2006年 07月 10日 ( 1 )

「赤い蝋燭と人魚」 その後 (7/10) 

アイルランドに帰るM先生に、「赤い蝋燭と人魚」のお話を紹介したくて、英訳本を見つけるのを手伝ってくださいとブログに書きました。頼もしい情報を寄せていただきまして、ありがとうございます。
見つけた英訳本は、残念ながら絶版になっていて、問い合わせた所にも在庫が無く、結局手には入りませんでしたが、英語のあらすじが載っているサイトを見つけてもらったので、できるだけ絵がきれいな本を選んで、そのあらすじを付けてプレゼントすることにしました。
d0017084_13265790.jpg何種類も見比べた訳では無いのですが、酒井駒子さんの絵がとてもすてきな絵本がこれです。日本的というのでは全く無いのですが、というよりむしろどこの国の話なのか絵を見ただけでは全くわからないのですが、不思議と引き込まれる絵です。
この「赤い蝋燭と人魚」の話、私は誰でも知っているのだと思ったのですが、そうでも無いみたいですね。考えてみると、息子にも教えた記憶はありません。でも私の中ではずーっと深い所で生き続けていたのですね。
人魚と言えば、どちらかというと南の海のイメージです。「人魚姫」も悲しいお話で、私はあの王子がはんかくさくて許せないのではありますが、暗くて寒いという感じはしません。ましてディズニーの「リトル・マーメイド」に至っては、カリブの音楽にのって、幸せなお話になっています。
「赤い蝋燭と人魚」ので出しは、
人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。北の海にも棲んでいたのであります。
とあります。M先生ならきっと、絵を見ながらこのお話の悲しさ、切なさ、やりきれなさを感じ取ってくれると思います。
[PR]
by nyankai | 2006-07-10 13:23 | おはなし | Trackback | Comments(3)