命日が近付いて(2/8)

 息子が、ある演劇行事で、「朝まで生ゴヅラダイジェスト版」といいながら、いきなり最初に「笑の内閣解散騒動への謝罪」といって、SMAPに扮した劇団員(草彅は、舞台上で脱ぐ)、が謝罪するというクソコント(本人が書いていた)をして、受けたそうです。そういう所が、天才だと思う。
 ネットの情報によると、大竹しのぶがが、ベッキーについて、舞台「ピアフ」の取材で「水に流して」をひきあいに、「すべてを受け止めて、進んでいってほしい」と言ったとか。大竹しのぶ、かっこいい。世間様ってのは、そこまで偉そうなことを言えるほど清く正しく生きているのかとあきれていたけれど、これで又コロッと風向きが変わったりしたら、もっと嫌だな。
 d0017084_9152785.jpg2008年の今日のブログは、「少年アシベ」のことでした。息子は2年生で、担任の先生がゴマちゃんに似ていると言ってくれたことです。正確には、マオちゃんにそっくりでした。「いっちゃんのお母さんが泊まってくれている」、と書いてあります。
 時薬が効いて、いっちゃんがいないことにも慣れたし(でも、私に向かって「自由で良いね」とは、絶対に言ってはいけない、思ってもいけない、許さないからF3F1.gif)、歌うことを中心に、太平洋沿岸の冬の空みたいに、毎日が輝いていると感じる(安倍なんか関係ないよ)私ですが、命日直前のブログをみると、あまりの痛々しさに、飛んでいって私を抱きしめてやりたい気持ちになります。世界がどんなに平和でも、悲しい夜は来る。誰もが耐えて生きていく、正にその通りですね。思い出と歌が、私を支えてくれています。
 d0017084_9174258.jpgそのちょうど1年前の2007年は、いっちゃんは、自己末梢血幹細胞移植から生還して、退院したての頃でした。立春を過ぎた光の春の中で、小さな小さな希望を信じて、2人と3ニャンで生きていました。いっちゃんとの思い出の中の、宝石のように大切な、早春の情景です。ファーチレでは「マタイ受難曲」、続いて「メサイア」を歌っていました。
 その頃にあった、姪っこの結婚式です。私がきれいに写っていないのでF485.gifお蔵入りしていましたが、いっちゃんがあまりに良い表情なので掲載。母の付け下げを壊して洋服にして、いっちゃんの頭巾もおそろいで作りました。抗がん剤で、ほとんど髪の毛が無いのを、いっちゃんの両親が気にしたらかわいそうなのでと、気づかいました。
 養命酒のCMに流れているの「Ombra mai fu」です。気が付いてますかF65B.gif歌っているのは蒲原史子さん(「小さな木の実」が良いですよ)、ですって。養命酒飲飲もうかな。おいしくて好きなんです。
 「真田丸」、家康君がお茶目でよろしい。内野さん楽しいだろうな。マコF6CE.gif
[PR]
トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/22859678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2016-02-17 20:23
タイトル : ルター派のプロテスタントのバッハが残したミサ曲の最高傑作
バッハ『ロ短調ミサ曲』 宗教音楽としての魅力" Mass in B minor " by Johann Sebastian Bach  「東京バロック・スコラーズ」は、新国立劇場合唱団を世界のオペラ界に通用する合唱団に育てた三澤洋史氏が、バッハを心の核とする指揮者として、バッハを愛する音楽家とともに、自身のバッハにかける思いを実現し、21世紀の「今」を生きる私たちのバッハを追求しています。今回「東京バロック・スコラーズ」の10周年演奏会として、バッハの『ロ短調ミサ曲』の演奏会が開かれましたので。鑑賞し...... more
Tracked from dezire_photo.. at 2016-02-17 20:24
タイトル : バッハが『ロ短調ミサ曲』をなぜ作曲したか?
バッハ『ロ短調ミサ曲』 作曲動機と背景" Mass inB minor " by JohannSebastian Bach バッハの『ロ短調ミサ曲』は、60歳を超えたバッハが生涯の最後にまとめた集大成です。教会カンタータの代表されるルター派のプロテスタントとしての宗教音楽活動をしてきたバッハが、カトリックのミサ曲の領域に踏み込み、グレゴリア聖歌さえ響かせています。バッハは宗派を超えた形でキリスト教音楽に取り組むことで、普遍的な宗教的価値観に到達した結果が、このバッハの『ロ短調ミサ曲』であるという見解も...... more
by nyankai | 2016-02-08 09:13 | 夫いっちゃん | Trackback(2) | Comments(0)