「雪」を冠する合唱曲 (11/25)

 d0017084_941198.jpg一面の銀世界はきれいですが、昨日は空の便も地上も混乱しました。夜になって、あちこち通行止め解除の交通情報が流れ、そっか~、通行止めだったんだと、納得していました。根雪には絶対ならないと、玄関前の除雪と、車の雪下ろしだけをし、ここはひとまず融けてほしいと願っています。058.gifがんばれ。マコF6CE.gif
 来月5日の合唱祭は、R.R.Singersの他に、せんせいがたコールにも、OGとして参加します。曲目は「宇宙戦艦ヤマト」と、「蔵王」より3曲です。去年が、苦手な中学生向き合唱曲だったので、今年の選曲は大いに賛成です。がしかし、「蔵王」から3曲と言えば、「苔の花」と「どっこ沼」と「早春」でしょうが、と思いこんでいたのに、「どっこ沼」ではなく「吹雪」でした。知らん、歌ったこと無い。
 d0017084_9421895.jpg楽譜を見る、テナーとバスが2声ずつに分かれてますけど、良いんですかF65B.gif男声何人出るんですかF65B.gifちょっと音とりしてみるも、あれっF65B.gifで、そんな時はyou tube・・・か、かっこいい・・・けどさ。
 合唱祭の全体合唱の1曲は、毎年「大地讃頌」に決まっています。「蔵王」も佐藤眞、良いわぁ、だけど、眞さんって、割とソプラノには意地悪で、高難度を要求してきます。「吹雪」も、辛いぞ。
 合唱曲で雪の歌と言えば、高田三郎「心の四季」の「雪の日に」でした。雪~が激~しく降り~続~ける~ 北海道でも有数の豪雪地帯の岩見沢で、大学生活を送りました。雪の上に雪が、音もなく重なっていく、正にその中で、私は青春を生きていました。
 他に、雪の合唱曲って、何があるでしょう。中学生が歌うなら「樹氷の街」がありますね。雪~が~降る~ 合唱曲とは言えませんが「雪の降る町を」は、合唱で歌われることは多いです。
 雪のニュースの中で、子どもたちは、とても楽しそうでした。私も子供の頃は間違いなく、喜んでいました。大人になるってどういうことだと問われたら、「雪が嬉しく無くなった時」が、案外正解かもしれません。今の私は、「冬はいらない」とさえ思っています。
 今日は、三島由紀夫の日です。私は彼がやったことを理解はしませんが、あの日、昭和45年11月25日の朝に書きあげた「豊穣の海」の寂莫(じゃくまく)の庭で茫然とする感覚はあります。あの日、中学3年だった私は、ふ~ん、程にしか感じなかったのにね。 
[PR]

by nyankai | 2015-11-25 09:37 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/22558384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 姐さん at 2015-11-25 17:28 x
木下牧子の愛する歌に入っている、雪の街も良い曲です♪

この季節にピッタリで♪
Commented by nyankai at 2015-11-25 20:21
★姐さんへ
you tubeで聴いてみました。ありがとう。優しい歌ですね。