ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 19日 ( 1 )

 R.R.Singersごちゃまぜコンサートvol.8まで、いよいよあと28日060.gif 4週間後です。
 私は元気に見えるかもしれませんが、決して自分で満足できるような状態ではありません。おかげ様で、喉は病気ではありませんでしたが、老化と言う、怖れていた事態になりました。d0017084_9502135.jpg根ががんばり屋なので、何とか元に戻ってキープできるようにしたいのですが、すぐにへたります。だるさやこわいのは、決して治ってはいません。でも、熱中している時は、あまり感じません。それが情けないのです。
 そもそも私が、いつも元気はつらつ、どこも具合悪くない人だったかと言うと、全然そんなことは無くて、シンデレラ・ストマックだから、ちょっとしたことでお腹こわすし、肩凝りだし、ちょくちょく頭痛くなったし、右脚悪いし、心配性だし、ほらね、今までと変わらないと思いたい。でも、気力で体調をコントロールできていたように感じるのです。
d0017084_952014.jpg 昨夜は歌会でした。私が喉が老化したことを嘆くと、N氏が「年とると、足の(特に親指の)爪の両サイドが内側に曲がって来るよね」と。ピアニストすかさず「そう、そう」。私も負けずに「あら、やっぱり、「爪切りがうまくいかないの~」d0017084_9534755.jpg。みんな(と言っても3人ですが)同じなんだ。少しホッとして、連帯感が湧きます。みんな仲良く年をとろう。
 ず~っと昔から、人々はこうして、老いを嘆いてきたのでしょう。たとえば富川合唱団が生まれた50年前くらいなら、還暦過ぎたなら、堂々と引退宣言して、衰えても良かったのかもしれません。もちろん人それぞれ自由ですが、今はまだまだ気持ちが老いる環境にはありません。きみまろ、苦手です、と言うか、嫌いです。失礼です。更年期障害は、ホルモンの減少に体が付いて行かない。今の私は、気力に体力が付いて行かない。どちらも、減った方を元に戻すのは困難って所が問題なのです。気持ちだけが老いを許さない私、この間教えてもらった「スノー」で作った写真です。これ、私?
 ごちゃコンは、ラストスパートです。ようやく、お互いに客観的に評価できるようになってきました。dim.をもっと大切にとか、言葉を言葉として歌おうとか、リズムを適宜強調するとか、主旋を際立たせるとか、基本的なことですが、今になって課題が明確になってきました。せっかく伸ばしたのだから、せっかく50周年なのだから、しっかりやりたいです。
 明日の、ベートヴェン全曲演奏会、歌友達が練習の様子のDVDをくれたり、テンポの様子を知らせてくれたりしたので、悪あがきしてみます。通販生活の、携帯吸入器も届きました。
[PR]
by nyankai | 2017-08-19 09:47 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai