咲かぬなら咲かせてみようニャン桜 (4/1 2017年度スタート)

 昨日は美時に大切な葬儀に行って来る事ができました。あんなに積もった雪も、お日様の力で、順調に融けてしまって、d0017084_9124971.jpg乾いた道が戻ってきました。
 私は中学生の時、浦河町に住んでいて、NHKの人気番組、宮田輝司会の「ふるさとの歌まつり」ってのがありました。それが家の近所にある、農林省種畜牧場で収録があったのです。ゲスト歌手は、今陽子とバーブ佐竹だったような気がします。収録は平日で、学校さぼって行ってみたかったのを覚えています。友達に声かけたのに、誰も乗ってくれず、1人では決行できず、諦めたのでした。その頃から、十分ミーハー、変わっていませんね、私。
 バーブさんが、「ナントカの木の下で~ルルル~」そんな感じの歌(カントリーミュージック風だった)を歌うのに、牧場の桜並木d0017084_97840.jpg(静内のニ十間道路よりは規模は小さいですが、なかなか見事な並木です)を使う段取りになっていたらしいのですが、その年は寒かったのか、桜は間に合わなかったのです。それで、何本かにビニール袋をかけて、強引に咲かせたと聞きました。確かに、放送を見ると、バーブさんは咲いた桜の木の下で、にこやかに歌っていました。
 そうか、そんなことができるのか。新年度のスタートに当たり、私も先月から、「咲かぬなら咲かせてみようニャン桜」プロジェクトを始めたのです。決して「花咲かばあさん」プロジェクトではないですよ。
 まずは、木の選定です。NHKではないので、大きな木は無理、庭にあるエゾヤマ桜の小さいヤツに、もう使う予定のない布団圧縮袋をかぶせ、温室状態にする。幸い天気の良い日が多くて、つぼみは膨らみ、本日4月1日に、雪の中で満開になってくれました。正に私の執念が実りました。
 
 かかった経費は、540円+αです。「セリア」で、「桜ミニリース」として売っていた物を5つ購入して、輪から取り外し(15輪位入っていた)、フラワー用の細いワイヤーを通し(うらぶれた内職をしている気分だった)、ある晴れた風のない日、花芽を傷つけてしまっては困るので、咲くはずない小さな樹を選んで、1輪ずつ結わえつけて行きました。本当はハートの形にしたかったのですが、10倍位花が必要ですね。これで勘弁してください。
 去年は「ウンチ」話しだったので、今年は上品でしょ。これからファーチレ(これは本当です)行かなきゃならないので、他の皆さんホラの分析は明日に回します。mixiは「イイネ!」が「イイニャー?」になっています。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/24043002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by こけし at 2017-04-01 12:37 x
桜は何度以上になると開花する…ということなので、
本当に咲いたのですよね~(^.^)b
綺麗なお庭の’美時'ネタでした。
Commented by ハル at 2017-04-01 19:16 x
桜が咲いてよかったですねー!
きれーい!囧rz
Commented by nyankai at 2017-04-01 23:15
★こけしさんへ 
え~、もちろん、咲いたんですよ。積算温度って言うんですってね。
雪の仲の桜、きれいです。

★ハルさんへ
去年、隅田川の桜、きれいでした。
by nyankai | 2017-04-01 08:56 | 自然 | Trackback | Comments(3)