「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 02日 ( 1 )

いやいやいやいやま~ま~ま~ま~ (2/2)

 昨日1カ月ぶりでマッサージさんに行ったら、「ちょっとフックラしてお元気そうで良いですね」と言われました。やっぱし、私太ったんです。お腹がポニョだと思うのですが、念願の顔太りだとしたら、そこは喜ばしい。
 編み物をしていますが、肩凝りの自覚はありません。本当にどちらかの抗うつ剤が、筋弛緩剤として効いているのかもしれません。が、ジプレキサは間違いなく、食欲増進、体重増量に貢献していると思われます。d0017084_10224950.jpg「だるいのは変わらないのだけれど、プール行かなきゃねぇ」(マッサージさんは「四季の館」で週2日仕事している)と言うと「体冷えるから、春になってからで良いんじゃないですか」と、即座に同意F3A8.gifできる助言をしてくれました。
 最近とみに、言葉遣いが気になる事が多くなって、己の年齢を感じたりするのですが、そのなかに「いやいや・・・・」と「いや」を幾度もくりかえすのと、「ま~ま~・・・」と「ま~」を連呼するのとがあります。どちらも最初気になったのは、息子です。息子のくせに、親に向かって、なだめすかすような、生意気ではないかと感じたのです。ところが、息子は時劇団関係者とネット中継などに出る時があるのですが、その仲間内でもお互いに「いやいや」「ま~ま~」が、頻繁に出現するのです。気付いてみると、バラエティー番組でもドラマでも、多用されています。
 おじさんは昔から言っていたと思います。私もたぶん、無意識に時々使って入るのでしょう。でも会話の中であまりに幾度も使われると、何となくあしらわれているような気がして、私は面白くないのです。おそらく、「いやいや」「ま~ま~」は、発する側からすると、相手への気づかいであり、とりあえず衝突を避けるマイルド風潮の一環であり、時には次の句を確定するまでの時間稼ぎってこともあるかもしれませんね。
 d0017084_10233479.jpg車のラジオで、どんな経緯で選曲されたのか、ちゃんと聴いていなかったのですが、「We are the world」が流れました。最初に歌われたのは、1985年で、息子は良く「イワジャワー」と歌っていましたっけ。なぜ今この曲なのかは見当はつきます。この曲の世界観が、今やとんでもないヤツのせいで、危機に瀕しています。
 又訃報。今度は「ジョン・ウエットン」が亡くなりました。ジョンは、グレッグのあと「キング・クリムゾン」にベース&ボーカルで参加し「スターレス」などはかっこ良いなぁと思いました。「エディー・ジョブソン」(キーボードよりもエレキヴァイオリンが好きでした)と組んだ「U.K.」も、「エイジア」も、しっかりとして穏やかなジョンあってのことの様な気がします。日本公演では、「キミタチサイコダヨ」が、売りだったんですね。プログレ界が、ますます寂しくなりますF3EF.gif。レコード聴く機械何とかしなくては。
[PR]

by nyankai | 2017-02-02 10:20 | 社会 | Trackback | Comments(2)