当てにならないピアニスト (4/3)

自然とは、かくも偉大なものなのか。ガーデニングを始めた私は、忘れていた何かがみなぎってくるようで不思議です。寂しさに変わりは無くても、辛いとか苦しいとか思っている暇は無く、とりあえず「今日やること」があるのです。
牧場には、又前足を思い切り開いて草を食む、仔馬が見られる季節になりました。
d0017084_8535127.jpg富川合唱団のピアニストのお家は、軽種馬農家です。2~4月の彼女は、何を約束しても「今夜、仔馬が生まれそうなので・・・」とドタキャンすることが、多々あります。この季節、彼女は全く当てになりません。
でも風前の灯の富川合唱団で、「何かおもしろいことやろう!」と言ってくれたのは、その彼女です。言い出したからには、自分が先頭を歩くとも言ってくれました。だから、私も絶対実現させたいと思っています。
今、私は、ノリマサ君の「Cross Heart」をソロで歌いたいと、狙っています。原曲はイタリア歌曲の「Caro mio ben」ーいとしい女(ひと)よーなので、その楽譜に、ノリマサ君のオリジナルの部分のコードを耳コピして、ピアノ譜を作ろうともがいています。でも、私ごときががんばるより、彼女に任せちゃったほうが良いんじゃないかと、めげます。彼女の方が、余程当てになりますから。
写真は、友達にもらった、おでこに♡マークの「シーザリオ」ちゃんだよ。
いよいよプロ野球開幕です。今日は「ダルビッシュ×岩隈」のイケメン対決。どっちもタイプだから辛いんだけど、やっぱり日ハム、1-0で勝ってね(*^^)v
さらに余談ですが、イギリスの各誌が競った、エープリールフール記事が判明しました。「川を上るサケの波動による発電が可能になった」と「車を覆うと速度監視カメラに写らない特殊フィルムが開発された」です。さっすが、イギリスだわ。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/9547122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by H&S母 at 2009-04-03 17:49 x
はじめてコメントします。
ここは妹から教えてもらいました。

楽しみに読んでます。
悲しいことを乗り越えてゆく姿を見守っています・・・
・・・っていうのもなんか、なんなんですが。

小学生のときがさつな私はあなたに憧れてました。

それが今では私も二児の母。
妹も7月に母に。

母として妻として娘として、そして自分は自分として頑張っています。
次回はもっと気の利いたコメントできたらな(;-;)
Commented by かちゃ子 at 2009-04-03 23:59 x
この時期はやっぱり大変でしょうねぇ。

久しぶりに歌ってみたら(子守唄ではなく)、腹筋も背筋も弱って声がでない!!
ちょっと鍛えたいです。。。
Commented by nyankai at 2009-04-04 09:27
★H&S母さんへ
コメント、ありがとうございます。
文面からすると、良く存じ上げている方なのですね。
乗り越えて・・・なんて、立派なものじゃないんですよ。
ただ、生きているんだし、それならば苦しいのはいやだなぁというくらいです。
又、いらしてくださいね。

★かちゃ子さんへ
♡につられて、コメント来るんじゃないかと思いましたよ~。
歌いましょうよ、次は、そうそう、8日の夜です。
Commented by しばこ at 2009-04-05 08:33 x
辛いときこそやるべきことを淡々とやる、、、なのでしょうね。
病を抱えた私の水墨画仲間の友人(といっても70歳)は
毎日魂を込めるように一生懸命絵をかいています。
私も気持ちが浮き沈みするときは、更に仕事や勉強に打ち込みます。

おおおお、まだまだエイプリルフール記事があったのですね。
去年はBBCが大嘘をついていたので見つけやすかったのですが
今年は小さな嘘がたくさんだったのでしょうね。
Commented by nyankai at 2009-04-05 09:41
★何かを淡々と、それだ、それが魔女なんですよね。ターシャのようになれるには、少なくとも20年以上は必要かもしれません。
昨日の日本は、大嘘どころか、誤報でドタバタ・・・でした。
by nyankai | 2009-04-03 08:53 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(5)