カラオケがいらない理由がわかった (10/25)

 起きた時は晴れていたのに、オ~ッ、雪F65D.gifが降っている。暖房のメモリ、上げよう。沙流川河川敷の公園で「ししゃも祭り」だけれど、寒いだろうなぁ。行かないから良いけど。マコF6CE.gif
 行きのペガサス号で、CATSに行くA子さんに会いました。帰りは、ご主人に千歳まで迎えに来てもらえるから一緒にJRで帰ろうと誘われたので、便乗させてもらいましたF3AD.gif
 d0017084_982955.jpg2ヶ月強ぶりのファーチレの皆さんは、おおむねお元気、「メサイア」で遊ぶからと、演奏会には出られなかった懐かしい人や、初めて会う人もいてくれて、嬉しかったです。弦楽器の方が6人と、ト〇子さんのキーボードチェンバロ弾き振りで、「メサイア」ほぼ全曲弾いて歌って遊ぼうは、休憩挟んで3時間以上。充実のグッタリでした。やったことも無いソロも、鼻歌で参加してみて、楽しかったぁ。
 本当は「メサイア」には、悲喜こもごも思い出があって、単純ではありません。いっちゃんも病気をおして音とりしていたとか、いっちゃんの入院中、私はそのことで頭がいっぱいであまり歌えないのに「歌っておいで」と背中を押してくれた小樽とか、東京に歌いに行ったとか、バロックティンパニやトランペットと歌ったとか、釧路に日本語で歌いに行って、6日後が震災だったとか。
 歌ってみて、私がこの世にカラオケが無くても何ら困らない理由がわかりました。カラオケで発散するのが多くの人たちの目的なのだとすると、私は十分歌っているのです。こんなすばらしい合唱バカ仲間と。おまけに、お互いの声や、ソロの時なども、次の選曲をしたり、リモコンの操作をしたり、おしゃべりする人などいません。
 d0017084_994883.jpg再来年の春、千歳フィルからのジョイントオファーで歌うことになるだろう、メンデルスゾーンの「賛歌」も1曲練習しました。次回の練習は、11/22です。さて、何の日でしょう。
 「スタバ」の、写真・CD・DVDができていて、ト〇子さん評によると、「ぶれない合唱団」だそうです。それと、親バカですがと前置きして、娘さんのと息子さんのソロが良かったと、いいえ、親が我が子を肯定しないでどうする、親バカは世界を救うのです。バカ親とは違います。帰宅してから、DVDを見ました。ある意味、本番よりハラハラドキドキでした。いや2~3ヶ所音程が跳ねましたが、なかなか、私もやるのう~F3A8.gif、でした。やるだけのことはやった、とあの瞬間に感じたことは、勘違いではなかったのです。良かった。
 A子さんと話して、「学芸会」と「学習発表会」の謎が解けました。元々「学習発表会」は、特別大げさなことをやめよう、日頃の学習の様子を発表しましょうと、組合が考え出した言葉だそうで(そうだったかもしれない)、だから、お上は使いたくない。組合が憎いから、「学芸会」と言うように、指導F6C0.gifされているらしい。あ~、そうか、私としたことが、「学芸会」の方が好きなどと書いてしまった。今後は、意地でも「学習発表会」と言うようにしよう。
[PR]

by nyankai | 2015-10-25 09:04 | 音楽(合唱) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://nyankai.exblog.jp/tb/22382984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。