2017年 01月 29日 ( 1 )

ハイビスカスの葉っぱの形が2種類ある事 (1/29)

 家の周りは、できそこないのスケートリンク状態で、非常に危険です。
ニャンコ座を建てたてすぐの頃、いっちゃんの実家から、お義母さんが枝を刺してつけてくれたハイビスカスをもらってきました。それはグングン、グングン大きくなり、何の知識もなかったので、放っておいたら大木になりそうな勢いでした。芯止めと言うのをしなくてはいけなかったようです。わからないまま、伸びすぎた枝を適当に切っていますが、毎年冬場は、1つ2つと咲いてくれて、北海道の緑と花の無い季節を慰めてくれます。
 d0017084_10223269.jpg前から興味深く思っていたのですが、ハイビスカスの葉っぱには、大別して2種類あるのです。普通はいわゆる良くある葉っぱの形なのですが、時々、朝顔みたいな切れ込みのあるのがあります。新しく伸びた枝というでもなく、それによって花芽が付くか否かでもなく。不思議だなぁと思って調べると、私の他にも疑問に思う人はたくさんいるようで、いくつも検索に引っ掛かってきました。答えは、そういうもの、らしいです。
 まれに、斑入りのが出現したり、黄色くなって枯れてしまうのもあります。
 暖かい所に行きたいわぁ。子供の頃は雪が降ったらうれしかったけれど、今は冬はいらない。
 昨日のヨガは、人がいっぱい(たぶん14人)いました。1人1回800円なので、先生良かったね。3~4人で申し訳ない時もあるので。
 ゆっくり呼吸するって、本当に良いと思います。ポテンシャルヨガなので、特にスピリチュアルであるという感覚にはなりませんが、頭がけっこうスカスカになります。私は貧乏性で、常に何かをしていたい、していないにしても考えていたいのです。たぶんいつでもどこかに力が入っていて、勝手に疲れるんですね。だるい左脚は、脱力ができないまま1年経っているみたいです。家でも、毎日30分位、何かのポーズで、ボ~ッとすれば良いのですが、人はそんなに強くはない。私の場合、脱力しようと、がんばってしまうのがダメなんですけど。
 ヨガでわかったことは、できないことをしなくて良いF3A8.gifことかな。右股関節のせいで、ヨガのスタートポーズができません。私の右股関節は、あぐらをかく事ができないのです。これは鍛えることもできませんから。でもそれでも良いのです。
 今日は、吹奏楽を聴きに行きます。
[PR]

by nyankai | 2017-01-29 10:20 | ハルとナツ | Trackback | Comments(0)