2つの合唱団のはざ間で (11/24)  

昨日と一昨日は、合唱漬けでした。でも、私の心の中に起こっている変化に気がついてしまった日でもありました。
一昨日の「コーロ・フェーチレ」は、何度か書いていますが、来年2月1日「農民管弦楽団」の岩見沢公演の中で、組曲「土の歌」を歌います。アンコールは「威風堂々」です。一昨日は、地元岩見沢関係者もまとまって加わってくれたので、厚みがどっと増しました(バスなんて、うるさいくらい)。来月のオケ合わせが待ち遠しいです。
「フェーチレ」に、何となく友達に誘ってもらって、「エリア」「マタイ受難曲」「メサイア」を、キタラや小樽マリンホール、仁木コンサート、そして東京まで歌いに行って、それはいつもオーケストラと一緒で、すばらしいソロが入ったりと、とにかく合唱の醍醐味を味わってきました。
d0017084_8383156.jpg富川合唱団は、夫と私が深く関わってきた、夫婦の歴史とも言える大切な合唱団です。今は人数が少なくて休団状態で、時々お茶飲み(時にカラオケ)に来てもらっています。それはとても楽しいのですが、今の状態では、昨日開かれた「日高管内合唱祭」にも出られない状態です。
合唱祭の会場は近かったので、聴きに行きました。親しい人が歌った後、ちょっとおしゃべりしましたが、その友達に「もう、ここに帰って来れないでしょ?」と言われ、何だかそれは図星でした。その友達の言葉は、もちろん悪意ではないのです。友達も、レベルの高い大きな団で、大曲を歌いたいから、私の気持ちを言い当てたのです。
たとえば、学校の音楽の先生が、地元の団を一生懸命引っ張っているのを、すごくりっぱだと思うし、それこそが使命だとも思います。私もそうしてきたつもりだし、たくさんの喜びをもらいました。今の富川の仲間も大好き大切です。でも、私の中に湧き上がってしまった「私はファーチレがあるから、もうこの合唱祭に帰って来る自信ないなぁ。」という正直な気持ちと、「それはまちがっている。私を育ててくれた富川合唱団の絆を解いてしまってはだめなんだ。」という思いとが混ぜ混ぜになって、会場を後にしました。
[PR]

by nyankai | 2008-11-24 08:37 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/8966034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by EVE at 2008-11-24 15:01 x
その想い、よく解ります。
私は、ファーチレと地元合唱団(過疎ぎみ)と、両方ありますが、
それぞれの合唱団の良さは、余所で歌った時に、よく分かるような気がします。
気持ち良~く、お気楽に歌える(私だけ?)のは、ファーチレの方ですね。
地元合唱団は、口うるさい親がいる実家のような感じです(笑)
オケ伴奏は、確かにクセになりますが、ファーチレでも、アカペラ(バッハのモテット)を歌ったことがあるんですよ。
Commented by こけし at 2008-11-24 19:53 x
にゃんかいさんが今感じているような、大切なものとのつながりの変化に気づいたとき、心は大きく揺れ動きますよね。そんな時自分の足元がガラス張りの床になったような、底知れぬ不安感を私は感じます。色々な思いや感情が混ざり合って、もっともらしいことを言ってみたり、言い訳をしてみたり、難癖をつけてみたり…。でも、きっとそれなりに流れていく方向があるのだと思います。そしてそれは私達に与えられたもので、多分それが自然な流れなのだと思います。私たちに出来るのは、自分の素直な気持ちをその流れにそっと乗せて、どちらへ流れていくのか見守ることかもしれません。
Commented by ninnninn at 2008-11-24 20:40 x
 いつもそうですが ニャンカイさんが正直な感想を述べていらっしゃるので 私も乗じて言ってしまいますが・・・私は聴く立場でしかありませんが ソロで歌う方が知人でしたので いつものコンサートのつもりで出かけて行きましたら ソロが3人 オケもあったのですが何故か迫力に欠けていると感じて・・・後で判ったのですが バックの合唱団の主催だったのでした。きっと 合唱団の身内であれば もっと心に響いたのかもしれません。東京で会場も大きい所でしたから(空席目立ちましたが)お金持ちがいるのだなァと思いました。
Commented by nyankai at 2008-11-25 09:00
★EVEさんへ
そうなんです。よそで歌うと良~くわかるんですよね。
「ファーチレ」というのが、優しいではなく易しいという意味らしいので、それがキャラクターなんでしょう。
地元も、あきらめているわけじゃないんですよ。

★こけしさんへ
いつも、肝心な時に、的確なコメントをくださって、嬉しいです。
自分に対する言い訳、良くやってしまいます。自分の気持ちに、率直に向き合ってみること、大切ですね。

★ninnninnさんへ
あれこれ理屈をつけずに感じる事って、たいてい当たっています。ninnninnさんが感じたことは、その通りだったのだと思います。
Commented by 歌姫 at 2008-11-26 20:09 x
歌い続けていくと、色々な分かれ道がありますよね。
もちろん、歌には限りませんから、生きていくと…ということになるでしょうか。
大事だと思っていた場所に、もし戻れなくても、それは捨てたとか、忘れたとか、そういうことではないと思います。
そこが無かったら、今nyankaiさんはファーチレで歌っているでしょうか?
すべては、脈々と繋がっていますよ♪

それに、ファーチレなんてお祭り集団ですから(笑)、いつ消滅するか分かりませんよぉ~(アラ大変)(^_-)-☆
ファーチレに「易しい」という意味があるとは初めて知りました。
ちなみに、名前を付けたときは、「きままに」とか「適当に」という意味を採用して付けました(ハイ!ワタクシ&師匠が名付け親です♪(*^.^*)~♪)
Commented by nyankai at 2008-11-26 22:55
★歌姫さん、ありがとう。
もちろん「捨てた」のでもなく「忘れた」のでもありません。おっしゃるとおりです。
お祭集団ですか。実は私、案外お祭好きなんですよね。こんなサイトhttp://italiago.biz/ありますよ。おもしろいです。