ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

「歌に生き愛に生きる」コンサート (6/1)

d0017084_90941.jpg一昨日の夜は、時計台ホールで、「コーロ・ファーチレ」の歌姫様のリサイタルでした。
忘れもしない、初めてファーチレに誘ってもらって、メンデルスゾーンのオラトリオ「エリア」の練習に行った時、何と上手い人がいるのだろうとびっくりしたのが、この伊藤直美さんだったのです。
彼女がソプラノにいてくれるから、安心して歌っていられます。彼女の近くで歌っていると、自分も上手く歌えているような錯覚に陥ることができます。
d0017084_859071.jpgプログラムは、「イタリア古典歌曲」「ドナウディ歌曲」「イタリア近代歌曲」そしてオペラのアリアを2曲でした。明るいキャラクター、豊かで伸びやかな声量と表現力、美しく豊満な容姿をきらびやかなドレスに包んで、それはそれは見事に歌い切ってくれました。
ブラバー、ちょくさん、自分の手柄でもないのに、あなたの仲間でいられることが誇らしいです。すばらしい夜をありがとう。そして、これからも一緒に歌わせてください。
オペラのアリアの一曲は「トスカ」の「歌に生き 愛に生き」でした。私もいつまでも、歌に生き、愛に生きたいと思いました。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/9802255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by JIN at 2009-06-01 20:03 x
上手な方の歌を聴くと人間の声帯は楽器なのだな~と
実感します。
近頃、オペラや歌曲を聞き覚えた末娘が、アンパンマンの歌などを
鼻から抜けるソプラノで歌っています。
ピアノを精進して欲しいなと思いつつ、顔がにやける母ですが(笑)

時計台ホールは長女が二度リサイタルをしました。
ヒマワリを思わせる鮮やかな黄色のドレスでした。
初夏、プーランクの小曲が今も耳に焼き付いています。
娘達にもnyankaiさん同様、是非歌に生き 愛に生きて
もらいたいものです。
Commented by 歌姫 at 2009-06-01 23:11 x
リサイタルへのご来場&リポートして下さって、ありがとうございます!(^O^)/
私なんぞは、まだまだ下手っぴいで不足な事だらけですが(汗)、それはそれとして(笑)、30日の時計台では本当に良い時間を皆さまと共に過ごせたと思います♪
皆さまが集中して聴いて下さり、そして良いと思って下さった時に素直に出てくる「ため息」のような歓声・・・何とも幸せな気持ちでした♪
次に聴いていただく時には、今よりも少しでもマシに・・・と思い続ける日々ですが、ぜひ、またの機会にもよろしくお願いします♪o(^-^)o
Commented by nyankai at 2009-06-02 09:22
★JINさんへ
頭声発声できるのですね。それはすばらしい。
息子も、小さい時からそういう歌を聴かせたので(CDも、私自身の声も)、自然とボーイソプラノで歌うようになりました。今は、バリトンですが。
時計台ホールで、そうでしたか。今度お会いできる時は、写真見せてください。もしかしてDVDもあります?

★歌姫さんへ
あっ、プログラムや写真を無断で載せてしまいました。まずはお詫びして、事後承諾をお願いします。
とってもすてきでしたよ。「ため息のような歓声」、わかります。
人間、いくつになっても(私のこと)歌は上達できるかもしれないという、希望もいただきました。
Commented at 2009-06-02 10:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nyankai at 2009-06-02 23:26
★鍵コメさん、ありがとうございます。
by nyankai | 2009-06-01 08:54 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(5)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai