ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

みんなちがってみんないい」のこの場合の意味 (12/18)

 札幌市内は、急に来た大雪のせいで、片道2車線が1,5車線しかなく、バスは遅れました。駅周辺は、どこからこんなに人が湧いてくるんだかF7CE.gifと言うほどの人出でした。
 暖房システムのアスベスト問題で、大きな石油ストーブが2台持ち込まれた北区民センターの講義室で、ファーチレの練習でした。ずいぶん遠い先の話だと思っていた「讃歌」本番まで、数えてみれば4ヶ月半を切りました。音とりはできているし、オーケストラと歌うのだから、細かなニュアンスは良いだろうなどとたかをくくらず、こんな大曲を歌える事に感謝しながら、練習して行こうと思います。
 d0017084_9274723.jpg昨日は「讃歌」のなかでも、1番ボリューミーな7番を中心に練習しました。「みんな違うんだよね、微妙に」という注意を受けました。どんなに楽譜通り歌っても、ピッチや音色が違うと、合唱はダメです。そこが苦手と言う人もいるかもしれませんが、合唱のだいご味はそこです。「みんなちがってみんないい」それぞれ大切な個々人が、違いを理解したうえで、美しい音楽を目指していくからこそ、合唱は震えるほどすばらしいのです。
 ちっちゃいちっちゃい笑美ちゃんも、私が楽しく歌っている「気」を、きっと遠い空の下で感じてくれているに違いないなんて、ふと思いました。バババカにも程がありますが、写真と泣き声を持って行って、何人かに披露してしまいましたF3AD.gif。ただ今、笑美ちゃんと本名の漢字変換を、携帯とパソコンに学ばせ中です。携帯の方がおりこうさんでd0017084_9293531.jpgす。
 春に、サンダルと靴の補高をしてくれた、北24条駅の靴修理屋さんに、私にしてはやや良い冬靴を1時少し前に持ちこみ、かかとの滑り止め交換と補高を頼みました。昨日中の靴がまだ3足あって難しいとはかばかしくない返事でしたが、5時過ぎに行ってみると、やっぱりやってくれていて、その時正にピカピカに磨き上げてくれていました。靴修理のお兄さん、ありがとう。まだまだ長く履きたいです。
 帰りバスの隣に座ったのは、友達の結婚式帰りらしい、きれいなお嬢さんでした。玄関の、ニャンコ座特製、古い冷蔵庫リサイクル物置きに、何かある予感がして(魔女ですから)開けてみると、Yちゃんの実家から、とてつもなく大きいF65A.gif「あたご」梨が届いていました。元冷蔵庫だから一応断熱されていて、凍らないですんでいました。ご馳走様。
 帰ってみれば、あちこちだるくて筋肉痛,今朝もお目覚め時点では、あちこち痛いですが、午後の、〆飾り講習会は大丈夫でしょう。
 山本耕史と堀北真希の子供も生まれたらしい。笑美ちゃんと近いねF7C3.gif
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/23726097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2016-12-18 09:26 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai