2017年 02月 16日 ( 1 )

もう少しうつ病のままでいようか (2/16)

 北の国のお兄ちゃんのニュースは、驚いたなぁ。これが本当の「マジすかF7F5.gif」でしょう。真相はわかりませんが、人の命がこんな風に失われてはいけません。
 昨日行った、二か所の病院の待合室でも、このニュースが流れていました。午前中に、グルタチオン注入。イオンによって、タイツを購入。来週行く所の寒さが今一ピンときません。d0017084_95757.jpg北海道の方が圧倒的に寒いのはわかっていますが、それは屋外の話し。家の中は寒いよと息子に脅されています。近頃は、300円ショップのタイツばかりだったのですが、やはり早々に毛球ができてグズグズになるので、靴下屋で奮発してみました。袋がかわいい。
 その後、ヤマダ電機によって、ちょっと教えを請うこと(明日詳しく書くかも)があり、午後一でメンタルクリニックへ行きました。もう抗うつ剤はやめたいと言うつもりでしたが、ドクターと話して行くうちに、気持ちが変わりました。去年の11月下旬、うつ病の診断に納得はいかなかったけれど、どんな検査をしても他に何も出てこないので、それならばいっそ精神科の門をたたこうと思ったのです。付いた病名は「仮面うつ病」(身体症状の仮面にうつが隠れている)でした。その頃は、ずいぶんと軽減していたとはいえ、まだ許されるなら寝ていたい症状がありました。「エビリファイ」は合いませんでしたが、「ジプレキサ」と「サインバルタ」は効いたのか、意欲が戻ってきました。ただ残念なことに、左脚と左腕のだるさは、あまり変わりませんが。
 先月もう1ヶ月と言われ、先週薬が切れたので、もうやめよう、続けるとしても「十全大補湯」だけにしようかと思ったのですが、サインバルタは、「線維筋痛症」や「慢性疲労症候群」にも使われるそうで・・・その前に、寝ていたいが減って意欲が戻った事、だるいのは複合的な理由による可能性が高い事、ドクターが同い年で、d0017084_9593948.jpgこの年齢になったらどこも悪くない方が珍しく、たとえば整形外科はMRI等で何も出てこなければ悪くないとし、治療はしてくれない、そこにも何か隠れているかもしれないのに、等々、さすが精神科医、心に沁みるわぁなどと思って、もう1ヶ月飲んでみる事になってしまいました。まっ、良いか。肩凝りしないし、食べ物おいしくて少しフックラできるし。
 とは言え、病院のハシゴで疲れて帰り、息子のクラウドファンディングhttps://motion-gallery.net/projects/warainonaikakukorea(よろしくね)は、実の母の責任から、50,000円(あなたの好きな所で円山交通公園ワンマンショー)がんばって、話題づくりのためにセコマ入金をしF485.gif、その後も気になって、30分ごと位にサイトをチェックしてくたびれました。ブログ送信時点で20人、185,000円です。
 昨夜「骨密度を上げ」「血糖値を下げる」夢の様に簡単な方法が「ガッテン」で入ったけれど、信じて良いのだろうか。
[PR]

by nyankai | 2017-02-16 09:55 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(2)