キビキビに心洗われた日 (1/24)

 午前中の「ノルディックウォーキング講習会」は、他町民参加を認めてくれる隣町のです。姉様が誘ってくれて、姉上と、行ってみたら、なんちゃって母子も一緒でした。外を歩くより、ストレッチなどが主体の様だったので、愛するマイポールを連れて行きました。床が滑って、あまり歩く実技にはなりませんでしたが、内容はわかりやすく、大変有意義でした。ハッチ~は、少々不満の様でしたけれど。
 一休みして、夕方の「とまこまい終活(パソコンは一発変換を覚えてくれました)市場」の実行委員会に、ピアd0017084_9391647.jpgニストと出かけました。会場の「ココトマ」(市の施設で民間が運営)は、撤退した丸井のあとだからという情報だけで行ったら、横にすんごいビルがあって驚きました。サ高住とかで、駐車場からその中を通りぬけて、何とか到着。
 「とまこまい終活市場」は、苫小牧終活市場実行委員会主催で、チーフは終活アシスト協会、お墓のことは石材組合、お葬式のことは斎場、遺言状のことは司法書士といった具合に、実行委員会が構成されています。何枚か名刺をいただきましたが、ピアニストと二人で「私達、交換する名刺無いね」と、苦笑いしました。
 ココトマはバスを利用する人のラウンジとしての役割、図書館、研修室、カフェ、会議室、色々使える良い所でした。
 歌会があるので、私たちに関わる分を前半にしてもらいました。おそらくは、顔合わせが1番の目的だったのでしょう。それにしても、ハイッと手を上げ、キビキビと意見を言い、それを解決し、あ~、会議とはこういう風にするものだったと、すっかり忘れていました。テンポについて行けない。d0017084_944444.jpg別に私たちのごちゃコンの相談がタラタラ・グズグズ・あっち飛びこっち飛びが悪い訳ではないのですが、その様子に心洗われた気がしたのです。
 ステージ部分がどこになるか、エレピの電源をどこから取るか、当日は何時頃、どこからエレピを搬入するか、持ち時間30分は最初だけ紹介してもらい、その後は自分たちで仕切ります、チラシは30枚分けていただきます、位な打ち合わせでした。再度、私達はプロの演奏家などではなく、単なる音楽愛好家であると言い訳をして、ニャンコ座町まで戻ってきました。
 私は途中で抜けてカフェに行って、なんちゃってママからも頼まれた、「ほっきライスバーガー」を5個、6時に持ち帰れるよう頼んでおきました。ピアニストと私の夕食と、他のメンバーのおやつです。ご飯の表面はパリッ、バターとコショウが効いて、細切りのほっきと野菜が入って、ほっきピラフ味と思ってくれれば良いです。とてもおいしい。
 ほっきライスバーガーのおかげで、歌会も元気に濃い練習ができました。
 ピアニストとは、華やかなロングドレスを着ようと相談。非日常と夢は大切だからね。帰りの車中で、チーフ佐藤さんの講演を聞いたことがあるピアニストから、悲しい話を聞きました。彼女はなぜ終活を志したのか。私はなぜ、終活で歌うのか、100人いれば、100人の悲しみがあるんだなあ。
 弱い雪が降っています。マコF6CE.gif
[PR]

by nyankai | 2016-01-24 09:32 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/22809525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。