うろこ from an eye (9/24)

 ここ数日、暇さえあれば寝ていたくってたまりません。気持ちがふさいでいる訳ではないのですが、出口の見えない状況に、心も疲れ切っているなぁと思います。
 近くの町の実行委員会主催の「ゴスペルワークショップ」が開かれています・・・のは、お知らせをいただいたので知っています。でも、ファーチレすら出られないんじゃないかという程具合悪い時だったし、それ以上に、一昨年憧れてやってみて、楽譜を使わないことにストレスを感じてしまって楽しめないことがわかったので、ゴスペルは聴くだけにしようと決めたのでした。
 姉上となんちゃってママと大魔王様が参加しているので、発表会は聴きに行こうと思っていたのに、ファーチレと重なってしまい、d0017084_1032894.jpgやっぱり練習は休みたくないので、昨夜ワークショップ&ミニライブに行ってきました。
 毎日の生活の中にあふれる、神様の愛と祝福を歌うゴスペルシンガー、高橋めりーさんのミニライヴです。フライヤーに、「日本語の昭和歌謡風ゴスペル」と記されているのを読んでも、イメージが湧かず、半信半疑でした。めりーさんは、釧路出身、大阪は堺市にお住まいです。
 ほとんどがオリジナルのゴスペルでした。昭和歌謡風と言うのは、日本人が苦手とする裏打ちではなく、表打ちを使って、演歌みたいな、前奏を聞いた瞬間「天城越え」を歌い出すかと思ったほどでした。ゴスペルとは、特別のジャンルではなく、スタイルが決まっているのではないことは、知識としてはありましたが、まさかね。これが「目からうろこ」というやつでしょう。検索かけると「愛されちゃって」が出てきました→ここ
 めりーさん、股関節の手術体験者でした。帰り際に、ちょっとその件で話しかけてみました。「痛くて歩けなくなったので、人工股関節にしました。背が伸びて良いですよ」だって。札幌で手術したので、年に1度検査に来るのに合わせて、北海道ツァーするんですって。今の私は右股関節よりも、左脚のだるさの方がしんどくて、当面の問題です。
 一緒に行った姉上のお友達が、線維筋痛症です。痛みとだるさを置きかえるとやっぱりピッタシ。又、迷いが出てきたわぁ。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/23508865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2016-09-24 10:02 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)