ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

ジーンズが似合う男たれ  

昨日四十九日の法要が終わり、息子以外がみんな帰り、息子も昼寝をしている静寂の中で、私は予想も出来なかった寂しさを感じていました。何だろう、悲しい一仕事を終えたような、薄暗い寂しさでした。宗教は出来るだけ関係なくと思っていたはずなのに、四十九日までは折れてしまわないようにとでも考えていたのでしょうか。もう土曜日ごとに、お義父さんとお義母さんが来るわけではないと気付いたからでしょうか。
d0017084_9495417.jpgようやく目を覚ました息子を誘って(かねてからそうしようと、整理券を2枚もらってあったのですが)、町の図書館で行われた、カントリーミュージックライヴに行きました。私の音楽ジャンルの引き出しの中に、カントリーミュージックはあまり無いのですが、きっと陽気で楽しいだろうと思って。
図書館は、入院中の夫のために、どっさり本を借り続けた場所です。そこのドーム型の児童書コーナーが会場で、"The ANYWAY Family Band" のライヴです。AETのスーザンさんに"Good evening" と声をかけて着席すると、向かいのギャラリーからニコニコ手を振っている、小太りのおじさん、否、お兄さんが。誰?と思ったら。国保のY医師ではありませんか。いつも医者のユニホーム姿しか見たこと無かったから気付くのが遅れてしまって、センセありがとう、嬉しかったよ。
曲は「カントリーロード」とか「峠の我が家」とか、知っているのが多いので楽しめましたが、「大きな古時計」は日本語だったので、「真夜中にベルが鳴った お別れの時が来たのを 皆に伝えたのさ~」は、辛い歌詞でした。
ボーカル&ギターの増田祥郎さんは、そこそこのお年のようですが、ジーンズが素敵でした。私は男はジーンズを素敵に履きこなしてほしいと思っています。体型は良いほうが望ましいけれど、それは仕方が無い。夫も短足でしたが、ジーンズが大好きでした。ジーンズに、上はトレーナーよりもネルなどのシャツ、靴もスニーカーより革靴が良いです。息子は(かっこ悪くないのに)窮屈だからとあまり履きたがらないのが、本当は不満です。
そうそう、バンドの皆様、リズムの裏打ち手拍子ができない、愛すべき田舎の日本人の聴衆を、大きな心で勘弁してやってください。良い音楽を、ありがとうございます。
 PS 昨日、お坊さんのお経に「指パッチン」が入っていたのを見てた息子が、ポール牧がお坊さんだった事を思い出しました。さっき調べたら、ご実家(北海道の手塩)は、曹洞宗のお寺でした。息子大当たり!ポールさんの指パッチンは、仏事だったのです。夫はあちらで見せてもらっているでしょうか。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/7603890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ジーンズマニアックス at 2008-04-01 18:03
タイトル : ジーンズのリンク集
ジーンズのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。... more
by nyankai | 2008-03-31 09:45 | 音楽(合唱) | Trackback(1) | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai