初めに、奇妙なご報告から。私の宝物「ニャンコ座リポート」が、mixiに反映される時に、過去にタイムトラベルしてしまっています。たとえば、昨日26日のブログは、22日に入っています。政府広報に引き続き、どうして私だけ被害に合うの?と思ったら、☆チコママ☆さんの外部ブログも、同じ事になっています。ということは、おかしいのはエキサイトではなくmixiです。
 では、本題に。まずは、穂別のチャリティーコンサートについてです。もう何年にもなるイベントだそうで、高齢者で映画まで作ってしまう小さな町、立派だと思います。開場1時間前くらいに着いて、d0017084_1011823.jpgサラッと音出させてもらいました。無人の受付の机には、プログラムが積まれていて、その横には、ディズニーシーのクッキーかキャンディーの缶に「募金箱」と書いた紙が無造作に貼ってあって、数枚の千円札が入っていました。何と、日本って良い国なんでしょう。
 私は、トップバッターのJELLYさんと「海の声」を一緒に歌って、出番2番目で、そこそことちりましたが、何とかd0017084_1031562.jpg上がりもせず終了。ハカセ次郎さんが「気持ち良さそうに歌ってましたね」と言ってくれたので、それで良かったのでしょう。「オンブラマイフ」はともかく、「夢破れて」は十八番ですから、ファンティーヌになった気分で、言葉が届くよう、きっちり歌ったつもりです。
 時々バンド演奏を聴きますが、楽器は上手いなぁと思うことがあっても、ボーカルは今一なことが多いのです。でも、案外うまかったわ、穂別の皆様。特に「鉄爪」を歌ったおじ様、外見はともかく、世良さんでした。もうお一方のソプラノも、お上手でした。「私を泣かせてください」はイタリア語暗譜だったし、「この年になって、初恋なんて」とはにかんでおられましたが、歌だからできるんですよ、年齢を重ねた表現が。又逢いましょう。
 ジロウさんは、ピアニストに払うギャラが捻出できないと笑いをとって、カラオケで5曲もサービスしてくれて、あっという間に札幌に帰って行きました。
 打ち上げにも心惹かれましたが、すぐ近所に「歌旅座」がくるので、後ろ髪引かれながら、帰ってきました。その事は又後ほど。
 私は幸い今の所腰痛持ちではないのですが、この頃腰が疲れます。
[PR]
by nyankai | 2017-03-27 09:52 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)