。
 本日の豆知識:乾電池は世界共通規格ですが、国によって性能にはバラツキがあります。韓国の電池は信用できますが、カメラの単三電池は持って行きます。
[PR]
# by nyankai | 2017-04-17 09:55 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(2)