車は20万キロ越えるし喉は老化するし(8/18)

 耳鼻咽喉科、行ってきました。d0017084_1034672.jpg結果は後ほど。
 まず、いっちゃんが買ってくれた、愛車シエンタちゃんが、行きに走行距離20万㎞を超えました。いっちゃんはとても運転好きな人で、私が一人になってしまった時点で相当走っていたからなのであって、私は年に1万キロも走りません。去年の車検で、まだまだ大丈夫と言われたので、これからも大切に乗りたいと思います。
 病院の前に、シマセンセの所によりました。マコが死んで1ヶ月とちょっと。病院が懐かしい気がしました。あの日、薬とサプリメントを出してもらった直後に具合が悪くなったので、手つかずの状態のままで残っていたし、保冷材も借りたままでした。薬代を返せなどと言う気持ちはみじんも無いですが、もったいないので、引き取ってもらうためでした。受付の人に申し出ると、「お薬出したばかりでしたものね」と、申し訳なさそうな顔をしました。診察中のセンセが出てきて、「助かります。保護した動物の治療に使えるんです」と、深々と頭を下げました。そうか、知らなかった。そういうシステムだったんだ。「よくがんばってくれましたね」と、再度言ってくれました。センセはたぶんマコのことを言ったのでしょうが、d0017084_1042236.jpg私自身に言ってくれたように思えました。
 ようやく、喉の話です。お医者様の前で「あの~、喉がおかしいんです。1ヶ月くらい前から、声帯が硬いというか、厚ぼったいというか、震動しにくくて、話すのは何ともないのですが、趣味で歌をやっているのですが、声が出にくいんです」
 声帯を内視鏡で見るために、吸入で喉に麻酔をかける。鼻から入れる内視鏡で診察。「あ~~~っ、て言ってみて」「あ~~~っ」結果は「80、90のお年寄りの声ってあるでしょ。声帯が衰えて、ピシッと閉じなくなるからなんです。そういうことです。まだ大丈夫。ポリープとか、悪いものは何もないです。」・・・う~ん、半分は予想していた加齢かぁ。「声を出して良いのか悪いのか、心配だったんです」「どんどん歌ってください。声帯は筋肉ですから。ただし、合唱みたいな正しい歌い方で」「それ、やってるんです」「良いですね。それと、体全体を鍛えて、息が続くようにとかね」・・・やっぱり、筋トレしなきゃだめかぁ。
 お医者様の手元の写真をじっと見る。「ほしい?」と、ニタニタ「はい、ほしいです、友達に自慢します」私の生態、じゃなくて声帯の写真です。
 さ~て、明後日のために、ガンガン練習しますよ。夜は歌会だし。
[PR]

by nyankai | 2017-08-18 10:01 | 美 健康 体力 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/25364584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。