みずえさんコンサート (11/2) 

 d0017084_10343272.jpgニャンコ座町も、氷が張っています。お寒うございます。嫌だ嫌だ。
昨日のライヴ後の写真を見ても、我ながら、私は具合悪い人には見えないよなぁと思います。左脚は冷たくてゴチゴチで、動かない感じがしますが、実際は動いて力も入ります。でも強ばって、細かい動きはできないです。貧乏ゆすりとかね。痛い所は、広がって行く感じです。まだ黙っていてズキズキではないので、助かりますが。私、この体調不良で苦労していますが、それは不幸とは違います。
 翌日書けないで延期になっていた、みずえさんコンサートの報告ですが、昨日夕方、お礼と称する感想催促のお電話がかかってきて、雰囲気は普通の60歳のおばさんの長電話、内容は、普通の60歳のおばさんの健康関連愚痴・・d0017084_1036345.jpg・ばかりじゃなくて、おっしゃれ~なシャンソンの話し、ドレスの話し、歌の成長の話し、等々をしました。
 みずえさんは膠原病です。それを乗り越え、共存しながら、歩みを止めずに歌っています。病気になったからこそ、自分のやりたいことはと問いかけ行動を起こしたのです。今は、作詞作曲までして、オリジナル曲のCDも作ってしまいました。
 今回は、姉上・姉様&私に招待券をくださったので、気持ちだけでもと思い、フラワーアレンジメントを贈りました。たくさんありすぎたら、かえって迷惑になりはしないかと、いささか心配だったのですが、2つだけだったので、とっても嬉しかったと喜んでくれました。みずえさんオリジナル曲の「情熱の赤いバラ」を入れてもらいました。
 私も歌います。とりあえずの目標は、毎年恒例の「リキーズクリスマスパーティー」です。「待って」の楽譜が手に入り、ピアニストとピンポニストも手配したので、さd0017084_10373257.jpgっすが「笑の内閣」上皇の母、もしかして本当はコミカルソングが得意かもしれない私、やってみますわよ。その後、赤坂さんのライヴを一緒に聴いた人、パーティーの主催者から、私がかつてごちゃコンで歌った「ローズ」(愛は花、君はその種子)の弾き語りが良かったからとリクエストしてもらえました。2曲歌っても良いそうです。もっと嬉しいことに、ハカセ次郎さんが(ギャラが出る仕事が入らない限り)参加してくれるそうで、カッチーニの「アヴェマリア」を、もう一人声かけて、一緒にやろう(歌です)と持ちかけられています。
 この間デパートで買ったコーディガンは、猫毛が付かないよう、玄関で着脱しているのに、久しぶりに乗せてもらった姉様の「彩」には、クライド君が同乗していて、猫毛がいっぱい付いたとさ。3枚目の写真は、姉様のお母さんが住んでいる、高齢者施設です。まるで、ホテルか宮殿みたい。予約しとこうかしら。
[PR]

by nyankai | 2016-11-02 10:33 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/23591165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2016-11-03 05:22 x
お元気になられたようで、安心しました。
前に訪問したとき、ご病気だったようなので気にかけてました。
Commented by nyankai at 2016-11-03 11:18
★根塚さんへ
心配していただき、ありがとうございます。
病気は残念ながら、原因がわからないまま、少しずつ悪くなっています。