ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

感動は自分自身で (12/16)

たくさんの人達が、私の心に寄り添ってくれています。大丈夫、もう元気になったよ、と答えたいのだけれど、なかなか・・・
今日は近くの苫小牧市で、「第九」があり、知っている人も何人か出演します。聴きに行きたい気持ちはもちろん無い訳ではありませんが、とても行ける状態ではありません。演奏会の成功を願っています。
d0017084_9361827.jpg先週、9月に歌った「メサイア」のCDが届きました。大汗かきながら歌った事、夫が倒れて参加が危ぶまれたのに、周りの仲間に支えられて歌った事、色んなことを思い出しながら聴いています。
最近、スポーツや映画に対してのインタビューやコメントなどに「感動をもらいました。」とか「感動をありがとう。」とかいう言葉が大安売りされているのが、どうも私にはしっくりしません。
私はミュージカルが大好きだし、自分でもたまに合唱のステージに立つし、駒大苫小牧や日ハムの活躍に心ときめく、一般的水準の感性は持ち合わせていると思います。でももしインタビューマイクを向けられたら、軽々しく「感動をもらいました。」なんて、言いたくないです。
お笑い芝居を目指す息子は、芝居でそこそこ笑ってもらえるのは可能だけど、泣かせるのはかえって難しいと言います。合唱で観衆を泣かせるなんて、もっとハードル高いです。私が音楽で涙が出るのは、子供が一生懸命歌っている時です。背中がザワザワします。
初めて「第九」を歌った時は、「ダイネ ツァウベル・・・」で、私自身が泣けてきて困りました。そう、感動は、自分でするものだと思うんです。簡単に人からもらって済ませるものじゃないのに。良いものを観て、聴いて、感動することはあるけれど、それは結果なんじゃないのかな。
「感動」が何となく軽くなってしまったのは、あの人が「痛みに耐えて・・・感動した!」とかなんとか、乾いた表情で言ったせいです。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/6746564
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハル at 2007-12-16 14:39 x
こんにちは。
いつもロムっているのですが、いろいろ大変な時になんて書き込んでいいのか、わからなくて、、、。
ご主人さまのこと、陰ながら祈っております。
今日は、コロレド猊下の近況のご報告を、、、。
山口さんはますます低音の響きが増して、ウットリです!
公演ごとに歌い方をかえるみたいなので、前回の公演時とはひと味ちがった猊下です。
若い時(3年前からのファンなのでCDでしかしらないのですが)よりも声の艶感は少しなくなっているかもしれませんが、テクニックでカバーしているのでしょうね。彼も年齢との戦いははじまっているのです。
Commented by ロ~ズマリ~ at 2007-12-16 17:58 x
現代人は表現力が乏しくなっていますね。私もその中の一人ですが・・・
「感動した」と一言であらわす以外に言葉が見つからないのでしょう。
言葉で伝える事は難しいと思いますが、心の中にはもっとたくさんの気持ちがあることを期待しましょう。
自分の言葉で気持ちを伝えて欲しいですね。
Commented by こけし at 2007-12-16 19:43 x
たとえば『感動する』というひとつの「言葉」が持つ意味は、人によってそれぞれ深さや重みが違うのかもしれないですね.どれだけの経験と意義と...心の痛みや、驚きや、歓びや、様々な思いが積み重ねられてきているか、そしてそれをその人自身がどう自分のものとしているか。それがきっと「学ぶ」ことであり、「成長していく」ことなのだと思います.にゃんかいさん、そういった話もだんなさまとなされるのですか?
Commented by nyankai at 2007-12-16 22:22
★ハルさんへ
良いんですよ。ハルさんが読んで下さっている、と思えるだけで心強いんです。ありがとうございます。
祐様ね、あんな風に音域の広い人って、なかなかいません。人はだいたいが年齢と共に声が低くなりますから、良い年齢の重ね方ができているのでしょう。若い頃は、あふれ出る声を自分でももてあましている感じがしました。光沢がありすぎる声です。今は、自由自在にコントロールできていると思います。50代はまだまだ大丈夫でしょう。私も、今の声が好きですよ。
私はしばらくは、観劇に行けないので、又色々教えてくださいね。

★ロ~ズマリ~さんへ
そうですね、心の中にもっとたくさんの気持ちがあるんですよね。
私もね、シンプルな表現は大切だと思うんですよ。でも、シンプルと安っぽいは違うと思います。(ちなみに、バーゲンは大好きです。)

★こけしさんへ
う~ん、私は、「感動」はもっと重いものだと思うんです。でも、けっこう感動屋なんです、実はね。
夫とは、けっこう話しますよ。息子ともね。
by nyankai | 2007-12-16 09:33 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(4)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai