ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

クミコ姉さんパワーアップ (4/23)

 札幌市民は気づいているだろうか。札幌は北海道でも有数の温暖な地域であることを。この間行った東京よりもずっと暖かく、コブシが咲き、桜のつぼみももうがまんできない状態になっていました。d0017084_0153253.jpg午前中の整形外科の話は明日に回して。マコF6CE.gif
 午後、楽しみにしていた、クミコ姉さんのコンサートに行ってきました。私、勝手に、歌の分野での姉さんを2人認定させていただいてます。クミコ姉さんと、中島みゆき姉さんです。ちょっとだけ年上で、なのに年々パワーアップして、美しくなっていく所、あやかりたいです。「~うまれてきてくれてありがとう~」コンサートでしたが、姉さんの懐の深さと、守備範囲、というよりも攻撃範囲だろうか、の広さに圧倒されました。
 表現者たる者、憧れをもって、お手本となる表現者を観に、聴きに行かずしてどうする。一挙手一投足が勉強になります。前半は、こんなキラッキラな衣装でした。姉さんの体型には、大いに親近感を抱きます。痩せっぽでも歌えるのです。イメージは、事務所が同じ氷川きよし君なんだそうです。姉さんは、その歌声から想像できない、トークのだみ声が面白いです。余談が炸裂していながら、一瞬にして歌の世界にスイッチを切り替える。的確な振り、視線、良いとこたくさん盗みとらねば。「我が麗しき恋物語」が聴けて良かったです。姉さんに言わせると、男運の悪い女の話しだそうで。「百万本のバラ」はもちろん、ストーカーの歌です。
 d0017084_0203288.jpg東日本大震災の時石巻にいた姉さんは、このたびの熊本地震にもしっかりと言及し、どんな自然災害に遭うかは誰にもわからず、どうしようもないけれど、「戦い」はいけない。きちんと「考え」をもっていなければならないと、言ってくれました。その上で「世情」と「脱走兵」は、聴きごたえがありました。
 昨日はある意味、一生忘れないであろうコンサートになりました。(たぶん)酔っ払いが観客にいたのです。最初は、乗りの良すぎるヤツがいるなぁ位に感じたのですが、というのは、姉さんのトークに過剰に笑い、軽薄な「ブラボーF65A.gif」も、そこまでは何とかがまんできたのですが、次に発せられた言葉は「アホ」でした。姉さんさすがに堪忍袋の緒が切れて「今、アホッと言いましたF65B.gif」苦痛ならば遠慮しないで出ていってほしいというニュアンスのことを、笑顔でやんわりと言いました。後半になってもそいつの暴走は続き、とうとうキタラスタッフ2人に、両腕を抱えられ、引きずられて行きました。明らかに酔っぱらいです。あいつは、飲む資格はありません047.gif。会場中が安堵しました。でも、スタッフの対応は遅すぎました。あんなやつ、逮捕してほしいです。姉さんは最後に、変わったお客様がいたが、長くやっているとたまにはこういうこともある。これも含めて、良い思い出にしてほしいと、見事にまとめてくれました。後で思ったのですが「薬」F7F5.gif
 姉さんは、チェルノブイリに行くそうです。そこで「鳥のうた」を歌ってくるのだそうです。もうすでに行ってきた息子が、誇らしく思えました。
 姉さん、札幌日帰りなんだそうです。さすがプロは体力が違うわ。疲れたなどと言ってられません。今日はこれから「ファーチレ」です。練習は良いのだけれど、強風で外に出るのが億劫F3EF.gif
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/23087819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2016-04-23 11:09 x
はい♬
札幌市民はかなり前から気づいていますよ♬

昨日はレッスンが立て込んでいて、振り替えもできなかったので、買っていたチケットは生徒のお母さんがいってくれました

行きたかったけど平日の午後は無理

素敵なコンサート良かったですね
Commented by nyankai at 2016-04-23 20:49
★姐さんへ
気づいてましたか、江別の友達も「札幌はあったかい」と言います。
まったくね、平日の午後のコンサートに来れる人って・・・P席・ステージ真横の席は使ってなかったですが、ほぼいっぱいでした。
色々得るものがあるコンサートでした。
by nyankai | 2016-04-23 09:12 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai