ようこそアイルランドから (1/31)

 昨日は天気予報は雪だったのですが、幸いに外れてくれて、シマセンセの所に行けました。マコは、血液検査の数値はまあまあで、体重もちょっと増えて、元気なのですが、ステロイド剤をたくさん飲んでの結果なので、引き続き慎重に経過観察です。でも「たまに、あ~っ、今日は飲ませるの忘れちゃったF46B.gif、位で良いです」という、非常に微妙な指示が出ました。
 帰ると、忘れた頃に届く、アイルランドからの手紙が届いていました。まじょ子町でお世話になった、メアリーさんからです。d0017084_1071937.jpgそう言えば、まじょ子さんに英訳してもらって、クリスマスカード出したのでした。
 メアリーの事だから、私にも読めるように、易しい英語で書いてくれたのがわかります。体調への気遣い、猫の事、孫の事、みんな書いてありました。ありがとう、メアリー。
 ピンクの封筒に貼ってある、切手が妙に気になりました。海外に郵便を出す時は、印字された料金のシールではなくて、できるだけ切手を貼ってやった方が、お楽しみと思います。まず料金です。基本的に出す国の郵便局の収入になります。左の切手が€0.38(ユーロ)で、右が72¢(セント)です。1€=100¢が121円(昨日)とすると、d0017084_1011379.jpgだいたい133円位でしょうか。日本だとヨーロッパで25g以内で110円だから、ちょっと高い感じ。
 左の切手の、2人の女性の写真が、非常にInterestingで、がんばって調べました。わからない事があると、寝食忘れて調べたくなってしまうのが、私の悪い癖。
 緑の方は、Kathleen Florence Lynnキャサリーン・フローレンス・リンさん(1874年1月28日 – 1955年9月14日)、アイルランドの活動家・医者、聖Ultan子供病院を創った人。オレンジの方は、Elizabeth O'Farrellエリザベス・オファーレルさん(1884年11月5日 – 1957年6月25日)アイルランドの看護師・助産師。だそうです。
 右の切手は、わかりませんでした。ペンダントトップに見えますが、気球かはたまた玉ねぎか。メアリーは、アイルランドの色んな事教えてくれました。「セント・パトリック・デー」で、緑の服を着てきてほしいと言われたことを、忘れられません。シャムロックF7C0.gifの緑です。
 そう言えば、札幌オリンピックで、尻餅をついたジャネット・リン、大好きでしたが、彼女の顔はケルト系だと思います。昨夜の調べ物は、ここまででくたびれましたF7CE.gif
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/23812401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みみこ at 2017-01-31 11:41 x
ダウンタウンの番組に森昌子が出てて、デビューするときにジャネットリンが大人気だったので似せた髪型にしてあの髪型になったそうです。カットした後、鏡を見て嫌で泣いたそうです。
そりゃ泣くわ、ジャネットリンじゃなくてモンチッチだもん(^_^;)
Commented by こけし at 2017-01-31 12:38 x
お返事がきて良かったですね♡
右の切手はクリスマスのオーナメントかなぁ~?
Commented by nyankai at 2017-01-31 17:43
★みみこさんへ
お~、そうなんですか。
でも、もんちっちかわいいよ。フォローになってないか。

★こけしさんへ
その節は、ありがとうございます。
メアリーとの、この何とも言えないつながりが嬉しいですね。
オーナメント、なるほどねぇ。
by nyankai | 2017-01-31 10:04 | 人 あれこれ | Trackback | Comments(3)