50周年 (3/13)

 R.R.Singeas の前身といいますか、本名は富川合唱団は、今年が50年目です。正確には発足したのが、1967年6月らしいので、今年のごちゃコンは、Vol.8 であると同時に、50周年記念コンサートにします。都会のかなりの合唱団でも、50周年はなかなかないでしょうし、今は老舗でも継続が不可能になって、解散してしまっているでしょう。我ながらしつっこいと思いますが、立派なものでしょう。褒めてやって良いと思います。
 ところでごちゃコン、私がこんなものだから、8年続けた5月の最後の土曜日にできなさそうで、少し遅くなると思います。でも、体調回復を待ってもらっても展望がないので、そろそろスパートかけてくださいと、例年よりちょっぴりテンションが低い私です。4/30に「讃歌」が構えているせいもありますし、去年、ちょっと大ショック(変な言葉だ)なこともあって、先頭をガンガン歩くのはやめようと思ったせいもあります。その大ショックからは、9割立ち直りましたけど。
 d0017084_1091536.jpg1967年と言えば、私は小学校6年生ですよ。文化的娯楽が少なかったであろう時代、都会へ出る交通手段も今よりは不便と言うか、遠い合唱団に通うなどどは思いもよらなかったというのが正解でしょうが、おらが地元に合唱団を作るのは、自然なことだったと思います。高校・大学で合唱を続け、大学は一応声楽をやりましたから、小さな町の合唱団に入ってやろうかなぁ位に、ちょこっとうぬぼれて行ってみると、高校の先生が指導して、大中恩の「遥かなものを」をやっていました。意外と、けっこううまくて、嬉しかったです。あれから40年、私はもはや富川合唱団の「顔」と、自分で言っても許されるかなぁと思います。
 今日は、その50周年を懐かしく振り返るステージ(まだ決定ではありませんが)をします。曲目紹介をしますね。
 ☆「世界は2人のために」・・・深い意味は無いですが、良い歌だと思います。
 ☆「北国の春」・・・R.R.Singeasと言えば、演歌は外せません。意外性狙ってN氏ソロの予定。
 ☆「人生いろいろ」・・・50年の間には色々あったと、合唱団も思っていることでしょう。
 ☆「団子3兄弟」・・・なんちゃって孫シンガーズが3人になって歌ってくれます。かわいい。
 ☆「アジアの純真」・・・私は全く歌えませんので、若い(相対的に)2人にお任せ。
 ☆「また君に恋してる」・・・私がしっとり歌う予定。本当は、姉様の持ち歌なんだけど。
 ☆「ヘビーローテーション」・・・サビ部分を挟んで、変化をつけます。
 ☆「世界に一つだけの花」・・・去年の歌ではありませんが、色々な意味で、〆にふさわしいかと。
 ここしばらくお天が良くて春めいて、嬉しい限りです。 息子のクラウドファンディングは、https://motion-gallery.net/projects/warainonaikakukorea、何でも「あなたのために脚本を書きます」10万円が出たもよう。すごい人がいるものです。現時点で、195人1,202,000円になっていました。ありがとうございます。でも韓国怖い。
[PR]

by nyankai | 2017-03-13 10:07 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/23961374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。