戦争を知らない子供達 (6/23)

d0017084_11124489.jpg今日は、沖縄で日本軍の組織的戦闘が終了した日である「沖縄慰霊の日」です。集団自決に、日本軍の強制があったことを、教科書から削除するようにとの検定に対して、沖縄では当然次々と反対の決議が出されています。日本がどんどん戦争をしたがっている人達に牛耳られていくようで、怖いです。
昨夜はある報道番組で、北山修作詞・杉田二郎作曲の名曲「戦争を知らない子供達」が取り上げられていました。
この歌が生まれた頃は中学生で、音楽の授業でガリ版刷りの楽譜をもらい、教えてもらいました。明るい曲調と、「戦争という忌まわしいものを私は知らない」という誇らしいような気持ちから、屈託無く歌っていたように思います。その頃は、長い髪の毛の団塊の世代が真剣に、世の中に対して行動していました。
ジロースの活動はたった1年だったそうですが、この曲は生き残り、歌い継がれていきました。大学では、私は直接歌声サークルに所属はしませんでしたが(私は合唱)、サークルのメンバーがキラキラ輝く目をして、ギターを掻き鳴らしてハーモニーをつけて歌うのを心地良く感じ、実際に一緒に歌ったりもしました。『だって、私達は戦争なんて知らないんだもん。平和な日本で、青空や花を愛して生きていくんだも~ん。』なんて気持ちだったのかな。
昨夜、当時のコンサートの映像を見ると、杉田さんらは「この歌が、僕達の子供も孫も、ずっとずっと戦争を知らない子供達でいられるように。」というようなことを言っていました。北山さんは、インタビューに「自衛隊がイラクの地に足を付けた瞬間から、僕はもうこの歌をうたえなくなりました。」と言っていました。私はこの先「戦争を知らない子供達」を、どんな思いで歌っていくのでしょうか。
画像は、青島広志さんの合唱曲集「角をまがった歌」の表紙(ご本人の手による)です。すてきな絵なので、紹介したくなりました。
[PR]

by nyankai | 2007-06-23 11:10 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/5669049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by スワンの涙 at 2007-06-23 11:53 x
ジローズは大好きでした。当時うたごえ喫茶に通ってましたので
大勢で歌いました。当時のうたごえ喫茶は反戦歌の宝庫でした。
「フランシーヌの場合は」も好きでした。今の時代はテーマが無く
なりましたね。平和ボケかな(笑) やっとコメントできるようになりました。宜しく!!
Commented by nyankai at 2007-06-23 21:44
★当時は、全共闘の学生たちに「こんな歌は生ぬるい!」と攻められたそうですよ。
私は、誇りを持って、平和ボケしているつもりなんですけど・・・(武装して、平和を語るなんておかしいもの。)
Commented by 中ちゃん at 2007-06-24 07:28 x
スワンさんのコメント>>>今の時代はテーマが無くなりましたね。<<<に1票!です。
でも、先日…アグネス・チャンさんの歌を聞いて、久しぶりにドキドキしました。もちろん、CDを買いに…これまた、久しぶりに走ったσ(゚∀゚*)です。
歌詞…紹介しますね。

【そこには 幸せが もう生まれているから】

大空よりも 大切なものがある
それは それは 私の生命(いのち)

海原よりも 深いものがある
それは それは あなたの生命(いのち)

冬が来たりなば 春 遠からじ
今こそ平和(はる)の歌 声を高らかに
闇が深いほど 夜明けは近い
人生は 幸せに なるためにあるから…

宇宙よりも 尊いものがある
それは それは みんなの生命(いのち)

一人の人を 大切にすれば
平和(はる)は 平和(はる)は 遠くはないさ

冬が来たりなば 春 遠からじ
今こそ平和(はる)の歌 声を高らかに
闇が深いほど 夜明けは近い
人生は 幸せに なるためにあるから…

そこには しあわせが もう生まれているから


チョット…はまりそうです。


Commented by nyankai at 2007-06-24 09:58
★中ちゃんさん、出かけますので、後でゆっくりお返事します。ありがとうございます。
Commented by nyankai at 2007-06-25 21:28
★中ちゃんさん、御自分も大変なことをかかえながら、私のことをこんなに心配してくださって、ありがとうございます。
この歌は、「平和」を「はる」と歌っているのですね。夫が病気になって、「命」に関わることより大変なことなんて無いと思いました。どんなに望んでも命の消える日が来る(病気じゃなくても)のだから、戦争や殺人や自殺なんて、絶対いけませんよね。
多くの人に訴える歌でありながら、私個人への応援歌のようにも感じます。中ちゃんさんも、そうですか?
Commented by 中ちゃん at 2007-06-26 06:26 x
はい!チョット弱気になっている自分への…応援歌かも知れません(∩。∩;)ゞ
Commented by nyankai at 2007-06-26 08:55
★「弱気」、当たり前ですよね。良いじゃないですか、揺れ動くのは、当たり前ですよね。