コンサバティブな合唱ファッションもまっ良いか (1/31)

車の問題は、結局ヒメ様らしく、タクシー(リムジンではありませんが)を使うことに決着が付きました。マイカーは出動いたしません。しめしめ、これで「打ち上げ」で、飲めるではありませんか。もう少ししたら、出発します。みなさん、よろしくお願いします。
今日は、合唱のファッションについて、書いてみましょうか。
d0017084_8421972.jpg年末恒例の「第九」を初めとして、合唱というと、どうしても白いブラウスに黒ロングスカートというコンサバティヴなイメージがつきまとっています。はい、今回の「土の歌」もそうですよ。
でも、今は、違うのですよ。私がいつか行こうと思っている「プロムズ・ラストナイト・コンサート」などは、様々なイブニングドレスの競演だし、お母さんコーラスなんか御覧なさい。そりゃ、すごいですよ。合唱団用ドレスの専門メーカーもあります。休団中ではありますが、我が富川合唱団も、曲に合わせて、ロングドレスからゴスロリから18Cフランス庶民からムームーまで、色々着こなします。いつか、着物を短く着てスパッツ(レギンスですか?)にブーツってのを(曲は「アバ」)採用したいのです。
私がプロデューサーなら、今回の「土の歌」は、女声はターシャみたいな花柄ワンピースか、「大草原の小さな家」の母さんみたいにブラウスにギャザースカート&エプロンにします。男声は、ジーンズにネルシャツ、できればサスペンダーにブーツ(ゴム長?)です。
とは言え、「歌いたい人この指とまれ!」のお気楽でゆるさが魅力の「コーロ・ファーチレ」のこと、最大公約数をとって、白ブラ&黒ロングは良識ある大人の選択です。私も数あるコレクションの中から、どれを選ぼうか迷いました。1番セクシィに見えるのはどれ?所詮、無い要素ですから無理ではありますが(-_-;)
[PR]

by nyankai | 2009-01-31 08:41 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/9273791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。