ニャンカイ再びチェリストになる (11/12)

 もちろん走ったことはありませんし、これからもありえませんが、昨日の夜にはフルマラソン完走したみたいに脚ガクガク(もはや両脚)、肩や手も痛いです。起きた瞬間は、苦痛は半分くらいになっているので、3日間位、強制的に眠らせてほしい気がd0017084_8333914.jpgしています。
 昨日のスケジュールは、歯医者から始まりました。甘い響きのメイプル歯科の1ヶ月後の呼び出しです。舌の裏側に当たる左奥歯は、矯正しない方が良いとのこと。で、歯磨きはOKが出て、アサカセンセの診断を受けて、又1ヶ月後に来いって。営業がうまい歯医者だ。
 午後は、沙流川アート館に「紺野じゅん 鉛筆画展―冬の雨音―」に行ってきました。良くイベント案内はがきをいただき、ありがたく思い、今回はほら、チェロのミニコンサートがあるというので、チェロフェチとしては、行かずにはいられませんでした。
 行ってみると、お客様は1人を除いて、知人・・・といっても3人(新卒の頃の職場の先輩とケイトさんとパートナーさん―漫画とそっくりだった)。じゅんさんご本人と、主宰者のみという、贅沢な空間になっていました。
じゅんさんの鉛筆画は、いったいどういう仕掛けになっているのだと言うほど細密で、褒め言葉になっているかどうかわからないけれど、写真と言われると信じます。d0017084_8341587.jpg描いているところを拝見したかったのですが、それは着替えを見られるようで、恥ずかしいのだそうです。
 チェロは、40歳で始めたと言う女性でした。何とニャンコ座町在住、そうなんだ。プロではないですから、最高レベルを求めてはいけませんが、緊張も含めて、チェロ愛とひたむきさが伝わる演奏でした。フォーレの「夢のあとに」など、やっぱりチェロはもだえるわぁ。鉛筆画に囲まれ空間の、贅沢な時間でした。
 ひそかに狙って行ったのですが、終演後弾かせてもらえるチャンスが。札響の時よりもじっくり教えてもらえて、「無伴奏組曲」の出だしソドミレミレミドがちょっとだけ・・・ウワ~ィ。
 今日は朝もハヨから、合唱祭の「せいせいがたコール」の練習に行きます。体は朝から疲れています。「慢性疲労症候群」と「線維筋痛症」のセルフチェックをすると「非常に危険」ゾーンです。
[PR]

by nyankai | 2016-11-12 08:32 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/23611555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。