2017年 05月 17日 ( 1 )

縮小の悩み (5/17)

 メンテが始まってからは、私にしては早起きして、いつ業者が来ても良いように備えています。今日はいきなりの大音響で、何かと思ったら、モーターを持って来て、屋根や壁を洗っています。一昨日、降ってわいた心労(秘密)と書きました。すべては書けませんが、d0017084_10161522.jpgちょっと書きたくなりました。
 いっちゃんが死んでしまった時、どうやって1人で生きていこうかと、途方にくれました。鍼灸院の先生にも、1人暮らしのストレスが大いにかかわっていると言われました。家のメンテナンスに当たって、外壁周りの重いものをどかすのに、人の力を頼みました。去年からは、ガーデニングもほとんどd0017084_1017145.jpgできなくなっています。
 世の中捨てたものじゃない、助けてもらえば良いのよは、正しいです。草なんか伸びたって、どうなるってものでもないのも、正しいです。でも2人暮らしを想定したニャンコ座では、どう考えても、今の私は身の丈に合った生活ができません。このままでは、破たんします。ターシャ・チューダーにも、ポターにも、北の魔女にもなれないです。
 雪がまとまって降れば、重機が出動してくれますし、草が伸びれば、狩り払い機は使えないことはないですが、今の体調ではやらない方が良いでしょう。堆肥を運んで畑をおこすのも、すぐにばてます。チマチマした草取りはできますが、もしも股関節を手術したら、そんな訳にもいかないような気がします。それ以前に、1人暮らしでは、手術を受けることもできません。
 こんな広い土地を持ち続ける資格が、私にはありません。今までは考えないようにしてきましたが、本当は、暮らし方を縮小して行かなければならないのです。そう思ったら、まず何をどうしたら良いのか、d0017084_10182032.jpg悲しくなってしまいました。
 日下武史さんが亡くなりました。日下さんと言えば、劇団四季の創立メンバーで、何度かその舞台は観ています。1995年、JRシアターで上演されていた「赤毛のアン」のマシューをやっていました。終演後、札幌駅近くの地下街にいたら、スーパーの買い物袋を提げた日下さんが歩いてきました。もう、舞い上がりそうに嬉しくて、プログラムにサインをいただきました(サインペン持ってなかった、ボールペンなのでちょっと細くて残念)。宝物になりました。
 風邪はだいたい良いみたいですが、何となくパッとしません。今楽しいのは、外壁に取り付けていたプレートとか、置いていた物の修理みたいなことかな。元々何が書いてあったのかわからないほどになってしまった、アンティークのプレートを、いったん黒くして、ガーデニングブログにあった文言を、まねさせていただきました。
 息子の「ツレウヨまつり」本日開幕です。2週間やっています。たくさん入りますように。
[PR]
by nyankai | 2017-05-17 10:07 | 心もよう | Trackback | Comments(2)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai
プロフィールを見る
画像一覧