母親と子どもの関係 (10/30)

 不思議な夢を見ました。朝方、私の横には笑美ちゃんが寝ているのです。ムクッと起きて、外見はまだ1歳になっていない赤ちゃんのままなのですが、かわいい声でしゃべるんです。でも、私は答えることができす、会話が成立しない。何を言ってくれたのかは、目が覚めたら、どうしても思い出せません。嬉しいのか悲しいのかわからない夢でした。笑美ちゃんに会いたいなぁ。でもこんな体調では行くことはおろか、来てくれてもお迎えできません。
d0017084_8574128.jpg ゴロゴロしながらできること、古い手紙をちょっと整理していたら、たぶん20年くらい前の、新聞投稿ボツ原稿が出てきました。
   母の悲しみ
 母を悲しませてしまいました。それも買い物を頼まれたという些細なことがきっかけで。母の言い方の中に、何となく安易さを感じてしまった私は、別に虫の居所が悪かった訳でもないのに、
「地元に気に入った物が無いか探してみたの?」とか、
「毎年新しいものが出てきているのに、自分の目でより使いやすいのを確かめてみたくないの?」などと言ってしまったのです。
 いつもの様に気楽に買って来てもらえると思っていただろう母は、すごいショックを受け、その夜は寝られなかったみたいd0017084_8581630.jpgです。
 母は今の私と同じ位の年齢(42歳です)で夫を亡くし、その後女手一つで弟と私に教育を受けさせ、社会に出してくれました。品数豊富なお店が近くに無く、車も運転しない母にとって、そう遠くに住んでいない実の娘の私がどんな存在であるかは、自覚しているつもりです。又、夫と息子も含め、いつまでたっても母には何かと世話になりっ放しで、いくら感謝してもしきれない私なのです。
 体力の衰えは当たり前にしても、母はいつまでも母であって、気力が萎えてほしくないのです。間違ってますか。
 「全く、冷たい娘だね」と文句の一つも言ってくれるならまだしも、電話の向こうで
「ごめんね、甘え過ぎたって反省してるから」って泣くなんて、あんまりだよ、お母ちゃん。
 この時の母の頼まれものが何だったのか、全く思いだすことはできませんが、年齢がまさしく今の私くらいであるのはわかります。私の近くに、実の娘はいない。もしもいたら、どっと頼ってしまっているのかなぁ。
 昨日はまあまあだと思って、午後買い物に行ったら、ドラッグストアを歩いていて、どうにもこうにもこわくなって、買いたいものすべてを買ってこられませんでした。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/26027214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハル at 2017-10-30 18:11 x
母はいつまでも母であって欲しい、分かります。
1人暮らしができるくらいにはなんとか元気ですが
昔の母とは別人なんだなと感じます。
淋しいですよね。
わたしにいつまでも素直な子どものまま(わたしにもそういう時代があったw)
でいてほしかったみたいだからおあいこかしら。
Commented by nyankai at 2017-10-30 23:40
★ハルさんへ
ほんとっ、そうです。だから、母が認知症になった時は、情けなかったです。
でも確かに、おあいこですね。
by nyankai | 2017-10-30 08:56 | 心もよう | Trackback | Comments(2)