ニャンコ座リポート since 2005 April

nyankai.exblog.jp
ブログトップ

オペラとミュージカル (4/10)

 昨日の昼過ぎまでは、体の疲労感がありました。睡眠障害気味だから、何もかも考えずに、もう嫌だというほどに眠れたら、この疲労感は抜けるんじゃないかと、何か良い方法はないかなぁと本気で思っていました。でも午後は歌会で、なんちゃって孫達にも会えて、練習したら、かなり気分が良くなりました。やっぱり歌っていないとだめですね。マコF6CE.gif
 今日は「ファーチレ」です。行く前に、私の曲を3曲紹介します。
 「乾杯の歌」(ヴェルディー作曲、歌劇「椿姫」第1幕の劇中歌)―ごちゃまぜコンサートなので、暑苦しいドクラッシックもあって良いか(今回はド演歌もあります)と、ジロウさんと歌うことにしました。私が暑苦しく歌えるかは、はなはだ疑問ですが、あるボイトレを受けた時に「あなたは合唱よりオペラ向きよF3A8.gif」と言われたのを励みに、気分はトラビアータになります。
参考までに、スロベニアの国家も「乾杯の歌」というらしいです。イイネF65A.gif
 d0017084_22362468.jpg「ラストワルツ」(イギリスのバリー・メイスンとレス・リードの作品。1967年、エンゲルベルト・フンパーディンクが甘い声で歌っています。)―日本では、岸洋子版が有名です。大人な感じです。ジロウさんにヴァイオリンを入れてもらうので、とっても素敵になると思うのですが、どう扱うかまだはっきりつかめていません。「乾杯の歌」がオペラならば、こちらは、私が大大大好きなミュージカルにすれば良いのかもしれません。
 「Ale Ale Ale」(作詞:村上ゆき・森山良子 作曲:村上ゆき 2010年)―「クリスマスパーティー」と棺桶コンサート「アラカンコンサート」ですでに歌っているので、そこそこなじんできています。これこそ、ミュージカルですね。だから、振りも入れたいです。脚や腕だるいくせにね。トホホな歌なので、感情移入すると、変顔になってしまうのです。写真撮られないよう気をつけなくてはF7CE.gif
 お~、ワルツ2曲と、タンゴなのかフラメンコなのか、ですね。
 毎年、今度こそテーマやストーリー性のあるコンサートにしたいと言いながら、迫ってくるといっぱいいっぱいになってしまって「まっ、良いか」に落ち着いてしまいます。テーマを決めて選曲するのではなく、まず歌いたい曲ありきで、それを衣装(着替え)優先で並べるものだから、テーマも何も、こじつけられなくなってしまうのです。劇作家の母としては、はなはだ情けない所です。がんばってみたいです。
 今日の写真は、とある物の派手派手な模様です。何であるかは、もう少ししたらわかるかもF6C0.gif、しれません。
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/23053702
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nyankai | 2016-04-10 09:30 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

ニャンコ座から 「合唱」 「猫」 「ミュージカル」 「パッチワーク」 「亡き夫」 など 大好きなことをおしゃべりします おいでくださってありがとうございます


by nyankai